スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ブログ移転のお知らせ

    0

      この度は当ブログが移転することになりましたのでお知らせします。

       

      新しいサイトは下記のURLから見ることができますので、今後ともよろしくお願いします。

       

       

      http://dcc245.blog.fc2.com


       2018年 春合宿 3日目

      0

        【春合宿 3日目】

         

        いよいよイブ休みに突入!ということで春合宿のブログも完結させます!

         

        さて3日目は雲仙温泉から今回の終着点長崎駅までの約90キロ

         

        M尾は用事があり早朝に離脱したので残り8名で向かいます。いざ長崎へ!

         

         

        まず雲仙から島原市街に向かって山を下ります。

         

        ちなみに本日は曇天そして夕方からは雨が降るとのこと、天気持ってくれー

         

        そんなことを考えながら1時間程下ると島原市街に到着

         

         

        そして中心部にある島原城で休憩

         

        この島原城は天守閣にも登れる立派な城でしたが、入場料を取られることを知った部員は誰一人入らず…

         

        この後はしばらく右手に有明海を眺めながらのツーリング(写真ないです…)

         

        そして長崎市が近づいたところで昼食 ラーメンか定食屋の2択で選んだのは、

         

         

        定食屋!注文した雲仙ポーク丼はボリュームもあり非常に美味しかったです。

         

        さてここからは先程までの平坦な道から起伏のある道に、さすがは坂道で有名な長崎県

         

            

         

        起伏のある道に負けず、1回生のサンジ、OD村ともにまだまだ元気そうです

         

         

        ただ写真を見れば分かるように天気が怪しい… 皆の者急ぐぞ!!

         

        ←お疲れのご様子

         

        残り10キロを切ったところでついに路面電車が現れ旅も残りあとわずか…

         

        そして

         

         

         

        終着地の長崎駅とうちゃーく

         

        無事に3日間雨にも降られず怪我無く完結しました。

         

        ただ駐輪場に自転車を置くときについに雨が降り始め、ギリギリでした💦

         

        ここからは各自観光や入浴などを済ませて宴会へ

         

         

         

        食事も美味しくいただき、春合宿や新歓の話で盛り上がるなど充実した宴会となりました。

         

        こうして楽しかった宴会が終わり今年の春合宿が無事閉幕となりました。

         

        個人的には天候にも宿にも恵まれよい2泊3日となりました。

         

        最後に春合宿参加者へ、春合宿が充実のものとなったのはみんなの協力のおかげです。私のわがままに付き合っていただいてありがとうございました。

         

         

         

         

         

         

         


        2018年 春合宿 2日目

        0

          【春合宿 2日目】

           

          どうも主将のTMです。さて来週はいよいよイブ祭があり、今年も1か月少々となってまいりました。

           

          なんとか年内までに主将兼同早局長の任務である春合宿と同早合宿のブログを完成させたいものです……

           

          さて本題へ、初日の宿は天草の四郎が浜という海岸沿いだったので、起きて窓を開けるとこんな景色が

           


           

          今日もいい1日となりそうです。

           

          本日の行程は天草からフェリーを利用し島原半島へ移動し、雲仙温泉にある宿がゴールとなります。

           

          まずは、お世話になった宿を出てフェリー乗り場へ向かいます。

           

           

           

          こんな感じで海岸線側を走ること約1時間半、島原へ渡る鬼池港に到着

           

          ここから鬼池港より口之津港までしばしのフェリータイム

           

          ここぞとばかりに睡眠をとるM尾くん→

           

          そして口之津港に到着

          ここで我々は長崎県へ上陸

          さわやかなスマイルを見せるN舎の背後に見えるフェリーとお別れし、一行は雲仙へ!

           

          さて早速山へ...の前に腹が減っては戦はできぬということで昼食を食べることに。店は下見の時に目を付けた中華料理店に

           

          私は天津丼を注文。質・量ともによくいいカロリー補給となりました

           

          さてこっからが本番、残り30キロで獲得標高1000m。果たして日没までに着くのか、部員の脚力を信じましょう。

           

           途中の棚田で記念撮影。時間もいい感じこの調子で!

           

           

          ここからは山の中へ、雲仙温泉に近づいていることを実感しながら各々登り続ける。そして登り切った先には

           

           

          着いたー雲仙!!

           

          みんなの協力のおかげでなんと4時過ぎには到着、とりあえず宿のチェックインに向かいます。

           

          そして部屋に案内されると大事件が発生その証拠写真がこれだ

           

            

           

          ん!? 部屋めちゃくちゃ広いし、布団と別にベットあるし、露天風呂までついてるやんけ!!

           

          話を聞いたところ本館が混雑していて、この場所が空いてたのでせっかく空いてるしという宿の方のご厚意で用意してくださったとのこと。

          この話を聞いて喜ぶと同時に、私の今年の運をこの宿ですべて使い切ったことを悟りました(笑)

          ←会計のK引もまさかのサプライズにご機嫌

           

          そして雲仙温泉の源泉かけ流しの温泉で疲れた体を労わった面々は外に観光へ

           

          ゆかたを着て観光する雲仙地獄は格別でした。

          ←泊まったという証拠の看板とT中の2ショット

           

           

          観光後は地元の食材を使った夕食をおいしくいただきました。明日はゴールの長崎駅へ、ラスト1日楽しむぞ!


          【2日目】獲得標高22824M!秘境自転車ツアー in 東北【東北イチの峠へ】

          0

            むくり。

             

            いつものように福山雅治の曲で皆目覚めた。

             

            スマホを開いて時刻を見ると朝の5時。普段だったら絶対に起きていない時間だ。

            でも、この生活も既に4日間も続いていて、カラダもだいぶ順応してきた。

             

            昨日完走して寝床に就いたときは明日疲労が残っていないかが不安だったが、

            いい意味でその予想は外れ、身体の調子はすこぶるよかった。

             

            でも、今日の獲得標高は昨日の1976mを遥かに上回る2358m...

            これは大丈夫か...?と少し不安になるが、

            今日行く場所の名前は西吾妻スカイバレー。

             

            そう、名前のとおり「谷」である。

             

            加えて、このスカイバレーの中に位置する白布峠は東北イチの高さを誇るらしいので

            この谷はおそらくただの谷ではなく「峡谷」。

             

            これは絶対に壮大な風景が望めるに違いない、と期待も高まる。

             

             


            そんなわけで、磐梯吾妻(ばんだいあずま)スカイバレーを目指していざ出発!

            他の皆もすっかり回復していて、いい感じのペースでグングン突き進む。

             

             

             

            8/12 8:20 ファミリーマート米沢泉町店


            ほどよく脚が暖まってきたところで、白布峠ふもとのコンビニに到着。

            ここで各々補給を摂ったり、痕跡を残したり.....などした。笑

             

             

            そして、皆準備が整ってきたので、、いよいよ東北イチの峠へ突入!!


            のぼって、のぼって

             


            写真も撮りつつ、、

             


            さらに登ると、、

             


            福島県入りを果たして、まもなく、、

             

             

            白布峠制覇!!


             


            頂上につくと、さっきまでの風景よりも

            さらに視界がひらけた、開放的な景色が広がっていてしばし感動。

             

             

            しばらくすると全員無事登りきったので記念に一枚パシャリ。


            ビミョウにこの写真の僕の脚が剛脚に見える件

             


            ひと通り写真も撮り終えて、頂上にあったイイ感じの木陰で暫しの休憩。

             

            ここで今日イチ番の山場を越えた一同は、皆同じことを思っていたのか、

            「今日は昨日よりも獲得標高は高いけど、案外楽勝じゃね?」

            と口を揃えて言いだして驚いた。(山形の暑さでアタマがイカれたのか..)

             

            当の僕はナベを装備してのクライムだったので、あんまり負荷の違いは感じなかったのだけれど、

            他のメンバーはこの2日間のライドを通して確実に(いろいろな意味で)強くなってきている

            のを実感してきているようだった。笑

             

             

             

            こんな感じで休憩もほどほどにして、いよいよダウンヒル!

             

             

            すると走りはじめて間もなく、頂上を少し過ぎたところに、さらに素晴らしい景色が・・!


            桧原湖と明日行く予定の!西吾妻スカイバレーが一望できる最高のロケーション

             

            こんな感じの素晴らしい景色を横目に見つつ、引き続きダウンヒル!

            しばらくすると、町が見えてきて、、

             

            8/12 13:00 お食事処 水峰


            本日のお昼ご飯をいただくべく、この近辺では人気であるらしい「水峰」にやってきた。

            この水峰では、会津若松の名物であるソースカツ丼がとてつもなく絶品だとのこと。

             

            先の峠を登っていい感じにお腹が空いていたので、それも相まって絶対に美味しいだろうな、と

            思いながら入店するが、、店員からなんと1時間半待ちだと告げられる。/(^O^)\ナンテコッタ

             

            普通だったら諦めるところだけど、この日は皆の頑張りでかなりハイペースできていたお陰で

            たっぷりと貯金があったので待つことにした。

             

             

             


            近くに偶然あったイイ感じの木陰でくつろぐなどしていると、

            時間の流れは意外と早く感じて、、気がつくと店内にいた。笑

             

            そして、お目当てのソースカツ丼をいただく。

            写真で見るだけでも美味しそうなのが伝わるだろうが、実際その期待を裏切らない美味しさで、

            ソースがしっかりしみているが外はサクッとしていて、中お肉はジューシー。

            そうでありながらソースのおかげか脂っこいかんじが全然せず、無限に食べられそうな感じな、、

            そんな美味しさだった。

             

            僕はこの写真の特盛りを注文したけれど、美味しすぎてあっという間に平らげてしまった。

            正直人生の中で食べたソースカツ丼で一番美味しかったと思う。福島にまた行く機会があったら絶対来たいなぁ。

             

             

             

            こうしておなかいっぱいソースカツ丼を食べた一行は、

            本日の温泉を目指すべくふたたびひたすら漕ぎ、

            道程でトンネルを抜けた途端に一面の霧が広がっているサプライズをうけつつ、、


             

             

             

            8/12 19:30 土湯温泉


             


            本日の温泉がある土湯温泉に到着!

            今日までの温泉は普通の町のお風呂屋さんといった店構えだったが、今日の温泉は

            がっつり温泉街に位置している温泉なので期待が高まる。

             

            実際入ってみると、ほどよい湯加減でのんびり入れて、

            休憩室も畳張りで広々としている快適空間だった。

             

            お風呂に入ったあとは、近くにあったお食事処でごはん♪


            土湯温泉名物?!であるらしい開運満月餃子をいただく。

            このギョウザ、一見何の変哲もないように思われるだろうが、

             

            なんと、日本皇太子とオランダ皇太子が食したスゴいギョーザなのである!!

             

            実際味もどこか上品な風味がして絶品でした。笑

             

             

            ↓問題のポスター


             

             

             

            こうしてお腹を満たした一行は、このあと300mほど(笑)のキャンプアップをしたのち、

            道の駅で爆睡しましたとさ。

             

             

             

             

             

             

            ED

            石鎚山ヒルクライム レポート(前編)

            0

              こんにちはAEGです。

               

              実は、僕には「HP局局長」という誉れ高き肩書があるのですが、文章を書くのがメンドクサイ&ニガテなため、今までブログは放置してました。

               

              ブログが更新されるのを楽しみにしていたOBの方や、読者のみなさん、申し訳ございませんm(_ _)m

               

              さて、HP局長の初仕事ということで、どの行事のことから書こうかとても悩んだのですが、どうしても書きたい内容があったのです。

               

              それは、、、

               

              石鎚山ヒルクライム

               

              です!!

               

              DCC関係ないやんけ!って思う方もいるやもしれませんが、僕にとってこの大会は並々ならぬ思い入れのあるものなので、どーしても書きたかったんです。

               

              DCCの行事についても順次、書いていくので、どうかワガママをお許しください。

               

               

               

               

              それでは、レポートの中身に移らせてもらいます。

               

              石鎚山ヒルクライムとはなんぞや?って方も多いと思うので、この大会について紹介します。

               

              この大会は四国のてっぺん「石鎚山」で毎年、夏に行われるヒルクライムレースです。

               

              四国最速のクライマーを決める決戦で、この大会を1年の目標に定めているクライマーもいるほどです!

               

               

               

              〜コース説明〜

               

              全国でも珍しい2区間制タイムトライアルとなっています。

               

              第一区間が11.0km

              第二区間が7.4km

              総距離22.1km(うち、タイムを競うのは18.4km) 登り区間平均斜度6.0%

               

              で、2区間の合計タイムを競います。途中の下り区間ではタイム計測せず、第一区間ゴール後20分以内に第二区間をスタートするというルールのため、最大20分間休憩することができます。

               

              戦略がものを言いそうですねー

               

               

              また、第一区間4.8km地点、石鎚スカイライン入口までは、ほぼ平坦みたいなもので、ここでの駆け引きもこの大会の魅力です。

               

               

               

              僕がこの大会について知ったのは去年、DCCに入部してからで、地元でこんなに魅力的な大会があるなんて、それまでは全然知りませんでした。

               

              去年はエントリーできなかったので、今年は絶対出場すると心に決めてました。

               

              クライマーとしてそこそこ自信はありましたし、自分の実力がどれほどなのか確認したかったので、1年間ずっと出走するのを楽しみにしてたんです♪

               

              授業中に作戦やら、時速何キロで走ったらどのくらいのタイムになるか考えてたくらいです(笑)

               

              過去3年のレース結果を見て、マークすべき有力選手を覚えたり、似た斜度のコースと比較して自分のタイムを予想するなど、緻密に(?)作戦を練りました。

               

              時間はたっぷりありましたからね。

               

              目標はズバリ、

               

              クラス別での入賞(3位以内)

               

              でした。かなり難しい目標ですが、可能性は20%くらいはあると思ってました。

               

              根拠は、今年の7月に出走した神河ヒルクライムという大会で、僕と近いタイムだった方が去年、石鎚山ヒルクライムに出走してて、入賞まであと一歩のタイムだったからです。

               

              つまり、

               

              僕の実力≒その方の実力≒石鎚ヒルクライム上位タイム

               

              って理論です。我ながら楽観的ですね

               

               

               

               

               

               

              さてさて、月日は流れます。

               

              DCC内でもかなり成績の悪い自分はなんとか期末試験を耐え、、、ているのかまだわかりませんが(((

               

              夏休みに入ると早速DCCメインイベント「なだれこみ」が待っています。

               

              今年のなだれこみは、東北→信州とボリューム満点でした。

               

              この間、石鎚ヒルクライムに向けて登りでは手を抜かず、キャリアの重みに耐え、テスト期間でなまった体をヒーヒー戻してました。

               

               

               

              ん〜

               

               

              む〜ん

               

              クサソウ。。。民族大移動かな?

               

              この装備で登った乗鞍はしんどかったですねぇ

               

              なだれこみについては後日、きちんと記事あげます。

               

              乞うご期待★

               

              なだれこみから無事生還すると、いよいよ石鎚ヒルクライムに参戦すべく、いざ愛媛へ。

               

               

               

               

              〜石鎚ヒルクライム試走〜

               

              愛媛に帰省したのは大会1週間前。

               

              あまり時間がないので、帰省した翌日には早速試走へGO

               

              練習、練習、練習、練習、練習〜

               

               

               

              8/26(日)

              大会1週間前なので、試走にきてるローディが何人かいました。

               

              ピリピリした空気がいいっすね^〜

               

              交通量少ないので、サポートカー(軽トラ)についてきてもらいながら、TTしました。

               

              (ちょうどツール・ド・フランスみたいな感じです)

               

              最初の平地にロード3人衆がいたので、ペース上げ目で追い抜きました。

               

              そして登りに入ると、、、

               

              あ、あかんわ

               

              想像より斜度キツくて、しんどかった。

               

              最初、チョーシのった罰ですね。泣きそうになりながら登りました。

               

              第一区間後半が工事中で途中、1分間足止めくらいました。TTじゃまされて怒るよりも、やっと休めるって気持ちのほうが大きかったです。

               

              そして、第一区間ゴール

               

              タイムは34分34秒(足止めこみ)

               

              予定してたより遅くてショックでした。

               

              ゆっくり下りながら、途中で休憩したりして、第二区間スタート地点まで移動します。

               

               

               

              GOOD

               

               

               

               

              第二区間スタート地点まで移動し、再計測。

               

              第一区間より楽に登れて、やっぱ自分はクライマーかな〜なんて思ったりします。

               

              第二区間ゴール

               

              タイムは28分11秒でした。まあまあの結果かな?

               

              ほいで、

               

              TOTAL 1時間2分45秒

               

              あれ?全然ダメじゃん(^^;

               

              2017年大会のクラス別だと23位

               

              入賞するには55分は切らないとキビシー。大会1週間前なのにピンチな気がしてきました。

               

              その後、軽トラで下山し、コース把握のため、車でもう一度試走しました。

               

              だいぶがんばらなまずいなーと思いつつ、リベンジを誓い、石鎚を後にしました。

               

               

               

               

              (続く)

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               



              categories

                      

              recent comment

                       

              calendar

              S M T W T F S
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              282930    
              << April 2019 >>

              selected entries

              archives

                      

              PR

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM