スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    なだれこみ2011 信州班 二日目

    0
       みなさ〜ん

      新年あけましておめでとうございます

      今年もどうぞよろしくお願いいたします



      昨日に引き続き私、江頭がなだれこみの更新をしたいと思います。 




      ルート等については前回更新した以下のURLを参考にしてね
      http://dcc.jugem.jp/?eid=300





      /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

      8月13日灼熱の太陽の下で



      前日、僕たちが寝ていた空き地  TK姿勢よすぎやろ^^



      朝7:30くらいに僕たちは旅たった

      今日のCLはあの、TK



      スタートしてからは富士山西側の道。緩やかな坂が続く。

      そして、ペダルを回す、回す、回す。速度計29km/h ! 

      これはやばい、かもしれない!  

      スタート直後はなかなかのハイテンションだった僕らだが、走り始めてから10分足らずで

      次第に口数も少なっていく僕ら。


      しかもこの日に限って夏っぽく気温も相当高い。

      「あちぃねぇー」

      ・・・



      そして、スタート15分ほどから昨日元気に富士山を上っていたI東に

      異変が訪れる。


      おそらくその時の走行順は Tk→I→Y→K→E って感じだったんだけども

      なんかtkとIとの距離がだんだん開き始める。

      おやこれはおかしいぞってことで、その時の写真がこちら



      今のI東からは想像もできない程しんどそうです



      そのまま走り続けること30分。ついにI東は熱中症により倒れたのであった。

      そんときTkは先にある自販機でドリンクを買ってきてくれたのであった。


      聞くとこによるとI東は日光に弱く、太陽があると走れなくなるらしい。

      さすがドラキュラ




      時間は経ち、数時間後


      この写真を見てもらいたい。




      大雨のなかなんなんだこのテンションは!!!


      まるでさっきのダウンが嘘のように上機嫌なI東であった。



      そして、温泉へ




      悲しいことに、K中はここの温泉の脱衣所で財布を盗まれてしまったのであった。


      ドンマイ、K中!


      夕飯は近くの、道の駅で鍋!





      心なしか、K中氏の元気がないように見えるぜぇ



      最後に、某Y氏の粗相を。。。




      二回生にI之瀬がいなくてよかったな!!!!



      ということで、今回の更新はここまで





      ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

      予告

      熱中症にも負けず、無事目的地に到達することができた僕ら

      今日この日は何のための移動だったのか、

      明日その全貌をしることとなる。

      次回



      次回もお楽しみに!!



      なだれこみ2011 信州班 一日目

      0

         みなさんこんにちは!

        昨日の夜中実家に帰り、駅での気温表示「-6℃」に若干ひき地味だったエガこと江頭です。落ちはありません。



        前回の更新からなかなか時間がたってしまったようですが、今回からなだれこみの詳細を書いていきたいと思います  

        一応、なだれこみの前半を私、後半をTKがやっていくことになっており、そろそろTKから怒りの鉄槌が来るのではないかとピクピクもとい、ビクビクしてる状況から更新を始めさせていただきます。




        尚、ルート等については前回更新した以下のURLを参考にしてね
        http://dcc.jugem.jp/?eid=300


        ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


        8月12日(いざ、富士山へ)

        御殿場発!!



        ここから私たちのなだれこみは始まったあっぁぁ 


        皆様にはこの一回生の満面の笑みをよくよく記憶してもらいたい。

        数時間後あるものから完全に笑顔が消えうせることになる。

        そしてなだれこみが終わるときに気付くであろう、彼らの成長の記録が!




        当初の出発予定時間は朝の7時半だったのですが、

        I東のキャリアが前日に破損!しそれを直してもらっていたので

        予定より3時間押しの朝10時半となりました。


        この時点ではTKとショートカットルートにしようかと言っていたような気がします。



        さて、富士山を登り始めると左右に米軍、そして終わりの見えないまっすぐな坂が続きます。



        そしてその坂を上り続けること2時間半やっとその坂がおわり

        右への分岐ルートでやっと五合目までいける峠が現れました



        峠を上り続けること一時間ほど突如

        「死ぬ!しぬ〜〜〜〜〜!!!! うぇっ!!!!」

        と叫び声がします、


        「そこの曲がり角曲がったらもうゴールだから!!!」

        私はすかさずその日何回言ったかわからない言葉を口にします。



        そうこうしているうちに本物のゴールが見えてきました。

        一緒に走っていたK中とY川にも力が入り、最後の挑戦ではデッドヒートをくりひろげておりました。


        ちなみにTKはみなさんの予想通りとして、I東も元気が有り余っていたため

        私たちを置いてズンズン先を走っておりました。 速すぎ和露多




        そして、富士山五合目でパシャリ

        I東の爽やかな笑顔と引き換えに、K中・Y川からは完全に笑顔が消え失せていますwwww




        その後は富士山を下るばかり。1時間くらいは下ってた気がしますね。

        下りきったとこにあったファミマで夕飯を済ませ、近くの温泉に入り、その前の空き地で野宿です。



        こんな感じで、一日目の更新を終わらせたいと思います。



        /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

        予告

        無事に富士山五合目まで走りきった私たち。

        明日は完全移動日。

        楽に行けると思っていた私たちだが、そこに魔の手が忍び寄る!

        ピンピンしていた、I東にいったい何が!??

        次回


        この次も、サービス、サービスぅ〜


        なだれこみ中越班? 3日目

        1
        • dcc
          2011-12-23 16:32:50


        ブログがめっちゃ変わってますね

        O野さん、お疲れ様です ありがとうございます



        〜side N〜

        冬休みキタ━━━(゚∀゚)━━━!!

        ってなわけで大分長い間サボっていたなだれこみの行事報告いきまーす

        まだ土曜・月曜ある負け組人もゆっくりしていってね


        この日は早めに起きて、近くにあったコンビニで朝ごはんを済ましちゃいます
        (ちなみにセ〇イレではないw)

        出発! と思いきや、前日から異音を出していたTKDのからし君を見てみると
        こんなことになっていました…


        なんかハカセが「こんなの見たことないよー!」って朝からテンションが
        えらく高かったのだけ覚えてますww

        ってかこの状態で前日ダートを登っていたのに、大丈夫だったからし君がスゴイよね


        まぁ何とか直してもらって出発です

        なかなか良い天気で、スキー場が多くある所なので景色もGoodです


        途中コンビニで休憩したんですが、お金を使うたびにTKDがメモっていて感心感心



        お昼ご飯は、越後湯沢のあたりで有名なそば屋さん「中野屋」に行こうと思ったのに
        人がいっぱい並んでいて仕方なく近くの喫茶店へ

        みんな暑さとかでおつかれです   


        三国峠という峠を超えると新潟県とは、しばしのお別れです

        え?どこに入ったかって?  GUNNMAです

        入る前から散々バカにしていたせいか、本当に入った途端に雨が降り始めました

        これが不思議な力というやつなのでしょうか、おそるべしGUNNMA

        この日は、入って少し行ったトコにある道の駅「たくみの里」でお泊りです

        今なだれこみでは珍しくきちんと自炊した日でした


        今までの道の駅と違って、近くに自販機も明かりもなく、ただ駐車場とトイレが
        あるだけっていうさびしい所でした


        これで3日目はおしまい

        次回 「秘湯KUSATSUと優しき人々」 お楽しみに



        第49代主将選

        1
        • dcc
          2011-12-20 07:44:42

        忘年会お疲れ様です!! 高級中華美味かった・・・!! 記憶が殆ど無いけど、たぶん美味かった・・・!!  おのです。


        さて、遅くなりましたが先日行われた主将選の報告です。



        感慨ひとしおで字も震える現副将


        緊張感あふれる立候補者たち (と、横顔もドヤ顔のモツ)


        議事録にたかるその他諸々。


        ちょっと休憩、昼飯時…

        500円だと思ったら1000円取られましたよ。」信頼と実績のT橋。
        そんなもんどこで買ってきたんだ・・・








        例年通り、真剣な質疑応答が日暮れまで続きます。





        そして激戦の末第49代同志社サイクリングクラブの三役が決定!!

        主将:小林 大地
        副将:野田 直人
        会計:遠藤 遼一



        来年は任せたぞ!!ガンバレヨ〜!!



        そしてみんなで。



        2011年度OBラン

        0
          渉外局の角口です。
           2011年10月22−23日にOBの皆さんに京北・美山に連れて行っていただきました。
          現役8名、OBさん13名の参加でした。


          今回から初めて体力差でソフトコースとハードコースに分かれることになったのですが、現役生はハードに強制参加…ということでどうなることやらと思われましたが、全員なんとか完走できました。予報では大雨といわれていた天候も宿到着までなんとかもったところもよかったです。

          一日目のコースは京見峠から栗尾峠を越えスーパーのサンダイコーで昼食。ここからソフトはそのまま宿へ(しかしここから30kmもあった)、ハードは立ち入り〇止のゲートを越え林道へ。ハードはここから宿まで直線距離3kmと言われあなどっていましたが、隠された長大なダートにびっくりさせられました。

          実はWCCのOBさんも参加されており、宿ではシメにエール交換をし、DCC・WCCの長い交流の歴史にあらためて感動しました。



          宿泊した宿「ハリマ屋」の前にて

          こちらでいただいたお食事は表現できないほどの絶品!さらに個人的には茶菓子のクッキーとよもぎケーキはお取り寄せしたくなるほどでした。ここの料理が食べたくて参加されたOBさんもいらっしゃったぐらいです。参加しなかった現役生よ嘆くがよい…。


          二日目最初の林道が始まるゲート前で(OBさんの前でひどい態度なのが約1名)

          二日目のコースはとにかく林道でした。途中、あんまりはやくつきすぎたとのことで未知なるボーナスステージにいざなわれ、モルモット化した一斑は道なき道を発見、その後一同は激しく荒れた下りのダートに遭遇しました。急なコース変更にも関わらずかなり下りがいのあるダートでした。

          そこから昼食をとってから花背峠を裏から上る道中の集落に、OBさんのお知り合いのおうちがあるとのことで寄せてもらいました。そちらのご主人は、なんと花背山の家等のオーナーさんで、飲み物をふるまっていただきました。

          などなど、色々あったOBランでしたが、現役にはできないようなことばかり体験できました。
          今の現役生が何気なく楽しんでいるトレ、行事、そして宴会・・・すべてOBのみなさんなくして存在しえません。DCCの礎を脈々と受け継いできてくださったOBさんたちのおかげです。来年度以降、より積極的な現役生の参加を願ってやみません。










          categories

                  

          recent comment

                   

          calendar

          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          2930     
          << September 2019 >>

          selected entries

          archives

                  

          PR

          recent trackback

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM