スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.04.30 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Summer Soni

    0
      久しぶり登場、Vianchiです。 
      (ちょっとB&Bブームに乗ってみます。)

      いや〜行ってきました!
      サマソニ! 2009 !!
      久しぶりに汗かいてしんどかった〜!!

      え?サマソニってまだじゃない??って思った人、甘い

      わたしが行ったのは「夏曽爾」(夏の曽爾高原=サマソニ)であります!!!
      すみません、くだらん事言って。

      ここ最近、貸し出ししていた自転車が返ってきたのと、兼ねてからの運動不足から昨年仕立てたスーツのウエストがキツくなってしまい、なんとかせねば・・・という危機感がありました
      そこで、2007年にK前さんが作った耐久ランのコース、思い出深い曽爾高原(そにこうげん)へ再度アタックをかけました!
      2007年耐久ランに参加した学年の人は、ちょっと懐かしい感じかもしれないね(笑)。

      いくぞー!


      近鉄「はいばら」駅から行事では使わなかった369号で曽爾村方面を目指す!
      正直、走り出して10分くらいで道が登り基調となり、Neetな生活が長かった私の足は、2008年夏合宿でのM沢くんの「みの虫走法」を彷彿とさせるものだった。

      さて、この369号が耐久ランで使われたトンネルに合流すると、一気に記憶が蘇ってきた!

      そうだ・・・ここは!??



       Mテックからの直帰直行で参加したN藤氏がカワイイ子犬に惨敗した地点だ!

      トンネルを抜けた先の定食屋さんで昼食を取り、いよいよ曽爾方面へ向けて走り出す。
      のどかな田園地帯が続き、ついつい自転車を降りて寄り道してしまう。



      そして・・・ギルモアの落車は突然やってきた。



      雨だ。しかも結構キツい。ゴアを出すも、既に購入から4年3ヶ月以上経っておりもはや多くは期待できない。

      曽爾高原への登り分岐に来る頃には、雨も住民同士の小競り合いから対立宗派民兵同士の機関銃を用いた応酬合戦へとその様相を変え、正面突破を試みる私はまるで流しそうめんの竹の中を頂上に向かって走っているような状態だった。



      ↑2007年、秋の曽爾高原。
      3回生のときの耐久ランで北前氏に連れて行ってもらった曽爾高原。

      私が行ったときは・・・




      ・・・寒い。
      というか、右手の小屋の屋根から落ちる水の量、結構なものです。




      前回に来たときは気づきませんでしたが、どうも集合写真の後ろの山に登れるみたいで、ちょっと行ってみました。




      てくてくてく・・・




      結構、上から見ると迫力があります。
      また、秋になったらここまで登ってみたいと思ってます。





      雨だろうと、近鉄名張駅までいかない事には京都に帰れないので、仕方なく出撃。

      なんとか京都まで帰るも、雨で体を冷やし、気温の変化(特に低下)に激ヨワな私は
      今週ずっと家で寝込むはめになってしまいました。



      とか言いながら、明日あたりまたどっか行こうかと考えてます(笑)。






      スポンサーサイト

      0
        • 2020.04.30 Thursday
        • -
        • 17:15
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        なんと!ソニ高原って自分の地元の近くにあるのですね
        今度行ってみます(`・ω・´)
        • おかもん
        • 2009/08/02 3:03 PM
         みの虫走法…関係者各位すみません。

         耐久2007懐かしい!写真を見てたらまた行きたくなりました。やっぱりサイクリングっていいな〜。
        • M沢
        • 2009/08/02 12:14 PM
        雨のつらさ・・・わかります・・・

        とても辛い思いをなさっているとき僕は家でニートしてたと思います。申し訳ないです・・・
        • とりごえ
        • 2009/08/01 11:39 PM
        セピア色の思い出と志水サンの寒い写真の対比が秀逸すぎる・・・。

        秋に曽爾アタックするときは、ご一緒させてもらいます!
        • 北前
        • 2009/08/01 2:31 AM
        曽爾…なつかしいですね!
        僕も耐久後に、北前さんに連れていって頂きましたが、すごくいいコースですよね!!

         あと、あの高原上の山に登る余裕を持っておられるとは、さすがです。
        • S木
        • 2009/08/01 12:45 AM
        セピア色の写真…なんだか泣けました。

        ギルモアの落車って…凄いですね!
        • えふ原
        • 2009/07/31 7:30 PM
        コメントする








           

        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM