スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.04.30 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    なだれこみ 九州・四国班 その4

    0

      4日目 道の駅阿蘇〜道の駅原尻の滝】




      朝起きてソンジョーが偏光サングラスを持っていたので、かっこいいなぁと言ったら、ニヤッと笑ってポーズとってくれました。朝からテンションの高い九四班。それもそのはずこの日は遂に火の国熊本のシンボル阿蘇山に登ります。CLFuG氏も念入りに地図を確認。そう、今日のCLFuG氏である。大事なことなので(ry)
       


      早速阿蘇山へ向かう
      r111号のパノラマラインを自由ランで登る。途中に牧場があったのでパシャリ。この奥には阿蘇の景色を眺めることができました

       

      ダイナミックな山。写真を撮りつつゆっくりと進む

       

      北側の阿蘇の景色。晴れてて良かったです

       

      スイカのような山が見える。杵島岳かな??

       

      走り続けて2時間弱、阿蘇の有名な展望スポットである草千里展望所に到着!!K家おつかれ〜

       

      最近のデジカメにはパノラマ機能というのが付いており、カメラをスイングするだけでパノラマ写真が簡単に撮れる。K浦は隙あらば写真を撮るという九四班随一のパノラマ小僧であった。

       

      おいしいところがイイ、あっこれコカコーラか

       

      阿蘇の景色の反対側にある草千里ヶ浜。絵になる男ソンジョーとともに。ちなみにここ草千里は馬の糞がたくさん落ちていることから糞千里とも呼ばれるそうです。

       

      そして草千里から少し走って阿蘇山ロープウェイの駅までやってきました。ここから中岳火口までは約1キロ。ここの駅には結構でかい土産屋があったりしたので、実質阿蘇山のゴール地点で登り坂ももうないだろなぁと思っていました。しかし、本当の阿蘇山はここから始まります。阿蘇山公園道路。予想だにしない斜度20%越えの坂に度肝を抜かれました。ロープウェイの駅で登り坂が終わったと思ったのに、最後の最後まで坂が詰め込まれていたことから、生まれた言葉が「その点阿蘇ってすげぇよな、最後まで坂たっぷりだもん」

       

      ここが阿蘇山公園道路。予想してなかった分、斜度の高さには驚いた。この道の途中でママチャリの兄ちゃん下って行ったのにはもっと驚いた

       

      そして火口に到着。溶岩の露出した荒涼とした風景が広がってました。

       

      阿蘇登山記念撮影。阿蘇山は火口だけでなく、牧場や阿蘇の景色など色んな風景を見れて楽しめました

       

      おまけのトッポ、富山行きの輪行にて。元ネタはその点トッポってすげぇよな、最後までチョコたっぷりだもん」。後になると派生形として「その点阿蘇ってすげぇよな、最後までチョコたっぷりだもん」「その点チョコってすげぇよな、最後まで阿蘇たっぷりだもん」といった言葉が流行った

       

      阿蘇山を下りると時間は昼を過ぎ、下界は猛烈な暑となっていた。この中で走るのは危ないと判断し、近くにあった白川水源へ行くことに。丁度休憩スペースがあったので体を休め、午後3時過ぎに再出発しました。

       

      今日の目的地の道の駅まで山を含めて50キロほどあったので少し急ぎ気味に走ります。が、R265号を北上している際、ゲリラ豪雨に遭遇。軒下に避難し、数十分後に再出発。少し登った後右折しr135を走ります。ゲリラ豪雨の回避などで時間が押していたこともあり、日が暮れるまでに道の駅に着けるか不安になっていたのですが、この道はなだらかな下り坂。しかも車が1台も通らないとても走りやすい道だったので、日暮れまでには着くだろうと安心して走る。一回生も「めっちゃ気持ちいい道ですね」と言ってました。そんな感じで走っていると分かれ道に着き、FuG氏が青看マップルを見比べて一言、「ごめん、道間違ってたわ」。

       

      正規ルートに戻って一枚。一回生を育てるためにわざとコースアウトしたんやでと言わんばかりのしてやったり顔ww一回生も「なだれこみ初コースアウトですね!!うっひょー!!」と謎のテンションで走っていました

       

      日も暮れかけ、ナイトランは嫌だとr135を急いで走る。この道もなだらかな下りだったので気持ちよく走っていると、突如看板が現れた…

       

      あらま(驚愕)

       

      なんと橋が崩壊し、通行止めになっていた。阿蘇に戻るにしても街灯の無い30キロの山道。もうここまでかと思ったが、そばに廃校を使った建設事務所みたいなのを発見。ダメもとで話を聞いてみると、なんと迂回路があるとのこと。これを聞いて一気にテンションがあがり、お祭り状態に。

       

      奇跡のカーニバル開幕だ!!

       

      道が続いてくれてよかった…。こんな道をナイトランとか考えただけで怖いです(ションベンドババッ)

       

      その後ナイトランにはなってしまったが、満点の星空の元、無事に道の駅原尻の滝に到着。ゲリラ豪雨やコースアウトや通行止めなど、この日はトラブルづくめでした。

      次の日で楽しかった九州もラスト。フェリーで四国に渡ります。


      スポンサーサイト

      0
        • 2020.04.30 Thursday
        • -
        • 17:28
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        クソンジョーが糞千里で
        応急処置した可能性が微粒子レベルで存在する…??
        • 2012/10/14 5:13 PM
        これじゃあまるで僕が糞の上で寝てるみたいじゃないですか!
        糞の横で寝ているというのに!!
        • クソンジョー
        • 2012/10/13 10:15 PM
        白川水源の悪夢(笑)
        道路情報集めといたらよかったなぁ(T_T)
        • 2012/10/11 12:30 AM
        更新お疲れ様です。

        この日は本当に濃厚な一日でしたね(ゲス顔)
        • 一休
        • 2012/10/07 9:37 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM