なだれこみ 信州班 最終日 松本〜高山

0

    こんばんは。もうクリスマスとお正月ですね。スケルトンです。この1年は素晴らしい自転車な1年だったと思います。来年は主将(⁉)として自転車と向き合っていきたいと思います。(笑)それじゃ、なだれこみ信州班最終日はじまりまーす。

     

    8月24日(水)

    am5:30にアラームが鳴る。昨日115kmの2850upとなだれこみ信州班最凶の峠を越え、寝たのは日が変わってからだというのに寝起きの4人の表情はどことなくすっきりとしている。そう、本日が最終日なのである。真夏の炎天下に晒されるのも、雨でズブ濡れになるのも、野宿をするのも、何より重い荷物を持って峠を登るのも今日が最後である。今日を乗り越えれば終わり、この事実が4人の疲労を少しだけ和らげてくれる。しかし本日は乗鞍である。(白目)自転車で行ける最も標高が高い場所。予定で行くと最終日は高山から岐阜までひたすらくだって終わりだったが、台風で中日にしてしまったので、最終日は高山ゴールとなり、ひたすらのぼりになってしまった。そうは言ってもくだりもだいぶ長いので頑張って行きましょう!(適当)

     

    サイドバッグが…

    生き残った1回生(バトルロワイアルじゃないんですけど笑)

     

    まず乗鞍ののぼり口に行くため、R158を北上します。この間はずっと平地なので脚を温めるのには最適でした。

    世にも珍しきトンネル内分岐(ブレブレだけど)

     

    10kmほど走ると

    出た! 青看に乗鞍高原の字が!

     

    一旦立ち止まって休憩。心の準備を整えます。マップを見るとここから頂上まで約30km。10kmを3セットのぼれば終わるやんという話に。(ちなみに信州班の峠の感覚は10kmがデフォルトである。)いざ、行かん乗鞍へ。

     

    ようこそ、乗鞍へ

     

    最初の10kmは比較的斜度は緩かった気が。ほとんど写真がなく、覚えがないです…。1時間弱で10km走り終え、広大な駐車場で休憩をしました。まだ本格的なのぼりは始まってはなく、4人で喋っているうちに到着した感じでした。

    休憩を終え、またのぼり始めます。少し走ると三本滝ゲートに。ここからはマイカーは規制され、観光バスとタクシーだけになるという自転車天国です。このゲートを抜けると、つづら折りが現れ、高度を上げていきます。

     

    天空の道っぽい

    2回目の休憩地点(20km地点)

    ここまで10km1時間ペースを守り、みんなで喋りながら比較的楽にのぼってきました。ここからラスト10kmがマジでしんどいんだよなぁ…(回想)

     

    遥か彼方に道が見えるんですけど

     

    20km地点から少し進むとだいぶ景色が変わってきて、高原地帯に突入します。    

    天気が晴れで何より

     

    高原地帯に入ったところでスケルトンM尾かいMくにの二組に分かれます。

    なぜか気持ちが高揚する

    20km地点から頂上までノンストップで行くつもりがしんどくなって休憩。酸素もだいぶ薄くなります。(実感はない)

    まだけっこーあるねー

     

    ちなみにここらへんから私スケルトンM尾に付いていくのがやっとでした。1回生の成長に目を細めます。M尾を風よけにして、チギられないように必死にペダルを踏みます。(だらしない上回)

    まだ先方に道が続いているのが見えるのですがここでクマが出て、係の人に止められます。こんな標高が高いところにもいるんですね。このときの係の人の対応が緩慢でイライラした記憶があります。

     

    20分弱足止めをくらい、再出発します。

    このまま空に吸い込まれそう

    超高原地帯

    おおーー!

    ゴール見えたぞぉーー!

    ごーーーる!

    よく頑張った

    ちなみに記念撮影のときラブライブジャージを着たロード乗りと交流しました。

     

    写真を撮った後、お腹が空いたので昼メシを食います。近くの建物に飲料禁止の雪解け水があったので、それを使ってカップラーメンをみんなで食べました。(めちゃうまかった)

    標高2700mでお昼寝タイム(風貌や行動から大阪の治安の悪さが伺い知れます)

     

    頂上に約1時間滞在し、高山駅に向かってくだり始めます。

     

    高山中心街

     

    そしてついに

    高山駅に到着! 

    ちなみに去年の同早合宿下見ぶりの高山駅です。去年へかにゆよとツーリングスタイルで行って、入店を拒否された珈琲屋さんにリベンジしに行こうかなと思ったのですが、電車の時間もあり断念しました。

     

    この後向かいのファミマでお菓子を大量に買い込み、輪行して家まで帰りました。

     

    〈感想〉

    今回なだれこみをイチから計画し、結果完走できたので良かったと思います。走り抜いた1回生は本当にすごいと思うし、自信を持ってもらっていいと思います。途中で離脱した1回生は残念だったけど、これを来年のなだれこみの糧にしてほしいなと思います。天気が悪い日が多かったけど、ここぞという時は晴れてくれたのでやはりDCC持ってるなと思いました。2回生は最後のなだれこみ、一生の思い出になったのではないでしょうか。1回生は良いと思った所は受け継ぎ、ダメだなと思った所は改めて来年のなだれこみを作って欲しいなと思います。ブログ年内に書き終わって良かったです。(笑)

     

    〈完〉


    なだれこみ 信州班 10日目 上田〜松本 

    0

      こんばんは。先日ゼミの呪縛から解放されて自転車に乗れるようになったスケルトンです。サヨナラランも終わりましたね。作ってくれた1回生お疲れ! 4回生の方もお疲れ様でした。このブログも残すところあと2回。なんとか年内に終わりそうですね。(有言実行)じゃ、10日目はじめまーす。

       

      8月23日(火)

      中日明けの朝。いつもより少し体が軽い。

      雨が降っていないことに歓喜。天気予報を見ても雨は降りそうにないので美ヶ原の景色も期待できます!

      朝の用意。なぜかM尾が出発前からパンク。(し、しりません…。)

       

      あと、Mたくがここで体調不良により、リタイアします。渋峠の頂上で2時間ぐらい極寒の中で待ってた時から具合が悪くなってきたらしいです… Mたくがリタイヤするとは夢にも思っていなかったので少々動揺します。お疲れさま。

       

      そんなこんなでメンバーがスケルトンかいM尾Mくにの4人にシェイプアップ。(こんななだれこみ、聞いたことない…。)

       

      M尾のパンク修理も終わり、Mたくと別れを告げ、一行は美ヶ原へと向かいます。

      いい天気。昨日中日にしてよかったぁーー

       

      まだ肌寒い平地を疾走すること30分

      美ヶ原ののぼり分岐に差しかかります。さぁーのぼるぞー!!

      上写真拡大

       

      分岐を曲がった後は、車の交通量もほぼゼロになり、峠道が始まります。

      看板「これより和田峠」 

      まだこのとき7時台なので、まだ気温も低く気持ちいいです。

       

      ただ夏なのでどんどん気温が上昇し、日差しが強くなってきます。

      峠の途中で湧水休憩。頭から冷水をかぶります。(最高っ!)

      まだ森の中

       

      みんなでおしゃべりしながらのぼっていきます

      美ヶ原高原の看板が見える

      そうですここから美ヶ原高原に通ずるビーナスラインです。ビーナスラインはもっと南の方(蓼科高原、白樺湖、霧ケ峰高原)から延びているのですが、強度的なことを考えると今回は和田峠手前からの合流になりました。

       

      というわけで和田峠に到着です。

      生き残った1回生

      2回生(アイウェア ver)

      2回生(通常 ver)

      和田峠を過ぎると完全に視界が開け、高原チックになります。

       

      途中に三峰茶屋展望台があったので寄り道します。

      展望台へ続く道。もう他の3人が見えるね。(個人的にこの写真お気に入りです)

      展望台からの風景(やはり標高あがると雲が…)

      三峰茶屋(※閉鎖中)

      キメるかい

       

      三峰茶屋を後にし、先を進みます。

      割とすぐ第二の峠、扉峠。

      ここまでは斜度も緩く、4人で喋りながらのぼってて楽でした。しかし扉峠をくだり終えた瞬間、斜度がキツくなり、今から通るだろう道が頭上の遥か上に見えるようになります。(写真がない)

       

      つづら折りも出現し始めてどんどん高度をあげていきます。(写真がない)

       

      そして扉峠から1時間程でゴールである美ヶ原高原の道の駅の看板が現れます。

      ラストスパート!

      謎の美術館がお出迎え

       

      道の駅に到着した瞬間は太陽が見えていたのですが、一瞬で真っ白になってしまいました。(雨じゃないだけマシか)

      昼メシ休憩も兼ねてシャッターチャンスを伺います。

       

      そして限界まで粘って撮れた写真がこちら

      はい、微妙。気休め程度に青空が見えます。

       

      写真も撮り終え、ここから一気にくだります。(まだ峠があるんだよな)

      くだっている途中にシラカバ林発見。何も言わなくても止まるCLかい(さすが)

      スマホを斜めにして撮るのが個人的なマイブームだった

       

      美ヶ原をくだり終えると松本に抜けるために最後の峠、武石峠を越えます。

      さっきまで高原を快走してたのにまた森の中

      そしてついにゴール! お疲れです!

       

      あとは松本に向けてくだるのみです。ちなみにここから松本までのくだりがカーブも多く、景色もどんどん変わっていって個人的に一番楽しかったです。(確かツール・ド・美ヶ原のコース)

      美鈴湖

       

      くだりが長時間続き手が痛くて限界になったときに名湯・浅間温泉に着きました。

      意外と早く着いた。(pm14:00)やるな1回生。

       

      浅間温泉で十分に疲れを取った後、私スケルトンは愛車のバーコンのネジが緩み、取れそうだったので近くの自転車屋さんに行くことにしました。残りの3人とは国宝松本城で集合します。

       

      ネジを閉めるだけなのに1000円をぼったくられ、少しイライラしながら3人の所へ。

      名城松本城。池とのコントラストがいいねグッド

       

      松本城を横目に見ながら3人を探します。

      い、いた。ポケモンGOの虜になっとる(笑)。

      ちゃんと松本城観光したんですかね?笑。

       

      3人と無事合流し、夜メシを食べに行きます。

      もちろん二郎。明日の乗鞍に備えます。

      ご馳走を目の前にこの表情。(最高の笑顔)

       

      ツーリング中の二郎はドーピングでもあり、治療薬でもあるのです。それにしてもMくにM尾の完食するスピードが尋常じゃなく早かったです。(さすがフードファイター)

       

      しかし店を出た後にかいが「腹しんどいー。オレ二郎苦手やねん。」とほざいてました。あの至高の笑顔は何だったのでしょう。

       

      二郎で腹を満たした後は乗鞍ののぼり口、道の駅風穴の里まで走ります。20km弱走らないといけないので、ちょっと松本市街でゆっくりしすぎた感は否めなかったです。

       

      松本駅の目の前のスーパーで明日の朝、昼、補給食を買い込み、ナイトランをします。

       

      そしてあと残り4kmのところで強めの雨が降り始めて、トンネルの中で雨宿りをします。みんな浅間温泉に入ってキレイになった(?)体を濡らしたくないのです。

      トンネル内からの写真。

      時計は11時を回り、外は強雨。そして極めつきは斜度10%を示す絶望の標識。トンネル内で寝る案も出ましたが、さすがに死ぬので強行突破することに。

       

      スケルトンM尾は服を濡らしたくなかったので上半身裸で奇声をあげながら闇の中に飛び込んでいきました。(妖怪峠のぼり)今考えるとなぜ雨具を着てゆっくり行かなかったのか。やはりなだれこみは人から理性というものを奪うのであります。ちなみにかいMくには後ろからゆっくり来ていました。(賢明)

       

      道の駅に着くと、全員すぐシュラフにくるまり、眠りに落ちました。なぜなら明日はなだれこみ最終日で乗鞍だから。

       

      次回予告…ついに最終日。峠の王様、乗鞍の先に見たものとは。  〈続く〉

       

       

       

       

       

       


      なだれこみ東北班5日目 にかほ〜新庄

      0

        こんにちは、ゼミの進捗書いてたへかにゆよです。

        5日目は写真が少ないので手短にお送りしますー

        (観光要素は)ないです。

         

         

        8月15日(月)

        朝6時頃に起床。今日は坂田を経由して山形県に入り、新庄までいきます!

        本当はこの日は鳥海山に登る予定だったのですが、何やら太平洋側に発生した台風が

        東北に向かっているので早めに時間潰しのきく仙台に到着したい、というのとみんなの

        疲れ具合からキャンセルして本日はまたまた平坦コースです。

        まずは道の駅象潟を出てすぐに山形県に入ると見えてきた道の駅鳥海にて休憩。

        店内にあった業務用送風機がむちゃくちゃ気持ちよかった・・・

        その後30kmほど漕いで酒田市のコンビニで昼飯をとり、ここからは

        国道47号線で新庄方面に。

        因みに並走しているJRの路線名は奥の細道最上川ラインというらしい。

        なんか知らんけど湘南新宿ラインといいJR東日本はラインという言葉を多用したがる・・・

        ここらへんからとうとう危惧していた雨が降り出し(フラグ回収)、逃げるように

        道の駅とざわにチェックイン。

        コリアチックな道の駅です。

        ここでももりまなNKYは爆睡していたゆう★

         

        当初鳥海山を登っていたらここで寝る予定をしていましたが、なんと

        まだ時計は4時過ぎ!ということで、もう30kmほど先の新庄まで今日は進みます。

        2人が起きるのを気長に待ったり、雨宿りをしてなんやかんやで新庄に着いた頃には7時前

        でかめのスーパー銭湯で身体を温めてから晩飯探しをするが…(自炊は雨のテンションにより断念)

        みんな8時で閉まるというツーリングあるある。

        チェーン店を除いて唯一やってそうな麺屋に行きましたが、麺があと2玉くらいしかないらしく、

        しょうがないのでパチンコ屋に併設されていた謎のラーメン屋に特攻しました。

        すごいロケーション。。

        勿論というかなんというか、二郎系だった

        東北班フードファイター化計画

         

        結構なボリュームがあったものの、助け合ってみんな完食。

        やっぱみんな食べ物に飢えてたんやなって・・・

         

        ここ付近に道の駅はなく、かといって雨の中10kmちょいももう漕ぐ気は

        なかったので近くの運動公園で野宿です。

        明日は鳴子温泉宮城県編

         

         

         


        なだれこみ東北班4日目 秋田〜にかほ

        0

          おはこんばんちは、へかにゆよです。

          今日信州班の1回生から東北班のブログ早く書いて下さいと言われたので

          急ピッチで書きます!(信州班とだいぶ差がついてしまった…)

           

          8月14日(日)

          ネカフェで起床。

          モバイルバッテリーの充電と共に、多少の疲れも充電。

          今日は中日ということで、秋田から日本海沿いに山形手前の

          にかほを目指します!

          (因みにこの日からなだれこみ信州班が始まります)

           

          国道を走っていると、ビーチパラソルの下で何やら売っているおばさんが・・・

          実はこれ、秋田名物の知る人ぞ知るババヘラアイスです。

          (由来はおばちゃん(ババ)がヘラでアイスをすくうから)

          アイスはバナナ味とイチゴ味の二種類をミックスさせてます。

          美味!

           

          アイスを食べた後、ずっと湾岸の国道7号沿いに進み、道の駅岩城にて休憩します。

          日本海ですね。

           

          道の駅に無料のウォーターサーバーがあったので、ついダラダラしてしまいましたが、

          ゆったりした後近くの定食屋で昼飯を取り、再び山形方面を目指します。

           

          今日は中日ということで元々60kmくらいしか漕がない中、

          昼の2時ごろでゴール地まで残り10kmほどの地点に到達し、

          とても時間にゆとりがあったので、海で遊ぶことにしました。

          in あきた もりまなに撮ってもらいました

           

          人も少なめで落ち着いています。

          海の中の様子

          海に還るNSHR。。。

           

          海に潜って遊んでいると、何やら砂浜で一回生がTNKを埋め始めたぞ…?

          TMKWNKYによって土をかけられていくリョー〜ジ

          関係ないけどもりまな強そう。(小並感)

          だんだんと首元まで埋められていき・・・

          その棒は一体何に使われたのだろうか…

          ↑1日目のリョー〜ジの自己紹介の画像はこちらでした!

           

          海で遊んだあと、15分ほど自転車を漕いで本日のお宿、道の駅象潟に到着!

          実はこの道の駅、自分が以前所属していた○○部の日本縦断をした自転車好きの先輩

          イチオシの道の駅だと聞いていたので、とても内心楽しみにしていました。

          イチオシの理由として、なんといっても海を臨む露天風呂がなんと道の駅に併設されているのだ!

          これは入るしかないと思い入浴すると、ちょうど夕暮れ時で夕日が沈みかかっており、とても綺麗でした(;'∀')

          さて、入浴を済ませたら僕が昨年度の6月ランからゴリ押ししている鍋キューブを使って鍋を作ります。

          袋が緑なんで多分これは鶏だし・うま塩味ですね。(最近色で味を判別できるようになった)

          今日もいい天気でした。

          明日はついに山形県に突入する、120kmのちょい長コースです!

          明日も晴れたらいいなー。(ふらぐ)


          なだれこみ 信州班 9日目 中日(in 上田)

          0

            こんばんは。今年のあの成績で球児が2億、鳥谷が4億貰うことに強い違和感を覚えているスケルトンです。(※阪神タイガースのことです) 本来は水曜日に更新の予定ですが、来週かなり忙しそうなので今日アップします。9日目はじまりまーす。

             

            8月22日(月)

            道の駅で目が覚める。今日は台風接近に伴い、急遽やってきたAll Restの中日である。身支度を済ませ、1回生はネカフェへ2回生はカラオケへ旅立っていく。

             

            激安カラオケ店まねきねこ上田秋和店。なんと平日フリータイム540円(12時間)である。しかもドリンクバーとアイス、さらにはポップコーンの食べ放題も付いてくる。

             

            am9:00入店

            今まで入ったカラオケの個室で一番広かった

             

            入室するや否やコンセントをジャックし、ライト・モバイルバッテリー等を充電して、異常に臭いサイドバッグの中身を全部床に広げ、消臭に努めた。

             

            この後はカラオケをしながら、アイス、ドリンク、ポップコーンの∞無限ループ∞である。

            昨日までの峠地獄がうそのよう。休憩は大事。

             

            ちなみに何回か外の様子を見に行ったが台風はおろか雨も降っていなかった。(でも警報は出ていた)このように2回生2人は店を出るpm9:00まで9時間、曲数にして約120曲を歌い切り、時を過ごしたのである。

             

            一方1回生はネカフェでダラダラしていたらしい。

             

            夜10時ぐらいに20km弱離れた道の駅マルメロの駅ながとに1回生と再集合し、このなだれこみで数字的には最もキツい明日の美ヶ原アップに向けて睡眠を取ったのであった。

             

            次回予告…ついにビーナスラインを経て、美ヶ原へ。いよいよ旅の終わりのカウントダウンが始まる。  〈続く〉

             

             

            (追記)

            一瞬で9日目のブログが終わってしまったので信州班用語辞典でも付けときます。今回のなだれこみを通して、出来た用語です。よかったら是非使ってみてください。(笑)

             

            信州班用語辞典

            【妖怪峠のぼり】…上半身裸で奇声をあげながら、峠をのぼっていくスタイル。一時的に体力が回復し、高速巡航能力を得る。ただスタミナを多く消耗する上、すぐバテてしまう。豪雨の中、峠をのぼっている時に服など無い方が楽だという理論からスケルトンが開発。ただし交通量の多い峠などTPOを見誤って使うと、一瞬で手錠をかけられるので気をつける必要がある。なお10日目にスケルトンからM尾に受け継がれる。

             

            【ギブアップ】…本来の「もう無理、あきらめる」という意味と up(峠)を give(下さい)という意味の掛詞。峠をのぼっている時にしんどくなったり、誰かがしんどそうにしていたらこの言葉を大声で叫び、チームの士気を高める。しかし一部の部員は単なるドM精神からこの言葉を叫ぶ。

             

            【洗い溜め】…翌日の風呂が見込めないときに風呂場で2日分、体を入念に洗うこと。洗い溜めると翌日は風呂に入らなくてもいいという暗黙の了解が生まれる。

             

            【シーブリーズ温泉】…風呂に入れないときに全身にシーブリーズをふりかけ、風呂に入った気になること。ある部員によると公園の水道で水浴びをした後のシーブリーズ温泉は格別らしい。

             

            岸本先輩】…大阪府の南部に生息する輩(やから)。とても民度が低く、すぐ奇声をあげ、人の物(特に食べ物)を奪うことに何の抵抗も示さない。また自分の家の前の公園で野宿をするほどの野宿愛好家である。しかし外見・行動のキチガイさとは裏腹にCLの技術には目を見張るものがあり、今回のなだれこみでもコースアウトは0回と抜群の安定感を誇る。前夜や当日の朝にルートラボとマップルを駆使し、入念なコースの確認を行っている模様。10日目の美ヶ原をのぼっているときにM尾によって岸本先輩と命名・改名された。



            categories

                    

            recent comment

                     

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << March 2017 >>

            selected entries

            archives

                    

            PR

            recent trackback

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM