スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    6月ラン 紀伊秘境班

    0

      こんにちは。つい先日夏合宿がなくて物足らず、山陰に個ツアに行っていた二回生スケルトンです。

      なだれこみも終わり、夏休みも残りわずかですね(笑)

      さて、今回は6月ラン最後の砦、紀伊秘境班について書こうと思います。(遅すぎる笑)

      この班は2回生の私スケルトンかいが計画したものですが、その経緯から軽く書きます。

      〈ある日〉

      ス:「6月ランどこ行くー? おれ谷瀬の吊り橋行きたいねんけど。」

      か:「あ、その近くに十津川温泉あるで。おれ車で行ったわ。」

      ス:「ええやん。」

      〈数日後〉

      か:「なー、十津川温泉の先に川を自分たちで掘って作る温泉あるで。」

      ス:「ええやん。それやったら和歌山近いし、那智の滝見て帰ろ。」

      か:「そーしよ。」

      〈そのまた数日後〉

      か:「なー、通り道に玉置神社と熊野本宮大社あるで。すげーパワースポットらしい。」

      ス:「行こ行こ。」

       

      こうして2回生の行きたい所を直線で繋いでできたのが紀伊秘境班のコースである。(笑)

      ゴールは自然と那智の滝に近い紀伊勝浦駅になったので特急くろしおで帰ることになった。

      危険しかしここで問題発生危険

      往復の電車賃だけで8000円を超えるこの班に来る1回生はいるのだろうか。いや、いない。

       

      しかし今年の1回生は優秀である。あのえげつないキャンピングを乗り越えただけはある。

      なんとM尾N原というふたりの勇士が参加してくれることになったのである。

      こうして4人での6月ラン紀伊秘境班が幕を開ける…

       

      6月24日(金)

      この日は普通のトレが行われる金曜日。

      しかし2回生はある企てを画策していた。 ……そう自走である。

      DCC2回生の間では自走がもう合言葉なのである。

      土曜日の朝9時に1回生と奈良県の五条駅集合にしたため、朝5時にかいのホーム大阪府和泉を出発する。

      ということで私スケルトンはトレが終わると速攻でホーム兵庫県西宮市に電車で帰宅し、和泉に向かって自走を始めた。

       

      夜の大阪を疾走する。西成地区、天王寺、新今宮、堺。

      ヤバい地名が次々に目に飛び込んできて、何も巻き込まれませんようにと祈り続けながら爆走する。(ホントに怖かった)

       

      そして11時半ぐらいに和泉市に到着した。

      もちろんかいと待ち合わせをし、公園野宿である。(in 和泉)

      かいは家を出るときに母親に「なんで家のすぐ近くで野宿するの」と聞かれたらしい。(笑)

      こうして和泉で夜が明けていく……

       

      6月25日(土)

      朝3時、豪雨の音で目が覚める。

      といっても虫やらなにやらでふたりともほとんど寝ていない。

      もうどうせ寝れないということで雨が弱くなった4時くらいに出発。

      寝起きのかい(たぶん寝てない)

       

      コンビニで朝メシを済ませ、闇の中に自転車を繰り出す。

      五条駅までは地元で土地勘もあるかいにCLしてもらうことに。(半強制)

       

      和泉から五条までは10km級の峠ひとつ。

      雨もほとんど止み、特に何も起きず、写真もないので飛ばします笑。(ただ筆者のパンクはあった)

       

      そんなこんなで無事9時に五条駅近くのスーパーで集合。

      夜の自炊の材料を購入して、出発します。

      輪行お疲れな1回生

      徹夜自走でボロボロな2回生

       

      1日目はひたすらR168を南下し、谷瀬の吊り橋を観光後、十津川温泉を目指す。

      峠はひとつだけですが、まあまあのキツさ・長さでした笑。

      途中の道の駅で休憩

       

      雨も降ったり止んだり。みんなで励まし合いながら

      谷瀬の吊り橋到着ー!

      日本一長い吊り橋で、下も見え、横にも結構揺れるのでスリル満点でした。

       

      谷瀬の吊り橋を観光した後は十津川温泉を目指します。

      途中で土砂降りの雨に遭うもどんどん進んで行く。

      橋の上で休憩している一行

      そして十津川温泉ゴール!

       

      温泉が無料開放期間でタダで名湯を楽しめました。(私の行いがいいからである。)

      その後、近くの道の駅で恒例の闇鍋をして、すぐ就寝しました。

       

      6月26日(日)

      朝4時半。4人の目覚ましが一斉に鳴り響く。

      なぜこんなに早いのか。それは120kmの2000upというクソコースであるからである。

      しかも17時台の特急に乗り遅れると路頭に迷うことになるのでゆっくりしている暇はない。

       

      朝メシを済ませ、5時過ぎに出発。

      早朝なのですごく寒かった

      そしてわりとすぐ玉置山ののぼり口に到着

       

      ここから頂上にある玉置神社まで10kmの山岳ゾーンです。(笑)

      "峠のエースストライカー" 臨戦態勢OK?

      のぼりと聞いて嬉しそうに上着を脱ぐ1回生

      霧が出てて神秘的。(スタートの橋の上からの1枚)

       

      森の中を走ります。

      ジブリに出てきそー(小並感)

       

      一定のキツさの斜度を保ちながらのぼっていきます。

       

      頂上到着!2回程の休憩込みで2時間弱でした。

      M尾N原もなかなかはやく、一番ヤバそうだったのはかいでした。(笑)

       

      さあ、ここからは観光です。

      玉置神社。かなりのパワースポットだそう。せっかくなのでポーズ決めます。

      すげー杉発見

      おれのことやろ?笑

       

      この後、2時間弱かけてのぼったところを一瞬で下ります。

      そしてひたすら南下。

       

      1時間弱で熊野本宮大社に着きました。

      観光客で賑わってました

      熊野本宮大社もパワースポットだそう。今回はパワースポット巡りですね。

       

      晴れで良かったと感謝しながら走ります。

      しかし、アツい、アツすぎる。そう思ったころに川湯温泉到着。

      川湯温泉は普通の冷たい川底を自分たちで掘って、温泉を掘り当てて作ります。

      がんばれよう。(筆者はCLの職権を乱用し何もしませんでした笑)

      完成ーーーー!

      自分たちで作った温泉は格別ですね。

       

      温泉からあがり、再び走り始めた一行を疲れが襲います。

      そうです。人間は体を水につけるとだるくなります。(筆者の理論)

      吉野川沿いにずっと進み、ようやく新宮に到着。

      市内の王将で昼メシです。

      M尾も顔が死んでます。(なぜなら4時起き)

       

      昼メシを済ませた後、最後の観光スポット、那智の滝を目指します。

      道中の太平洋を臨むところで休憩

      滝直前のラストアップやぁー

      じゃーん。那智の滝着きましたー。

      迫力もスゴかったし、マイナスイオンが体で染み渡っていくようでした。

       

      これで予定していた全てのスポット制覇!

       

      滝を後にしたのが電車が発車する1時間前ぐらいだったのでギリギリでしたがなんとかゴール!

      みんな疲れ切ってました。(笑)

      この後、特急で輪行し、帰りました。

       

      紀伊秘境班は6月ランとは思えない距離、獲得標高、破格の電車賃でした。

      最初1回生誰も来ない説がありましたが、ふたりが来てくれて良かったですお辞儀(おつかれー)

      1回生のふたりはこのコースを走り切ったぞという自信になったのではないでしょうか。

      観光も多く、峠もヤバく、大満足の6月ランでした。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.01.18 Friday
        • -
        • 23:07
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM