スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    なだれこみ 九州・四国班 

    0
      2日目
      6時に起床した九州班は、小雨に悩まされながらも予定通り出発となった。…というところで、山内が自転車の鍵を紛失してしまった。鍵をかけっぱなしだったので僕がラジオペンチで30分ほど格闘し、何とかはずれた。このことでテンションがだだ下がりになった僕はCLを山本に任せることに。ちなみに2日目のコースは、道の駅小国をずっと真っ直ぐ南下し、大観峰を通り過ぎ、更に南下して阿蘇山に登るという猿でも分かるコースだったため山本でも大丈夫だろうと確信してCLを任せたのであった。

      ところが事前に
      大観峰で記念撮影しようと何度も言っていたのに、山本が大観峰を華麗にスルーしていったのに業を煮やして、以後CLは全日程僕が担当することに。

      そんなこんなで阿蘇山を登ることに。山本が阿蘇山登るのに5時間は絶対かかるなど言っていたため皆恐怖していたが、実際は2時間足らずで登ることが出来た。これからは山本の話は適当に聞き流そうと思った瞬間であった。
      阿蘇山は自由ランで登ることとした。ここらで上回生としての意地をみせてやろうじゃないの、と意気込んでいた僕と山本であったが、結果はまあお分かりだと思うが、惨敗、です。
      この日のことがショックで二度と自由ランなどしないと誓った2回生であった。

      阿蘇山登頂の途中にて 可愛らしいですね  



      山頂付近 霧で前が見えねェ

      火口へは阿蘇山ロープウェイを使うことに
      阿蘇山の雄大さを前にして、そしてたくさんの観光客を前にして昼食を摂ることにした。食購で買ったのを食べるんじゃなく、普通にレストランがあったからそっちで食べればよかった…。今思い出しても恥ずかしい。どんな判断だ、と今では思う。


      阿蘇山 火口 そんなに硫黄臭くはなかった

      火口にて記念撮影 手に持っている昼食をここで食べました

      記念撮影を終えた後、皆疲労していたので1時間ほど休憩をはさみ出発した。
      阿蘇山を下り「四季の森」というところで入浴し、本日のお宿を決めることに。
      これが中々難航したため、夕食を作るのが6時、7時ほどになってしまった。
      その日はざるそばとごぼ天丼を食べた。ごぼ天で普通にご飯を食べる予定だったのだが、そばつゆが余っていたため、そばつゆとご飯を混ぜたところ、中々美味なことが判明したため急遽ごぼ天丼となったのである。

      夕食時の一風景

      2日目から蚊取り線香を導入し、四方に結界を張ったため快適に眠ることができた
      これにて2日目終了

      2010年 6月ラン琵琶湖

      0
        香川です。遅くなりましたが6月ラン琵琶湖の報告です。サボタージュしててすみません。

        6月12日
        午後2時にBOX集合後出発!(出発写真撮ってません…)
        その後山中越えで大津へ。阿呆のような熱気と糞ほど多い交通量とクズほど狭い道に苦しめられました。


        ↑比叡平のコンビニで疲弊している一行

        その後一気に下り琵琶湖西岸を北上しました。いやー快走でした。

        ↑琵琶湖大橋をバックに

        そして、公園で夕食作り。「やっぱりカレーでしょ」ということで、市之瀬料理長の指揮の下、見事なカレーが出来上がりました。
        (そしてここでも写真撮ってません…申し訳ないです)

        その後中島氏の提案で花火大会を決行!!


        ↑口で花火を咥える特技を披露した野田

        ↑それに負けじと花火を咥える足立

        ↑他の皆を尻目にマグナムをぶっ放そうとする市之瀬

        盛大に楽しんだ後、この日は就寝しました。

        6月13日
        深夜に我々以上にマグナムをぶっ放す方々がいらっしゃった関係で、皆あまり寝られなかったようです。(自分はよく眠れました。)朝食は、6月ラン天橋立参加者からリベンジ(失敗したそうです)したいという希望があり素麺でした。もちろん、市之瀬料理長のもと、美味しくいただきました。
        出発まで時間があったので早朝の爽やかな琵琶湖を満喫しました。


        ↑浜辺で青春を謳歌する一行

        ↑はしゃぐ2回生(昨年の6月ラン天橋立参照)

        ↑野田による行事報告

        ↑市之瀬と野田の共同作品「泥団子」

        ↑顔を描く市之瀬


        ↑ダムを建設中の吉村

        そして琵琶湖沿いをのんびり走りながら彦根を目指します。
        やっぱり琵琶湖沿いは気持ちいいですね!!
        そして若干気持ちの悪い雨が降ってきたところで、国宝彦根城へ到着です。


        ↑天守閣をバックに

        ↑ひこにゃんを称える会
         
         彦根城を見学した後、昼食を食べに行ったのですが、前日の深夜のマグナムによる騒音で寝られなかった一回生の生命維持機能が悲鳴をあげたのか、注文と同時に就寝。
         この後彦根城博物館へ生ひこにゃんを見に行き、最前列で死ぬほど大量のひこにゃんの生写真を撮影しました。それを載せるとひこにゃんの独壇場となってしまうので見たい方は直接お申し付けください。


        ↑疲労困憊により食事を目の前にしながら意識を喪失した市之瀬と吉村

        ↑疲労困憊により食事を目の前にしながら意識を喪失した足立と野田

        そして1回生の輪行の速さに驚かされつつ、帰宅の途につきました。

        参加してくれた1回生の皆さん!そして中島!ありがとうございました!!

        それではテスト頑張りましょう!!

        6月ラン小豆島 2010 2日目後半・3日目

        0

          どうもです。サブリーの角口がまた書きます。

          2日目(後半)
                                  かんかけい
          小豆島に着いた一行が目指すは奇勝、寒霞渓!!
          地図を見る限り、結構登りが続いていたので自由ランにしたのだが、なんとその坂
          10km超800mUPという当初の想像を絶するものだった。足立と山内は「ガチで走ります」と言って颯爽と登っていったが、その長さにびっくりしたようだ。角口も後から追いけたが、登りに1時間半かかった。
          とにかく、景色がよかった。日本三大渓谷美に選ばれているだけある。
          2010_0619_133900-DSCN0483.JPG
          もうかんべんして〜って声が聞こえてきそう。

          でも、登り切った時の達成感はすごかったね。また山に登りたくなったでしょ。

          2010_0619_113757-DSCN0451.JPG
          山頂付近で記念写真。霧がすごかった。今、雲の中にはいってるのかな?

          少し登ったところにレストラン発見!お昼にしました。
          2010_0619_114954-DSCN0460.JPG
          やっと着いたぞ〜!10時に自由ラン開始したのにもう12時。

          2010_0619_115636-DSCN0468.JPG
          近くの(総工費)一億円トイレではしゃぐ男子。

          2010_0619_122510-DSCN0475.JPG
          みんなで名物のそうめんを食べた。山内だけカツカレー食ってたけど…。
          2010_0619_130500-DSCN0481.JPG
          名産オリーブソフトをいただく。やっぱうまし。
          2010_0619_130520-DSCN0482.JPG
          「オリーブソフト」と「完熟オリーブソフト」
          の違いはいまいちわからなかった。

          お腹がいっぱいになったら、後はひたすら下りだった。登ったぶん、下りも半端なく長かった。なんと30分ぐらい下った。

          そして、山を抜けると…。
          海だ〜!!

          予報とはうってかわって良いお天気に。太陽さんさん。ってことは…?
          2010_0619_144418-DSCN0495.JPG
          海に入っちゃいました!
          2010_0619_150648-DSCN0506.JPG
          恒例の歌唱指導。

          久しぶりに海でおよいで気持ちよかった〜。途中現れたぷにぷにのくらげさんにもお世話になりました

          十分海を満喫したあとは、ビーチの隣のサン・オリーブ温泉でゆっくり疲れをいやした。
          2010_0619_154455-DSCN0534.JPG
          しかし温泉UPが半端なかった。

          温泉の受付の人に、すぐ近くに東屋があり、テントを張れるところがあると教えていただいた。本当に目と鼻の先だったので非常にラッキーだった。「小豆島オリーブ公園」といって、とてもきれいなところで、温泉をふくめたその一帯が大きな施設だったようだが、無料で野宿させていただいた。ありがとうございました。

          2010_0619_200311-DSCN0549.JPG
          晩御飯はキムチ鍋。うわ〜、おいしそう!
          2010_0619_201438-DSCN0554.JPG
          一回生は進んでごはんをよそってくれた。みんなほんとに気のきく子ばかり!

          この日はいろいろなことがあり疲れたので、10時には就寝した。女子の4テンはぐっすり眠れたが、男子の6テンは虫が入ってきて大変だったようである。どちらにせよ常盤先輩はよく眠れたようだ!

          3日目
          この日は5時に起床。朝ごはんは冷やしうどん白米だった。どこかで聞いたことがあるような?
          常盤先輩、何ですかこの組み合わせは!!

          朝からサッカーの結果(?)を気にする足立

          2010_0620_061433-DSCN0584.JPG
          おかずが無いので苦戦する一同。

          ここから元のフェリー乗り場まで20キロ。小さな峠が二つある程度で、次のフェリーの出発まで二時間を残した余裕の到着。ここでまたソフトクリームを食べ、我々は小豆島を後にしたのである。
          2010_0620_083457-DSCN0594.JPG
          この日もけっこう暑かった。あとちょっとだ、がんばれ!

          2010_0620_093025-DSCN0601.JPG
          普通よりかなり濃厚なバニラソフト。

          2010_0620_093032-DSCN0602.JPG
          ここまで帰ってこれて、ほlっとしたね。
          2010_0620_093045-DSCN0603.JPG
          姫路に着いてからはかなり弾丸でBOXになだれこんだ。

          自転車を片づけたあとは、出迎えてくださった鞠山さんと四条の中華でうちあげをした。ほっとしたのもあいまって、とてもおいしかったね!

          過酷な3日間を耐えてくれた一回生、お疲れ様でした!
          頼りないリーダーとサブリーについてきてくれて、本当に感謝しています。大変な事ばかりだったけど、日常をわすれる楽しい3日間だったとおもいます。
          あとは大したメカトラもなく、2日目以降は全く雨にも遭わず、運にも恵まれました。

          最後に、この長いツアーをほとんど一人で作り上げた
          常盤大先輩、お疲れ様!!


          6月ラン小豆島 2010 1日目・2日目前半

          0
            どうもです。また書きます、小豆島サブリーの角口です!!

            6月18日(金)〜20日(日)に、二泊三日で小豆島に行ってまいりました。
            今回は、1回生の中でもなかなかの精鋭が3名参加してくれ、かなりこゆい3日間でした。
            リーダーは
            常盤先輩、そして一回生の足立法橋山内、この5人にいったい何が待ち受けているのか!!

            1日目
            週間天気予報はなんと3日間雨という絶望的なものであったが、やるといったことはかならずやるのがDCC。1日目の夕方もひどいどしゃぶりだったが、かまわず出発!
            2010_0618_203421-DSCN0363.JPG
            出発写真。4回生の方々に見送っていただいた。

            2010_0618_195800-DSCN0358.JPG
            夕食は松乃屋が満員だったので馬馬虎虎へ。偶然下西さんもいらっしゃった。

            目も開けられない程の大雨の中、京都駅に到着。出発が遅かったので(私が5限まであったからです。お待たせしてスミマセン…)、電車に乗れたのは夜の10時を過ぎてからだった。
            12時ごろ、ようやく姫路
            に到着。幸いにも雨はやんでいた。

            2010_0618_235202-DSCN0371.JPG

            姫路駅で輪行解除。一回生もそろそろ輪行に慣れてきたね。
            2010_0619_004657-DSCN0376.JPG
            近くのコンビニで朝食の食購。常盤先輩もリーダーが板についてきた。

            ここから姫路港まであと30分!のはずが2時間ほどコースアウトしてしまった…。
            2010_0619_023302-DSCN0380.JPG
            準備不足を謝る常盤先輩。笑って許してくれた一回生の心の広さに感謝!

            コンビニの店員さんに道を聞き、3時過にようやく姫路港に到着。角口のチャリが途中パンクしてしまったが、幸いにもフェリー乗り場まであと50mのところだったのでことなきをえた。
            そして、切符売り場のひさしで野宿した。けっこう虫がいたみたいで、常盤先輩を除く、みんなあまりよく眠れなかったみたい…。


            2日目(前半)
            フェリーが来てしまうので、6時に起床。7時過ぎにはもうフェリーに乗っていた。
            2010_0619_060632-DSCN0384.JPG
            フェリー乗り場にて、パッキンの様子。

            2010_0619_073047-DSCN0399.JPG
            フェリーの甲板にて。風が心地よかった。

            2010_0619_074513-DSCN0413.JPG
            船内にて。1時間半の船旅であったが、揺れも少なくここではみんなよく眠れたみたい。

            そしてついに
            小豆島に上陸!!
            2010_0619_094306-DSCN0441.JPG
            左に見えるのは石切り場。大阪城の石垣もここで切り出されたとか。

            起伏が激しく、キツいコースだったが、一回生はみんながつがつついていってました。常盤先輩のCLがかなり速かったのに、驚き!
            ニ回生のはずの角口はちぎれちゃってました。トホホ…。
            2010_0619_094356-DSCN0443.JPG
            道沿いはずっと木が生い茂り自然いっぱいで、空気もおいしかった。

            続きは2日目後半へ!

            6月ラン天橋立2010

            0
               どうもです。天橋立リーダーの角口です!!

              5月29、30日に一泊二日で行ってまいりました。
              なんと一回生が七人も参加してくれて、にぎやかなツアーとなりました。

              一日目
              午後2時にボックス集合。しかし出発は4時過ぎとなってしまった。


              一班の面々で出発写真。どんなツアーとなるかワクワクだ!

              一回生の人数が多かったので、二編成とし、上回が4人で計11人という6月ランとは思えない異例の人数の多さだった。
              京都駅から西舞鶴まで2時間程度輪行し、温泉”光の湯”に到着するころにはもう9時をまわっていた。スーパーも閉まっていたので、夕食は缶詰と白米のみであった。それでもみんなおなかがすいていたので、かなりおいしく感じた。食べ物のありがたみがわかるね。


              吉村、輪行できてるか〜?


              温泉からあがったらみんなでソフトクリームを食べた。

              その後道の駅”舞鶴とれとれセンター”で自炊したが、食べ終わる頃には12時になっていた。まだまだ元気なみんなはそれから2時過ぎまでトランプ大富豪を楽しんだのであった。

              はんごう炊産の風景。五月下旬とは思えない寒さだった。

              二日目
              7時に起床。一班は朝食も自炊したのでなんと出発は9時半に。
              このとき、前日にスーパーで食購できなかったことがたたって朝食は白米そうめんという炭水化物コンビになってしまった。それでも自炊にこだわったリーダーをゆるしてね。でもこれがDCCだよ(?)


              道の駅からの走行風景。

              途中小さな峠が2つあったので自由ランにした。男の子は三人並んで一回生の仲の良さを感じた。

              そしてついに天橋立に到着!!みんながんばった!といってもそんなにきついコースではなかったけどね。

              名物”知恵の餅”をみんなで食べた。


              一班のお昼は海鮮丼であった。


              念願の天橋立の上を実際に走った。

               
              石碑と一緒にみんなで名物”股のぞき”をした。

              3時にはすぐ近くの天橋立駅から輪行。乗換後は二か所の連結部に9台を積み、かなりつらかったが一回生が頑張ってくれたおかげでなんとかぶじ京都駅に到着できた。


              ほっとした様子のおみー。

              何よりみんな無事に帰ってこれてよかったです。これもサブリーの山本くん、サポートの小野くん、セッキーのおかげです。そして参加してくれた一回生のみんな、ほんとうにありがとう!

              写真ばっかりになってしまいました。2班の写真のアップはよろしくお願いします。


              categories

                      

              recent comment

                       

              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              2930     
              << September 2019 >>

              selected entries

              archives

                      

              PR

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM