なだれこみ2011 信州班 八日目

0

     
    驚異のハイペース。

    この日だけは写真なんてなかったんやー。

    内容短いし次回と分ける必要もなかったんやー
     

    かわりに色文字と絵文字を駆使しました。


    引き延ばしたがりのTKです。





    本なだれこみの全日程は以前
    EGAが更新した以下のURLを参考にしてください。

    http://dcc.jugem.jp/?eid=300

     

     

     ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

      8月19(写真なんてなk(ry)



    本当になかったので、とりあえず九日目のものを。

    上の写真は頂上で撮った一枚。

     

    晴れていれば景色が最高だったはずが、曇っていたため何も見えませんでした。

    乗鞍自由ランの詳しい話は次回まで引っ張ります。

     

     

    八日目はルートラボによると、信濃大町近くの公園を出発し、いったん松本まで戻ったようです。ここまではわりと起伏もなく、順調に走っていきました。

     

    この時点で私はこのペースならば、乗鞍まで上り、岐阜まで降りてこられよう、と考えていました。現主将、そして当時の一回生諸君もそう思っていたことでしょう。

     

    CLEGAなので、前回のようにわざと峠を増やすということもありませんでした。ちっ

     

    ですがこの日私たちがたどり着けたのは、乗鞍岳の麓(中腹?)まででした。

    というのも、松本からその麓までは40km,800up。予想以上に遠く険しく、すっかり日も暮れてしまったので、この日はをのんで登頂を明日に延ばすこととなったのです。
    決して地図が読めんかったわけではござらんのだからねっ。


    しかし、その日の夕方からは大雨で、標高も高いため、夏とは思えないほど大変冷え込みました。

     

    到着後私たちはすぐに近くの温泉へと駆け込みました。

    暖まることができ、しばらくゆっくりしていたのですが、外に出ると先ほど以上の大雨と冬と勘違いするほどの寒さ。


    体温もあっという間に下がり、寝袋にくるまりながらの就寝となりました。

    私以外は。
    本なだれこみの前にすでに送り返していたのでした。さばい。










    Y川「やってしまいましたなぁw」

     ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


    そして次回、待望の最終回!?

    ついに、苦難を乗り越えた一回生が覚醒する!!

     



    毎週日曜日のお楽しみ。


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.04.30 Thursday
      • -
      • 22:34
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      categories

              

      recent comment

               

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      selected entries

      archives

              

      PR

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM