同早交歓合宿 2017 アフター

0

    こんにちは、前同早局長のスケルトンです。なんとか2月中に同早に関する記事を全て上げれたので良かったです。もう僕がDCCブログを書くことはないかな。(たぶん) という訳で同早交歓合宿恒例のアフターの記事で〆たいと思います。(最後のおまけの記事もお見逃しなく)

     

    それではアフター始まります!

     

    11/6(月)

    大興奮冷めやらぬ宴会から日が変わり、月曜日の朝。

    半分ぐらいの部員は授業に出るため、始発で帰る者も多いのだが、上回生を中心にこの日行われるイベント、、、

     

    そうアフターである。

     

    毎年、同早ないし早同交歓合宿最終日の翌日・月曜日にゴール近くの街でおいしいものを存分食べようという企画である。合宿の主幹側の上回生が全額奢るというルールもある。同早を本当の最後まで楽しもうと思ったら必ず参加すべき行事であり、秋学期の月曜日の授業調整は必須なのである。

     

    ってな訳で今年のゴールは名古屋だったので、名古屋市街でアフター!

    とりあえず駅の近くに行けば何かあるだろうということで駅に向かいます。

    アフターチャリメンバー

     

    さすが名古屋。車が多すぎて駅まで行くのもひと苦労です。

     

    Mしが知っていた駅の駐輪場に自転車を置きます。(めっちゃきれいなだった)

     

    この後、電車で向かわれていた先輩何人かと合流して、何を食べるか駅ビルをヤバい格好のやつらがぐるぐる徘徊します。

     

    15分ほどぐるぐるした結果、JRタワービルのカフェに行くことに。

    やべー格好、やべー集団

    51F、まだ見ぬ境地へ

     

    結果は言うまでもなく惨敗。フロアポンプやらなにやら持った10名ほどの集団が行っていいところではありませんでした。(ちゃんちゃん音符)

     

    結局、名古屋マダムが集うパフェ屋さんに行くことに。(ここもなかなか入るのに勇気いりましたが笑)

    甘いパフェで合宿の疲れを癒しましたパフェ

    甘い物好きI先輩いい笑顔

     

    パフェを食べた後は〆に行きます。

     

    どーーん。もちろん二郎系ラーメンで歴史を刻みます。

    大変おいしくすすれました。(〜SUSURU TV風〜)

     

    これにてアフター終了しました。個人的には名古屋コーチンや味噌煮込みうどんといった名古屋ご当地グルメを食したかったのですが、まあこれがDCC・WCCクオリティですよね。

     

    アフターまでお付き合いいただいた部員の方、資金をカンパしてくださった4回生の方、ありがとうございました。DCC活動、最後の行事として素晴らしい合宿になったと思います。

     

    来年もWCCの諸事情により、DCC主催の同早交歓合宿になるので、企画者となるT川くんを全力でサポートしていきたいと思います。

     

    では8か月後、◯◯の地でDCC・WCC仲良く合宿しましょう!!!

     

    【同志社大学サイクリングクラブ前主将 兼 元同早局長代行 スケルトンあらため高見直光】

     

     

    【おまけ 

    前回の暗峠ランの記事で

    とM田さんに煽られたので付けます笑

    これがビンゴ景品リストです。ネタ的な要素強めでいろいろな店でM田さんと収集しました笑 しょーもないものばっかり笑

     

    【おまけ◆

    フリーラン(FR)のもろもろです。3.1km, 平均斜度9.8%

     

    【おまけ】

    同早しおりの最終ページにあったクイズの答え。問題も付けときます。

    以上です。笑

     

    本当にありがとうございました。(2回目)

     

    ちゃんちゃん音符 −ENDー

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    同早交歓合宿 2017 3日目

    0

      こんにちは、絶賛就活モードで、記事を書いていると楽しかったときの記憶が蘇ってきて苦しんでいる前同早局長のスケルトンです。新体制は春会議に春合宿ともう動き始めている頃でしょうか? 苦労することもあると思いますが、頑張って下さい。

       

      それでは同早最終日始まります!!!

       

      11/5(日)

       

      3日目の朝ですが例年とは明らかに違う点がひとつ。

      上回生は寝不足ではないですし、1回生もお通夜みたいな顔ではなく、いつも通りの感じで朝の食卓についております。(なんでやろなー?)

       

      3日目のメインイベントは豪華景品がかかるフリーラン、上位を狙う人を中心に朝から闘争心が溢れ出しております。

       

      朝ご飯を食べ終え、いよいよ最終日出発します!(ここまで写真なし)

       

      談笑中の4回生。本日もサポートお願いしますお辞儀


      まずはフリーラン峠を目指して北上します。

      3日目も天気は良好です。ただダム沿いのせいかとてつもなく寒かった記憶があります。

       

      10km程、くだり基調の道とダム沿いのアップダウンをこなしたところでFRスタート地点に着きます。

       

      FR準備中。マットを使ってガチでアップしてるやべー奴がいますね笑

       

      ちなみにこの道は国道でも県道でもないただの「白道」なので交通量の心配はほぼ皆無です。

       

      昨日のビンゴで当たった景品は装着・携帯しなければなりません笑


      高まる緊張感ドキドキ

       

      いよいよスタートです

       

      位置について、よーい、ドン

       

      がんばれよう(TKMだけに高見の見物)

      ゴールには4回生が待ち構えます

       

      私スケルトンはスターターを務めたため、上位陣の争いは見れなかったのですがまー激しかったそうです。

       

      1位はなんと、、、

       

      WCC4回生M本さん。

      坂好き峠好きの現役をぶち抜いて見事1位ですおめでとう

      夏からずっと走られていたと聞いてましたが… 速すぎるの一言ですね(現役情けなし)

       

      それ以下は紹介するのめんどいんで以下は写真で…

      続々とゴールします

      スパスパポーズタバコのIZ

       

      無事フリーラン終わりました。

       

      今回FRに使用した峠ですが、3.1kmで平均斜度が9.8%ということでここ最近の同早では一番しんどいFRになったのではないでしょうか。企画者の峠好きな性格が出てしまいしたね。

       

      ここからは昼食をとる予定である香嵐渓に向けて出発します。

      田舎道をくだり基調で進みます。

       

      そして時間で言うと1時間とちょっとぐらいで、、、

      香嵐渓とうちゃくです。

       

      東海地方イチの紅葉の名勝と言われていますが、季節がちょっと早かったようで、色付いていたのは1.5割ぐらいでした。(残念)

      広場的なところがありましたが、めちゃ混んでいたので川沿いでお弁当を食べることになりましたお弁当

       

      記念撮影もぱちりカメラ

      その後30分程、自由時間にしました。

       

      そしてFRも昼食も終えた一行はいよいよゴールである大都会名古屋を目指します。

      香嵐渓から名古屋の中心部までは50kmほどですが、何せ愛知は車大国。交通量が多いので、ルート作成は大変でした。香嵐渓以降のルートは交通量をできるだけ避けた企画者渾身のルートとなっております。

       

      だいぶ打ち解けてきたかな?

       

      いい雰囲気の道ですね

      なぜならそれはダートだからです笑 

      ダートで逝くI先輩

       

      名古屋はもうすぐです

       

      もう都会の中って感じ。

       

      そして、、、

       

      とうちゃーーーく!

       

      無事18時前にゴールしました。数名は翌日の授業のために帰京しましたが、意外と宿泊組が多かったのでありがたかったです。

       

      豪華な夕飯をいただき、3日間の合宿を振り返ります。

      4回生の方々。 サポートありがとうございました。

       

      3回生。何名かイッちゃってますね笑。

      (放送コードぎりぎりの写真でしたが載っけてしまいました笑)

       

      宴会は多いに盛り上がりましたとさ

       

      そして、、、

      場所を変えまして、本日行われたフリーランの順位発表です。豪華景品は誰の手に!

       


      豪華な景品でしたね(適当)

       

      これにて同早交歓合宿は無事終了しました!

      天候にも恵まれ、最高な3日間でした! 早稲田の皆さんありがとうございました。

       

      因みにアフターの記事もすぐにあげますので、お楽しみに。


      暗峠ラン2018

      0

        新年初投稿です! あけましておめでとうございま…
        えっ…もう2月なってる…

        っていうのをやろうとしてたけど初投稿を同早2日目にとられました。
        まあ、結局やってるんですけどね(笑)

        同早すでに懐かしい。
        記事で書かれてるビンゴの準備を主幹のスケルトンと一緒にやってた前同早局長(当時)で老害のM田です。
        授業中に企画してたのはいい思い出(笑)だし、面白くしようとした企画でみんな楽しんでくれたみたいだったのが企画冥利に尽きましたね。
        写真だと景品わかりにくいので、是非とも3日目記事で企画の結晶である景品リストの写真でも添付してほしいな、と注文したいくらい(老害)

        とこんな風に懐古心に浸って同早の話を始めるとそれだけで記事一つ書けそうなんですが…
        今回の本題は、なかなか進まない僕の個ツア北海道の続き
        …ではなく、
        毎年恒例!元日暗峠ランの模様をお届けしたいと思います!
        暗峠ラン記事が新年初投稿を奪われるなんて不覚…


        -2018年1月1日午前5時40分頃-

        年明けてCDTVみて、自走してきたらあっという間だったくらいの早朝から、

        もはやお馴染みの新石切駅周辺のコンビニに集まる面々…

        …わかりますか?
        これ昨年の暗峠ラン前の写真です。
        今回は暗峠の頂上までの写真が手元になかったので、途中まで代用します。

        雰囲気だけ感じてください。

        もはや公式行事と同じく毎年欠かさず行われているからご存知とは思いますが、知らない人のために一応、説明しておきましょう。

        暗峠ラン」とは、元日の早朝に大阪や奈良などが実家のDCC部員が集まって、生駒山地にかかる国道(酷道)308号、暗峠を大阪側から登り、初日の出を見ることを目指す行事である。
        過去のブログを見ていると、初日の出が目的でなく1月初旬に暗峠を登るランが行われたのが2012年で、初日の出を見に元日の早朝から登るようになったのはその翌年からみたいですね。
        正確には今年で第6回というべきなのか、7回なのかどっちなんでしょうね?

        コンビニでは自転車組が集合して、少し住宅街を登ったところにある近鉄額田駅で徒歩組と合流。
        こんな風に自転車と徒歩が変わらないというのが暗峠の凄いところです。

        さて、では今年の暗峠に挑むメンバーを紹介致しましょう。
        ・OB(50代)
        TKDさん(自転車)…大阪代表。暗峠ラン創始者。暗峠を知り尽くしている
        ナルナルさん(徒歩)…大阪代表。暗峠ラン創始者。もちろん暗峠ランは皆勤
        ひがしさん(徒歩)…奈良代表。2年ぶりの参戦
        ・OB(51代)
        Uさん(徒歩)…奈良代表。4年連続。今年はついに徒歩組に
        ・4回生(53代)
        M田(自転車からの−)…大阪代表。4年連続。暗峠はトータル6回目
        ・3回生(54代)
        へかにゆよ(自転車)…京都代表。元副将。2年ぶり
        スケルトン(自転車)…兵庫代表。元主将。初参加だが暗峠は経験あり
        メリッサ(自転車)…神奈川代表。初参加で暗峠自体が初めて

        (都道府県は実家の所在地)


        毎年OBの方も参加されてますね。現役で参加してた方がOBになっていってるという方が正しいか。
        そして昨年は現役部員が僕だけだったものの今年は3回生が3人も参加してくれました!

        参加者全員が自分の代を終えた3回生以上というのは昨年同様だったけど現役の人数増えてよかった…

        そんなこんなでスタート。

        昨年はこんな感じですっかり明るくなりつつあったものの、今年はまだ暗かったですね。それが普通。

        そのあとの動向はちょっとわからないんですよ。
        いつもは先頭を行く人と徒歩組の間くらいで適度に自転車に乗って、大半押してという感じだったんですが、

        今年はなんと…

        ディレーラーハンガー折れたんですよ!


        しかもスタートからわずか50m程度。超序盤にしてリタイア確定。

        なので戻ってスタート地点付近で自転車を放置して、急遽徒歩組に変更。
        その間に徒歩組の人も結構進んでいて、追いつくまでに軽く走っては斜度きつすぎて速攻息切れてました。
        自転車乗りながらだとこんな斜度は徒歩の方が楽かもしれないとか思ったけど、実際にバックパック背負って全部歩くの相当つらかったです。

        なんとか最後尾に追いつくと、徒歩組の方と初の暗峠に心折られたメリッサが。
        昨年のK地さんも同じようなことを仰ってましたが、暗峠がやばいとは聞いていても実際に初めて登ってみると想像の上を行くみたいですね。
        僕の初めての暗峠はもう4年近くも前だからそんな感情忘れてしまったよ。

        暗峠の誇る瞬間最高斜度31%区間ではチャレンジを煽って、壁の勾配に阻まれたメリッサの写真を撮ったはずなんだけど靄がかかってて使えるものじゃなかった。すまんな。
        さらにそのあとはもう少しで乗れるくらいの斜度になるからと教えてあげたけど、適当なこと言いやがってと思われていたことでしょう。心外です(笑)

        あと徒歩組はOBの社会人の方ばかりなので、社会人の現実トークが隣で繰り広げられてて、今年から社会人の僕にも飛び火はきてました。おそろしい…
        そんなこともありつつ、徒歩だといつもよりさらに長く思える道を歩いて、ようやく暗峠の頂上へ。
        先頭を行った人たちの模様は詳しく知らないですが、聞いたところによると現役の中でも精鋭であるへかにゆよスケルトンを振り切ってゴールしたのは暗峠を知り尽くすTKDさんだったそう。
        TKDさんいわく、暗峠は斜度のきつい区間を押す判断がタイムを上げるために大事とのことです。

        さすが登った回数の経験値が違う。


        ようやくここから今年の写真。
        やっぱり初日の出では人の多い信貴山スカイラインで待機。


        そして…




        今年も初日の出見られました!
        しかも、事前のニュースでは三が日に寒波が…と聞いていて、3年前の極寒の暗峠ランがフラッシュバックしてましたが、実際には運動すると体が温まるくらいの適度な寒さでいい感じでした。

        で、昨年OBのはっせさんの手によって主流となった自撮りで今年も集合写真。




        うーん…全部TKDさんひがしさんが見切れてしまってますね…
        とりあえず全部載せてみましたが…
        最後のやつが辛うじてという感じ。
        やはり自撮りのスペシャリストことはっせさんがいないと大人数で自撮りの集合写真は難しいのかな?


        (ちなみにこれが昨年のクオリティ。神々しい)

        そして帰りは歩きだと下りが登り以上にきつい。MTBだとゆっくり乗って下れるから倍きつく感じる。

        (結論)個人的には徒歩より自転車の方がいいと思いました。

        ふもとまで下ると、へかにゆよメリッサはイヤホンの初売りでも見に行く(もちろん自走)ということで難波へ。
        スケルトンはこのあと家族と四国へ向かうため、Uさんは奈良側へ帰るためにそれぞれ車での回収を待つみたい。

        僕も自転車がどうしようもないので新年早々から親に車で回収してもらうことに。
        待ってる時間で3つ上のOBの3人の方と石切神社へ…行ったものの人が多すぎて断念。
        でも出店でTKDさんにフランクフルトを買ってもらいました。4回生(卒業間近)になってまで奢っていただける機会があるとは。

        ひがしさんはそこから駅まで歩いて帰られ、TKDさんナルナルさんと僕は新石切駅まで戻ってきました。
        近くのコンビニでいろいろお話ししながら待ってたので全然退屈じゃなかったですね。

        本当にありがとうございました。

        で、親に来てもらってそこからなぜか自分で運転して帰りました。おしまい。

         

        (ちなみにそれから1か月経った2月初旬、僕のMTBはとりあえず復活しました)

         

         

        最後に…

        昨年も同じこと書きましたが、この老害ばかりになっていく暗峠ラン。

        ついに今年の活動学年となる現1回生と2回生はまだ暗峠ラン参加したことある人いないんですよね。

        というか暗峠登ったことある人もいたっけ?

         

        DCCにこの激坂・暗峠が語り継いでいかれるよう、峠大好きな人はチャレンジしてほしいな。

        そして、僕たちはおそらく来年も暗峠ランを続けていくだろうと思うので、年始に関西に居て暇な人はぜひ遊びに来てください。

        それではまた来年も無事に暗峠ランが開催されることを願って。

        今年も一年、よろしくお願いします!(もう2月だけど)


        同早交歓合宿 2017 2日目

        0

          今更ですがあけましておめでとうございます。(そしてこんばんは) 

           

          前同早局長代行のスケルトンです。新年1発目の記事は同早2017です。(遅くなって申し訳ない) 次の新入生もこのブログを参考に新歓するのかと思い、気合いを入れすぎてDCCブログ史上、最長の記事になってしまいました。まあそれだけ同早が楽しかったってことですね。本当に長いですが、最後までお付き合い願います。

           

          11/4(土)

          毎年恒例の2日目合流がないので変な感じがしますが、各自準備を進めていきます。

          まだ眠そうなWCC1回生。配給列に並んでいます。

          食堂の方に昼食のお弁当をもらって出発します。(お世話になりました。)

           

          いよいよ2日目スタートします!

           

          WCC4回生のサポートのH田さんとHさん。調子良さげですが、数時間後このシエンタがやらかすことにはなるとはつゆしらず…

           

          まずは雰囲気ある森の中を疾走していきます。

          すぐ幹線道路に出て北上し、

           

          峠の入り口にとうちゃーく(定期)

          ここからちょいと登ります山

          ゆるゆると

           

          峠の途中に本日1つ目の見どころである四谷千枚田が右手に見えます。

           

          棚田の中を突っ切りながらのぼっていきます。

           

          そして、、、

           

           

          じゃーん(頂上の展望台からの1枚)

           

          今回の四谷千枚田は下からと、のぼっている途中に中腹からと、そして展望台からと3パターンの角度から棚田を見ることができ、良かったです。

           

          ここでDCC前主将のKさんも合流です!(全員集合)

           

           

          展望台で十分休憩を取ったら、後半はいよいよ標高1000mの山岳ポイントが待ち構えます!

           

          棚田のあった峠を越え、10kmほど進み、

          メシにします弁当(道路の路肩)←それほど何も無いんです奥三河…

           

          メシの後はアップダウンを繰り返しながら(入念なウォーミングアップは必要悪だよね)、2日目メインの峠を目指します。

           

          峠の入り口直前にあった村役場的な所で休憩していたとき、WCCが「意識低い系ドリンク」と呼んでいる缶ジュースの話題で盛り上がりました。ちなみに1、2班はほぼ全員飲んでました笑。

          これが「意識低い系ドリンク」だそうです笑(CMキャラクター:N元)

           

          しっかり休憩を取り、標高1000mを目指します。


          のぼるーのぼるーおれーたーち♪♬

           

          ちなみにこの峠は5kmほどありましたが、斜度はゆるく、喋りながらのぼってたらすぐ終わりました(たぶん)

           

          あと少しやー!!

          ごぉ〜、え?、ごーるだよね?なんも見えないんですけど(苦笑)

           

          まだ3、4班が来ていないので記念撮影までに晴れることを祈りながら待ちます。

          さむい、さむすぎる

           

          それもそのはず、標高約1050mで吹きさらしの風力発電所なので余計に寒いです。(しかも11月)

           

          4回生の方はサポートカーでぬくぬくしてました。

          体を抱き寄せ温め合います(意味深)

           

          3、4班がなかなか来ないので1、2班は凍え死んでました。

           

          しかも3班か4班が純粋なメカトラで遅れるとのこと。←純粋じゃないメカトラって何だ?(すっとぼけ

           

          そんな訳で突然ですが、今回我々をサポートしてくださったサポートカーのラッピングをご紹介します。4回生渾身の傑作です。

          【DCCサポートカー ハイエース】

          【WCCサポートカー シエンタ】

          2台とも写真が1枚ずつ撮れてませんでした。

           

          サポートカーのラッピング紹介が終わっても、まだ来ないほど3、4班が遅いので死者が続出します。↓

           

          そして待つこと40分、

          やっと来たぁー

          変な格好の奴がいますねぇ、昔の自分を見ているようだ。

           

          そして3、4班が着いた瞬間、、、

           

          お!? 

          おおっ!!

          晴れたーー!!(行事企画者もこのガッツポーズガッツポーズ

           

          先行部隊が着いたときは濃霧の中でしたが、なんと奇跡的に晴れたのです。

          3、4班に晴れ男でもいるのかな

           

          無事記念撮影できました!

           

          叫びたくなるよね

          驚かしたくなるよね

          ポーズ決めたくなるよね(このポーズの元ネタをおれは知らない)

           

          とにかく晴れて、最高でした! ここでエール交換したかった(2回目)

           

          あとはくだって宿に向かうのみ。

           

          宿は展望台からくだること30分ぐらいで着きました。2日目連続でナイトラン回避です。

           

          あとは夕ご飯を食べて、

           

          何がはじまるのかなーー??

           

          「ビンゴしまーす矢印上」 企画者は私スケルトンと前同早局長M田さん!

           

          ここからはビンゴの様子を写真28連発でご紹介します。当たった順です。(長くてごめん)






          ビリは植物活力液を見事当てたT川でした笑

           

          今回のビンゴのコンセプトは3日目のFRで景品を貰える人はほんの少しだから、全員に何かしらの景品を持って帰ってもらおうという⊂絨命悗暴鼎蠅行くことを望み、マンネリ化しつつあるFRの順位をかき回す でした。上位陣は割と良い景品でしたが、下位陣はただの重しです笑。もちろんこの景品は3日目のFRが終わるまで捨ててはいけないという縛りでした。

           

          今回のビンゴの景品はM田さんとふたりで100均、ホームセンター、古本屋などを駆け回って集めたものです。あまりの景品の多さに序列をつけるのに苦労しましたが、公企業論・現代企業論・中小企業論の授業中にM田さんと笑いながら作業していたのもいい思い出です。ありがとうございましたおじぎ

           

          多いにビンゴで盛り上がり、2日目は終了です。

           

          さあ明日はメインイベントFR! 頑張るぞーー!

           

          <次回予告>決戦!フリーラン! 大都市名古屋に無事たどり着けたのか!?


          なだれ込み(北海道班1日目)

          0
            なだれ込みがもう4ヶ月以上前のことなのかと驚愕しています。MKNです。

            振り返ること8/11、一同(約1名を除く→後々説明)は小樽駅に集合したのであった。ちなみに4回生のM田先輩がいたので写真を撮ってもらえました!
            その後は目的地月形を目指し、2017年度のなだれ込みをいよいよ開始!
            広い道路に開けた景色を見つつチャリを走らせる一行(見慣れた高校名と同じ橋もありました。)
            走り続けること数時間、ようやく「北海道はでっかいどう」を知る一行。走れど走れどコンビニどころか信号すらなかったのである…
            そして貴重なお水を無駄にするMKN
            目的地に着き、温泉に入りどっと疲れが出てしまったのか、横になって微動だにしなくなったTNK
            その後は恒例のDCC鍋を作り、みんなで仲良く川の字で寝ましたとさ!(ちなみに食事中にキツネが横を通りました。)


            categories

                    

            recent comment

                     

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>

            selected entries

            archives

                    

            PR

            recent trackback

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM