スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.04.30 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    なだれこみ 九州・四国班 その1

    0
       

      こんにちは、東です。

      なだれこみ及び夏合宿お疲れさまでした。

      私は夏合宿の後、スリックタイヤに履き替え気合満々で乗鞍に登ってきました。

      大雨でした・・・

      はい、気を取り直して
      なだれこみ 2012年 九州・四国班

      行事報告していきたいと思います。

       

      1日目 小倉駅〜道の駅耶馬トピア】

      前日には皆が無事、修羅の国と名高い福岡県に入国。小倉駅前のネカフェで一夜を過ごす。朝起きて、まずは集合写真。


      左から順に…

      FuG・・・得意のコースアウトを駆使し、九四班の総合敢闘賞に輝いた男。

      K家・・・登りは嫌いだと言いながらも、なだれこみ後半ではスイスイ登っていた九四班の成長株。

      K浦・・・1Calもの非常食を持ち、食糧庫の名を我が物にした。一回生にして料理長。

      一休さん・・・水分は最低2リットルないと落ち着かないという走るベンディングマシーン。

      ソンジョー・・・修羅の国入国に合わせ髪を修羅色に染めてきたナイスガイ。

      東・・・写真には写ってませんが私もいます。リーダーです。

       


      この日は三大カルストである平尾台に行きます。
      CLFuGを先頭に小倉駅を出発。

      モノレール下を走る。朝方は車やバスが少なくて助かる。

       

      1時間ほど走って平尾台に続く吹上峠の麓に至り、ここからは自由ランで行くことに。一回生のK浦と一休さん、そして二回生の修羅男ソンジョーが先に行きました。僕はK家と一緒に行くことに。べらべらしゃべりながら走っていると、木が生えていない草原のような山を発見。すかさず写真を撮ったのだが…

      この写真の右下をよく見てもらいたい。ちょっと見えにくいが、地面に膝をついて動けなくなっている人がいる。そう、修羅男ソンジョーである。足でもつったのかと思い近づいてみると

       

      ソンジョー「やばい…腹イタイ…!!死ぬ…!!

      まさかのOPPだった。こんな峠の途中にトイレがあるはずもなかったので、応急処置(NGS)を施し、なんとか吹上峠を登り切った。後にソンジョーが「お花摘みどころか、花握りつぶしに行った」と語るほどの激しい戦いだったらしい。マジでお疲れ様っす。こうして初やらかしはソンジョーの元に輝いた。


      峠の頂上にて。K浦と一休さんは熱いデッドヒートを繰り広げてたらしい。

      さて、峠を登り終えたらカルストの時間である。

      草原のような場所に丸みの帯びた石灰岩が点在し、なかなか景色のいいカルストだった。これを見て
      FuG氏が「これはいいカルスト…!!と満足気にうなづいていた。もしやFuG氏はカルストマニアなのかと思って聞いてみると、なんと初カルストだったらしい。まんまとFuGにやられたのだった。後に九四班では「これはいい○○」が流行ることになる。


      平尾台は鍾乳洞でも有名らしく、そのうちの一つである千仏鍾乳洞に行くことに。

      千仏鍾乳洞の入り口にて、FuG氏考案の鍾乳洞のポーズ

       

      ここの鍾乳洞、四季を通じて気温が14でめちゃくちゃ涼しい。いやもう寒いくらい。しかも480メートルから先は冷たい水流をジャブジャブ進んで行くのだ。全身鳥肌全開で「足がキンキンに冷えてやがるっ」と絶叫しつつ進行。ソンジョーが言っていたのだが「足でかき氷食べている感じ」という表現が一番しっくりくると思います。かなり狭い鍾乳洞だったのでインディージョーンズ気分で楽しめました。

       

      鍾乳洞から出た後は平尾台を下り、コンビニで昼飯を食べ、r250r58R10を通って道の駅おこしかけでゲリラ豪雨を神回避。太平楽温泉でゆったりしたあと、イオンで食購し、本日の目的地である道の駅耶馬トピアを目指す。

      その途中で青の洞門にちょっと寄り道。
      禅海和尚が石工を雇いノミと槌だけで30年かけて掘り抜いたと言われているトンネル。30年とかどんな精神力だよ…

      連続したトンネルが川沿いに続いていた。
      手彫りのトンネルだけあって結構興奮できました。


      そんな感じで無事、道の駅耶馬トピアに到着。

      時間もあったので今回初となる自炊を行った。

      自炊のマリオブラザーズ

      安定と信頼の昆布だし鍋。皆でつつく鍋はやっぱり良いですね。

       

      という感じでこの日は終わり。

      距離も短かったので比較的楽な一日となりました。

       

      次回「ヤバい系渓谷耶馬渓」


      スポンサーサイト

      0
        • 2020.04.30 Thursday
        • -
        • 22:21
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        >>なかしまさん
        平尾台もかなりいいとこでしたが、四国で行ったカルスト台地もイイ景色でした!!

        >>修羅むらかみ
        まさか平尾台であんなことになるとは思わんかったわ(笑)
        • 2012/09/20 9:04 AM
        アップ乙!
        平尾台はほんまに胸が熱くなる思い出やわ(遠い目)



        • 修羅むらかみ
        • 2012/09/18 9:46 PM
        初めて知ったけど、平尾台ってとても良い所だね。思わず景色に見とれてしまいました。みんな楽しそうで良かったね。

        つづきも期待しています!
        • なかしま
        • 2012/09/18 5:48 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM