なだれこみ東北班12日目 日光〜宇都宮

0

    こんばんは、へかにゆよです。

    長期連載シリーズの東北班編も残すところ2回です。

    今回は自転車要素はほぼありません。

     

    2016年8月22日(月)

    夜中はあまりの豪雨&暴風でこの世の終わりかとも思われたが、幸い寝袋が濡れることはなく、

    朝7時頃には雨も上がって謎の晴れ間を見せていた。(昼頃に最接近するのに・・・!)

    この日は、予定ではいろは坂を登って中禅寺湖まで行ってから、引き返す形で日光東照宮を観光し、そのまま東に

    宇都宮まで行くことになっていましたが、これからまた暴風雨と共に台風が最接近するらしいので、万一のことを考えて

    先に宇都宮まで走ってしまい、そこから天候とにらめっこして決めることにしました。

    日光から宇都宮までは40kmほどで、朝の9時前にはあっけなく到着。

    ちょうど宇都宮に入ったあたりで再び雨が降りだすと共に、風が出てきました。

    もう今日は漕げなさそうだし宇都宮駅前の駐輪場に自転車を駐輪し、とりあえず駅前をぶらぶらします。

    宇都宮駅!(仙台駅とか大宮駅と似てる)

     

    このときは栃木の作新学院高校が甲子園で優勝したことから、地元の宇都宮ではお祭り騒ぎに。

    因みに日光からここに来る途中にこの高校の真横を通っています笑

     

    ぶらぶらするものの、せっかく遠くまで来たのに何もしないのは勿体ない!という事で、何を思い立ったか

    宇都宮駅から日光線に乗って日光までとんぼ返りして、日光東照宮の観光を決行!

    多分電車止まらんし大丈夫やろ!(フラグ)

     

    ・・・電車に揺れること凡そ1時間・・・

    (自分を含め、皆口を開けて爆睡していた・・・)

     

    日光駅に到着!

    何やら歴史のありそうな駅舎ですが、これは後ほど。

    近くにある東武日光駅を過ぎ、20分ほど歩き日光東照宮と思わしきものを発見。

    台風の中意外と人がいた・・・

     

    さあ日光東照宮に入るぞと思ったその矢先、入館料がまさかの1300円もするではないか!

    割高の為、入りたい人だけ入るということになり、6人中4人だけ入り、残る2人は周辺を散策するとのこと。

    ラーメン2杯食える…と思いながらも、自分は1300円を払って有料エリアに。

    何やら左側に人が集まっているぞ?

    有名な「見ざる聞かざる言わざる」が書かれたヤツですね。

    なおこのときは修復中の為レプリカであった・・・

    一般海パン&レインウェアー装着男性

     

    雨も降っているし、人も待たせているのでちらっと全体を1周して、1時間くらいで

    2人と合流して再び日光駅に戻ります。

    この日光駅、やたら外装が凝っているなーと行きに思っていたんですが、

    実はこの駅の2階に上がると…

    国鉄時代の1等客車(今のグリーン車)利用者専用の待合室が!

    シャンデリアが豪華ですね!

     

    さて、日光駅から再び日光線に乗って宇都宮に戻って、ウトウトしていると

    何やら車内が騒がしい。

    どうやら目の前で木が強風で倒れたらしく、その木が線路を塞いでいて立ち往生しているとのこと。

    幸いにも、運転手や車掌の方が自力で線路から木を撤去され、20分ほどで運転を再開して無事に宇都宮まで戻ってこれました。

    もう2時過ぎということでお昼を食べたいところ。駅周辺で店を探します。

    すしざんまい。いつか行きたいけど今はそういう気分じゃない・・・

    宇都宮といえばやっぱり餃子!ということで水餃子と焼餃子のセットを食べました!(美味しい)

     

    今日の目的地が宇都宮でもう移動する必要がない(というか風が強くて移動できない)為、

    近くのスーパー銭湯で温泉につかり、その後は晩飯まで自由行動という形をとり、暴風雨の中宇都宮を観光する

    といってスーパー銭湯から去っていった2人の勇者と、併設されていたマンガコーナーでマンガを読みつつ

    うたた寝をする4人各々時間を潰します。

     

    そして宇都宮での2回目の飯である晩飯の時間、再び集合して一同が言ったお店は。。。

    ラーメン!(二郎系のインスパイア。店の名前は忘れた・・・)

    全マシで頂きます。

    フード・ファイト

    ツーリング中に無性にこういうのが食べたくなることってありますよね…?

     

    その後はネカフェに入り、各々昨日とは違って屋根のある場所で快眠をとったのだった・・・

     

    次回、最終日は春日部・東京編

     


    春合宿 2017 2日目

    0

      こんばんは。高校野球の奴隷と化してるスケルトンです。(The 社蓄)先日、卒業式がありました。ついに2個上の先輩もいなくなってしまうと思うと時が経つのは早いですね。悔いの無いようにDCC生活を送りましょう!春合宿2日目はじまりまーす。

       

      3/8(水)

      朝。寝袋ではなく布団から、屋外ではなく屋内で目が覚める。(春合宿の醍醐味)

      朝メシ、はい最高!

       

      朝メシを食べ、9時にはお世話になった宿を出発します。

      本日も晴天なり、本日も晴天なり

       

      LAで補給後、鵜原理想郷を目指します。

      日蓮聖人が誕生したと言われている誕生寺を横目に見て

      バイパス回避の旧道へ(あふれる花背感)

      おどろおどろしいトンネルを抜けると

      海!(なお絶景)

       

      スタートから1時間とちょっとで鵜原理想郷に到着します。

      リアス式海岸で有名な鵜原理想郷。火サスのロケとかに使われそう。

      何の鐘だ?(笑)

      そして鵜原理想郷から徒歩でも行ける程近い勝浦海中公園にも寄ります。

      しかし入館料に900円かかるので以下のメンバーに絞られました。

      M尾T川T中M國

      お魚いっぱい。海の中にいるみたい。(棒)

       

      因みにこの一連の観光の前後にメリッサの自転車にトラブル発生。タイヤから徐々に空気が抜けていくのである。リムテープの損傷が原因らしい。しかもフロントのスポークも1本折れるという事態に。どうしようもないので休憩ごとに空気を入れて走ろうということになる。幸い走れなくなる程、一気に空気が抜けることはないので、頑張ってもらうことに。メカトラ怖え。

       

      たっぷり観光した後、勝浦市へ目指します。

       

      当初はスーパー飯の予定でしたが、時間もあったし、1回生の要望で勝浦名物タンタン麺を食らうことに。

      赤すぎやしないかい?

      みんな汗流しながらヒィヒィ言って食ってます。辛さには強い方なのですが、今まで食べたものの中で一番からかったです。

       

      さぁ、後は宿を目指すのみ。


      午後は半島の中に入っていくので。景色は田畑と森と山です。途中でいすみ鉄道をまたぎました。

       

      ゴール! 看板だけ。宿全体の写真がなかった。(笑)

      内装こんな感じ。めっちゃキレイ。

       

      宿に着いたのが4時ぐらいだったので1回生は荷物を置いて、近くの川で水切りをしていたようです。(元気やなー) 2回生ふたりは風呂の中で延々と春花背に向けてのヒルクライム談義に花を咲かせてました。

       

      そして夕メシ

      肉も魚もふんだんに使われていてさいこーでした。(個人的には写真中央部の川魚の塩焼きが一番旨かったです)

      舌鼓を打つ1回生

       

      メシの後、宴会部長の引き継ぎを行い、WBCを観て、早めに就寝しました。

       

      次回予告….献屮蠅梁譴納命申す圻⊆臂、M尾に裏切られる5山で事実上のフリーラン の三本でお送りします。さあーて次回も読んで下さいね。じゃんけん、ぽんっ。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ちょき

       

       

       


      春合宿 2017 1日目

      0

        こんにちは。もうすでに2月の個ツア四国の記事を諦めたスケルトンです笑。WBCがアツいですねー。野球ファンにはたまらんです。今回は房総半島で行われた2泊3日の春合宿について書いていきたいと思います。私スケルトンがOLYMPUSのTG-4を実装したことで走りながら写真が撮れるようになったので、写真多めでお届けします。

         

        3/7(火)

        集合は房総半島の南に位置する千葉県館山市

        田舎っぽい雰囲気ですが、駅にはかなりの学生が

        今年のDCCは優秀で、留学生が4人もいるので過去最少規模です…。

        悲しいかな、記念撮影した所が恋人の聖地でした。(笑)

        出発前にパンクするヤツ(M尾)。私「しおりに整備された自転車って書いてたやろうがー怒り

         

        本日は房総半島の下部分に沿って進んで行きます。

        いきなり海ぃー!! 天気も良く潮風が気持ちいいグッド

        10km程走ったところでいったん海と決別し、房総フラワーラインに突入します。

        名前の通り、道の両端に菜の花(?)が植えてあり、すごくキレイでした。(小並感)

        すげー南国感

        千葉というよりアメリカ西部を走っている気分。

        南房総市に入るとまた海が見えてきます

        ご覧のように天気が素晴らしい上、ひたすら平坦な道が続くので私スケルトンは最後尾で寝落ちしかけてました。

         

        スタートから30km程走って、野島埼灯台に到着。観光します。

        200円で灯台にのぼりました。

        絶景!(房総半島の先っぽ)

        灯台横の公園で昼食を取ります。(1回生は入念にコースチェックの模様)

        海も近かったので食後に思い思い遊びました。(笑)

         

        灯台観光と長めの昼食休憩を終え、宿に向けて出発します。

        平坦でまっすぐな道を進む。(もはやポタリング)

        1時間弱走ってようやく海と別れを告げ、半島の中央部の方へ入っていきます。

        本日最初で最後ののぼり(頑張れN舎

        Peakで休憩(気温もかなり暖かかった)

        諸君!あとはもうくだるだけだ!

        あんまりノボッテないのにかなりクダラせてくれました(神コース)

        途中に棚田

        そして民宿はやしにゴール(3時過ぎには着いてた)

         

        夕食まで風呂に入って、各自自由に過ごします。

        そして夕食は

        じゃーーーん。房総の海の幸たっぷりの豪華な晩メシでした。

        白メシ、ポテトサラダ、刺身、カニの味噌汁、サザエ(?)、カキフライ、エビフライ、キンメの煮付け(?)

         

        夕食をたらふく食った後、WBCを何人かで叫びながら観戦し、ゆっくりして就寝しました。

         

        次回予告…DCC史上過去最高にチャリいじれない世代にメカトラという最大の試練が訪れる…

         


        なだれこみ東北班11日目 南会津〜日光

        0

          Kia Ora! 

          こんばんは、ニュージーランドに留学中のへかにゆよです。

          (1ヶ月だけなので留学と言えるかあやしいけどね…)

          こっちに来て2週間がたち、時間に余裕が生まれたので11日目いきます!

          なだれこみや早同自走の記事を書き終えたらNZのトレイルライドの記事も書くかも?

          (絶対に書くとは言っていない)

           

          2016年8月21日(日)

          朝6時頃に起床。

          前日にスーパーで買っておいたカップ麺から粉末を取り出し、水を汲みに行って

          お湯を沸かし、さあ注ごうと思っていると・・・

          カラスに麺だけ持ってかれた(怒)残骸だけが周辺に飛び散っています。

          カラスには気をつけよう!

          (因みに写真にはNSHRが悲しげに映っておりますが、実際は僕のカップ麺です)

           

          かくして朝一番から事件が起こったものの、非常食を朝飯代わりに食べて出発。

          この道の駅は福島県の最南端に位置しているため、30分も経たないうちに県境に到達。

          ここから栃木県、関東地方に入ります!

          なんで東北班が関東走るんだって思う人もいることかと思いますが、これは

          せっかく青森から南下するのならどうせなら東京まで走破しようという僕の独断です笑

           

          栃木県日光市に入るわけですが、実は日光市は結構大きく、かの有名な日光東照宮まではまだ結構距離がある為、

          途中に関東屈指の温泉街、鬼怒川温泉に立ち寄ります!

          鬼怒川温泉と言ってもたくさんの温泉がありますが、今回僕たちがいったのは公営の岩風呂!(コスパ重視)

          特段広くはないですが、疲れた体を癒すことができました。

          温泉あるあるのサイダー。とちおとめが入ったイチゴ味。

           

          サイダーで晩酌している一方でNKYが横になって寝てる(-_-)zzz

           

          ゆっくりとくつろぎ、近くのコンビニで昼食をとった後は再び南下し、日光市の

          中心部に向かいます。そろそろ洗濯が溜まってきたのでコインランドリーに行きたいところですが、

          中心部まで行かないとない。。。

          2時間ほどで日光市の下今市駅に到着。

          因みにこの駅には東武が走っています。東武っていう名前を聞くと

          関東に来たことを実感させられますね。駅前にコインランドリーが

          あったので、溜まった洗い物を片付けちゃいます。

          東北班ではお馴染みの洗濯じゃんけん。

          このときはTNKが負けたのかな?

           

          洗濯と乾燥を待っている時間が暇なので、マットで寝ていると・・・

          なんと先輩とOBのMNMさんMRMTさんTKDさんの姿が‼

          TKDさんの職場が栃木で、MRMTさんが東京、そしてMNMさんがそのとき関東に帰省して

          いたので駆けつけて頂きました。

          特にTKDさんは卒業式ぶりだったので久しぶりでしたが、依然と変わらず面白いトークを聞くことが

          できました。

          一体練乳かき氷に何を祈っているのでしょうか・・・?

          他にお客さんもおらず、1回生の頃のDCCのBOXみたいな感じでした笑

          皆さんありがとうございました(*'ω'*)

          因みにスーツを着ているのは単に服がなかったからだそうです。

           

          さて、服も乾き、本日のゴール地である道の駅日光までも近いので、

          道の駅とスーパーで買い出しをして東北班最後の自炊をします!

          まだ時間も夕方だったので道の駅も開いております。

          自炊の大半が鍋で、若干飽きていた一同は道の駅にある地元の食材・ほうとうを使って

          何か別のものを作ることに。

          ほうとうを裁くもりまな

           

          ほうとうを適当なサイズにきり、その他ヤサイや肉を鍋に入れ、だしと共に煮込んでいる間に、

          これまた同じく道の駅で買った地元のお米を飯盒で炊くという最終日ならではのこだわりっぷりである。

          正式名称が何か良く分からない料理ができましたが、とっても美味しかったですわーい

           

          ご飯を食べ、さあ寝るぞとマットを広げていると何やら風が強くなると共に雨が降ってきたぞ!?

          そう、実は以前仙台で台風に直撃された我々東北班ですが、またしても今夜・明日にかけて日光に台風が

          直撃する模様というなんとも運の悪さ・・・

           

          屋根の下の部分でも、排水溝を挟んでいてまだ一番浸水しなさそうな場所を選び、余りにも風がうるさいので

          僕のお気に入りのSHUREのイヤホンを耳栓替わりにして就寝しました。

          台風の中での野宿は初めてですが、雨さえ当たらなければ風が涼しくて案外いけるかも、って思ったり。

          明日は日光東照宮といろは坂を観光する予定でしたが果たしてどうなるやら・・?

           

          続く!

           


          早同交歓合宿自走 前編(京都〜小松)

          0

            四国の個ツアから帰還した2回生のスケルトンです。個ツアの方のブログも書けたら書きたいです。前HP局長に前々から早同自走1日目のブログを書けとのお達しが出ていたので彼がNZに留学に行っている間に書いてプレッシャーをかけていこうと思います。(彼なだれこみのもまだだよね笑)早同自走とは11月に行われる早同交歓合宿の集合地まで自転車で行こうという試みで、今回は富山集合なのでそこまでの道中を綴ります。なお小松までの1日目を私スケルトンが、富山までの2日目をへかにゆよが執筆するので楽しんでいって下さい。

             

            <1年前>

            全てはへかにゆよのこの一言から始まった。

            へか「なあ、同早やけどさ、自走せえへん?」

            私 「どこまで?」

            へか「とりあえず春日井(愛知県)かな」

             

            普通ならば電車で輪行して集合地まで向かうはずだがそこをあえて自転車で行く。去年の私はそんなに楽しそうなことがあるのかと思い、ふたりで春日井まで自走したのである。(17時スタートの深夜3時ゴール;約150km)

             

            <そして今年も…>

            へか「今年も自走するやろ?」

            私 「当たり前やん笑」

            まだ早同がどこでやるかも知らされていない夏前からこのやり取りがあり、残りの2回生のメリッサかいも巻き込んでの自走となったのである。(ふたりとも快諾)

             

            ここで本編に移る前に個人的に早同(同早)自走の魅力について紹介しておこう。

            〃茲瓩蕕譴浸間までに到着しないと交歓合宿そのものに遅刻するという謎の緊張感と使命感に追われる

            荷物を積載した上で長距離を走らなければならないので完走後の達成感もひとしお

            ナイトランが主になるので妙にテンションが上がる

            ぜ業を切って、県外に飛び出すことに強い快感を感じる

            下回生もぜひやってみては。では本編に入ります。

             

            11/1(火)

            今年の早同自走は敦賀から富山まで。しかも金沢で観光もある。そしてより規模が大きくなりなんと水曜日出発。これら詳細が続々と決定していく中、2回生の心は昂っていた。もちろん早同本番も楽しみだが、今年の早同自走は2回生4人で行くということもあってより楽しみで仕方がなかった。もちろん前日の火曜の授業など全く手につかない。「あと3コマで自走」「あと2コマで自走」「あと1コマで自走」と私の心の中はこんな感じである。(もはや病気w)

             

            出発は水曜の昼過ぎである。昼休みかなにかにEVE祭の説明会があり、へかにゆよメリッサが担当だったのでふたりを待ってから輪行で敦賀まで行ってラン開始だったのだが…。私スケルトンは1限のみだったので暇だなと思ってたところ、へかにゆよからこんな助言が。「敦賀までも自走すればいいじゃん」

             

            「それもそうだ」と即答な私。敦賀までは100kmぐらいで輪行組が着くのが15時ぐらいだったので、朝はやく出たら余裕で間に合う。1人では面白くないのでかいを誘うことに。お金がない彼もこれまた即答。(おかしいんだよなー笑)しかもこのやり取りが出発の前日にあったのだから驚愕である。こうして早同自走が幕を開ける。

             

            11/2(水)

            朝8時頃、京阪出町柳駅でかいと待ち合わせる。ちなみに私スケルトンのチャリはというと…

            早稲田への尊敬の意が滲み出ているツーリングスタイルである。(早慶戦でもらったうちわ)

             

            程なくして通勤の雑踏の中、ひときわデカい荷物を持ったかいが現れる。そこまで輪行はキツくなかったらしい。

            2台のツーリング車。これから200km超走るのである。(キチガイ

             

            敦賀までのルートだがDCCおなじみの途中越を越えて北上。そしてR27を東進し、敦賀に向かう。このコースのほとんどを6月ラン三方五湖班で走っているので見慣れた道のりである。(よって写真がほとんどない笑)

             

            まずは最初の峠、途中越である。そんなに長くないのだが、後のことを考え、喋りながらゆっくりのぼっていく。(体力温存)

            すぐピークに達し、くだりが始まる。次に花折峠である。こちらも難なくクリア。信州の20km級の峠をさんざんのぼってきた我々ふたりには楽勝である。

            おい、何へばってんだよ笑

            調べてみると花折峠後の檜峠という小さなのぼりである。このとき私は全てを察した。「こいつ夏から乗ってねえな」と。

             

            この峠が終わると日本海に向かって一気にくだりきる。

            気温5℃の中、半袖半ズボンスタイル(写真用に寒そうな素振り)

            寒くないよほんとだよ

             

            北に進み続けるとR27にぶつかり、敦賀方面へ。

            敦賀直前でかいの貧脚ぶりがさらに露呈することに。斜度2、3%の坂でも「激坂や」とか言ってズルズルと後退していくのである。(老害のはじまり

             

            そして14時に敦賀市内へ到着。

            昼食も食べていなかったのでマクドに入ることに。因みにこの昼休憩のときに巨人・大田と日ハム・吉川の電撃トレードが成立したと知って驚いた記憶がある。

            またマクドでゆっくりしていると輪行組から、予定していた電車に乗り遅れ、2本後の電車で来るという連絡を受けたのである。到着は17時過ぎ。原因はメリッサらしい。(やっぱり)

             

            ということゆっくり休憩することに

            砂浜で昼寝。今日はたぶん寝れないよね。

            割と海に近い件

            結局1時間ぐらい寝てました(笑)

             

            昼寝を終えるとちょうど良い時間に。

            おふたり到着。時刻は17時半。(予定の2時間遅れ)

            ここから約120km離れた石川県小松市の道の駅を目指します。

            キチ顔が少ないと言われる2回生。なかなかの良き顔では?(笑)

             

            まず敦賀から交通量の激しいR8を10km程走る。路肩も狭く、海沿いなので風も冷たい。

             

            そして10km走ったところでR8に別れを告げ、今回の自走のメインスポットである県道207へ入っていく。この県道は旧国鉄の北陸本線の旧線跡を道路として転用したもので随所に鉄道の名残りのようなものが見られる。しかも雰囲気が廃道そのものでなかなかスリリングだった。

            特にこのトンネルがヤバいよね。こんなトンネルが連続で何個も現れます。

            フラットなトンネル内でも皆にちぎられるかい

            かい待機中

            めちゃめちゃ楽しかったトンネルラン

            満天の星空も星

            皆チャリを放りだして仰向けになって星空を見ました。

             

            楽しかった旧道が終わりさらに北に進んで行くと、割とすぐ晩飯予定地だった南条SAに到着。このSAは高速道からだけでなく下道からも入れるのである。

            名物南条そばを頂きます。冷えた体に染み渡る。

            仮眠は大切!

             

            夕飯休憩の後、リフレッシュした(?)4人はさらに北に走り続けます。ここからはほぼ平地なので飛ばしていきます。

            信号待ちの様子。因みにずっとわたすがCLしてたような…

            福井市ど真ん中のコンビニで休憩。もちろん2回生公式補給食であるアイスを頂く。※11月です

             

            このときぐらいから4人の表情が疲労と睡眠で歪んでいく笑。

            ひたすら北進を続ける一行にさらなる災難が。雨である。あわら温泉あたりから小雨が降り出し、気付いたら本降りの闇の中を走る私たち。「何をやっているのだろう」皆こう感じていたはずだ。(笑)

             

            ここからの展開なのだが、疲労と悪天候のせいで写真が残っていないので文章で。あわら温泉からゴールの小松まで地図で見ると近く見えるのだが、個人的にはこの区間がとても長く感じた。雨も強くなり、思うように前に進まない。そして必死の走りでなんとか日付が変わった午前3時に小松の道の駅に着いたのである。着くや否や濡れた体を拭くぐらいですぐ寝袋に入り、仮眠と言ってもいいほどの短い睡眠をとったのである。

             

            このようにして自走1日目は終了したのである。個人的に今回の自走は初めて2回生4人だけで走ったランだったのでどこか新鮮でとても楽しく感じた。(雨はいらない)また今年の同早も4人で自走しましょう。(白目)

             

            この4時間後、金沢の観光も含めた自走2日目が始まるのだが、冒頭でも言ったようにへかにゆよにブログ執筆をバトンタッチします。留学中なのでいつのことになるやら。(笑)

             

             

            <続く>



            categories

                    

            recent comment

                     

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            selected entries

            archives

                    

            PR

            recent trackback

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM