スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.09.22 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    石鎚山ヒルクライム レポート(前編)

    0

      こんにちはAEGです。

       

      実は、僕には「HP局局長」という誉れ高き肩書があるのですが、文章を書くのがメンドクサイ&ニガテなため、今までブログは放置してました。

       

      ブログが更新されるのを楽しみにしていたOBの方や、読者のみなさん、申し訳ございませんm(_ _)m

       

      さて、HP局長の初仕事ということで、どの行事のことから書こうかとても悩んだのですが、どうしても書きたい内容があったのです。

       

      それは、、、

       

      石鎚山ヒルクライム

       

      です!!

       

      DCC関係ないやんけ!って思う方もいるやもしれませんが、僕にとってこの大会は並々ならぬ思い入れのあるものなので、どーしても書きたかったんです。

       

      DCCの行事についても順次、書いていくので、どうかワガママをお許しください。

       

       

       

       

      それでは、レポートの中身に移らせてもらいます。

       

      石鎚山ヒルクライムとはなんぞや?って方も多いと思うので、この大会について紹介します。

       

      この大会は四国のてっぺん「石鎚山」で毎年、夏に行われるヒルクライムレースです。

       

      四国最速のクライマーを決める決戦で、この大会を1年の目標に定めているクライマーもいるほどです!

       

       

       

      〜コース説明〜

       

      全国でも珍しい2区間制タイムトライアルとなっています。

       

      第一区間が11.0km

      第二区間が7.4km

      総距離22.1km(うち、タイムを競うのは18.4km) 登り区間平均斜度6.0%

       

      で、2区間の合計タイムを競います。途中の下り区間ではタイム計測せず、第一区間ゴール後20分以内に第二区間をスタートするというルールのため、最大20分間休憩することができます。

       

      戦略がものを言いそうですねー

       

       

      また、第一区間4.8km地点、石鎚スカイライン入口までは、ほぼ平坦みたいなもので、ここでの駆け引きもこの大会の魅力です。

       

       

       

      僕がこの大会について知ったのは去年、DCCに入部してからで、地元でこんなに魅力的な大会があるなんて、それまでは全然知りませんでした。

       

      去年はエントリーできなかったので、今年は絶対出場すると心に決めてました。

       

      クライマーとしてそこそこ自信はありましたし、自分の実力がどれほどなのか確認したかったので、1年間ずっと出走するのを楽しみにしてたんです♪

       

      授業中に作戦やら、時速何キロで走ったらどのくらいのタイムになるか考えてたくらいです(笑)

       

      過去3年のレース結果を見て、マークすべき有力選手を覚えたり、似た斜度のコースと比較して自分のタイムを予想するなど、緻密に(?)作戦を練りました。

       

      時間はたっぷりありましたからね。

       

      目標はズバリ、

       

      クラス別での入賞(3位以内)

       

      でした。かなり難しい目標ですが、可能性は20%くらいはあると思ってました。

       

      根拠は、今年の7月に出走した神河ヒルクライムという大会で、僕と近いタイムだった方が去年、石鎚山ヒルクライムに出走してて、入賞まであと一歩のタイムだったからです。

       

      つまり、

       

      僕の実力≒その方の実力≒石鎚ヒルクライム上位タイム

       

      って理論です。我ながら楽観的ですね

       

       

       

       

       

       

      さてさて、月日は流れます。

       

      DCC内でもかなり成績の悪い自分はなんとか期末試験を耐え、、、ているのかまだわかりませんが(((

       

      夏休みに入ると早速DCCメインイベント「なだれこみ」が待っています。

       

      今年のなだれこみは、東北→信州とボリューム満点でした。

       

      この間、石鎚ヒルクライムに向けて登りでは手を抜かず、キャリアの重みに耐え、テスト期間でなまった体をヒーヒー戻してました。

       

       

       

      ん〜

       

       

      む〜ん

       

      クサソウ。。。民族大移動かな?

       

      この装備で登った乗鞍はしんどかったですねぇ

       

      なだれこみについては後日、きちんと記事あげます。

       

      乞うご期待★

       

      なだれこみから無事生還すると、いよいよ石鎚ヒルクライムに参戦すべく、いざ愛媛へ。

       

       

       

       

      〜石鎚ヒルクライム試走〜

       

      愛媛に帰省したのは大会1週間前。

       

      あまり時間がないので、帰省した翌日には早速試走へGO

       

      練習、練習、練習、練習、練習〜

       

       

       

      8/26(日)

      大会1週間前なので、試走にきてるローディが何人かいました。

       

      ピリピリした空気がいいっすね^〜

       

      交通量少ないので、サポートカー(軽トラ)についてきてもらいながら、TTしました。

       

      (ちょうどツール・ド・フランスみたいな感じです)

       

      最初の平地にロード3人衆がいたので、ペース上げ目で追い抜きました。

       

      そして登りに入ると、、、

       

      あ、あかんわ

       

      想像より斜度キツくて、しんどかった。

       

      最初、チョーシのった罰ですね。泣きそうになりながら登りました。

       

      第一区間後半が工事中で途中、1分間足止めくらいました。TTじゃまされて怒るよりも、やっと休めるって気持ちのほうが大きかったです。

       

      そして、第一区間ゴール

       

      タイムは34分34秒(足止めこみ)

       

      予定してたより遅くてショックでした。

       

      ゆっくり下りながら、途中で休憩したりして、第二区間スタート地点まで移動します。

       

       

       

      GOOD

       

       

       

       

      第二区間スタート地点まで移動し、再計測。

       

      第一区間より楽に登れて、やっぱ自分はクライマーかな〜なんて思ったりします。

       

      第二区間ゴール

       

      タイムは28分11秒でした。まあまあの結果かな?

       

      ほいで、

       

      TOTAL 1時間2分45秒

       

      あれ?全然ダメじゃん(^^;

       

      2017年大会のクラス別だと23位

       

      入賞するには55分は切らないとキビシー。大会1週間前なのにピンチな気がしてきました。

       

      その後、軽トラで下山し、コース把握のため、車でもう一度試走しました。

       

      だいぶがんばらなまずいなーと思いつつ、リベンジを誓い、石鎚を後にしました。

       

       

       

       

      (続く)

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      2018年 春合宿 1日目

      0

        【2018年 春合宿 1日目】

         

        初めまして第55代主将のTMです。

        今回は私が主将となって初の行事となる春合宿についてです!(現在9月で約半年前の行事ですが…)

         

        今年の春合宿の舞台は現部員はまだ行事で訪れたことの無い九州地方!

         

        熊本を起点とし天草、島原を通り長崎へと向かいます。

         

        まずは集合地の熊本駅での1枚

         

        このメンバーで春合宿スタートです! 

         

        カメラ目線ありがとうございます。

         

         

        さて3日間ある春合宿の内初日は熊本駅から天草市内の民宿まで約80キロのツーリング、

        進行方向右手に海を見ながら快走…と思いきや

         

        メカトラ

         

        初日よりメカトラの発生、まあツーリングにメカトラはつきもの。新メカ局長M尾の初仕事は無事成功しました。

         

        さてメカトラの後は順調に天草五橋を通り、千厳山に到着。ここで集合写真

         

        やっぱり天気がいいと景色もきれいですね、ちなみに後ろに見えている島々は天草松島といい、日本三大松島の1つと観光ガイドさんに教えていただきました。

         

        集合写真を撮り終えた面々は本日の宿へ向かいます。

         


        何とか日没前に本日の宿四郎ガ浜荘に到着しました〜

         

        宿の前にある海岸からの夕日、みんな写真撮影に夢中です。

         

         

         

        そして宿では地元で水揚げされた魚を中心とした料理を頂きます。

        夕食を食べ満腹になったところで本日の行程が無事終了となりました。初日は天気に恵まれ最高のスタートを決めました。(やはり雨男は副将MKNだったか…)

        このまま残り2日も晴れてもらいたいですね!

         

         

         


        なだれこみ北海道班3日目

        0
          皆さま新学期を目前にしていかがお過ごしでしょうか?
          充実な大学生活を送れるように祈りましょう。

          さて本題に入ります!!
          まずはイカれた新メンバーを紹介するぜ!
          ピンクの体毛をしたペンギンの北岡君だぁ!MKNが1000円でGETした新たな仲間だぜ!

          こんな感じで三日目から一緒に旅をしたぜ!

          さて一旦落ち着きまして、3日目の行程をざっくりと説明しますと、午前中は旭川で自由解散、その後に全員で美瑛町を目指して出発。そして美瑛にて野宿といった流れでした。

          旭川での自由解散時に行った名所はやはり動物園(言うまでもなく雨模様である)
          雨は降っていましたが目玉のアザラシを始めにシロクマや猿を見て楽しめました。そして売店で「熊出没注意」のステッカーを買ってサイドバックに貼り付けたり、ペンギンのぬいぐるみをくじで当てて仲間に加えたりと、濃密?な時間を過ごしました笑


          旭山動物園を後にし、一行は美瑛町へと向かう。

          平坦な道続きだった前日と比べてやや勾配のある道を通り、またまた名所:セブンスターの木と、ケンとメリーの木を眺めてきました。(セブンスターの木を前に微妙な表情をするTMKW)
          (誰もタバコを吸わないのでイマイチ親しみはない木ですが、ひらけた景色や放牧地らしい眺めを楽しむこともできました。)
          元気溢れる1回生の二人

          美瑛町を目指して再出発
          そうして到着した一行。(しかし駅の写真を撮り忘れるという渾身のミス) 個人ツアーをしていた3回生のNSMR先輩と一時合流(写真を撮り忘れる渾身のミス。)

          まだ日が暮れる前だったので近くにある四季彩の丘へ向かいました。(片道5kmほどでしたはなんのその)

          その後は銭湯に入って、DCC鍋を食し、野宿の3コンボを決めて3日目が終わりました!

          なだれ込み北海道班2日目

          0
            久々の更新すぎて申し訳ないです…
            そしてこのブログを読んでいる新一回生の君!是非ともDCCで一緒に活動してみないかい?

            本題に入ります笑
            月形にて初日を終えた私たちは二日目のゴールを旭川に設定し、活動を再開しました!
            しかしあいにくの雨。朝から雨。昼も雨といった悪天候な一日…(誰のせいなのか)
            二日目にして雨具装備が大活躍である。

            道中はザンギ(北海道の唐揚げ的な)を休憩がてらに食べたりなど、天候こそは恵まれなかったものの、広い景色などを楽しむことができました。

            そうして旭川に到着。偶然にも友達とばったり出会った部員がいるとかいないとか…
            旭川駅はとても広く、鉄道写真の展示も行われていました。(なお執筆者MKNは疲れてベンチで寝ていて見てません笑)
            そして旭川なので旭川ラーメンでディナー。
            各々楽しみながら二日目を送ることができました笑

            次回予告!まさかの新メンバー登場!?旭山動物園での憩い!

            同早交歓合宿 2017 アフター

            0

              こんにちは、前同早局長のスケルトンです。なんとか2月中に同早に関する記事を全て上げれたので良かったです。もう僕がDCCブログを書くことはないかな。(たぶん) という訳で同早交歓合宿恒例のアフターの記事で〆たいと思います。(最後のおまけの記事もお見逃しなく)

               

              それではアフター始まります!

               

              11/6(月)

              大興奮冷めやらぬ宴会から日が変わり、月曜日の朝。

              半分ぐらいの部員は授業に出るため、始発で帰る者も多いのだが、上回生を中心にこの日行われるイベント、、、

               

              そうアフターである。

               

              毎年、同早ないし早同交歓合宿最終日の翌日・月曜日にゴール近くの街でおいしいものを存分食べようという企画である。合宿の主幹側の上回生が全額奢るというルールもある。同早を本当の最後まで楽しもうと思ったら必ず参加すべき行事であり、秋学期の月曜日の授業調整は必須なのである。

               

              ってな訳で今年のゴールは名古屋だったので、名古屋市街でアフター!

              とりあえず駅の近くに行けば何かあるだろうということで駅に向かいます。

              アフターチャリメンバー

               

              さすが名古屋。車が多すぎて駅まで行くのもひと苦労です。

               

              Mしが知っていた駅の駐輪場に自転車を置きます。(めっちゃきれいなだった)

               

              この後、電車で向かわれていた先輩何人かと合流して、何を食べるか駅ビルをヤバい格好のやつらがぐるぐる徘徊します。

               

              15分ほどぐるぐるした結果、JRタワービルのカフェに行くことに。

              やべー格好、やべー集団

              51F、まだ見ぬ境地へ

               

              結果は言うまでもなく惨敗。フロアポンプやらなにやら持った10名ほどの集団が行っていいところではありませんでした。(ちゃんちゃん音符)

               

              結局、名古屋マダムが集うパフェ屋さんに行くことに。(ここもなかなか入るのに勇気いりましたが笑)

              甘いパフェで合宿の疲れを癒しましたパフェ

              甘い物好きI先輩いい笑顔

               

              パフェを食べた後は〆に行きます。

               

              どーーん。もちろん二郎系ラーメンで歴史を刻みます。

              大変おいしくすすれました。(〜SUSURU TV風〜)

               

              これにてアフター終了しました。個人的には名古屋コーチンや味噌煮込みうどんといった名古屋ご当地グルメを食したかったのですが、まあこれがDCC・WCCクオリティですよね。

               

              アフターまでお付き合いいただいた部員の方、資金をカンパしてくださった4回生の方、ありがとうございました。DCC活動、最後の行事として素晴らしい合宿になったと思います。

               

              来年もWCCの諸事情により、DCC主催の同早交歓合宿になるので、企画者となるT川くんを全力でサポートしていきたいと思います。

               

              では8か月後、◯◯の地でDCC・WCC仲良く合宿しましょう!!!

               

              【同志社大学サイクリングクラブ前主将 兼 元同早局長代行 スケルトンあらため高見直光】

               

               

              【おまけ 

              前回の暗峠ランの記事で

              とM田さんに煽られたので付けます笑

              これがビンゴ景品リストです。ネタ的な要素強めでいろいろな店でM田さんと収集しました笑 しょーもないものばっかり笑

               

              【おまけ◆

              フリーラン(FR)のもろもろです。3.1km, 平均斜度9.8%

               

              【おまけ】

              同早しおりの最終ページにあったクイズの答え。問題も付けときます。

              以上です。笑

               

              本当にありがとうございました。(2回目)

               

              ちゃんちゃん音符 −ENDー

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               



              categories

                      

              recent comment

                       

              calendar

              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << November 2018 >>

              selected entries

              archives

                      

              PR

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM