スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.29 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    へかにゆよ個ツア2017夏 北海道編その1(苫小牧〜札幌)

    0

      こんばんはー、先日役職交代を終えて無事老害への道を歩み始めたへかにゆよです。

      最近夢で北海道の個ツアばっか出てくるのでせっかくなので記事書きます!(唐突)、

      ほぼ8月いっぱい、北海道まわってから東北を若干走り、最後は夏合宿の為に長野まで移動したのですが

      とりあえずメインの北海道編から。今回はその1ということで移動日メインです。

       

      主な登場人物

       

      へかにゆよ(スマホで自転車撮ってるぼっち)

      個ツアだから当たり前やな。今後若干登場人物増えますけどね。

       

       

      2017年8月6日

      家を出発して名古屋まで輪行し、名古屋から太平洋フェリーで約2日間かけて北海道の苫小牧まで行くのですが、

      今日はとりあえず夕方までに名古屋に着けばいいしゆっくり出発するかーと思ってたところ部室に色々と忘れ物を

      したことを思い出し、学校まで自走した後京都駅で輪行開始。

      え?名古屋まで自走しろ??

      猛暑すぎてやる気起こらんかったんや・・・

       

      京都駅からお金をケチる為に近鉄の株主優待券を使い、4時間ほどかけて名古屋港に到着。

      すでにフェリーは到着しており、クッソ重い自転車と荷物を抱えて乗船。

      因みに太平洋フェリーでは輪行状態であれば自転車は手荷物扱いされるので余計なお金は取られない…ッ

      (新日本海フェリーでなくわざわざ名古屋から太平洋フェリーを利用したのはこの為)

      2等和室 10人部屋で要するに一番安い部屋である

      自転車は非常階段そばの邪魔にならない所に置かせて頂く

       

      ロビー これの数か月前にガチのクルーズに乗った為最初は多少ガッカリしたがコンパクトで意外と良き

       

      上にも勿論出られます(風強い)

       

      アイスとかポテトとか売ってる小売コーナー

      左にあるドリンクサーバーは無料で利用可能!

      コップで運搬して自前のボトルに移し替えるというゲスいことはしてはいけないよ!!!

       

      船内にはコンサートや映画上映も行われており、船酔いで気分が悪かった自分はこれのおかげで

      やりすごすことができました

       

      自分が泊まったスペースの隣にファミリーがいて、夜寝てたら寝相が悪い子供に蹴られたり領土侵犯してきて

      よく寝れたとは言えなかったですが、なかなか新鮮ですよ()

       

      2017年8月7日

      海上の為あんまりやることなし。

      テキトーに船内散策したり電波入った時に位置確認したりして過ごしました。

      苫小牧から逆に名古屋に向かうフェリーと途中ですれ違いもありました

      因みにデッキにコンセントがあるのでこれで電力供給も完璧です。

       

      夕方。仙台港に到着し、一時下船してGoogleでググった多賀城市のなんか美味しそうなとんかつ屋に入店。

      なんか美味しそうじゃなくて本当に美味しかった。

      あと今思えば店の前の国道は去年のなだれこみで仙台に向かう際に通った道でした。(笑)

       

      仙台港に戻る際にこんなものを発見。むっちゃ高いですよ。

       

      2017年8月8日

      ようやくこの日の正午に苫小牧港に到着し、フェリーターミナル前で輪行解除してとうとう北の大地に!

      とりあえずswarmでTwitterにも投稿

      なにもない…(新青森を思い出した)

      そして何よりもむっちゃ涼しいという。

      正直仙台の時点で結構涼しかったですが、苫小牧ではもはや同ジャー一枚はおりました(笑)

       

      今日はここから支笏湖を経由して札幌まで行き、高校の友人と会う予定をしていたのでやや急ぎます。

      セイコーマートで買い出しを済ませ、しばらく行くと・・・

      支笏湖に到着。むっちゃ水質が良くて湖が透き通ってます。

      写真を撮っていると、家族連れに声をかけられ、「自分も同志社やねん〜」とまさかのいきなりOBに遭遇。

      現在は関西在住ではないそうですが、全国各地にOBOGがいるもんですねぇ

       

      支笏湖という本日のメイン観光を終えたので、ここから札幌までノンストップで急ぎます。

      テストとかで自転車乗ってなかったせいで峠で足攣ったけど(笑)

       

      だんだんと都会になっていきます。道中にはテレビ塔もありました

       

      そして札幌駅に到着!

      実は北海道は中学生の時にも行ったことがありましたが、ソロ&自転車で来たことでだいぶ印象が違いました。

      (この先もっと過酷で印象変わるけどな)

       

      ここで友人と合流し、おすすめの札幌のラーメン屋に連れて行ってもらいました。

      ちょっとだけ値段は張ったけど、それだけ払う価値があるほど美味しかったです。

       

      走行距離:77.1km

      悪徳標高:839m

       

       

      〜次回予告〜

      北の大地の更なる北・稚内へ!

      そしてまさかのハプニングが…!?(意味深)


      雪山でMTBを担いできました

      0

        以前オアフ島で車にはねられた4回生のS澤です。

         

        先週の土曜日に、OBのFさんと滋賀県の山に行ってきました。(一応山の名前は伏せておきます)

        以前、何かで山頂の写真を見て、ここ乗れるんじゃね?と気になっていたのです。

        (http://kitabiwako.jpより)

        車を麓の駐車場に置き、そこからは林道でアプローチします。

        駐車場の標高は200mくらい。山の最高地点は1100mです。

         

        林道が終わるといよいよ本格的な登山道になります。乗れなくはないですが、担いだほうが楽なのでひたすら担いで歩きます。



        下ったら超楽しそうな道ですが、我慢して担ぎ上げます。夏の台風の影響で倒木がいくつもありました。



        前日に降った雪が積もっています。標高が上がるにつれて、乗って登れるような斜度になりました。ひたすら尾根沿いを登ります。

         


        そして森林が終わり、カルスト地形が見えてきて、斜度がどギツくなりました。

        木がないのでかなり風が強いです。ここで標高700mくらい。

        駐車場からここまで2時間程かかりましたが、最高地点まであと400mもあります…


        超急斜面を登りきり、ここからは緩やかな尾根沿いを歩きます。担ぎで腰が痛いです。

        このあたりからガスが発生して、周りの景色が全く見えなくなりました。しかも尾根沿いはずっとカルストで足場が悪く、かなり歩きづらかったです。GPSで場所を確認しながら進みます。

        靴はFIVE TENを履いてきたのですが、雪だと全くグリップしなくてとても怖かったです。何度も滑って滑落しそうになりました…


        そして、ようやく最高地点に到着。

        モザイク加工

        駐車場から4時間かかりました。風速20mくらいでめちゃくちゃ寒かったです。

         

        風で飛ばされそうになりながらカッパを着込みます。

         


        そしてここからは高原ダウンヒル!




        とにかくロケーションが最高。


        奥に見える小屋まで下ります。


        小屋の中はかなり広く、仮眠室までありました。

        小屋の中で昼食。

        道中でハイカーの方達に会いましたが、自転車で来た僕らを見てかなり驚かれ、写真まで撮られてしまいました。

        夏は登山客がたくさん訪れる山だそうですが、この日は3グループほどしか会いませんでした。ハイカーの方が大勢いるとMTBは肩身が狭いので、この日はラッキーでした。



        そして帰りは…なんと極上シングルトラック!


         

        しばらくトレイルを下った後はダートに変わり、最終的に下山したのが14時半でした。

         


        と、ここまでMTBに最高な山に見えますが、実はシングルトラックの前には1時間近く担いでいます。しかもかなり過酷な担ぎばかりで、全体で見ても乗れたのは3割程度でした。なのでMTBを乗りたい人には全く向きませんが、割と手軽に(?)エピックな体験ができるので、エクストリームしたい人にはめっちゃおすすめです。


        というわけで、適当に選んだ山に来たら最高だったよ!という話でした。


        なだれ込み0日目

        0
          小樽港を目の前に野宿をしたMKN、TMKW、NKYの三人。
          この日は観光と決めていて、まずは自転車に乗って余市まで走りました!
          余市ニッカウヰスキー蒸溜所でパシャリ
          ウイスキーの試飲コーナーがあったのですが、断腸の思いで素通り…(飲みたかったです。)

          その後は再び小樽に戻りまして街をぶらぶらと…
          やっぱり北海道来たら海鮮丼ですよね!
          そんなわけで観光!食事!そして観光!といった調子で0日目を堪能しました!
          夜中にフェリー後発組と合流し、共に野宿…
          ちなみにこの日の野宿地は海風は激しかったですが眺めのいい公園でした。
          この次の日から本なだれ込みが始まりますので更にボリュームのある記事になっていきそうです!!!!

          なだれ込み北海道班-1日目

          0
            2017年もそろそろ終わりということで今年を振り返りたいと思います。。。
            やはりDCC最大の行事といえばなだれ込み! 今年は3班に分かれ、僕たちの班は北海道へと向かいました!
            まずは班員の紹介をしたいと思います!
            (赤文字二回生 青文字一回生)
            (この写真は諸事情によりようやく全員集合した4日目ラベンダー畑の写真です…)

            今回は脱本州!ということで北海道へはまずフェリーで行きました!
            夕日にたそがれるTMKW20時間ほどかけて舞鶴から小樽までの船旅を終えた先陣組この日は小樽港が見える公園?で野宿をしましてなだれ込みイブの幕開けです!


            個ツア2017 北海道 0

            0

              先日サヨナラインタビューを作るにあたって、いろいろなところから写真とかを漁っているときにこのブログを見ると、

              「今年の記事、ほとんどない…」

              ということに気づき、悲しくなっていました。

              どうも、お久しぶりです。4回生もとい老害のM田です。というかブログ自体がお久しぶり。

               

              このままでいくとブログ書かれなくなるんじゃないかと危惧したので、個ツアのこと書きます。

              ただ後輩に「やれよ」って言うだけだと本当に老害ですしね。まず自分がやりましょう。

              こんなもうすぐいなくなる老害がブログ書いてるんじゃねーよとかは言わないでね。

               

              そんなに長くするつもりはなかったんですが、何せ移動とか遊びとか諸々含めたら1か月近くにもなる長期個ツアになりました。

              なので、今回は導入です。北海道までの移動とか遊びとかです。

              興味なければ読み飛ばしてください。個ツアとしては次回始まります。

               

              まずは北海道まで青春18切符で輪行した頭の悪い記録からどうぞ。
               

               

              個ツア 輪行編
              8月7日〜9日

              8月7日(1日目)

              早朝4時半頃に家を出るとあいにくの雨、というか大雨。

              台風が1日遅れでこれから輪行するルートを追いかけてくるというから仕方がない。

               

              当初乗ろうとしていた5時過ぎの電車に間に合わず、到着時間は変わらない次の電車に乗るが、京都駅での3分乗り換えができず、輪行開始から数十分で予定が1時間後ろ倒しになると確定。最初からいきなりの萎える展開に。
              でも睡眠と乗換を繰り返すだけで静岡を超えて、過去に輪行経験のある宇都宮までは考えることもなく進む。

              そして夜には未知の東北エリアを進み、23時過ぎに仙台着。

              輪行しているだけで早朝からの1日が終わるという貴重な経験だった。


              とりあえずkoboスタジアムの前までだけ行って、野宿を敢行して1日が終わる。


              8月8日(2日目)
              この日は青森まで行くだけ(しかし奥羽本線の日本海側経由)で余裕があるのでゆっくりと仙台で朝を過ごしてから輪行を開始。

              このときちょうど僕の日程の1日遅れの台風が関西に直撃していて、フェリーが出港できるのかわからないという状況をなだれこみ北海道班の二回生から聞いていたりしました。結局はフェリーの方が僕より先に着くんですけどね(笑)

              自然に溢れた東北の山の間を突っ切りながら北上して青森へ。特に何もなさすぎて記憶もない輪行を経て、20時前には青森駅着。
              しかし、めちゃくちゃ寒い。手持ちの防寒具で足りないんじゃないかと不安になってくる。

              8月9日(3日目)
              早朝から出て、津軽線を北上。
              津軽二股から北海道新幹線の奥津軽いまべつに乗り換え、ここからは初めての新幹線輪行。とはいっても一駅だけ。

               

              そして初めての青函トンネルに車内でテンションが上がっていたが、朝早くてほとんど寝られていなかったのと新幹線の座席の心地よさで睡魔に襲われ、気づいたら…
               

               「新函館北斗」

               

              えっ…手前の木古内で降りないといけないのに。やらかした。やばい、どうしよう…
              今回の個ツアで一番パニックになったシーンでした。

              駅員さんに事情話したら一駅戻らせてもらえて、木古内駅の乗り換えに時間があったこともあって何とかなりましたが。

              こんなことがあって人生初北海道上陸の感動を味わっている余裕はなかった。

              電車での乗り過ごしには気をつけましょう。(まず自分がな)


              木古内駅に降り立ってすぐに、電力需給ひっ迫とかいう北海道エリアかつ確かドコモユーザー限定のテストメール誤送のために緊急速報の音が鳴って焦った。タイミング良すぎ(悪すぎ?)

               

              気を取り直して、いさりび鉄道で函館に向かう。

              勘違いで五稜郭駅で降りてしまったが輪行解除して函館駅へ。

              北海道の電車は本数が少なくて、長時間の待ち時間が生まれる。

              ここ函館でも3時間もの時間が。

              といっても函館は何でもあるので、観光と昼食の時間にあてる。

              やっぱり函館と言えば海鮮丼。付け合わせがいっぱいだし、美味しかった。
              観光する時間もあったけど、天気があまり良くなくてずっと函館駅周辺をうろついていた。そうすると駅前では複数のサイクリングの団体が賑やかに輪行したり、解除したりしていて孤独が悲しくもなる。けど個ツアはこういうものだし仕方ないね。

              そして再び輪行すると長万部までの3時間超え区間である。

              長万部に着く頃にはもう夜だしここでも2時間超の待ちがあるので、夕食のために一駅前の中ノ沢駅で降りることにするが…


              なにもねえ…。
              幸い、少し行くと目的のお店はありました。

              有名な三八飯店のあんかけ焼きそばを食べました。ボリュームがすごい。

              しかし、店を出ると雨が本降りになっていて、びしょ濡れになりながら長万部駅までの5kmほどを走ることに…

              長万部で3度目の輪行をして、またもや3時間弱の区間。

              発狂しそうだが、ほとんど丸3日を輪行してきたからもうあまり感じない。寝てれば着くじゃん。
              そしてついに小樽へ。着いたの23時だけど…

              やっと着いた。僕の4年間でも群を抜いたハード輪行だった。

              もうしたくない。

              まあ帰りもこれに近しいことやってるんですが…。

              小樽には結局出港したフェリーのなだれこみ北海道班二回生3人が先に着いていて、小樽港の付近で野宿をキメているという情報をゲット。老害しに行く。
              結局、当然のように一緒に野宿してましたね。

              少しは申し訳なくもある。


              個ツア 札幌近郊遊び編
              8月10日〜13日

              8月10日
              二回生は余市の方へ行くらしく(さすがに観光しに行く下回生に混ざるのはできなかった)、一人で自走して札幌方面へ。
              その前にとりあえず運河と思い、

              インスタ映え大事。インスタしてないけど。

              石狩方面を経由しながら札幌まで40kmほど走って、お腹空いたから札幌二郎。

              キャベツ多いのいいね。

              そして暇だったので、手頃な観光スポットである時計台へ。

              一応、中にも入りましたよ。

              その後はすることなくて夕方くらいから温泉入って、休憩スペースでダラダラして、あとはネカフェ。

              ここで輪行の疲れを落とさないとやっていけない。

              8月11日
              と言ったものの、早朝から出発。また小樽へ引き返す。

              老害しに行く、ただそれだけのために30km自走する。

               

              そして何をしたのか。

              後発組の一回生を含めたメンバーが集まったなだれこみ北海道班と再会し、少し話したりとか。

              あとは全員(大嘘)の集合写真の撮影。

              北海道班のカメラマンしました。以上。
              絶対馬鹿だろ…。そうだよ。

              それから僕は石狩に行かないといけないのでなだれこみ班と別れて、しかも自走つらいから朝利から銭函まで輪行。
              なんだコイツ…

              そして…

              夏フェス。この旅の目的の3割くらい占めていると言ってもいいくらい。

              自転車は会場の駐輪場で鍵だけして要らないものとかはサイドバックで放置だったけど意外といけましたね。

              日本ってすばらしい。

              みんな興味なさそうだからこれくらいにしとこう。

              8月12日
              大雨でした。北の方で個ツアしてた誰かさんはやばかったらしい。

              僕も駐輪場で銀マだけ敷いて寝落ちしたら夜中に大雨に打たれて、急いで近くのセイコマに駆け込んだりとかしてました。


              8月13日
              早朝までフェスで、疲れ果てて札幌に戻る途中のよくわからない公園で睡眠。
              またもや体力を奪われてしまったため、力を使わないように札幌を徘徊。
              そして温泉からのネカフェという流れを踏んで、次の日からようやく個ツアが始まるのだった。(続く)

               



              categories

                      

              recent comment

                       

              calendar

              S M T W T F S
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              262728293031 
              << August 2018 >>

              selected entries

              archives

                      

              PR

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM