スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.09.22 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    暗峠ラン2016!!

    0


      こんにちは、そして明けましておめでとうございます

      今年度HP局長に就任しました一回生のへかにゆよです。
      昨年度のひらさんに負けず劣らず、DCCの様々な行事や様子をお伝えしていきますのでよろしくお願いします‼

      さて、時間の流れとは随分早いもので、もう2016年になって早一ヶ月が経ってしまいましたが、2016年1月1日に行われた「暗峠ラン」の報告をしていきたいと思います。

      ―――2016年1月1日AM05:00の大阪府東大阪市にある新石切駅周辺。
      初詣に向かう、と思しき家族や若者たちであふれかえった駅前の中でサドルにまたがる男たちがいた――――

      はい、私たちですね…
      「暗峠ラン」は元々五回生のTKDさんやOBのNさんが毎年初日の出を暗峠に見に行っていたことが起源で、その参加人数が年々増加して、主に大阪・奈良在住のDCC部員が参加する一大行事(非公式)になったみたいです。
      去年の様子はこちら

      参加者はOBのNさんMさんIさん、五回生のTKDさん、四回生のUさん、二回生のM田さんI丹さん、一回生のBNBと僕の9人。
      Nさんはファットバイク、MさんとUさんはロードバイクでの参戦、I丹さんは新石切に来るために既に奈良側から暗峠を登った、などと走る前からヤバい予感がする中、まずは峠に登る前に初詣ということで枚岡神社に。神社の前でたむろする地元のヤ○キーと思わしき人達の前を抜け、お賽銭を入れて一同でお祈りをしました。皆さんどんなお願い事をしたのでしょうか…?
      TKDさんは「早く人間になれますように」、とお祈りしたとのこと。
      あ、願い事は他人に言ったら意味がなくなるんじゃ・・・

      初詣が終わると、とうとう暗峠に。。。
      僕は以前から暗峠が日本でもトップクラスに斜度がキツい峠だということは知っていたのである程度の心構えはあったのですが、Iさんが徒歩で行かれる、と聞いて思わず「えっ?」って怖気づいてしまいました(笑)
      序盤の住宅街から容赦ない勾配(恐らくですが、15〜20%はあったと思います)で足に負担がかかるなか、住宅街から遠のいても斜度は緩くなる気配は一切なく、道幅はどんどん狭くなっていきます。もうヒルクライムどころじゃないですね(´・ω・`)…。
      前輪が時々浮くことがある為、前方に体重をかけ、かつ足がキツイので道路をジグザグに走行して地獄のような心境でこぐこと数十分…

      やっとピークに到着‼


      皆さんがそろったところで、いよいよ初日の出を拝むべく見晴らしのよい場所で待機。

      ん?

      お?

      むむむ?

      でたあああああ‼
      前回はひどく寒かった上に天気もあまりよろしくなく、ちゃんと初日の出を眺めることができなかったそうなのですが、今回は比較的暖かい上に天候にも恵まれてばっちり初日の出を見ることができましたきき
      これで峠を登ったしんどさも忘れられます!
      そして記念写真もパシャリ。


      なんかかっこいい…かっこよくない?

      記念撮影も終え、しばらく談笑をした後に、峠のピークでUさん、I丹さん、BNBとお別れし、後のメンバーで
      先程登ってきた大阪側へと下ることに。登りも手ごわかったですが、下りもまた手ごわい。油圧ディスクでも恐怖心が起こります
      そんな中、ファットバイクで楽しそうに下るNさんの姿も…。やはりファットバイクの安定感には適いません。

      暗峠で最大斜度である37%の地点

      写真では分かりづらいですが、大阪平野の景色がとてもいいです!

      暗峠を下った後は、数名で東花園駅前のマクドナルドに入店し、早くも新年初マックを頂く。
      高校ラグビーの全国大会が開催されていたこともあって、店内にはなんと対戦表も!

      チキンクリスプを食べ、しばし休憩したところで京都に帰るべく先に失礼させていただくことに。
      新年早々から自転車に乗ってDCCの人達とヒルクライムするという充実した元旦でした。
      皆様お疲れ様でしたkyu

      P.S.
      東大阪から京都に帰るべく、途中淀川のサイクリングロードで枚方大橋付近を走っているときに、急に足が疲れて回らなくなる事態が起こりました。暗峠恐るべし…



       


      2015年を振り返って

      0

         .

        どーも、ひらです。

        これが最後の更新になります。

        今回は記事を読み返しながら

        一年間を振り返ります。

        新しいことは何一つ

        出てきませんので、

        つまんねぇな、と

        思った方は

        直ちにブラウザの戻るボタンを

        押してください。

         

        ★走り始め★
        (http://dcc.jugem.jp/?eid=506)

        寒いこと言ってますが、
        それより問題なのが
        週1のペースを
        守れなかったことです。
        申し訳ございませんでした。


        ★走り始め★
        (http://dcc.jugem.jp/?eid=508)

        保津峡は私にとって
        因縁深い場所であります。
        正確には、嵐山から行く場合に
        乗り越えなければならない
        六丁峠が、ですが。

        初めて登ったのは
        新歓行事のとき、
        すなわち入学したての頃ですね。
        あのときの衝撃は
        今も忘れられません。

        今でこそ鼻歌まじりで
        一息で登ることができますけどね。
        成長が感じられる瞬間でした。

        ちなみにタイトルの元ネタは
        某ライトノベルから。


        ★春合宿★
        Day01(http://dcc.jugem.jp/?eid=510)
        Day02(http://dcc.jugem.jp/?eid=511)
        Day03(http://dcc.jugem.jp/?eid=512)

        約5年半ぶりの沖縄でした。
        中学の修学旅行の時は
        バスで美ら海水族館へ
        行きましたが、
        まさかそこへ自転車を漕いで
        行くことになろうとは、、、!

        人生どうなるかわからないものですね。

        一番美味しかった食べ物は、
        シークヮサーのドリンクです。
        全国で販売してほしいなぁ。


        タイトルの元ネタは
        アイドルを題材とした
        とあるアニメから。


        ★自転車の解説★
        (http://dcc.jugem.jp/?eid=517)

        いやー、気持ち悪いですねぇ。
        なにがって、たかだか1年しか
        乗っていない人間が
        偉そうに自転車のことを
        語っているところが、です。

        まぁ自虐は
        ここまでにしておいて。

        この記事を作るにあたって、
        幼少期から自転車を
        乗り回している同級生から
        助言を賜りました。
        彼のおかげでこの記事が
        誕生したと言っても
        過言ではありません。

        というか、彼が書いた
        ことにしてしまいましょう。
        その方が説得力あるし。


        ★新歓ラン★
        (http://dcc.jugem.jp/?eid=520)

        ヘッチャラなのは新入生です。
        私は全然ヘッチャラではありません。
        心労半端なかったです。

        六丁峠は大丈夫だったんだけどね。

        タイトルの元ネタは
        某アニメのOP。
        影山ヒロノブさんは私にとっての
        スーパースターであります。


        ★キャンピング★
        Day01(http://dcc.jugem.jp/?eid=522)
        Day02(http://dcc.jugem.jp/?eid=523)
        Day03(http://dcc.jugem.jp/?eid=524)

        なんといっても下見が
        大変でした。
        起伏のある道を120km、
        全力で漕がねばなりませんでした。

        明日は月曜日、
        授業があるがゆえに
        野宿はできないのです。

        それでも下見に行ったのは、
        京都の山間部を走るのは
        楽しいということに
        気づいたからです。

        ゴールデンウィークの半分の
        時間を割いて参加してくださった
        一回生に感謝しております。

        タイトルの元ネタは
        ジャンプに掲載されていた
        某お色気マンガ。
        移籍前のギリギリを攻めていた
        あの頃が好きです。


        ★6月ラン★
        (http://dcc.jugem.jp/?eid=540)

        私は土曜日の午前中も
        授業があります。
        なので土曜日の朝から
        日曜日の晩まで
        自転車を乗り回すことは
        できませんでした。

        なので6月ランは不参加


        、、、ではありません。

        土曜日の午後スタートの
        コースを自らデザインしました。

        姫路からの六甲山。
        線で結んでみたら、
        思いのほかいい感じの
        コースができあがりました。

        姫路は大学受験で
        一度訪れたことがあるのですが、
        その時は工事中で
        城がシートで覆われていました。

        それから2年が経ちまして、
        生まれ変わった姫路城を
        拝見することができました。

        個人的な願望を叶えるのに
        行事を利用するのはゲスいと
        思われるかもしれませんが、
        そこは『年功序列』という権利を
        行使させていただいたということで。

        ちなみに、他には
        淡路島を一周したり、
        奈良の山奥を探検するコースが
        作られました。

        タイトルの元ネタは
        六甲山のふもとと山頂を結ぶ
        六甲ドライブウェイと
        天の川を意味する
        ミルキーウェイをかけたもの。

        同じものが川に見えたり
        牛乳に見えたりするのは
        面白いですね。


        ★なだれこみ★
        北陸(http://dcc.jugem.jp/?eid=558)

        えーっと、まずは
        執筆してくださったムッチさんに
        感謝したいと思います。
        ありがとうございます。

        なだれこみ北陸班のコースは
        私がデザインしました。

        コースをデザインするにあたって、
        一つ決めていたことがありました。

        乗鞍高原を走ろう、と。

        そこから逆算していって
        コースが完成しました。

        乗鞍に行くと宣言した刹那、
        コースかぶるやんけ、と
        クレームが来ましたが、
        無視しました。
        かぶるからなんなんですか?

        工夫したのは、峠に
        体を慣らしていくような
        作りにしたというところ。

        初日はゆるやかな登り、
        中盤にはハードな斜面。
        終盤には峠2つにアタックし、
        最後の砦に乗鞍高原、、、と

        日を追うごとに難易度が
        上がっていく構成にしました。

        このことを踏まえたうえで、
        これからツーリングのコースを
        作成する予定のある方は
        ルートラボというアプリで

        DCC ひら

        とAND検索をかけていただきたい。
        何かのヒントになればいいなと思い、
        公開してあります。
        参考にしていただければと思います。

        というか、この通りに走っても
        それなりに楽しめると思いますよ。
        私一番の自信作です。

        私の予想に反して、多くの2回生が
        積極的に記事を書いてくれたので、
        そちらもあわせて紹介します。

        東北(http://dcc.jugem.jp/?eid=555)
        東海(http://dcc.jugem.jp/?eid=562)
        信州Day01(http://dcc.jugem.jp/?eid=559)
        信州Day02(http://dcc.jugem.jp/?eid=561)
        信州Day03(http://dcc.jugem.jp/?eid=567)
        信州のみWIPです。
        気長に待ってあげてください。


        ★耐久ラン★
        (http://dcc.jugem.jp/?eid=557)

        物議を醸しそうな記事ですね。
        私は写真を撮るために
        地に足をつけたことは
        一度もありませんからね?
        休憩のついでにパシャリと
        撮ってるだけですからね?

        この記事で伝えたかったのは、
        DCCは『どこかへ行く』ことよりも
        『自転車を漕ぐ』ことに
        かなりのウェイトを置いている、
        ということです。

        私はDCCのこのスタンスを
        否定するつもりはありません。

        ただDCCの特徴を
        知ってもらいたくて
        書いた次第であります。

        『走る距離はプロ並み』
        って表現は
        どう受け止められるのだろうか。

        タイトルに深い意味は
        ありません。
        ノリで決めました。


        ★サヨナララン★
        (http://dcc.jugem.jp/?eid=568)

        4回生を送り出す行事。
        これは最新の記事だし
        特に解説はいらないですかね。

        あえてコメントするなら、
        タイトルについて。
        中国語で自転車を意味します。
        ピンイン表記がないから
        正確ではないのだけれど。
        これもノリです。悪ふざけです。



        はい、ここまで
        ざっくりと今シーズンを
        振り返ってみました。
        ここでは触れませんでしたが、
        オフの日も一人で
        いろいろなところへ
        走りに行きました。

        体力もついてきて、
        経験も豊富になってきた
        こともあり、それなりに
        楽しめた一年間だった
        ような気がします。

        自転車乗りだから
        アホだと思われたくないし、
        同志社に通っているから
        自転車乗りとしては三流だ、
        とも思われたくもない。

        二兎を追って、
        二兎とも逃すんじゃなくて、
        両方捕まえる。

        そんな生活ができるように
        毎日いろいろ頑張っております。


        私の来年の自転車の目標は、
        北海道は稚内、宗谷岬まで
        自転車で漕いでいくこと!

        お年玉はすべて旅費に捧げる!


        、、、どーでもいいですね。


        来年度の広報は、
        すでに一度ブログを書いて
        くれている彼です。
        彼は私よりも優れた
        自転車乗りです。
        きっとDCCを
        盛り上げてくれるでしょう。
        頑張ってね。

        では、
        くれぐれも事故を起こさぬように
        気をつけて、2016年も素敵な
        自転車ライフを
        お過ごしくださいませ。

        一年間ご精読
        ありがとうございました!
        お元気で!


        2015年度DCC広報担当 ひら
        .


        メカ講習:サスペンションOH

        0
          2回生メカ局長のS澤です。

          今日はサスペンションのOHを行います。
          OHと言っても今回はシール交換のみ、ダンパーオイルの交換はしません。

          ※FOX製サスペンションはユーザーによるOHは認められていません。作業は自己責任で。。。


          それではバラしていきましょう。

          ボトムのリバウンド調整ダイヤルを外します。
          泥が侵入して土がかなり詰まっていました。



          さらに10mmレンチで黒いナットを外します。



          バネ側のボルトも少し緩め、緩めたボルトをプラハンで叩きます。



          ボルトを完全に外して引っ張ると抜けます。
          外したインナーレッグはもっと綺麗な場所に置きましょう…


          そしてボトムケースからダストシールとフォームリングを取り外します。

          外したフォームリング、内側が黒く汚れています。これを替えるだけでかなりフリクションが減る気がします。


          あとは新品のシール類を取り付けて、下からオイルを入れて終了!

          トレイルを走るのに絶好の季節になりました。良い状態のフォークで乗りたいですね。

          お盆のナイトラン

          0
            皆さんこんにちは、暑い日が続いて夏バテ気味なUです。

            ホント毎日暑い!
            でも1・2回生はなだれこみでがんばっているんやなー。

            ってことを考えたら自転車に乗りたくなったんで、ちょうどお盆だったこともあり奈良まで自転車で帰ることにしました。…気温のマシになる夜を待って。



            ぶらり4回生

            0
              どーも、約1ヶ月ぶりにちゃんと自転車に乗ったUです。
              授業も14週目を終え、皆さんそろそろ期末試験の勉強にあくせくしている頃ではないでしょうか。
              そんな中、金曜日にすっちーと一緒に授業を受け、
              週末自転車乗らね?
              と、どちらからともなく発せられた約束によって、バカな4回生2人は本日ぶらりと自転車に乗ってまいりましたので、その様子でもご報告していこうと思います。
              続きを読む >>


              categories

                      

              recent comment

                       

              calendar

              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << November 2018 >>

              selected entries

              archives

                      

              PR

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM