スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2020.04.30 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    自走のすすめ

    0
      どうも、初投稿になります
      2回生のM田です
      簡単に自己紹介をしておくと、大阪の実家生で自転車はcannondale TRAIL7
      野球を観るのが好きで、ライオンズファンです
      今この瞬間もライオンズ戦の中継を見ながら書いているほど…
      今後、時間があればまた投稿していくかもしれないので、お見知りおきを!

      初投稿ではありますが、去年は積極的に週末ラン等参加していたため、何度かブログには登場しています
      Uさんなんかにはいろいろ名前を変えて遊ばれてましたが、自分で書くときは「M田」で統一していきますので(笑)



      さて、最終トレを終わり、ついに憂鬱な、憂鬱な(ここ強調)試験が足音を立てて近づいてくる今日この頃、現実逃避することが多くなってきましたが、その現実逃避の一環としての投稿になります

      何をテーマにしましょう?
      DCCの魅力といったらやっぱりツーリングなどの非日常を体感する公式行事…

      …も考えたのですが、ここはその反対のなんでもないときになんでもない場所をなんでもなく走るサイクリングについて紹介したいと思います!
      それもサイクリングの魅力だと思うので

      その最たる例が「自走」になります
      しかしここで、自走ってよく使うけど、正確に定義を説明するのが難しいと気づきました
      とりあえず自分なりの解釈では、普通は自転車で走るのではなく、電車など公共交通機関を使って移動するような区間をあえて自転車で走る…みたいな感じですかね
      考えても仕方ないので、今回はそれで通したいと思います

      前述の通り実家が大阪で、同志社の今出川キャンパスまでは最短で片道凡そ40km強ほどなのですが、その区間の自走は去年から頻繁にしてきました
      というわけでそのコースの紹介をしたいと思います
      (ここまで文字ばかりですみません)

      実家は淀川まで自転車で5分もかからない場所にあるため、序盤は淀川河川敷沿いを走ります

      ここは自動車を気にせず走れますが、ところどころに柵があって、そこを通るのに足止めされるのが難点


      ここはつい最近まで砂利道だったのが、工事されて舗装路になっていました
      自走はMTBでやってるだけにほんの100mほどの砂利道ですが、なくなると少し悲しいですね

      しばらく景色のあまり変わらない道をゆくと、枚方パーク(の観覧車)が見えてきます

      (この写真でわかりますかね…?)

      そして枚方大橋のところで淀川とお別れして、国道170号へ
      ここからは車との戦いが始まります

      少し寄り道して阪急高槻市駅へ

      普段通学のときはものの十数分で着く駅ですが、自走ではいくら頑張っても40分から1時間弱ほどはかかってしまいます
      そう思うと電車の便利さがわかりますね

      高槻市駅から国道171号へ入ります
      そして少し行くと…

      こうして左手には近くに山が見えてきます(別に登りませんが)

      信号にも止められつつなかなか進めないで、進んでいる気がしない171号を進むと、再び右手には河川敷が
      しかしここまで来ると淀川ではなく桂川となっています
      そして…

      ようやく京都府へ
      ただしまだ中間まで到達したかどうかのあたりで、京都市はまだ遠いです

      大山崎ICを過ぎると、ここからは名神高速に沿って行くことに



      長岡京市と向日市を経由して、名神高速と分かれて少し行くと

      ようやくの京都市内
      そして直進していき、久世橋を越えます

      普段はここから171号に沿って西大路九条まで行き、北上して同志社へ向かいますが、本当にただ何もないのでは面白くないのでこの日は東へ

      向かった先は…


      つまり向かい側は…

      Uさん大好きの伏見稲荷大社ですね(笑)

      外国人に人気の観光地No.1で、またちょうど修学旅行シーズンということもあってとても人が多かったです



      ここまでの自走と、それに加えて前日に京田辺経由で今出川から家まで自走をしていて、2日で100km弱の走行(ほぼ平地ですが)での足の疲労がありましたが、おそらく伏見稲荷は初めてということで千本鳥居の稲荷山登山に挑戦しました

      最初は楽しんでいましたが、途中からは完全に足がついてこないように…


      この階段絶対おかしい…
      しかし負けず嫌いなので、なんとか歩き続けて

      山頂へ到着!
      しかし、その後の下りの方が登り以上につらかったのですが…
      下り切った頃には足が震えていました
      さすがにつらかったです

      そのため伏見稲荷大社から同志社までの道では一切写真を撮ることを忘れていました
      一応無事に到着して自走は終了しましたというお話です

      あまりに日常的な道で普通すぎて面白みにかけたかもしれないですが、こうして地道に普通の道を走るのも楽しいものです
      なので、皆さんもちょっとした区間でも自走する楽しみに触れてみてはいかがでしょうか?

      また次回、別の自走の報告ができることを楽しみに、今回はこれにて。

      スポンサーサイト

      0
        • 2020.04.30 Thursday
        • -
        • 18:20
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM