スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    生駒ラン

    0
       全国100万人のちゃりぶろぐ読者の皆さん、そしてこのブログにアクセスしてくれた新入生の皆さん・・・大変ながらくお待たせしました。Y川です。

      DCCの春休みといえば、そう春合宿!!! 

      今度の合宿は僕の考えた最強コース()で部員からも大絶賛待ったなし! のはずでしたが



      スタート地点に向かうついでに行ってきた鹿児島県の桜島 絶賛噴火中 反転に特に意味は無い






       今年はPM2.5の影響を考えて中止を決断しました。



      出発前日、移動中だったという部員も多い中で急な決断を了承してくれたみんなに感謝します。

      というわけで春合宿は中止にしてしまったので、代わりと言ってはなんですが大阪と奈良の県境付近にある生駒山中心に生駒ランを非公式行事として開催する運びとなりました。

      これまた急な話だったことに加え、新2回生は新入生のため新歓の準備があるために

      全員集合には程遠かったですが新3回の私を含めた6人が集まりました。




      登場人物 左から

      Oか・・この春休みにももクロがゲストの番組観覧権を勝ち取った。そしてにやけ顔がNHKで全国に晒された 
      ナルナル・・・「Tだ君は飛ばしすぎ(自分も飛ばさないとは言っていない)」
      Tだ・・・高級カーボンロードで参戦。鬼畜。鬼。悪魔。今回のコース考案者
      アズマ・・・突発性無鉄砲(ラーメン屋)病にかかったり慢性すんドめ(漫画)を発症したり忙しい奴
      ワラビ・・・プリケツ男。夏休みのメインイベントであるなだれこみの記事を意地でも書こうとしない

      ANDカメラマン Y川・・・変人だらけの3回生唯一の良心。living saintとして部内からも呼び声高い。

      (注.これは非公式行事なのでロードやクロスバイクで参加している人がいますが、原則DCCの公式行事はマウンテンバイクのみです)

      しょっぱなから「大阪は庭だ」と言わんばかりに爆走するT田に導かれるままに十三峠にアタックします




      十三峠の登り始め。ロード乗りの人が多かった(小並感)


      この十三峠、正直しんどい春合宿を中止にして目標を見失い、すっかり堕落していた大学生には辛すぎる。毎日この付近を登っていてまるでタイムトライアル気分でスイスイ登っていくT田に対して、熱く醜い最下位争いの様相を呈し始めるY川、Oか、K中。まぁ僕は心が広いのでそんな小さなことにはこだわりはないし、先を譲ってあげました。なんていいやつなんだ俺。




      十三峠の道中。桜がすでに咲いていました



      俺だけ死にそうになりながら
      到着!





      頂上付近では大阪を一望できました



      その後は激しいアップダウンを繰り返し南下していきます。





      あれは・・・変態紳士T田!?


      これがNHKデビュー級()の笑顔だ



      イノシシが檻に入っている建物の近くで昼休憩。




      崖の上のポニョ・・・檻の中のイノシシ・・・檻の中のオッコトヌシ様 うーん違うかぁ



      そして昼休憩後に一気に下った後 ぶどう園を目指して再び絶望の上りへ





      DCCあるある
      コース考案者「ゴールはあそこな」(指で頂上付近に見える看板か何かをスッと指す)

      一同「は?(迫真)」「あそこまで上るの?(半ギレ)」

      というわけで写真中央の小さく見える 柏 原 ぶ ど う と書いてあるところまで


      ひたすら漕ぐ漕ぐ奇声をあげる漕ぐ吊りかける漕ぐ写真を取るという名目で休む




      今写真を見返したらT田とナルナルの写真が少ない・・・。上るときには先に行ってしまうし、俺が上りきったときには疲れのあまり写真を撮る気力が出てこないからである。Y川 カメラマン 無能


      息絶え絶え、腰がもげそうになりながら到着。




      上りきったときのあまりの喜びに圧倒的紳士のアズマさんもカメラ前でこのポーズ


      その後は大阪組のナルナル、T田と別れ、残り4人でひたすらサイゼリヤでダラダラ


      京都まで走って無事家につきました。


      急な企画だったのに集まってくれてサンキューみんな。そしてコース考案おつかれT田!


      〜新入生へ〜

      このブログを見てくれているということは、少なからず同志社サイクリングクラブ、DCCに興味を持ってくれてるのだと思います。このブログだけでは語れない、宴会に出てみないと、自転車を漕いでみないと、わからないDCCの魅力が必ずあります。ぜひトレはもちろん、新歓行事である新歓コンパ、新歓ラン、キャンピングに参加してみてください!お待ちしております。  主将 Y川














       



      スポンサーサイト

      0
        • 2019.01.18 Friday
        • -
        • 02:16
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        TKD旋風巻き起こすわ。
        • TKD
        • 2013/04/02 10:52 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM