スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.04.30 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    2014春 個人ツアー

    0
       今年の春の一人一記キャンペーンの時、2014春個人ツアー近日公開予定!といいながら近日公開できなかったすっちーです。
      今年の春、春合宿前の個人ツアー報告をします。
      2月28日の未明に京都を出発。
      日付が3月1日へと変わるころ、巨大なドナルド・マクドナルドが見守る高槻のマクドで礼拝。
      旅のはじまりはなぜか、いつもミッドナイト・マクドだ。

      さらに南下し、薄明がはじまるころJR西宮駅に到着。

      夜明け前のJR西宮駅
      ここから西は以前走ったことがあるので下関まで輪行することにした。
      きっぷを購入し、始発列車を待つ・・・。
      始発前の駅の静かな雰囲気は魅力的だ。

      そして始発の普通西明石ゆきへ乗り込んだ。


      西へ向かう・・・。

      下関に着いたのは夕方のことだった。

      黄昏の下関は雨。

      さあ九州へ上陸だ。

      関門トンネル下関側


      県境・九州にはいる。


      ここは人道トンネルだが、国道2号線のようだ。


      関門トンネル門司側


      関門橋

      九州に上陸すると雨が激しくなってきたため、この日は小倉のネカフェで夜を明かすことにした。


      目覚めたのは9時。日付は3月2日だ。
      ネカフェの外に出ると昨晩の大雨が青空へと変わっていた。この日はツーリング日和だ。
      この日は東海岸下する。
      海岸の道を快走していると、バックポケットに入っている携帯電話が着信を知らせた。
      K浦からの電話だった。

      K浦「今Minamiと長崎にいるんやけど、すっちーどこおるん?」
      私「福岡と大分の県境あたりやで」
      K浦「俺ら今日熊本に着くんやけど合流せーへん?」
      私「一日で熊本はちょっとむりやな〜」
      K浦のバックにMinamiの声が聞こえる・・・・
      Minami「・・・すっちーが好きなナイトランで来ればいんじゃね」
      K浦「てMinamiゆうとんで」
      私「一日で行くのむりやし鹿児島で落ち合おうぜ」

      K浦・Minamiとは鹿児島で落ち合うことになった。

      その後、海沿いの街・中津市のyou meタウンで名物中津から揚げを食べた。

      中津からは内陸に入る。

      大分県耶馬溪の仙の岩

      ここからは由布院をめざして峠越えだ。


      宇佐市から由布院へと抜ける峠道
      日が暮れてきた。


      由布市へ入るころにはすっかり日が落ちあたりは真っ暗に。
      路肩に雪が残っている。


      凍えながら峠を下り、由布院の街に。

      由布院といえば温泉!
      温泉が凍えた俺を待っている・・・。

      源泉かけ流しの公衆浴場「下ん湯」混浴
      扉を開けると湯船だけがあり更衣室も洗い場もない。
      混浴だが男湯状態だった。
      女性が入ってこようとしたが、扉を開けた瞬間
      「あ、私無理だわ」
      といって帰ってしまった。


      源泉かけ流しなので湯音が50度近くあってすぐに茹で上がる。
      金鱗湖を眺めながら温泉で疲れを癒し温まる。
      温泉は旅の醍醐味だ。

      温泉を味わった後は道の駅ゆふいんで野宿。


      目覚めたのは6時。 日付は3月3日だ。
      ひなまつりの日であることはこのとき完全に忘れていた。
      室内の24時間情報コーナーで寝ていたのだが、外に出ると寒さが身を刺した。
      芝生には霜が降りている。
      ラジオをつけ、缶コーヒーに口をつける。
      野宿場でローカルラジオを聴きながらモーニング・コーヒーを愉しむ時間は至福だ。

      やがて完全装備で走りはじめた。
      今日は九州ツーリングのド定番・やまなみハイウェイだ。


      朝日台 標高1000m


      やまなみ牧場の看板
      どこかで見たことがあるな・・・。


      長者原
      雪が残っている。


      牧ノ戸峠 標高1330m
      道が凍結していてタイヤが空転した。


      牧ノ戸登山口


      阿蘇を望む


      阿蘇外輪の大観峰


      地蔵はどこを見つめているのだろうか。


      地蔵「大観峰」

      大観峰からは熊本方面に下る。
      この日は熊本市内のネカフェにて夜を明かす。

      目覚めたのは9時。日付は3月4日だ。
      熊本市から郊外へ抜け、今回私が行きたかった場所へ向かう。


      長部田海床路だ。バックに見える山は長崎の雲仙普賢岳。
      海の中に道があり、潮の満ち引きで道が姿を見せたり海へ沈んだりする。
      海から生える電柱が印象的だ。


      ここは大分麦焼酎・二階堂のCMのロケ地だ。
      高校生のときにこのCMを見てからずっと行ってみたかった。


      元鹿児島本線の肥薩おれんじ鉄道
      ここもかつては寝台特急が走っていた。



      海と山の狭間を線路が走る

      まもなく日が暮れ雨が降り始めた。
      雨が本降りへと変わるころ、本日の野宿場・道の駅みなまたに着いた。
      雨が激しくなる。
      雨音を聴きながら眠りにつくのも趣がある。


      日の出と同時に目覚めた。日付は3月5日だ。
      ローカルラジオを聴いていると、ガストのモーニングの宣伝が流れた。
      調べると水俣にもガストがあるではないか。
      私はさっそくガスト向かった。
      500円以下でアメリカン・ブレックファストにドリンクバーがつく。
      ツーリング中のガストモーニングは優雅だ。

      優雅な時間を過ごしたのち、出発した。
      今日はK浦・Minamiが待つ鹿児島をめざす。


      阿久根駅にある寝台車の廃車を利用したライダーハウス


      方向幕には「特急なは西鹿児島ゆき」とある
      かつて新大阪〜西鹿児島をむすんでいた寝台特急なは号だ。
      今は亡き西鹿児島駅の表示がいい。

      阿久根駅を後にし鹿児島へと向かう。




      鹿児島ではK浦とMinamiがあたたかく迎えてくれた。
      この日は鹿児島市内のネカフェで夜を明かし、翌日は桜島へ向かうことにした。

      桜島は火山灰が蔓延していて、肺が苦しかった。
      桜島を横断したのち、春合宿集合地である沖縄へ飛び立つため鹿児島空港へ向かった。


      ソラシドエアで沖縄へと向かう




      那覇空港では仲間が迎えてくれた

      ここからDCC春合宿がはじまる


      以上、すっちーの個人ツアー報告でした。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.04.30 Thursday
        • -
        • 05:00
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM