スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.04.30 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    なだれこみ 九州・四国班 その7

    0
       7日目 道の駅からり〜道の駅ゆすはら】
      この日は四国カルストに登ります。私は数年前から四国カルストに行きたいと思っていたので、なだれこみの中でこの日を一番楽しみにしてました。気合いを入れようと、朝飯で立ち寄ったコンビニでレッドブルを飲んで翼をはやす。K浦も景気づけにレッドブルを飲んでおり「これで翼が三本はえました」と気合十分。三本じゃバランス悪いやろと思ったが、ヒートアップしたK浦はもう誰にも止められない。
       

      ヒートアップした2

      そのポーズなんやねん()

       

      まずは道の駅からり出発し、川沿いの快走路を走り道の駅清流の里ひじかわで休憩。その時に撮ったのが上の写真です。ここから四国カルストに行くには地芳峠を登りさらに姫鶴平まで登らなければなりません。長い道のりをほぼ自由ランで走ります

      一回生3人が先頭を行く。1日目の平尾台では2人から少し遅れて走っていたK家がここでは並んで走るほどに成長してました。一休さんも山登る時には水分5リットル持っていかないとダメですね〜とベンディングマシンっぷりを発揮していた。

       

      道の駅ひじかわを出発し、地芳峠に向かうr36号を走ります。この道は、狭いですがいい雰囲気の道でした。で、この道を走ってr379の分かれ道まで走ったのですが、この辺りには123と数字の書かれた看板が見られました。なんの数字だろうかと推理した結果、山の「○合目」ではないかという話になりました。休憩していたr379の分かれ道には「9」という数字の看板があったので、9合目ということになる。それを知るやいなや、急に元気になって「もうこの峠終わりやん!!余裕やなwwと調子に乗る男がいたのだ。

      修羅男ソンジョーである

      なお看板は14まで続いた模様()

      一体何の数字だったのだろうか…

       


      休憩を終え地芳峠に向けて
      r36r383と走る。ここも自由ランで私はソンジョー、K家と一緒にしゃべりながら登ることに

       

      東  「いやー、結構登ったし疲れたなぁ(^_^;)

      ソンジョー「あぁ…オレもう無理やわ…」

      東  「おいおい大丈夫か!?

      ソンジョー「四国カルスト着いたら輪行するから大丈夫」

      東  「いやいや四国カルストに電車通って無いやろww

      ソンジョー「えっマジで…!?

      東  「そらそうやろww

      ソンジョー「じゃあ輪行して川に流すわ…!!

      K家 「!!??

       

      ソンジョー怒りの秘儀「輪行川流し」誕生の瞬間であった

       

      その後走っていたら、先頭組がソフトクリーム屋で止まってくれていたので皆で食べることに

      まだ元気そうな2

      フローズン+アイスうまそうやな

       

      で、この後昼食を食べ、地芳峠を越え、走りに走って姫鶴平に向かいます。姫鶴平への最後の登り坂はかなりの斜度で、これまでの疲労もあったのできつかったですが、四国カルストの景色が見えたら疲労なんて吹き飛びました。こっからは写真を中心にいきます。

      四国カルスト県立公園の姫鶴平で集合写真。FuG氏考案カルストのポーズ!!

      これが四国カルスト。風車がいい感じ

      牧場にもなっていて牛がたくさんいました

      これはいいカルスト…!!

      ええ景色に二回生もテンションがあがる

      天狗高原で写真を撮る一休さん

      周りには奥の奥まで四国の山が広がる

       

      四国カルストは高校生の頃にネットで見て以来、いつか行こうと思っていた場所でした。実際に生で見るカルストの景色はネットの画像で見るものとは違い、思わず顔もゆるみました。しかし、ゆるくなったのは顔だけではなかったのだ。そう、私のお腹である。ここでまさかのOPP。もちろんこんな山の中にトイレがあるはずもなかったので、応急処置(NGS)を施し、なんとか戦場と化したお腹を収めることができました。その後、同じくカルストで激戦を繰り広げたソンジョーとは「カルストには何かが詰まっているね」と(実際に詰まっていたのは私達の腹の中だったのだが)シンパシーを感じつつ、目的地道の駅ゆすはらへと走って行きました。

       

      臨戦態勢の私を横目にニッコニコの一休さん

       

      後は道の駅の横にある温泉に入り、自炊をして就寝

      次の日は桂浜に寄って高知市を目指します

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.04.30 Thursday
        • -
        • 12:35
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM