スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    富山から自転車で広島まで行ってこようと思うまとめ

    0
       松沢です。2007年夏に富山県の実家からなだれ込み集合地の広島県尾道駅まで全自走した旅のまとめです。

       出発前にはじめてチェーンを変えたら変速できなくなった。というか手動で変速してもだめで、ある組み合わせでしかまともに走れない。しかものぼりではこいでもチェーンが落ちてこげない。当然しんどい、というかのぼりイコール押し
       それでも石川県を一日で横断し、無事に寝床(福井県の道の駅)に着いた、と思ったら、よく私が武勇伝として自慢ている例の仲間割れリンチにあったばかりの不良に話しかけられる。見て分かる怪我をしており、財布とか靴とかベルトを取られて動けないようでした。どこから来たの?とか聞いてくるので、まだ私のことをかつあげではなく興味の対象としか見ていないと判断し、ほかに寝床の当てもないので、同情したように見せかけてジュースをおごって手なづけることにした。すると彼も心を開いてくれたのか、自転車の盗み方とかいろんなことを話してくれた。不良の世界にもいろいろあるんだと思った。万引きしてきたおにぎりを一口食べてまずいといって投げ捨てるのをみて震え上がりましたが、根は結構いい子でした。最後には私が買った一本の缶ジュースを交互に飲みながら語り合う中になっていた。
       翌日荷物の貴重品が無事だったことを確認して出発。今年は猛暑だった。去年は北のほうを走っていたので、これは地方によるんだと思って、四国になだれ込みを設定したことを後悔しながら走り、押した。長いのぼりを押して、道の駅に入った。まだ昼前なので、少し休んだら出発するつもりだった。しかし、あまりのクーラーの涼しさに負け、なかなか動けなかった。それでも重い腰を上げて自転車のほうに向かった。ふとサドルに触った。ごめん無理。ということで半日まるまる引きこもり。こういうときに備えてもってきました国語辞典(電子ではない。こいつを夏合宿まで運んだ俺っていったい…。
      次の朝、くるった予定を調整するため爆走。おなじみ京都府京都市新町ボックス泊。亀谷たちがいてびっくりしたなー。吉田は九速になっていたし。
      ボックスには三泊四日の日程で引きこもり、自転車を直し、ブロック仕様に。OBの方がいらっしゃって軍資金を頂きました。本当にありがとうございました。そして出発の朝。後ろブレーキが壊れていることが発覚!というか部品をなくしてしまった模様。(日程的に)もうこれ以上引きこもれない!途中で購入するまで後ろの荷物の重さに賭けよう。去年の西田も大丈夫だったし。
       それでもちゃんと次の道の駅に着いた。室内で寝られるなんて今年キャンピングで私たち一斑が泊まった道の駅に似ているなあと思った。設計者同じじゃね?翌朝走り出すと、なんかキャンピングで見たことのある風景だった。あれ、ひょっとして同じ道の駅?やっと気づきました。キャンピングのときは風邪で瀕死だったので覚えてなかった。
      翌日は自動車専用道路に迷い込んでナイトランという事態にマジ泣き寸前でしたが(今思えば景色はよかったがようなきもするが)、親切なおじさんに道を教えてもらい脱出。自分が異常な量の汗をかいていることに気づいた。すると別のおじさんが風呂に入れてあげるといってきた。ふと舞鶴のO野さんが頭をよぎったが、風呂に入りたかったのでついていった。結果、とてもいい人でした。たまに自転車乗りが迷い込んでくるらしく、風呂に入れたのは三人目らしい。感謝です。
      二日後(飛びすぎ)、何とかなだれ込みまでにブレーキを直し、集合日前日に集合地まで到着。でもどこで寝ようかな、と思っていると自転車で移動しながら環境保護を訴えている団体の人たちに出会った。ここら辺には野犬が出るらしいとか言うので、彼らが泊まる協力者の家に泊めてもらった。泊めてくれた人も大学生で下宿生だった。十数人が寝るのでぎりぎりがったが野犬と一緒に寝たくなかったので、お願いした。ほかにも代表の方が尾道ラーメンをおごってくださり本当にお世話になりました。感謝しています。あと彼らと話しているとき、鈴木と中村も合流したが、定員オーバーで彼らは泊めてもらえなかった。駅で志水さんと田宮と寝たようです。ごめんなさい。裏切ってクーラーのきいた部屋の中で寝ていました。しかしなぜかその日一回生と別れるときに変な飲み物をもらった。そういう団体じゃないから!でも一応ありがとう。そして泊めてもらった人と別れるとき、お菓子とかいろいろもらった。何で自転車に乗っているとここまで支援してくれるんだろう。本当にありがとう。
      そして、なだれ込みへ…

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.01.18 Friday
        • -
        • 20:21
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        いつの間にかなだれ込み集合日前日に出会った、自転車で移動しながら環境保護を訴えている団体(自転車きゃらばん)の事業報告のSpecial Thanksに自分の名前が載ってました。普通にうれしいです。見知らぬ土地で見知らぬ人たちと偶然出会い、時間を一緒にすごし、お互いが後になってもその出会いを忘れずに感謝し合えるのは自転車ツーリングならではのすばらしい経験だと思います。

        http://www.geocities.jp/charicarahome/houkokusho/houkokusho_top

        の07年です。PDFです。
         といってもパンク修理を手伝ったぐらいしかしていなくて、自分がしてもらったことのほうがずっと多いです。
         
         あらためて、自転車きゃらばんありがとう。
        • M沢
        • 2008/05/18 10:58 PM
        コメントする








           

        categories

                

        recent comment

                 

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << July 2019 >>

        selected entries

        archives

                

        PR

        recent trackback

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM