スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2012キャンピング二班 -二日目・三日目-

    0
       こんにちは!2回生、ソンジョーです。
      我らがキャンピング二班の2日目以降の動向を報告いたします。

      二班のメンバーは
      3回生→N田さん、1noseさん
      2回生→ソンジョー、ナルナル
      1回生→中田(仮名)、一休(仮名)

      それでは暇つぶしにどうぞ!
       

      二日目、朝
      どこの班よりも早く出発することとなった二班
      目指すは日本一の斜度を誇る酷道、「暗峠」
      なんとも鬼畜なコースの作成主任ナルナルをCLにキャンプ場を離脱し山を下る

      キャンプ場が京田辺だったこともあり、我らが同志社京田辺キャンパスを脇目に大阪へ入る
      その後しばらく京阪道路の側道のサイクリングロードを進む
      初日にはあまりなかった走りやすい平地に一回生は楽しげである

      そんな矢先、もはや恒例となりつつあるキャリアトラブル発生


      頭を抱える上回生と対照的に一回生の


      この笑顔。
      今年の一回生はDCCへの適応性が非常に高くて何よりである

      結局、キャリアは完全破断しており近くにあった自転車屋で新しいキャリアを購入し再出発
      程なくしてショッピングモールにて食事をとった
      昼食に唐揚げ棒2本とダイエットコークをチョイスするナルナル
      それに対しサラダを購入し栄養バランスを考えた食事をする中田が非常に印象的だった

      その後は暗峠まで急いでのんびり進む


      暗峠入り口
      全員戦闘態勢に入る
      一休は圧倒的スマイルで「登れるかわからないっすよー」とかなんとか
      中田は元気に「初日で体力使い果たしてる」とかなんとか
      激坂を前に何だかんだ言いつつ凄い元気だった一回生
      早速アタックしていく


      な、なんちゅー激坂や
      サイドバッグつけて登るようなところではないで・・・
      上から降りてくるローディーのドン引きした冷たい眼差しは忘れられへんでぇ
      途中からはキツすぎて降りだした雨も目線も気にならなかった

      ほぁ。

      正直、私は頂上まで行くのにかなり必至だった

      その他、暗峠の様子は先に訪れた有志の記事を参照していただきたい


      峠の様子。やっぱり一回生は超元気。こりゃ夏で化けるでぇ!

      ちなみにナルナルの様子も

      ・・・とっても元気そうだった

      雨が酷かったので早々に奈良側へ下り、道の駅へ駆け込み、二日目を終える

      下宿組が中心となるキムチ鍋作成風景

      三日目朝食、キムチ鍋うどんの様子



      暗峠という山場を終え、三日目は平城京跡を目指してゆっくり出発する

      とくに何もなく途中、法隆寺の入り口で休憩した程度

      とにかく平城京へ

      記念碑と愉快な仲間たち

      どことなくバラバラな一行

      圧倒的スケールと副将

      のんびりする一回生

      特急にはしゃぐ副将とナルナルの図

      ただっ広い平城京跡を楽しみ、奈良時代(?)の名残を感じつつも
      温泉へと向かう

      温泉の食堂で一緒に昼食もとり、あとはひたすらフリースペースで休憩する


      みんなお疲れのようで・・・
      おっと、こっそりと中田は彼女()と電話していた。けしからん(笑)

      もうしばらくゆっくりしたあと
      集合時間が近づいてきたので駅まで向かい、そこで輪行および指導をはじめる
      1noseさんに手伝ってもらう中田

      ここぞとばかりに調子に乗る二回の図

      輪行は二回生の指導が下手糞だったこと以外は特筆することはない
      ただ、肩掛けの紐をどこにしまったか忘れて困るというのは一種の通過儀礼ではなかろうか

      輪行の風景

      輪行は順調に進み、今出川にて輪行解除
      そして御所にてキャンピング班と合流となった。

      以上が2日以降の二班、キャンピングでした。
      他班の報告にも乞うご期待ください。

      それではお疲れ様でした


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.01.18 Friday
        • -
        • 23:38
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        笑顔が素敵すぎる。
        暗坂へいつか行きたい。
        • ASK#fukushima
        • 2012/06/13 10:45 PM
        更新お疲れ様でーす。ナルナルの顔が… 私も含めてですが、他の班もはやく書かないとですね…
        • HG
        • 2012/06/12 12:04 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM