スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.04.18 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    なだれこみ 信州班 8日目 長野〜上田

    0

      こんばんは。最近カメラに5万円を投じるかどうか非常に悩んでいるスケルトンです。もう年末も近いので1年の締めくくりに自転車に乗りましょう!(笑) 8日目はじまりまーす。

       

      8月21日(日)

      朝、ネカフェに鳴り響くアラームで目が覚める。ドリンクバーやアイスクリームのおかげで体がリフレッシュした気がする。(錯覚)

      朝メシを牛丼で済ませ、長野駅で1回生と合流します。

      けっこーデカい

      全員集合!

       

      本日は明日の美ヶ原アタックに備えて長野から上田に移動するのですが平地の国道を走っても面白くないので菅平高原をのぼりつつ上田を目指します。 

      一瞬で市街地を抜け、田園風景へ。天気が最高です。

       

      3、4日ぶりの快晴で心躍りますが、久しぶりの太陽光が体を突き刺してきます。

      体が溶けるほど暑く、アイス休憩を余儀なくされます。

       

      必然と休憩は長くなりますが、菅平をのぼってしまえば今日はほぼ終わりなのでゆっくりいきます。

       

      にしてもいい天気

      景色がいいので多少の猛暑は許そう。

       

      コンビニ休憩から30分程でのぼり口に差しかかります。

      山に吸い込まれていく一行(ルーティン)

       

      峠の最初の方は花背峠のような景色が続いていきます。

       

      その後、ヘアピンカーブの連続で一気に高度を上げていきます。

      空中回廊みたいな感じ

       

      自分が思っているよりものぼりが長くキツかったです。このころから私スケルトンの左足親指が焼けるように熱くなり、痛みを伴ってきます。(感覚は疲労骨折)ただ皆どこかしらは痛いので(かい以外)頑張ってのぼります。

       

      おおっ! やっと終わりか?

      石碑にあと3.5kmと書いてあって絶望します。後から見返すと1枚前の写真には「菅平高原入口」と書いてありましたね。(菅平高原とはいっていない)

       

      炎天下の中、ペダルをゆっくり回します。

      そして

      ついにゴール! 個人的には渋峠よりしんどかったです。

       

      頂上のコンビニで休憩します。

       

      菅平高原はラグビー合宿の聖地として有名であり、高校や大学のラガーマンやその保護者で溢れかえっていました。Y川も数週間後ラグビーサークルの合宿で来ると言っていました。(下見できたね)

       

      十分休憩を取った後、上田市街に向けてくだり始めます。暑くて汗も相当かいていたのでこのくだりが天国のように気持ち良かったです。(峠の醍醐味)

       

      くだっている途中で草津温泉への青看分岐があってなぜだかすごく悲しくなりました。(地図で見てみるとかなり近い)

       

      そんなこんなで1時間とちょっとくだって午後2時には上田駅に到着しました。写真にも黒い雲が映っているようにこの後すぐ大雨が降り始めました。

       

      上田駅で雨宿りをしている時にこれからの天気について調べていると、明日の昼ごろ台風がこの付近を直撃するということが判明。予報円にもすっぽり覆われているのでどうするか会議になります。

       

      このとき出た案がこちら

      案1. 台風など関係なしに予定通り明日美ヶ原アタック

      案2. 明日を完全休息の中日にして明後日美ヶ原アタック(ゴールは岐阜から高山に変更)

      案3. 今からナイトラン前提で美ヶ原アタックを含めた松本までの明日の行程を台風が来る前に走りきる(90kmの2800up)

       

      この3案について30分程度話し合いました。まず雨の中を走るのはもう飽きたので案1が一瞬で消えます。残る案2と案3で相当悩みました。案3はDCCならではのキチガイ案でしたが意外と1回生が食いついて来て驚きました。結局、話し合いの結果、リスクの低さと疲労回復、あと明後日ワンチャン晴れるかもということで案2に決定しました。

       

      明日、中日になったので昼食後ゆっくり観光します。

      真田丸でアツい上田城

      ただこのように観光客よりもポケモントレーナーの方が多かったです。(悲しい)

       

      この後、温度がメチャクチャ熱い銭湯に浸かり、ランドリーで洗濯をして、少し離れた道の駅で寝ました。(確か夕食は食べていない)

       

      あ、あとY川が◯欠のため離脱しました。疲れていて怒る気力もなかったし、どうしようもなかったので容認しました。(事後報告)

       

      次回予告…突然やってきた中日をそれぞれ部員はどう使ったのか?  〈続く〉

       

       


      なだれこみ 信州班 7日目 草津温泉〜長野

      0

        こんばんは。最近ゼミが忙しすぎて自転車に全然乗れていないスケルトンです。今週末にはEVE祭がありますね。頑張って売り上げましょう。(棒)8日目はじまりまーす。

         

        8月20日(土)

        朝の準備中。けっこー狭い寝床だった。

         

        本日はなだれこみの三大メインスポットの内のひとつ、渋峠を越えて長野市を目指します。

         

        コンビニで朝メシを済ませていざ出発!

         

        峠の序盤は森林の中をすこしずつのぼっていく感じです。(のぼるのに必死で写真があんまりない…)

         

        森林地帯を抜けると景色が開け、ガス地帯に突入します。

        確かに危険地帯のような雰囲気

        スリルあり

        ガス地帯を抜けるとだいぶ標高も高くなり、天気が…(宿命)

        眼下に広がるつづら折り。(テンション上

         

        標高が高くなるほど風雨が強くなります。

         

        そしてついにゴール! 

        ゴールまであと2、3kmの所で余裕そうなMたくに抜かされましたが、1時間35分となかなかの好タイムでした。ただ天気が良く、景色がきれいな時にのぼりたかったです。(仕方ないね)

         

        続々と峠との戦いを制し、ゴールします。

        ………。頂上からの景色。何も見えねぇ…。

        極寒の中、記念写真。Mたくの顔色が悪い(ここから彼は体調を崩し、離脱への一途を辿るのであった)

         

        程なくしてくだり始めます。天候も徐々に回復していきます。

         

        長時間くだりで手がだいぶ痛かったですが、風を切って走れたので爽快でした。(峠の後でなおさら格別)

         

        くだると晴れる

         

        渋峠をくだりきった所にある野猿公苑を目指します。

        道端に猿さる

        こういう所に猿がいっぱいいました。(写ってない笑)

        DCCの猿(ときどき奇声を発す)

         

        野猿公苑でグダった後、昼食を取るため近くの道の駅に向かいます。

        せっかくなので信州そば

        デザートにりんごフロート(民度の低いかいに3割ぐらい飲まれました)

        駐人禁止とは言っていない

         

        昼食休憩後、長野市街を目指します。久しぶりの市街地にテンションが上がります。交通量の多い平地を走ること2時間ぐらいで

        善光寺ゴール! 市街地なのでここでいったん解散にします。(1回生と2回生で別行動)

        観光らしい観光(スケルトン以外はポケモンGOをしていましたが…)

         

        この後、僕のサイドバッグがぶっ壊れるという事態が起きましたがチャリ屋を数店はしごし、何とかしました。(マジギレ)

         

        夕飯はもちろん

        特盛で!!

        この方もご満悦

        あれ? なんでいるの?(一時解散で別行動のはず)

        二郎系(?)の店で偶然遭遇したもよう笑(ちなみに1回生が先客)

         

        お腹を満たしてから、スーパー銭湯でくつろぎ、なだれこみ初のネカフェ泊をしました。(最高)

         

        次回予告…美ヶ原へのつなぎで菅平をのぼる。そして第二の犠牲者が…  〈続く〉

         


        なだれこみ 信州班 6日目 富岡〜草津温泉

        0

          こんばんは。最近個ツアをやりたすぎて、10本近くコースを作ったスケルトンです。(もはや病気)早同から約1週間経ち、ようやく普段の日常に戻りつつあります。ブログもようやく折り返し地点ですね。6日目はじまりまーす。

           

          8月19日(金)

           

          この日は朝から雨が強くてテンションがまったく上がりません下

          なお雨と共に某1回生にはの雷が落ちた模様…雷(時間は守れ怒り

           

          雨が降っていますが、碓氷峠を越えて、軽井沢を目指します。

           

          30分ぐらいで峠ののぼり口に到着です。

          車の多くは近くを並走している碓氷バイパスを通るので碓氷峠は比較的交通量が少なめです。

           

          斜度が緩いカーブの連続を疾走していきます。

           

          めがね橋とうちゃく。

          全身がびしょ濡れでクソ寒いですが、せっかくなので観光します。

          めがね橋上。昔、信越本線が走ってたんだね。

          めがね橋上から。カーブがきれいに収まっていて興奮します。(DCCの性)

           

          峠を再びのぼり始めると上の方から雨が川みたいに流れてきて最悪です。

           

          そんなこんなで軽井沢入り

          軽井沢は高原なので碓氷峠をのぼるだけでくだりがありません。

          とりあえず軽井沢駅内で休憩

           

          軽井沢は避暑地として有名ですけど我々にとってはもはや極寒です。

           

          これから北上して草津温泉を目指すのですが、ここから昼メシポイントがないので軽井沢で昼休憩を取ることに。

           

          駅隣接の軽井沢アウトレットで休憩(写真はネット引用)

           

          リア充の巣窟にレーパンや海パンスタイルのDCC集団が殴り込みに行きます。(キチガイ)

          冷えた体にはこれ。

          同時にフードコートのイスに水分をしみ込ませ、ズボンを乾かします。かいはお好み焼きを頼んで大阪のものとは全然違うと怒ってました。

           

          2時間ぐらい休憩すると、雨も止んだので出発します。

          軽井沢と草津温泉を結ぶ日本ロマンチック街道。

          意外とのぼりがしんどく、交通量も多くて最悪。(何がロマンチックだ)

          嬬恋村突入ー!

           

          キャベツ畑の中を走りたかったため、ロマンチック街道を外れて、白道に入ります。

          雨も止んで快走

          一面キャベツ

          絶景!

           

          キャベツ畑を抜けると、急に警察車両が多くなり、コンビニで警察の人に止められます。事情を聴くと8月下旬に天皇が草津温泉に行幸するらしく、そのコースを予行練習するので一時道路を封鎖するというもの。目の前をパトカー白バイが次々と通り過ぎます。

           

          15分程度の足止めをくらい、再出発。

          やっと草津

          今晩の宿はいったん通り過ぎます

          ゴール! いい感じの雰囲気です。

          いい笑顔、1回生

          互いのチャリを攻撃w(2回生)

          一路温泉へ

          激坂と遭遇し、一同興奮します。(キチガイ)

          元気な1回生(M尾Mたく)にプール併設の温泉に連行されます。(withかい

           

          明日、渋峠なのに元気なやつらです。(泳いだ)

           

          夜はなお良い。

           

          この後、間違えて20人分ぐらい買ったスパゲッティを皆で吐きそうになりながら食べて就寝しました。

           

           

          次回予告…天下の渋峠を越える。そしてついに長野県へ  〈続く〉

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


          なだれこみ 信州班 5日目 十石峠〜富岡

          0

            おはようございます。スケルトンです。早同さいこーでしたね。今年はコースがすごい練られていて、来年大丈夫か?という心配があります。さて水曜日の更新でしたが、気付いたら寝落ちしてたので、今日のアップとなっています。この冒頭部分以外は全て書いていたのでセーフにして下さい。では5日目はじまりまーす。

             

            8月18日(木)

            この日も朝は晴れでした。

             

            昨日から体調が悪かったH井でしたが、この日もしんどいということでここで帰らせることに…

            最後の全体写真(Mたくがなぜか不機嫌下

             

            気を取り直して出発します!

             

            10km走らない内に峠です。(非難轟々)

            峠の途中に工事車両が…

            工事のおじさんとすれ違うとき、こんな道通るの?みたいな顔されました。(笑)

            写真では伝わらないがすごい斜度

            Mたくがダンシングだと!?

            蛇行運転するM尾(激坂あるある)

             

            この峠をのぼっている間、日差しが強くてつらかったです。


            スケルトンゴール

            写真を撮られているということは…(察し)

            きつすぎてグレる

             

            この日までなら峠をのぼりきった後、荷物を全部外して一番後ろのヤツを煽りに行くのがルーティンでしたが、この峠がしんどすぎてこれ以降やっていません。

            脱いだら気持ちいいだろ?(主の教え)

            Mくにスマイル

            Y川お決まりのポーズ

             

            因みにこの峠の名前は塩沢峠といいます。(聞き覚えが…)

             

            後で調べると、激坂区間は平均斜度18%超えで斜度23%の地点もありました。(恐ろしい)

             

            塩沢峠を攻略した一行は富岡市を目指して、くだります。

            なかなかの狭路

            峠をのぼったことが報われる瞬間

             

            富岡製糸場を目指します。

            入口で雰囲気だけ味わいます。(入場料が高すぎる…)

             

            ちょうどお昼どきだったので1,2回に別れて昼食休憩にします。(集合は襄の家)

             

            いざ行かん、襄の家

            のどかな田園地帯(雲行きが…)

            写真家気取りのかい

             

            昼メシを食べた後、1回生と集合します。

            聖地巡礼

            先生に挨拶しに行きましょう!

            けっこうリアルに再現されていました。

             

            また新島襄に関する展示室も併設されており、興味深かったです。(棒)

             

            「襄、サン・ゴタール峠で倒れる」 いつの時代も峠は試練。

             

            展示室で係の人の長話に付き合わされた後、邸宅を後にします。

             

            用意はいいか?

            「単位をくださーい」

             

            襄先生のご加護はあったのでしょうか。(笑)

            念には念を

             

            この後、いつも通り雨に濡れながら温泉アップをして、温泉に入り、道の駅で寝ました。

             

            次回予告…豪雨の中、碓氷峠を越える。そして草津温泉へ…。  〈続く〉

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            なだれこみ 信州班 4日目 清里〜十石峠

            0

              こんにちは。スケルトンです。水曜日がブログの更新日になっていますが、早同合宿に向けて2回生4名は明日、出発するので1日早めて今日アップします。早同楽しみだぜーーー

               

              8月17日(水)

              快晴である

              前日のテント保持者からの引き継ぎ式

               

              因みに2日目にH井に持たせたところ死んだのでテントは私スケルトンかいM尾Mたく4人で回すことになっている。

               

              4日目はひたすら北上して、十石峠を目指します。

               

              いい天気上

              空気がおいしいね

              この数十秒後、Mくに達は右下のロードに抜かされます。(宿命)

               

              進んでいくと

              JR最高地点! けっこう標高が高い。

               

              そしてついに

              長野入り〜〜! ようやく信州班が名乗れます。(笑)

               

              田園風景が続く

               

              疲れたのでコンビニで休憩します。

              漫画を読むM尾

              腰の痛みと戦いながら走るH井

               

              このコンビニ休憩の間にMたくチャリが覚醒します。

              トップチューブに女の子が…。 常人には理解できません。(苦笑)

               

              このコンビニ休憩を終えるとすぐくだりが始まります。

              JR八ヶ岳高原線と並走

              おっ! 久しぶり

              道中のかい ※しんどいふりです。

               

              くだり終わったところで佐久穂町に入ったのでメシにします。

              白飯がウマい(3日連続の昼メシガスト)

               

              市街地で昼メシを食べる時は1回生と2回生に分かれてます。(7人で行動すると多すぎるので)

               

              ムダに充実している佐久穂のお菓子コーナー

               

              昼メシを取り、晩メシをスーパーで買って再集合します。

               

              目指せ、十石峠!

              いまからあれ(山)のぼります。

              近づいてくるーー

               

              危険しかしここで問題発生危険

              H井が体調不良を訴えたのである。(症状はたぶん熱中症)

              とりあえず青空会議(奥にヤバそうなH井が…)

               

              会議の結果、H井は休憩してからかいと一緒に峠ののぼり口までゆっくり来ることに。残りのメンバーもとりあえずそこまで行きます。

              ダムで待機

               

              そして数十分後、後続のH井かいの姿が見えます。しかし体調不良のH井が伴走のかいをちぎっていました。(なんじゃそりゃ)

               

              二人を迎え入れ、みんなでダム休憩をします。

              雲行きもあやしくなってきたので、先程のように二手に分かれて出発します。

               

              十石峠アタック始まります。

              写真のような酷道が続きます。車一台通れるかどうかの道。

              このようにカーブに番号が付いており、頂上に向かうほど数字が小さくなっていきます。

              なのでみんなこの番号に一喜一憂しながらのぼっていきます。

               

              そして30分ぐらい経って

              無事ゴールしました。

               

              一回生も続々とゴールします。

              テント持ちでも余裕なM尾

              シクロで頑張ってのぼるMくに

              しんどいとか言いながらなんだかんだガッツを見せるY川

               

              スケルトンは頂上に着いたらすぐ荷物を置いて、峠をくだりH井の救出に向かいます。

              峠の中腹ぐらいでH井かいと落ち合いました。このときには雨が結構降ってきてます。

               

              三人で峠をのぼっていると雨が増す増す強くなってきます。

              二度目の十石峠ということと豪雨のせいでスケルトンは進化します。

              じゃーーん(荷物はH井のやつ)

              この形態はかいによって妖怪峠のぼりと名付けられます。

               

              車と何台かすれ違いましたが、すごい顔で見られました。(自明)

               

              そしてついに

              ごーーる!


              余裕そう

              十石峠に妖怪現る

              意外と寒くない

               

              みんな揃ったので展望台にのぼります。

              謎にデカい

              にやけるMたく

              こうしたくなるよねー(景色はあまり良くない)

              1回生集合!

              距離感w

               

              温泉に向かってくだります。

              束の間の長野県

              もちろんくだりも酷道

              雰囲気あるね

               

              あれっ? パンク?

              いえ、違います。メカ局員による緊急メカ講習です。(笑)

              こうやってパンク修理するんだよ

               

              そして

              温泉着いたー


              とその前に川があるので入ります。

              手前の二人は川で洗濯をしています(桃太郎風)

              とりあえず寒い

              こらー怒り なにしとんじゃー怒り

              下回生虐待

              This is 青春

               

              この後温泉に入って、道の駅までナイトランしました。みんな思い思いの歌を歌ったり、喚いたり、叫んだり、いい具合にキチガイできてました。

               

              体に悪い晩メシ

               

              この晩メシの時に爆発して道の駅を燃やしかけたのですが、詳細は書けないので信州班メンバーに聞いてみて下さい。(マジで死ぬかと思った)

               

              次回予告…超激坂峠を越え、襄先生の邸宅に単位を懇願しに行く。そして1人目の○○者が…。 〈続く〉

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               



              categories

                      

              recent comment

                       

              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>

              selected entries

              archives

                      

              PR

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM