スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一回生ラン(一回生だけとはいっていない)

    0
      はじめまして、今回が初投稿になります一回生のへかにゆよです。
      8月3日に行われた一回生ランの報告をします。
      ※【一回生ラン】…僕が勝手に思いついた、なだれこみ前に
         一回生で日帰りで京都近辺を走る行事のこと。非公式です。

      こんなビラも作ってみましたき

      テスト期間中ということもあってか、参加者は僕とたかみんの
      2人しかいなかったのですが、一回生ランの前日に鴨川で鴨コン的な
      ものに連れて行ってもらった際になんと主将さんも参加して下さることに!
      (一回生だけとはいっていないとはこういう意味です)

      来たる一回生ランに向けて、前日はBOX泊をしました。

      がっ○うぐらし!みたいですね…

      そして翌日、予定を一時間早めて朝8時に出発。

      メンバー1、三回生主将 Hさん

      メンバー2、一回生 たかみん

      メンバー3、一回生 へかにゆよ


      とは言いつつも、朝ご飯をまだ食べていなかったので京大近くのローソンへ。

      晩御飯も食べていなかったらしいが。。。

      まずは山中越。登ったと思わせておいてからの平坦→また登りという
      あんまり嬉しくはないコースですが、無事に超えて滋賀県に入り、
      浜大津にある大津港にて休憩。


      この後は近江大橋を通ってピエリ守山を目指します。

      琵琶湖を眺められる景色のいい道でしたが、午前中にも関わらず
      すでに暑さに苦しめられることに。

      なんやかんやでピエリ守山に到着し、水分を蓄えた後、フードコートで
      昼食。意外と大きくてびっくりしました。


      12時を過ぎたあたりにピエリを出発し、今度は琵琶湖大橋途中越を通って百井峠に向かいます。


      途中越
      ちなみにたかみんがここらへんからバテ始める。
      本人曰く六月ラン以来まともに乗っていなかったとのこと

      途中越を超えて少し下ったところの交差点を右折。
      ここあたりから一気に交通量が激減。


      流れ変わったな()

      たかみんの姿が見えなくなる一方、主将さんがペース
      を乱すことなく峠を登り続ける。さすが主将…‼

      百井峠って実はもう一つ前ヶ畑峠という峠とセットになっているんですね。
      前ヶ畑峠を通って…

      百井の集落を抜け、百井峠に到着。


      少し休憩した後、百井別れ(花脊TTの途中地点)まで体が冷えないうちに下ります。
      急傾斜&悪路で油圧ディスクでも恐怖を感じました(笑)

      百井別れまで下ったところで、主将さんが用事のため先にBOXに帰ることに。
      暑い中参加して下さってお疲れ様でしたkyu

      さて、別れた後僕達は花脊峠を登り始めます。春花脊ではあんなにキツイと感じていましたが、今回はそれまでの峠が頭おかしい…、いや鬼畜なコースだったので、あのときよりキツイという感覚はありませんでした。(それでもキツイですが)

      筋トレかな?

      本来花脊峠に登った後は、来た道を引き返して鞍馬経由で帰る計画だったのですが、
      このとき頭がいかれていた我々一同は裏花脊を下ることに。
      ちなみにこの選択がとんでもない過ちであったことを我々はこのとき知る由もなかった・・・

      裏花脊を下っているあたりからたかみんの調子が良くなり、田舎道を一番重いギアでブンブン回して高速巡航して
      僕を引いてくれるようになってくれたんですが、一向に京北に着く気配がないんです。
      京北まで10キロくらいだと思っていたんですが、グーグルマップで確認するとなんと27.8キロと大誤算に…。
      向かい風もあり、時々先頭を交代して互いを風よけにしながら、今年のキャンピングの一日目に立ち寄った京北の
      スーパー「サンダイコー」まで疲れた足でなんとか向かいます。


      水分のストックが少なくなってきたので、サンダイコーに
      到着するとすぐにアクエリアスとついでにアイスを購入。

      30分ほど休憩したのち、京見峠を通って帰ろうという
      話になり、サンダイコーを出発。
      しかし、栗尾バイパス(トンネルです)に差し掛かったところで、
      変なハイテンションでまたもや誤った判断で旧道を行くことに。
      最初はあんまり登らないでしょと思っていたのですが、これが
      意外と登ることに…。

      たかみん「おいむっちゃ登ってるやん(怒)」

        栗尾峠の展望、との標識が。
      ちなみにこの旧道はトンネルが開通してからは車が通行止めになり、
      写真でいう左の幅の広い車線が自転車、右の幅が狭いほうが歩行者の
      道路となっています。それにしてもこんなところを通る歩行者って
      いるんですかね…?

      栗尾峠を下って元の道に合流してからは大人しく裏京見の入り口まで大人しく普通に
      行きました。そして裏京見の湧き水を頂いた後遠くから雷が鳴っていたので、ちょっと
      急ぎ目に京見峠を通ってBOXまで向かい、そのあとシャワーの浴びたさと眠さで寄り道せずに地下鉄の駅
      に行き、各自帰路につきました。

      さて、本来計画していたコースでは、約84キロの1320mUPだったのですが、あの裏花脊を下ったおかげで
      約120キロの1742mUPに…/(^o^)\ナンテコッタイ

      ビフォー

        アフター   ↓


      まさか自分で作った比較的オーソドックス(嘘です)コースにこんなに苦しめられるとは…
      しかしながらそれ以上に楽しかったし、なだれこみや夏合宿へのいいステップアップに
      なったのではないでしょうか。また、夏に走るとどれだけ水分を必要とするかも分かりました。
      (今回僕で大体3.5〜4.5Lくらい摂取しました)
      このような企画を作ってまたみんなで走ってみたいです!
      (今すぐ走りたいとはいっていない)
      文章がガバガバでしたが、以上で報告を終了します。

      今回のコースになります↓

      <script type="text/javascript" encoding="UTF-8" src="http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/paste?id=a8db3552cd48d662a4f068a03a25d5d7&width=360&height=360&mapstyle=map&graph=true&maponly=false"></script>


       

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.01.18 Friday
        • -
        • 21:34
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク


        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM