スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.09.22 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    同志社・早稲田交歓会

    0

       どうも杉本です。
      いまさらながら同早の行事報告をしたいと思います。



      1日目 同早の開始前の写真です。この「杉本がやる」を作ったのは亀谷さんです。

      これを作るだけで1時間かかりました。気持ちをこめて作りました。

      各班の出発写真です。 10時ちょうどに出発しました。自分は樋口君の衣装を着たのですが残念ながら滑りました。







      コースアウトとかのトラブル等はありましたが、無事にエール交換をする下呂の河川敷に到着です。





      2日目の柿坂峠という峠です。交通量ゼロですが、下見のときより少し道が荒れてました。 
      みんなで話をしながら走るのは楽しいですが、山奥のためかなり静かです。
      1人で下見に来た時は怖くなって引き返しました。




      昼食ポイントで休憩中です。
      ここで常盤が集合がかかっているのに熟睡中であり、あとでひどいめに遭ってました。


      2つめの峠小川峠です。 昼を過ぎたあたりから雨が降ってきて、かなりしんどかったと思います。
      およそ8キロほどです。頂上に小さな花畑があります。

      小川峠を抜けたあとの国道です。







      郡上八幡駅にて  雨がひどくてみんなかなりしんどそうです。
      次の日は月曜日のため、授業で参加できない人の見送りです。



      雨の中 お疲れ様です。


      公園にいる 松沢さんです。






      3日目 フリーランポイント前です。 この写真の右がスタートになります。
      4キロで傾斜がきつめの短期決戦のフリーランです。



      行事で走るのはほぼ2年ぶりとなる。亀谷さん
      前の人と5分ほどの差が開くほど衰えてました。 タイムは33分です。



      今年の同早も無事に終わりました。 みなさんありがとうございました。




      同早の名物 イノコです。 水をかけようとしていますが、自分は去年、コーラを食らいました。
      自分も含め10人強の人たちが犠牲になりました。 今年の同早は多かったような気がします。


      なだれこみ北関東班

      0
         ついに最終日!10日目です!

        昨日の急な呼び出しに応えてくれた山本、中島と2回生2人は甲府駅に集合した。
        小野は集合時間になっても現れなかったので、切り捨てた…。結構遠くの温泉に行っていたらしい。距離もあるので良しとした。

        さて我々4人は6kmダートの鈴嵐林道へ行くことにした。まっぷるによれば、沼を見下ろすビューポイントがあるそうで…。まぁとにかく突入した。今回のダートはなだれ込みで最もハードなダートだった気がする…。結構な斜度があるとこがあったり、ガレているところがあったり、まぁとにかく大変だった。川に沿って上って行くのだが、途中、鞠山は川の手前で前輪が石にひっかかり、こけるのはヤバいと思い、自転車を置いて川に向かってダイブした。その時、足を軽くグネってしまった…。1回生にはこけるの上手いですねとディスられた。
        ぐんぐん上って、沼はまだかと思っていた矢先、工事による通行止めの看板が…。結局沼を見ずじまいでピストンで下ることとなった…。看板に描かれた両津がウザかった…。
        ダートの下りはやっぱり楽しく快適に走れた。その後出口で休憩していると…F原があせりだした。どうやら金マをなくしたらしい!
        2回生はよくダートでものをなくす。F原はダートに探しに戻ると聞かないので、3人で先に韮崎駅近くのスーパーに行くことにした。しばらく休憩コーナーでのんびりしていると、F原が暗い顔してやってきた。なかったらしい…。ちなみに店長もペダルが破損していることが発覚…。昼食後、F原とナメは銀マ購入のためホームセンターへ、鞠山と店長は自転車屋へ行くことにした。そして道の駅にらさきへ行くことにした。小野も合流することになった。
        道の駅にらさきに着くと、そこには見覚えのあるチャリが…。中村さんが先に到着していたのだ…!一緒に夕飯を食べ、我々はゆ〜ぷるにらさきへ…。まぁこの後立てこもり事件が起こるんですが、報告はやめときます…(関係者のみなさん、本当にご迷惑をおかけしました)

        こうして、次の日の四国班との合流にむけ、眠りました…。


        結構いい感じのダートじゃないですか?


        疲れ切った3人…


        ゴール地点にいた両津


        ダートから無事帰還したところ。この後F原が慌てだす。

        なだれこみ北関東班

        0

          インフルエンザに続き、扁桃炎でグロッキーな鞠山です…。

          今年の行事報告は今年のうちにということで、がんばってみます…。


          9日目
          9日目は夏合宿にむけての中日とした。なだれこみで無くなったシューやチューブを補充したり、非常食を買い込んだりしてもらうためである。再集合は次の日の夕方、四国班との合同打ち上げのため、甲府駅にてということにした。

          1回生の行動はよく分からないが、2回生はとりあえず甲府市まで一緒に走ることにした。とりあえず、F原がSDカードを買いたいということで、自分も電池を買いに電器屋探し。とりあえず、それぞれ欲しいものは手に入れた。F原はネカフェに行くらしく、晩飯を一緒に食べる約束をして別れた。自分はとにかく昨日ダートでインフレーターを紛失したため、自転車屋探しである。タウンページで前もって調べたところ、韮崎には自転車屋が皆無だったので、こっちで何としても見つけなければならない…。ママチャリ屋みたいなところから、スポーツバイクを扱う店まで、色々回った。10軒ぐらい回っただろうか…。1つ思ったのは、甲府市って広いね、インフレーターないのにってことです。(別に甲府市ディスってないです…)朝から探して、確か14時ぐらいに手に入れたと思う…。
          インフレーターを探している途中で、北川さんから電話がかかってきた。今ネカフェにいるから明日の打ち上げ会場のクーポンを、出力しといてあげようか?とのこと。一瞬、まだフェリー乗ってないの?と思ったが、あまり気にしなかった。(コレ結構重大なミス)

          それからは、F原との待ち合わせ場所である甲府駅へ…。すると、雨が降ってきたので、少し駅前で雨宿りしていた。そのときに、外国人に宗教勧誘を受けた。最初はただの自転車好きの外国人と思ったのだが、徐々にキリストの話に移行した。

          まだまだ時間があったので、サイゼリヤのドリバでダラダラしていた。
          そして、F原と合流。飯屋を探して歩いていると、夏合宿下見組の3回生から電話が…。色々話しているうちに衝撃の事実が発覚した…。
          夏合宿の開始日、1日勘違いしとる…。
          急遽、明日の朝、再集合をかけることにした。
          結局駅前の吉野家で飯を食い、F原はマクドも食い、湯村温泉という温泉街にいった。
          この湯村温泉というのが非常に恐ろしいところで、基本的に温泉街とは思えない薄暗さ、コナンに出てきそうな旅館。今さらどうすることもできず、日帰り湯をやっているという旅館でお風呂をお借りした。そして、早々と湯村温泉をあとにした(別に湯村温泉ディスってないです…)

          寝床は、昨年信州班が集合日に野宿したスポーツ公園。しかし、行ってみると、ヤンキーっぽい方々が花火遊びをしておられるので、退却した。そこで、ナイトランにナイトランを重ね、警察に野宿なんかできるか!と言われ、マップルにあった公園もまぁ泊まれそうになく、結局、昼間にF原がいたネカフェへ。結局ミッドナイトランになったように思う。ちなみに鞠山は初ネカフェ泊だった。

          この日は中日にもかかわらず、散々走った1日だった。疲れた…。つづく。


          この日は写真がないので、鞠山の目にとまった写真を乗せときます。


          横手山にて。車埋めました。(ウソです)


          渋峠にて。定番の図。


          湯釜にて。寂しげな背中。


          なだれこみ北関東班報告

          0
             しばらく空きました、鞠山です。

            間もなく終了8日目です。

            この日は白州の方にあるダートに行くことを目標とし、その後の予定は行ってから決めることにした。20号線を南下し、すぐに山の方へ入って行った。ここは、近くにサントリーの蒸溜所があり、非常に水がキレイなところだった。川を横目にどんどん森の中へ…。しかし一行にダートにならない…。今回のツアーはマップルに騙され続けたツアーだった。Aコープが潰れていて餓死しそうになったり、ジャスコがなくて食堂に入ることを余儀なくされたり、道の駅のネカフェが閉鎖されていて中日の予定が崩れたり…。またマップルに騙されたか?そんな不安にあおられているうちにようやくダートスタート!そして、一瞬にして通行止めポイントに到着。あっけなかった。ゴール地点は川に下りられる場所で、とりあえず水遊びすることにした。ほんとに澄んだ水で、とても冷たかった。1回生らは小野現場監督の指示のもと、川の流れを変えようと石を積み上げていた。2回生らは、きらきら光る雲母を砂金だといって集めていた。
            北関東班はガキばっかである。
            ちなみに鞠山はここでインフレーターを失った。大きな損失である…。もう3代目やぞ!

            その後はどうしようか…。マップルを見ていると、「金精軒製菓」というものがあった。和菓子屋である。ってことでまんじゅう食いに行くことにした。山梨に入ってから看板だけはちらちら見ていた「金精軒製菓」。ここは信玄餅で有名なところである。1回生らはバターどらやきを、2回生は名水まんじゅうや信玄餅を食べた。
            非常にうましだった。

            さてまた行き詰った。近くに山梨銘醸の酒蔵があったので立ち寄ってみた。(人がわんさかいたので)何を見ればいいのかよく分からんので、適当に写真を取って、もう道の駅を目指すことにした。

            昼頃にはもう道の駅に着いてしまった。道の駅にらさきである!明日は中日にして、四国班との合流まで自由時間とするため、最後の晩餐ということで、豪勢にしゃぶしゃぶにした。ありったけの米とガスを使いきり、風呂に入り打ち上げを楽しみにしつつ眠った。明日の悲劇をこの頃はまだ知らなかった…。

            つづく…


            この日のダートのゴール。山本のSEIFUスタイルもこんな山の中なら恥ずかしくない。


            川遊びをした川。透明度が伝わるだろうか…?


            酒蔵での1枚。イメージは極道。




            なだれこみ北関東班報告VI

            0
               お待たせしました。なだれ込み北関東班リーダーの鞠山です。(誰も待ってないか…)
              今まで藤原君がそれはそれは面白い行事報告をしてくれたので、ハードルが上がってますが、がんばって書きたいと思います。

              さてさてとっくに後半戦に突入した7日目です!

              この日はいよいよ霧が峰アタック

              霧が峰といえば、昨年も行ったので、鞠山にとっては思い出深い場所である。霧が峰から美ヶ原にぬける、地獄のナイトラン、そして、極寒の山頂でサバイバル野宿…。今となってはいい思い出だが、今回は霧が峰のみなので、そんな心配もない。

              さて一行は早々に自由ランを開始し、各々霧が峰の山頂を目指す。今年は中山道を通り、和田峠側からのアタックだったので、昨年下った道を上る形となった。自分は伴走で、山本と走っていたが、和田峠手前で中島が止まっていた。どうやらチェーンが切れたようだ。個人ツアー中にも切れたと聞いていたので、どんなけ切れんねん!と思いつつ、とりあえず、チェーンをつないで、走り始めた。そういえば、夏合宿ではT越くんが切れてましたね。

              和田峠に到着し、チェーンオイルで汚れた手を洗うために、1回生を先に行かせ、茶屋的な所に立ち寄る。昨年、ここで諦めて、和田峠を下れば、地獄を見ることはなかったのに…と思いつつ出発した。不思議と身体は軽かった。

              1回生に追いつきまたまた伴走。昨年通った道を懐かしみつつ、景色を楽しみながら走ることができた。頂上で全員集合し、記念撮影。ジュースを買ったが、お釣りをちょろまかされた
              そういえば、昨年あったはずのお土産屋がきれいさっぱり駐車場になっていた。

              そして、いよいよ下りである。班長藤原のおかげで、快適に下り、大門峠を経て、白樺湖へ到着。
              「前馬車〜」という手信号を駆使し、昨年と同じ食堂へ。ここでは、からあげとソーセージが刺さった串物を大量に頂いた。ありがとうございました。そういえば、ここで見たテレビで、オードリー春日が「うまし汁」と言っていた。その後イブ祭のチケットに採用されることとなった。

              ここからは宿探し。昨年泊まった茅野市内の運動公園に行こうかと考えたが、時間的に余裕があるということで、道の駅信州蔦木宿まで行くことにした。疲労+アップダウン+暑さで案外キツかった。

              そんなこんなで道の駅信州蔦木宿に到着した。昨年ここでスパ用のお湯をひっくり返したことを思い出した。寒天大福なるものを食し、夕飯作りに移行した。夕飯はマーボーナス(2日目の麻婆豆腐のもとのあまりを取っておいて助かった)とふかし芋とゆでとうもろこしとマッシュポテトだった。山本が「マッシュポテト食べるの初めてです」といい期待に胸を膨らませていたので、がんばって作ろうと思ったのだが、まぁ調味料がまるでない。塩コショウで適当に味をつけ、しょうゆを適当にたらし、万能調味料味だしの素を振ったが、歯が立たない…。そこで初日のレトルト牛丼についていた、レッドチリガーリックパウダーを振った。その直後、後悔した…。
              こうして、真っ赤なマッシュポテトは中島のガンバリによって処理された。どこか山本は悲しげだった
              そういえば、この道の駅で見つけたフリーペーパー(結婚情報が載った)によって、この日のトークテーマはもっぱら嫁についてだった(鞠山だけ)まぁ面白かった。

              その後道の駅に隣接する温泉に入り、就寝した…。


              霧が峰の頂上での1枚。鞠山がネタに走っていない珍しい1枚。


              霧が峰の下りでの1枚。快晴ですな。

              8日目につづく…。


              categories

                      

              recent comment

                       

              calendar

              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << November 2018 >>

              selected entries

              archives

                      

              PR

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM