スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    Cy Cる 【Day3】

    0
      .

      どーも、ひらです。
      実は私、丸洗いできるんです。



      今回はキャンピング3日目の模様を
      お伝えします。

      2日目で舞鶴にたどり着いた
      3班は、天橋立を目指しました。

      ↓3日目のコース

      距離:27.6km
      獲得標高:313m

      夕方までには今出川に
      帰らねばならなかったので、
      距離は短め。
      ただ、交通量の少ない
      山間部を通ったため、
      走りごたえは十分。



      由良川と合流。



      宮津という街を目指します。



      峠を登って下ると、、、



      天橋立に到着!



      海がとても気持ちよさそうなので、
      入ってみることに。



      なんとまぁ透明度の高いこと!
      岩の藻がハッキリと
      目視できるくらいに
      透き通っています。



      現在は飲むことはできませんが、
      ここから湧き出る水は
      名水との呼び声が高いんだそうな。
      きっと美味かったんだろうなぁ。

      ところで、この辺りでは
      美味しいあさりが獲れるんだって。
      ということで、この日のお昼は
      近くの食堂であさりをいただきました。



      おうどん。



      雑炊。



      あさり丼。


      いやぁ、
      今の私には上品すぎましたね。
      繊細なダシの中に、
      あさりの風味が全体にいきわたっていて、
      至福のひとときを過ごすことができました。

      と、ここでプチ情報。
      グーグルなどで、『天橋立』と
      検索するとヒットする、
      高みから見下ろすような
      アングルの天橋立を
      見るためには、
      近くの高台へ足を
      運ばねばなりません。



      時間の関係上、
      天橋立を見下ろすことは
      できなかったけど、
      その代わりに海で戯れ、
      美しさに感動しました。
      それだけで大満足であります!



      食事を済ませて、
      キャンピングも最終盤へ。
      長い長い、そしてめんどうくさい
      輪行の始まりです。

      普通列車を3回乗り換え、
      3時間以上電車に揺られて、
      JR二条駅へ。
      そこで自転車を再び組み立てて、、、



      今出川に帰還しました!

      そして、最後は、、、



      宴会⇒〆のいつもの流れですな。

      ★★★★★★★★★★

      新入生のみなさん、
      おつかれさまです。

      我々は1ヶ月にわたり、
      様々な新歓行事を
      企画し、実施しましたが
      いかがだったでしょうか?

      新入生を前に
      ネガティブなことは
      書かないほうが
      いいのかもしれないけど、
      正直に言います。

      自転車の旅ってのは
      しんどさを伴うものです。
      走行距離とか
      峠の数や峠の斜度とか
      関係なく、ね。

      しかし、そのしんどさを
      みなで乗り越えたときの
      喜びや感動は、
      バイクや自動車で
      同じように旅をする人らが
      味わうことのできないものが
      あります。

      必要なものは、
      どこかに行きたい、
      自転車に乗りたい、
      という好奇心と、根性。

      我々は競争する団体では
      ないので、体力を
      気にする必要はありません。
      漕げば自然と早く
      走れるようになります。

      私、ひらは高校生の頃は
      音楽祭で合唱のピアノ伴奏を
      弾いた、帰宅部の肥満体でした。
      そんな人間でも、
      その気になれば
      2000m級の山々を
      登ることができます。
      そして体重も減りました。
      今の私はデブではないです。

      とにかく前述した
      二つの必要なもの、
      それらさえあれば、
      ウチでの活動は
      あなたのキャンパスライフに
      彩りを添える、大変有意義な
      ものになるでしょう。

      入部届には、
      『同志社サイクリングクラブ』と
      書いていただき、
      我々の部長に提出していただきたら
      とっても嬉しゅうございます。

      それでは、次の行事
      『春花背タイムトライアル』
      でお会いしましょう!

      ★★★★★★★★★★

      最後になりましたが、
      3班だったB君、Vさん、
      おつかれさまです。
      頼りない先輩でしたね。

      伴走してくださったN先輩、
      コースをデザインしてくれた
      あっきー君、
      ありがとうございました。
      夏、また同じ班になったら
      そのときは仲良くしてください。

      サポートカーで
      キャンピングの行事を
      支援してくださった
      4回生のみなさん、
      一日半お世話になりました。
      今後ともよろしくお願いします。

      .

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.01.18 Friday
        • -
        • 08:30
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM