スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一人一記キャンペーン〜信州自走個ツア〜

    0
      新年をむかえまして、みなさんいかがお過ごしでしょうか
       
      らんらんランキングでおっさんっぽいなどと書かれ傷心気味のDCC1回生のY川です。
      なんでや、ワイまだピッチピッチやろ

      今回一人一記キャンペーンということで、一回生の3人で京都から5日間かけて、なだれこみ信州班 の集合地である静岡県の御殿場に向けて個ツアをしたことを
      1日目 Y川 2日目、3日目 K中 4日目、5日目 I東 というようにリレー形式で書き手を交代しながら紹介していきたいと思います。

      なお、この5日間の旅は圧倒的写真不足っ・・・+記憶の風化 のためお粗末な報告になることをご了承ください
      ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



         
      <登場人物>

      左)K中 休憩中によくいなくなる。ほんとになにしてるんでしょうねぇ

      中)Y川 筆者。テスト期間で太った分を今回の旅で減量することをもくろむ

      右)I東 今回の旅でドラキュラ化。闇属性。夜になると手がつけられない


      コースは
         http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/list?kw=author%3A%E7%9E%AC%E9%96%93%E6%B9%AF%E6%B2%B8%E3%81%8B%E3%81%97%E5%99%A8
      参照。
      ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
      出発写真を撮った後、とりあえず琵琶湖を目指して山中越することに。
       山中越なんぞ軽々突破のはずが・・・開始早々あまりの暑さに3人ともへばってしまい、事前の調べ
      でわかっていた、この日の後半でやってくる鈴鹿峠を本当に超えれるのかどうか不安になった筆者は、やたらと「この分だと鈴鹿峠はヤバいな」等と連呼し、ひたすら危機感を煽っていた。
       
      そして苦しみながらも琵琶湖に到着。

       
      この圧倒的スケール。
       
      とりあえずダブルピースをするという風潮に乗せられ、せっかくの風景を台無しにする筆者。面白いポーズが思いつかなかった模様。

       
      釣り人に撮ってもらった記念写真。今回の旅ではI東しかカメラを持っていなかったのでI東はレアキャラ化している。残りの二人はI東の無茶な要求に対して必死に体を張るおもちゃにすぎないのだ・・・

      琵琶湖をたっぷり堪能した後、近江大橋を渡り数十キロ進むとマップル上で鈴鹿峠の表記が近くなっ
      てきた。

      鈴鹿峠
       〜“現在でも箱根峠に次ぐ「国道1号有数の難所」と言われるほど、険しい区間が多

      い。”〜 (by Wikipedia )


      暑さで疲弊した状態で激坂が続く峠に差し掛かることに絶望する3人。
      もはやヤケクソで峠の序盤と思われる緩やかな坂を上っていく。しかしその緩やかな坂でさえノロノロ進行。このままでは激坂でへばってナイトラン突入か・・・ と思われた


      が、次の瞬間
       

      なんと我々を出迎えたのは激坂どころか延々と下り坂ばかりではないか
      しかも下っている途中になんと1日目の目的地 関宿(道の駅)に到着してしまった。
      これにはさすがの筆者も苦笑い(世界まる見え風)
       
      そういえば下り坂ではあまりの嬉しさのせいで発狂したのかK中がめずらしくスピード狂になってI東と筆者を完全に置いてきぼりにしてたような


      まぁそんなこんなで 「鈴鹿峠とはなんだったのか・・・」 「鈴鹿峠(笑)」 とネタにしながら野宿して1日目無事終了。



      これは後日わかったことなんですが、鈴鹿峠の急峻は三重側から滋賀側に行く場合に限ってのこと
      であって、実はWikipedia先生も“滋賀県側は比較的なだらかである一方、三重県側は高低差
      が急激であり
      ” ときちんと書いてありました。

      このことを見落としていた筆者は故意で はなかったものの、4月のキャンピングにてCLとして筆者に嘘という嘘をつきまくったエガ先輩の嘘吐きCL術を脈々と受け継いでいるのだなと思いました。 オチなし。


      //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

      このへんで二日目、三日目担当のK中へバトンタッチします。

      あとはよろしく!

      <<新入生のみなさんへ>>

      今回の報告はざっくりなものなってしまいましたが仲間と一緒に旅をすればここには書ききれないほどの 笑い話 やらかし話 などなどたくさんの思い出が作れます。実際この報告も書いてあることはほんの一部です。少しでも興味がわいたらぜひ新歓行事に参加してください。
      DCCはどんな変態でもウェルカムです。

      <私信>
      折り畳み機能の使い方に気づくのが遅れ、修正するのがめんどくさいので折りたたみません
      すいません。 あとブラウザがchromeだと色々不具合がおこるようなのでブログを書くときはIEを使ったほうがいいっぽいです。

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.01.18 Friday
        • -
        • 00:58
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM