スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.04.30 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    なだれこみ北関東班報告

    0
      2日目
       昨夜、近くであったらしい花火大会も道の駅から鑑賞した我々は、6時30分に目覚めた。今日は本ツアーで初のダート突入だ。俄然朝から気合が入る。力の調節を誤り、朝飯の目玉焼きが危うくスクランブルエッグになりかけるほどの気合の入りようだ。

      ダートに入るまでが予想外の登りであった。「水分とか非常食買っとかんとヤバいんちゃう?」ということに気付いた時は時既に遅し。周囲は何もない木々のみ。ダートに入る前からぞっとするほどの追い込まれようだ。スイスイ登る中島・小野に比べ山本は若干バテ気味。しかし、何とかダート入り口までたどり着いた。

      今回初ダートとなる斑尾林道は全体的に非常にフラットで走りやすい。特にガレているような場所もなく、まさに「フラットな走りやすいダート」だった。鞠山がバイト先の先輩から仕入れてきた情報通り、ナイスなダートだ。まぁ初ダートだからこの程度で良いだろう。ただ、ダートに入った直後に中島のキャリアのネジが吹き飛び、なくなったのには驚いた。

      3km程しかないので、あっという間にダートは抜けた。ダートを抜け、停車して待つ鞠山に小野が注意を促す
      小野「鞠山さん、そこ、危ないですよ」
      鞠山「…?」
      鞠山が移動した直後、ダートを下ってきた山本が数秒前鞠山がいたまさにその場所に勢い良く停車したのだった。まさに危機一髪である…!(汗)

      全員が無事にダートを抜け、いざ下り!このまま町のAコープ(←ここ重要)まで直行だ!!と思いきや、山本大転倒!!どうやら水で濡れたロードで滑ったらしい。
      応急手当を行い、山本は下っていった。しかし、まだ事件は終わっていなかった。
      何と、山本は転倒の衝撃でメットを崖に落としていたのだ!なだれこみ初日から若干壊れていた山本のメットはこうして星となった。

      ダートを出た我々は空腹だった。今すぐ食購して何か食べなければ辛い。いや、それ以上に全員満足に水分を取れていない。水分が欲しい!そこに現れたのがAコープだった。

      潰れていた

      現実の苦しみに打ちひしがれる大学生5人。何故文明の発達した現代で「水が出ない」「米が炊けない」と嘆かなければならないのか…なだれこみでこそ経験できるものだ。
      結局、水道がないなら米は炊けぬと、幸いあった自販機のジュース片手に山本がボックスに忘れていった(そして鞠山が持ってきた)カンパンを5人で貪り食う。被災者か。

      力を振り絞り、スーパーを探すも何もなし。結局は妙高駅近くの定食屋になだれ込んだ。命は取り留めた。
      当初の予定では道の駅「しなの」がゴールだったのだが、時間的にいける(14時前後だった)と判断し、距離は伸びるが長野市内でなかびを取れるという「オアシスおぶせ」に変更した。
      峠が心配された「おぶせ」までの道のりだったが、予想外に下りが中心で楽だった。

      長野市までの途中、温泉、「穴観音の湯」に立ち寄った。1回生は疲れているのか、露天風呂に入りながら眠っている。それにしても、1回生はツアー全体を通して暇さえあれば眠っていた。しんどいのに頑張ってコース確認などをしている時に隣でスヤスヤと、それはそれは安らかな顔で眠られた時には、マジで叩きたくなったほどだ。

      さて、穴観音の湯を出た我々は食購のためジャスコ(だったと思う)に向かった。夕食はマーボー豆腐としたが、帰り際に驚いた。中島の片手にははち切れんばかりに惣菜(餃子とか)を入れた袋が握られていた。聞けば夜食だという。数日後、「あんまり体重減らないんですよぉ〜」とこぼしていた中島君。そら減らへんわ!!

      オアシスおぶせは、かなりクソだった。まず、食事を作る場所がなかった。だが、寝た場所(昆虫博物館みたいな所)はまぁまぁ寝やすかったが。
      この夕食時、藤原の携帯が鳴った。鈴木さんからだ。ちょっと間話した後、下西さんが電話に出られた。何でも合宿の下見がキツ過ぎるとのことだ。
      下西さん「もぉホンマしんどいわ。3回吐いたわ…いや、それ言い過ぎや。2.5回吐いたわ
            「全然ついて行かれへんわ。ほんまメカは壊れるし…」
            「鈴木(さん)はダート専門学校開くらしいで。まずは大原でダート2級の資格取るって」

      合宿時、この下西さんの話は9割方ウソだったということが判明した。最後の一文は明らかにウソだが。いわゆる下西さん節である。
      そんなこんなで、2日目の夜は更けていった…。


      除雪車VS人間


      その結果


      斑尾林道の様子。あたかもモンベルのパンフのよう


      林道の途中で。たまには自分が写ってるのもUPします(右の不審者ね)


      旧Aコープ前にて。山本の泥だらけになった「SEIFU」Tシャツが痛々しい


      穴観音の湯。鞠山が写ったバージョンも有ったが、私の信条によって除外した


      オアシスおぶせにて、夕食作成中の一コマ。鞠山怖いわ

      それでは3日目で!

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.04.30 Thursday
        • -
        • 22:28
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        下西の「3回吐いた」はおそらく下村さんのパクリやわ。同じ話を俺もなだれこみ中に下村さんから聞いたし(笑)
        • 亀G
        • 2009/10/21 11:45 PM
        今回はホンマひどかったんですよ〜。関東甲信越マップ、あれ策定し直した方がいいですよ!(怒)
        • えふ原
        • 2009/10/21 8:12 AM
        店が潰れていた・・・
        ツアーではよくあること(笑
        報告お疲れ様です!
        • 岡MON
        • 2009/10/21 1:12 AM
        コメントする








           

        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM