スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.01.18 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    キャンピング2010 前日〜一日目(一班)

    0
       早いものでもう半月たってしまいましたが、キャンピングの報告をリーダー小野がお送りしたいと思います!!
      主に一班の報告となりますので、他班の二回生もしっかり報告お願いします!
      【〇日目】 出発前夜

      なんともまあ、一回生が来るわ来るわ… 
      そうです、今年はあろうことか現役上回生12人に対して新入生が13人!!
      スペシャルサポートとして出走していただいた杉本さんを含めると総勢26人という
      狂乱盛況ぶり!!

      それも新入生のほぼ全員が前日からキャリア取り付けのためにボックス泊という気合の入りよう…
      熱心にキャリアの取り付けに挑む新星達の真剣な眼差しに軽く恐怖感すら覚えたのは何も僕に限ったことではありますまい。

      ぴかぴかのサイドバッグが眩しい!! でも半年後には・・・笑



      【一日目】

       午前七時、集合!!
      期待や不安の入り混じった面持ちの新入生から余裕の貫禄を見せつける上回生まで、揃いも揃ったり25人!! さて、続いて班を発py…

          ん?    ニ ジュ ウ ゴ ニ ン ?    

      ・・・(=_=)

      常盤ぁぁァァ!!!Σ(゚Д゚|||)

      ・・・と、いつも通りの賑やかな出発となりましたが何とか予定通り九時には一班が御所を出ることができました。

      一班のメンバーは
      二回生 山本 中島 小野
      一回生 木村 遠藤
       

      今回皆が目指すのは美山町自然文化村。京北をさらに北上した、日本海へ流れ込む由良川沿いのキャンプ場です。

      御所を出発した一向に最初に襲い来るのはもはやおなじみの「京見峠」
      伴走という言葉に甘えながら、「がんばれよ〜」などと言ってみる二回生ですが、一回生の予想以上の走りっぷりに呼吸の乱れを隠すので精いっぱいだったなんて口が裂けても言えません。



      峠を登った後とは思えないクールさ・・・ 


      その後は周山街道へくだり、笠トンネルを抜け細野の交差点を西へちょこっと遠回りしてこの日二つ目の峠へアタック!!
      空腹で疲れが見え始めていましたが、店長山本バイト列伝などをくっちゃべりながら京北の町へと越えて行きました。

      昼食は京北のサンダイコー
      ここまでかなり早いペースで走り後続班と大きく差が開いていたため、ゆっくり昼食を楽しむことができました。



      昼食を終えて次に向かったのが今回のフリーランポイント「井戸峠」


      スタート地点にて

      初めての競争ということもあって遠藤と木村も少々緊張気味でしたが、一方の上回生も「負けたらどうしよう…」とガチでビビっていたため"ハンデたったの1分だけ"というチキン安全策で乗り切りました。
      途中、遠藤のチェーンが切れるというアクシデントがありましたが、そこは中島がほんの数分で修理し上回生としての腕を見せてくれました。


      木村ガンバレ!!               中島舌出てるぞ!!!


       山本へそでてるぞ!!


      そこからはひたすら北上し美山町に入り、六時ごろには各班次々にキャンプ場へ到着。
      明るいうちにテントを立ててから晩飯のカレーの準備にかかります。

      ・・・と、炊事場に目をやるとなんとカラスが肉にたかっとる!!
      急いで追い払うも、半パック程は食い荒らされてしまいました

      一班では中島が抜け目なく昼のサンダイコーでチャツネを買っていたためそれを投入。
      ちょっと濃い目の美味しいカレーができました。

      その後は恒例のキャンプファイヤーをして就寝。

      僕は足立、遠藤、木村と同じテントに入りましたが、何を喋る間もなく眠りに落ちました。

                                    一班二日目へ続く…





      恒例のカーアート さすがです・・・

      最後になりましたが、サポートで参加してくださった鈴木さん下西さん中村さん、そして出走していただいた杉本さん、お忙しい中本当にありがとうございました!!

      春合宿3日目

      0
         昨日はキャンピングお疲れ様でした。参加してくれた新入生、サポートして下さった先輩方、本当にありがとうございました!

        さてさて、ようやく春合宿報告も3日目、最終日へ。本番編が終わったら下見編作ります(笑)

        【3月13日 3日目】
        子供ちゃん達に元気一杯に見送られて出発。この日は最終日ということだが、今日は残波岬や嘉手納基地の近くを走る。
        まずは残波岬付近の砂浜へ。せっかく沖縄に来たのだから、海を眺めねば始まるまいという考えだ。
        岬へはなかなか斜度のある坂を登っていく。下見の時はすさまじい向かい風で相当辛かったが、この日は穏やかであった。

        岬の近く、残波ビーチへたどり着くや否や、突如として海にダイブする輩が大量に出現。もはや何も驚くまい。
        沖縄のビーチでスイムをエンジョイした後は、那覇市内へと戻るべく再びラン。

        道の両側に広がる広大な米軍基地(嘉手納)に駐機する爆撃機を横目に、夕方にはさっさと那覇市内へと帰還。う〜ん。時間余りすぎ…。ということもあり、せっかくなので首里城へと向う。
        首里城は改築工事中であった!ちょっと残念だが、主将個人は既に5回目の首里城なので別に良い。
        そして夜はお待ちかね、新宴会部長の発表やら何やらで楽しみ、1日目集合地の公園で締めをして春合宿終了!…と、思った瞬間、謎の「それいけっ!!」という掛け声と共に、多数の大人にイノコをされる。怖かった。予想してないイノコはあんなに怖いのか…。犯されるかと思った主将だった。

        (主将その後)
        朝早めから用事のため沖縄を発った主将。輪行の際にスレて痛いので長ズボンを履きたいのに、そのズボンがない。ビールにまみれているのだ。悩みに悩んだ末、那覇空港内でいそいそと着用…。
        搭乗手続きでANAグランドスタッフのおねいさんに「まぁ、朝っぱらから飲んで!学生は気楽でいいわね!!」という顔をされながら、沖縄を出発したのでした……。

        次回は下見編を書いてみます。「イナガワジュンジ風、春合宿の回想」というネタも副将の命令なので仕上げときます。


        2日目に宿泊した南恩名パラダイスの前で。2班の方々


        副将がパンク修理をしていた間に撮影。イメージは「耳をすませば」
        意外とY本が台詞を覚えていて驚いた(笑)


        トロピカルですね〜


        トロピカルなんですね〜


        残波ビーチまでの道。静かでエエ所でした


        首里城までの道。ここのキャッスルアップはマジでエグイ!!


        守礼門前で記念撮影


        首里城。若干工事中。しかし、ようこのジャージで入ったな(自分含め)

        (まとめ)
        楽すぎた。しかも交通量多かった。初めてのことをするのはこんなに大変なのねと実感。
        旅館の予約からコース設定、一人での下見など、本番の2ヶ月前ぐらいからずっと合宿に悩む毎日でした。
        しかし、DCCのメンバーで沖縄を走る!という長年の夢を達成できた事はとても嬉しかったです。文句言いながらも許してくれた同回、黙ってついて来てくれた後輩、西田さん、本当にありがとうございました。

        卒業式

        0
          渉外局長鞠山です。

          主将が行事報告頑張ってるので、自分も頑張りたいと思います。

          だいぶ日が経ちましたが、卒業式の行事報告です!

          渉外局として2つ目のお仕事、卒業式が、3月の寒空の下行われました。

          今回卒業されるのは、
          田宮さん、西田さん、志水さんの3名です。おめでとうございます!

          卒業される3名の先輩


          先輩を探す1回生その1


          先輩を探す1回生その2


          卒業アルバムチェック隊のみなさん

          まずは、田宮さん。
          元主将ということで、執行学年である我々にとって田宮さんのありがたいお言葉は胸につきささるのでした…。

          前々主将から現主将へ。

          続いて西田さん。
          元渉外局長ということで、粗相の多かった今回の卒業式、現渉外局長として、本当に申し訳なかったです…。


          同期の方々との1枚。

          最後に志水さん。
          1回生は会う機会が少なく緊張している様子でしたが、同期の方々もいらっしゃって、大人数での円陣となりました。

          こちらも同期の方々との1枚。

          卒業された先輩のみなさん、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました!京都に立ち寄った際はぜひ、ボックスにいらしてください。




          おまけ
          卒業式中はずっとボックス泊していた私鞠山ですが、先輩らに連れて行って頂いた飲み会の様子も加えてアップします。これから先、先輩らと飲む機会もあまりないと思うと寂しいですね…。


          先輩にボトルを入れて頂きました!まぁその日に空っぽになったのは言うまでもありません。


          自分からすると、超豪華メンバーで緊張しっぱなしでした!

          本当に楽しかったです。ありがとうございました!

          春合宿2日目

          0
            今年は新入生がワンサカです!新入生の皆さんは気兼ねなく先輩に話しかけてクラブに溶け込んでくださいね!今月末には泊りがけの行事もありますので、是非ご参加下さい!! 

            えらい間が開きましたが、春合宿続き。
            〔3月12日 2日目〕
            朝は9時30分に出発。シーサーが並ぶ自転車ロードを通って名護岳麓のフリーランポイントを目指す。
            この日は昨日と打って変わり、ほぼ1日中海沿いを走る自転車道。沖縄らしい遠浅の海の美しさと言ったら!主将は割りと何にでも感動する性質なので感動しっ放しだったのだが、部員のみんなはどうだったのだろうか?沖縄の海を横目に、前を走る部員を見ていると涙が出そうなほどだったのだが…(実際にK口には合宿中から今日まで幾度となく泣かされた)
            しかし、沖縄の青い海、青い空。そして青い同ジャー。牧歌的な風景だった(恍惚)

            途中移設問題でゆれる辺野古集落を超え、フリーランポイントがある名護岳麓へ。
            「下見で30分ぐらい掛かった」「デカい坂が3つぐらいある」「海が見えたらラストスプリント」などと様々な情報が主に2回生(当時)から流されていたが、始まってびっくり!何と全てウソだった。
            ただ単にフリーランが短すぎることにビビった主将が、精神的にだけでも苦しめてやろうと仕組んだ姑息な罠だったのだ!
            もっとキツいのを期待していた後輩達+西田さんのガッカリした表情を見て、心から申し訳なく思う主将だった。

            フリーラン後は名護市内へ。沖縄が誇るオリオンビールの工場を横目に、今日の宿泊所を目指す。
            道の駅許田で食べたブルーシールアイスクリームは奇跡的なほどおいしかった。

            もう少しで宿舎と言うところで、寄り道して万座毛へ。万座毛までは一瞬だが激坂がある。そこで競争等しつつ、観光する。
            団体客が多かったのでごった返していたが、一応名勝地の一つ、万座毛は見れた。

            そして宿舎へ。下見では定休日で見れなかったので、相当ビビっていたが、行ってみるとオーナーも非常に親切で寝室も美しく、素晴らしかった。
            晩ごはんと翌日の朝ごはんも何となくオシャレで、パスタが出た時には「これが…DCCの合宿か…!?」と我が目を疑った。

            部屋ではしゃぐ後輩を尻目に、上回生は老いをかみ締めつつ22時というゴールデンタイムに就寝したのだった。


            宿舎の前で集合写真。親切に店の人が撮って下さった


            休憩ポイントの漢那で。3班の面々


            昼食ポイントで。2班の面々


            同じく昼食ポイント。1班の面々。これからフリーラン!!


            昼食ポイントの定食屋で見た衝撃のメニュー。「おかず」って…。皆ゴーヤーチャンプルーや沖縄そば等、沖縄チックなものを満喫していた


            フリーランを終えて。雰囲気はフリーランっぽい


            宿舎からの風景。沖縄エエ所やんけ!


            フリーランの様子は後日アップします。

            春合宿1日目

            0
               長かった。実に長かった。沖縄に行くまでが。夢と希望溢れる新境地として華々しく紹介した沖縄だったが、周囲の反応は予想以上に冷たく…同期からはあざ笑われ…後輩からはディスられ…先輩からは本気で心配され……苦節2ヶ月に及ぶ苦労の末、ようやく行われた春合宿in 沖縄!その全貌を3本立てでご覧いただこう。

              〔3月11日 1日目〕
              朝から僕はランドリードゥしていた。つまり、コインランドリーで駄弁っていた。合宿の出発時間は昼の2時。余裕過ぎる…。T越氏の動画を撮ったり、Y口譲の珍妙な行動を観察しているうちに刻々と集合時間が迫ってくる。

              とりあえず僕は空港へ。この日到着する1回生を出迎えるためだ。空港に行ってみると、もうやつらは到着していた。お馴染み(?)ナメ、マル、キャガワの3人だ。
              3人を連れて那覇にある集合場所へ。ちゃんと全員集合している。よしよし。個人ツアーで早稲田サイクリングクラブの方々にお世話になっていたオミーとトッキーからはお土産を渡された。早稲田の方々が親切に持たせてくださったらしい。内容を見ると、なかなか良い特別器材だった(WCCの皆さん、本当にありがとうございました)。

              写真撮影などしていると、ちょうどいい時間だったので、挨拶を済ませて早速出発。
              1日目は那覇からうるま市石川までを走るクソコースだ。その交通量の多さと、景色もクソもない幹線道路はクソ加減をよく表している。怖いので、同じ班であるN田さんの方はできるだけ見ないようにしていた。

              しかし、予想以上にペースが早い。坂を登るペースなど相当クレイジーだ。CLだったマルよ。新歓であんな走りしたらフルボッコやぞ…。
              戦闘機や米兵のトラックなどを横目で見つつ、この日はなんと最終班でも5時到着という早さ。どう考えてもコース設定が甘すぎたとしか言いようがない…。

              民宿は、下見で見た段階では後輩の反応を相当恐れていたのだが、当日は部屋も変わってエエ感じになっていた。メシも美味くてよかった。が、お店の人がデザート(?)として出してくれた沖縄銘菓、サーターアンダギーを、かのY本氏は「黒糖パン」扱いしていた。どんだけ沖縄知らんねん。

              遂に沖縄での春合宿が始まった!…と同時に、僕の1人反省会の日々も始まったのだった…!!(すみませんけど…つづく)


              楽しい楽しいランドリードゥ


              那覇空港到着ロビー前で。マルの解除の早さには驚いた


              2班の面々。心配な方々が一同に会した(笑)


              3班の面々。トッキーの堂々とした立ち姿と、主将のショボくれた正座の対比に注目


              いってきま〜す


              早くも宿(苦笑)ブラタモリと…


              副将を盗撮する資料局長


              映像に大満足な資料局長




              categories

                      

              recent comment

                       

              calendar

              S M T W T F S
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              2930     
              << September 2019 >>

              selected entries

              archives

                      

              PR

              recent trackback

              links

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM