スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.04.30 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    6月ラン 紀伊秘境班

    0

      こんにちは。つい先日夏合宿がなくて物足らず、山陰に個ツアに行っていた二回生スケルトンです。

      なだれこみも終わり、夏休みも残りわずかですね(笑)

      さて、今回は6月ラン最後の砦、紀伊秘境班について書こうと思います。(遅すぎる笑)

      この班は2回生の私スケルトンかいが計画したものですが、その経緯から軽く書きます。

      〈ある日〉

      ス:「6月ランどこ行くー? おれ谷瀬の吊り橋行きたいねんけど。」

      か:「あ、その近くに十津川温泉あるで。おれ車で行ったわ。」

      ス:「ええやん。」

      〈数日後〉

      か:「なー、十津川温泉の先に川を自分たちで掘って作る温泉あるで。」

      ス:「ええやん。それやったら和歌山近いし、那智の滝見て帰ろ。」

      か:「そーしよ。」

      〈そのまた数日後〉

      か:「なー、通り道に玉置神社と熊野本宮大社あるで。すげーパワースポットらしい。」

      ス:「行こ行こ。」

       

      こうして2回生の行きたい所を直線で繋いでできたのが紀伊秘境班のコースである。(笑)

      ゴールは自然と那智の滝に近い紀伊勝浦駅になったので特急くろしおで帰ることになった。

      危険しかしここで問題発生危険

      往復の電車賃だけで8000円を超えるこの班に来る1回生はいるのだろうか。いや、いない。

       

      しかし今年の1回生は優秀である。あのえげつないキャンピングを乗り越えただけはある。

      なんとM尾N原というふたりの勇士が参加してくれることになったのである。

      こうして4人での6月ラン紀伊秘境班が幕を開ける…

       

      6月24日(金)

      この日は普通のトレが行われる金曜日。

      しかし2回生はある企てを画策していた。 ……そう自走である。

      DCC2回生の間では自走がもう合言葉なのである。

      土曜日の朝9時に1回生と奈良県の五条駅集合にしたため、朝5時にかいのホーム大阪府和泉を出発する。

      ということで私スケルトンはトレが終わると速攻でホーム兵庫県西宮市に電車で帰宅し、和泉に向かって自走を始めた。

       

      夜の大阪を疾走する。西成地区、天王寺、新今宮、堺。

      ヤバい地名が次々に目に飛び込んできて、何も巻き込まれませんようにと祈り続けながら爆走する。(ホントに怖かった)

       

      そして11時半ぐらいに和泉市に到着した。

      もちろんかいと待ち合わせをし、公園野宿である。(in 和泉)

      かいは家を出るときに母親に「なんで家のすぐ近くで野宿するの」と聞かれたらしい。(笑)

      こうして和泉で夜が明けていく……

       

      6月25日(土)

      朝3時、豪雨の音で目が覚める。

      といっても虫やらなにやらでふたりともほとんど寝ていない。

      もうどうせ寝れないということで雨が弱くなった4時くらいに出発。

      寝起きのかい(たぶん寝てない)

       

      コンビニで朝メシを済ませ、闇の中に自転車を繰り出す。

      五条駅までは地元で土地勘もあるかいにCLしてもらうことに。(半強制)

       

      和泉から五条までは10km級の峠ひとつ。

      雨もほとんど止み、特に何も起きず、写真もないので飛ばします笑。(ただ筆者のパンクはあった)

       

      そんなこんなで無事9時に五条駅近くのスーパーで集合。

      夜の自炊の材料を購入して、出発します。

      輪行お疲れな1回生

      徹夜自走でボロボロな2回生

       

      1日目はひたすらR168を南下し、谷瀬の吊り橋を観光後、十津川温泉を目指す。

      峠はひとつだけですが、まあまあのキツさ・長さでした笑。

      途中の道の駅で休憩

       

      雨も降ったり止んだり。みんなで励まし合いながら

      谷瀬の吊り橋到着ー!

      日本一長い吊り橋で、下も見え、横にも結構揺れるのでスリル満点でした。

       

      谷瀬の吊り橋を観光した後は十津川温泉を目指します。

      途中で土砂降りの雨に遭うもどんどん進んで行く。

      橋の上で休憩している一行

      そして十津川温泉ゴール!

       

      温泉が無料開放期間でタダで名湯を楽しめました。(私の行いがいいからである。)

      その後、近くの道の駅で恒例の闇鍋をして、すぐ就寝しました。

       

      6月26日(日)

      朝4時半。4人の目覚ましが一斉に鳴り響く。

      なぜこんなに早いのか。それは120kmの2000upというクソコースであるからである。

      しかも17時台の特急に乗り遅れると路頭に迷うことになるのでゆっくりしている暇はない。

       

      朝メシを済ませ、5時過ぎに出発。

      早朝なのですごく寒かった

      そしてわりとすぐ玉置山ののぼり口に到着

       

      ここから頂上にある玉置神社まで10kmの山岳ゾーンです。(笑)

      "峠のエースストライカー" 臨戦態勢OK?

      のぼりと聞いて嬉しそうに上着を脱ぐ1回生

      霧が出てて神秘的。(スタートの橋の上からの1枚)

       

      森の中を走ります。

      ジブリに出てきそー(小並感)

       

      一定のキツさの斜度を保ちながらのぼっていきます。

       

      頂上到着!2回程の休憩込みで2時間弱でした。

      M尾N原もなかなかはやく、一番ヤバそうだったのはかいでした。(笑)

       

      さあ、ここからは観光です。

      玉置神社。かなりのパワースポットだそう。せっかくなのでポーズ決めます。

      すげー杉発見

      おれのことやろ?笑

       

      この後、2時間弱かけてのぼったところを一瞬で下ります。

      そしてひたすら南下。

       

      1時間弱で熊野本宮大社に着きました。

      観光客で賑わってました

      熊野本宮大社もパワースポットだそう。今回はパワースポット巡りですね。

       

      晴れで良かったと感謝しながら走ります。

      しかし、アツい、アツすぎる。そう思ったころに川湯温泉到着。

      川湯温泉は普通の冷たい川底を自分たちで掘って、温泉を掘り当てて作ります。

      がんばれよう。(筆者はCLの職権を乱用し何もしませんでした笑)

      完成ーーーー!

      自分たちで作った温泉は格別ですね。

       

      温泉からあがり、再び走り始めた一行を疲れが襲います。

      そうです。人間は体を水につけるとだるくなります。(筆者の理論)

      吉野川沿いにずっと進み、ようやく新宮に到着。

      市内の王将で昼メシです。

      M尾も顔が死んでます。(なぜなら4時起き)

       

      昼メシを済ませた後、最後の観光スポット、那智の滝を目指します。

      道中の太平洋を臨むところで休憩

      滝直前のラストアップやぁー

      じゃーん。那智の滝着きましたー。

      迫力もスゴかったし、マイナスイオンが体で染み渡っていくようでした。

       

      これで予定していた全てのスポット制覇!

       

      滝を後にしたのが電車が発車する1時間前ぐらいだったのでギリギリでしたがなんとかゴール!

      みんな疲れ切ってました。(笑)

      この後、特急で輪行し、帰りました。

       

      紀伊秘境班は6月ランとは思えない距離、獲得標高、破格の電車賃でした。

      最初1回生誰も来ない説がありましたが、ふたりが来てくれて良かったですお辞儀(おつかれー)

      1回生のふたりはこのコースを走り切ったぞという自信になったのではないでしょうか。

      観光も多く、峠もヤバく、大満足の6月ランでした。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      6月ラン 三方五湖班(注:ダート)

      0

        こんにちは。テストが終わり、学校への定期券も切れるので先日必要な装備をすべて回収したのに、レポートの提出が事務室であることを思い出してまた学校に行かなければならないへかにゆよです。もう8月、、、なだれこみ夏合宿の季節ですね。

        ↑と書いてからはや1ヶ月… 時間の流れは早いですね。(すいません)

        さて、ようやくゆっくり時間を取ることができるようになったので6月の第三週の週末に行われた6月ラン三方五湖班の報告をします。

        二回生が各々自由気ままにコースをつくる中、「ゆるぽた」と謳い「6月ラン最後の良心」と言われていたがその実態は…!?

         

        6月18日(土)AM

        いつものように朝9時にBOXに集合し、三方五湖班のメンバーが集まります。今回は人数が多すぎるので名前だけで。

        メンバー

        5回生(1日目のみ) MNMさん すっちーさん

        3回生 M田さん M島さん

        2回生 へかにゆよ スケルトン

        1回生 HRI MKN Mまな YSKW TNK TMKW NKY  

        MKNとMまなにとっては初の自転車のお披露目でしたき

         

        この日は国道367号線で朽木経由で小浜を目指します。

        まずは八瀬のコンビニで休憩。。

        いい天気に恵まれました。

         

        今日の峠は途中越と花折峠の2つ!

        途中越が終わったらすぐに花折峠が待ち構えているので、そこが少しキツいかも。

        花折峠手前にて

         

        花折峠を下ると、川沿いの緩やかな下りの道が続いていて、まるでキャンピングのようでした。

        この日は気温もやや高かったので、川からの涼しい風が最高に気持ちよかったです。

        そんなこんなしているうちに、道の駅くつき新本陣に到着

        ここで1時間昼休憩を取り、僕は道を挟んだところにあるそば屋に行きました。

        10割そばもあったのですが、値段の関係から3割そばを選択。

        おいしかった(小並感)

        さて、そばを食ったら再び小浜方面を目指します。

        道の駅若狭熊川宿にて。

        ここで阪大サイクリング部の方々と出会いました。

         

        小浜駅までのT字路でMNMさん、すっちーさんと別れ、かれこれ40kmほどで小浜港に到着です。

        この日の目玉はなんといっても小浜港の目の前にある温泉!

        疲れた体を癒しながら露天風呂で日本海をずっと眺めていました。

        風呂上がりの一杯。

         

        風呂から上がるといい感じに日が暮れかけていたので、

        せっかくなので小浜港で記念撮影を撮ることに。

        お決まりのポーズ

         

        集合写真その1 なんか左のほうに変な2人組がいますね…

         

        集合写真その2 真面目に撮ってみた

         

        さあ、写真を撮っていたら日が暮れたので、近くのスーパーで食材を買い、

        道の駅若狭おばまに向かいます。スーパーと道の駅がとても近かったので助かりました。

        メニューは・・・

        鍋ヤサイマシマシ!(知ってた)

        今回は人数が多いので鍋を2つ使って調理しました。

        腹を満たしたらいざ就寝。

        寝る直前に気づいたのですが、隣が交番でした。

         

         

        6月19日(日)

        朝6時に起床し、行事特有の寝ぼけながらみんな無言で朝飯を食い始める。

        今日は小浜から若狭幹線林道を通って、三方五湖・敦賀に行きます。

        林道の入り口までは10kmくらいでそんなに遠くはないのですが、ここから断続ダートが始まります。

        林道の入り口。雨が降ってきました。

         

        ここからは車もほぼ来ないのでフリーラン自由ランです!

        DART NO HAJIMARI

         

        ダートといっても、砂利道みたいなものでとっても走りやすかったです。

        1回生のなかからダートってこんなものなのか、という声が出始め、

        M田さんからも「このダート最高」という言葉を頂きました。

         

        まずいですよ!

        元気が有り余ってますね!

         

        ダートを漕ぐこと10kmちょい、本日一番の絶景に到着です。

        上半身を開放するスケルトン

        ここで野宿したら気持ちよさそうですね。

         

        さあ、あと10kmほどでダートを抜けて三方五湖です。頑張れ!

        伴走するM島さん

        自ら2Lを重りをのせていくスタイル

         

        ダート楽しいでしょ?

         

        ダートを降りる際に大雨を食らったので、道の駅三方五湖で雨宿りをしつつ、

        昼食にスパゲティを作りました。この時点でお昼の三時くらいで、もう三方五湖に

        行かなくてもいいんじゃないか、との声も出ましたが、一応三方五湖班と名乗っている以上

        行くべきだろうということでサラッとだけ三方五湖脇を走り、敦賀駅に向かいます。

        本当に通るだけでした。(笑)

         

        あとは惰性で30kmほど走り、夕方の5時ごろにゴールの敦賀駅に到着

        新快速で1本で京都まで帰れます!

        さて、三方五湖班はまさかの三方五湖メインではなくかれこれ20kmほどのダートが

        メインの6月ランとなりましたが、今回ダートを走行することで、ダートがどのようなものか

        を知るいい機会となったのではないでしょうか?

        またこの行事の後にはなだれこみ等の長期ツーリングもありますが、また頑張っていきましょう!

        お疲れ様でした!(因みに筆者は疲れてこの日家の玄関で寝ていた)

         

         


        キャンピング2016 5班

        0
          こんにちは、HP局のへかにゆよです。気づけば6月ですね。
          前回、キャンピング1日目について記事を書きましたが、今回は2・3日目の5班編ver.です。
          メンバーは現役がS澤さんと僕、そして新入生がM君、H君、T君の合わせて5人!
          コースは、国道477号線・鈴鹿スカイラインを通って湯の山温泉・片岡温泉、そして四日市に行きます!

          2016年4月30日(土)キャンプ場ー四日市
          一日目のハードコースを乗り越えた我々だったが、生憎この日の朝はとても冷え込み、
          テント内にいても意外と寒かった…(みんなはよく眠れましたか?)
          まあ某2回生2人は好き好んでテントから抜け出して炊事場で寝袋にくるまって寝ていたが・・・

          今朝の献立は、昨日作ったカレーの残りに加えて、フルーツの缶詰とバナナ、牧場の朝(ヨーグルト)をチョイス。
          特にももの缶詰が人気でした!
          またどこかの班ではバナナに関する事件があったようですが、ここではそれについて語るのは控えておきます(笑)

          さて、我々5班は今日はキャンプ場から国道477号線沿いにひたすら進んで、鈴鹿山脈を越えるのですが、前半はひたすら
          田んぼ沿いの長閑な道を進みます。大自然って感じだ。
          途中、日野にあるフレンドマートで昼食を買います。ここから三重県に入るまでは山岳地帯なので、あんまり補給ポイントが
          ないので注意!

          昼食を買い、適度に休憩した後、再び国道477号線沿いに東に進みます。
          ちなみに、ご存知の方も多いとは思うが、この国道477号線はあの花脊峠や百井峠を通っている国道で、
          大阪の池田から三重県の四日市まで結んでいる長距離国道だそうだ。

          日野の市街地を抜けてからは、いよいよ登りが始まる。とはいっても、三重県側は傾斜が急であるが、こちら
          滋賀県側は5%ほどの傾斜が続くような感じなので、サイドバックをつけている身からするとありがたい。
          さて、そんな感じの坂を登っていると、蔵王ダムを抜けたところにある、野洲川ダム手前の河川敷が良さげで、時間も
          お昼時であったのでここで昼食をとることにしますマクドナルド

          お昼休憩を経て、いざ鈴鹿ラインへ!(国道477)

          6%くらいの斜度がずっと続きます。頑張って!

          漕ぐこと一時間余…
          ついに峠に到着。ここからはトンネルを抜けてずっと下りです。

          さて、本日のメインディッシュは峠を下ったところにある
          湯の山温泉で温泉に入浴すること!
          早速近くにある旅館で日帰り入浴ができるということで行ってみることに。
          しかし、いきなり「今日は日帰り入浴はもう終わった」と断られる・・・
          ネットに書いてあった情報と違うじゃんと思いつつ、その後数件をまわるが、
          いずれも終了したとのこと。筆者、この辺りから疑心暗鬼になり、もしかして
          我々の格好を見てお断りしているのでは?と思い始める(実際そうかもしれない・・)
          最後の望みをかけて、峠を下りきったところにある某ホテルに突撃!
          願いがかなったのか、普通にOKとのことで、念願の風呂を堪能することができました( ´∀` )
          やっぱり漕いだ後の風呂っていいね。

          風呂に入った後は、スーパーで飯を買ったのち、夜景で有名と言われている某公園に行きました。
          まだ日が暮れていなかったので、夜景を見る前にひとまず晩飯を食べよう、ということで早速準備に取り掛かります。
          メニューはお馴染みの鍋。もちろん鍋キューブ。

          さて、飯を食べたら夜景を見る為に、公園内をちょっと移動します。
          普通の遊歩道でもアクセスできますが、なんとなくトレイルを選択。
          (自転車には乗っていないよ)

          そして夜景で噂の展望台。
          スマホで撮影したので映りは悪いですが、生で見ると八日市の工場が綺麗ですよ!!

          家族連れやカップルが多かったです。

          2016年5月1日(日)四日市

          キャンピング最終日である三日目は、四日市から一旦湯の山温泉方面に戻り、片岡温泉に行った後、四日市港に
          あるタワーに登ります。

          長閑な道を走っていきます。

          走ること1時間強で、片岡温泉に到着です。
          この片岡温泉、美術館のように洗練されたデザインをしていました!

          画像右にある建物が温泉です。

          お疲れの模様。
          疲れはとれたかな?

          さあ、温泉に入った後は、四日市港にある
          四日市港ポートビルに登ります。
          この日は快晴だったので、見晴らしが良かったです。

          三重県で一番高い建物だそうで。

          亀山方面

          湯の山温泉方面

          桑名方面

          なんやかんやで結構1、2時間ほど滞在していました(笑)
          ふと時計を見ると12時近くに。
          ネットで検索をかけたところ、近くに安くて美味しい
          海鮮丼を食べられる食堂があるそうなので、せっかくなので行ってみることに。

          これで1000円程。
          けっこうボリュームあるでしょう?
          地元の方も多く、大衆食堂という感じでした。

          この日は、京都に夕方には戻るべく、早めに電車に乗らなければならない為、
          この後は近くの富田駅から輪行をして京都まで帰り、これで三日間のキャンピングが終了しました。

          一回生のみなさん、キャンピング三日間はいかがでしたか?
          主に一日目がきつかったと思いますが、そういったことも含め、思い出になってくれたら幸いです!
          みんな三日間お疲れ様でした!(*'▽')


           

          キャンピング2016 一日目

          0
            こんにちは、HP局、兼キャンピングサブリーダーのへかにゆよです。
            先日行われましたキャンピングの報告をします。
            ちなみにコース作成者は僕です。(突然のネタばらし)

            1日目 京都〜希望ヶ丘キャンプ場(滋賀県竜王町)

            朝7時の学生会館の二階。
            この日からDCC最大の新歓行事、キャンピングが始まります!


            自転車のキャリアにサイドバックを取り付けていざ出発。
            今年度のキャンピングのコースは、大学から宇治を通り、長坂峠府道782号線
            を経由して滋賀県竜王町にある希望ヶ丘文化公園のキャンプ場を目指します。


            交差点で信号待ちゆう★

            長坂峠から滋賀県に入るまでは、アップダウンの激しい山岳地帯なので、
            長坂峠前のスーパーで休憩しつつ昼飯を先に購入しました。




            いい笑顔です!

            さあ、ここからが踏ん張りどころ。
            斜度10%を超える坂が容赦なくみんなに襲い掛かります。

            ギアが足りない!


            プロレーサーかな?

            それでも、新入生みんな必死でペダルを回してくらいついています。
            昨年、同じような激坂で足を攣った僕からすると今年の新入生は
            本当にみんなスゴイです。タフやなぁ・・・
            (実際、僕の見る限り今回のキャンピングで足を攣った人は
            見受けられませんでしたkyu

            そして頂上に到着!

            ここを下って、もう一つ峠を超えたら
            昼休憩です。頑張って!

            長坂峠奥にあるもう一つの峠を越え、平坦な長閑な道を進んだところにある
            アクトパル宇治」にてようやく昼休憩。
            この先は、再び峠を一つ越えた後、フリーランです。
            本日の峠も残すこと二つだから頑張って!

             頂上にて。

              マ○ロスΔのポーズ

            さて、この峠を下るとサポートカーの姿が。
            いよいよフリーランの始まりです。
            あ、上回生は一回生の40秒後スタートです!(ニッコリ)


            フリーランでも笑顔は絶やさない。
            一応補足すると、この坂、実は最高斜度は25%超です…
            まさしくいけないボーダーラインである。
            (ちなみに僕はしんどくて終始真顔でしたクッキーモンスター

             ゴール前の副将

            ラストアタック!
            ちなみに上の画像にひっそり移っているピンクの
            セレッソ大阪のユニフォームを着た彼は
            11番ということで峠のエース・ストライカーと呼ばれていた。

            フリーランが終わり、休憩した後、峠を下って本日の峠要素はようやく終了です!
            この先は、石山から瀬田川沿いに琵琶湖方面に行ったあと、県道18号線、県道2号線を
            経て守山にある「ほたるの湯」で入浴し、そしてキャンプ場に到着してみんなでカレーを
            作り、キャンプファイヤーを行いました!

            1日目お疲れ様です矢印上

            1日目は峠が前半に固まっていたこともあり、一部の超人たちを除いて
            しんどかったことかと思います。しかし、みんな本当に1日目よく
            頑張ってついてきてくれました!
            2日目からは各班ごとに行き先が分かれますが、峠要素が多かった1日目とは
            趣向を変えて観光要素も入れたコースが待っています手
            中にはあのスイーツを食べた班も…!?
            2日目以降は各班ごとに報告しますので、お楽しみに!!

             

            春合宿三日目

            0
               
              今日は同志社では成績配布日なんですが、成績の受け取りはいくつになってもワクワクするものですね。 笑いが止まりません、フフフ。
              さて、部員たちの成績やいかに?

              といわけで春合宿最終日です。
              まずは朝食



              部員たちよ、待たせたな
              昨夜食べ損ねた黒豚トンカツです。なかなかにボリューミィ。


              日課の朝シャンを欠かさないI丹





              MAZDAは卓球勝負でSンをライバル視したのに、無視されてしまいました。


              砂風呂に入るため、指宿温泉へ



              この日は三日間で一番いい天気でした。
              サイクリング日和です。




              浴衣に着替え、砂風呂を待つ

              どうでもいいんですけど、浴衣の下は全裸です。
              全裸浴衣ってなんかいやらしいですよね。
              H松(写真真ん中)にこのことをいうと、「コメントはしないが同意する」
              というコメントをくれました。

              以下、砂にうずもれるマヌケな部員





              身体の内側からじわじわと温まり、相当気持ちいいです。



              鹿児島市内へ






              海沿いを進むので、風は強いですがいい眺めです。







              ゴールとなる鹿児島市入りし、楽しい宴会です。

              たらふくしゃぶしゃぶを食べました。




              おや


              おやおや














              うそみたいだろ、死んでるんだぜ。

              ここでI丹による焼酎飲みゲームがはじまりました。






              盛り上がってました。



              三日間clしてくれた一回生達、ありがとう!




              そんなこんなで宴会はお開きとなり、春合宿は無事終わりました。
              今回の合宿で、評価、批判点など数多くあったと思います。特に新二回生は今後の活動の際にぜひいかしてもらえればと思います。
              以上!


              categories

                      

              recent comment

                       

              calendar

              S M T W T F S
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << August 2020 >>

              selected entries

              archives

                      

              PR

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM