スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.03.29 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    個ツア2017 北海道 1

    0

      今月初旬、とうとうサヨナラされてしまった老害M田です。

      前回の投稿から1か月近く経つんですね。

      もういくつ寝るとお正月なんだろう。12月のスピード怖いわ。

       

      その体感的にわずかな間だったけど、複数の記事があがっていてブログも良い感じになってきましたね。

      来年以降、OBになっても詳しく活動を知れるので、しっかり続けてほしいです。

       

      では僕のDCCの卒業論文、個ツア北海道。今回は自転車に乗ってます。

       

       

      8月14日(1日目)
      家を出てからすでに一週間が経っていた。

      北海道でも早5日目である。この日ようやく僕の個ツアはスタートする。

      もとは石狩から札幌には戻らず、留萌の方へと海沿いで攻める計画だった。

      しかし疲れすぎて札幌まで戻ってきてしまったこと、そしてなだれこみ班と個ツア中のへかにゆよがちょうど美瑛や富良野のエリアを満喫していたことから急遽作ったコースを完全無視して、東へと向かって走り始めた。

      最初は少し遠回りして

      札幌ドームとか行ってみる。

      その後はひたすら国道274を進み、札幌を出たあたりから明らかに店とかが現れなくなる。(このあたりですでに昼)
      周りは緑が溢れてきて、路肩も狭くなり始める。

      想像の北海道はもっとどこでも道幅は広いものだと思い込んでいた。どうやらそうでもないらしい。

      この日はほとんど写真がない。

      札幌ドームと途中の道の駅で補給食に買った

      これしかフォルダにない。
      理由はそんな余裕などなかったからだ。

      コースは何ということもない平凡なはずだったが、明らかに進みが遅い。

      衰えかと思っていたが、ブレーキの不具合のせいだった。

      メカ力ないと個ツアで困る。メカ力はあった方がいいです。(真剣)

      こうして体力も時間も奪われ、日高まで行くつもりが新夕張までしか来れずに日没で断念。

      北海道は町と町の距離が離れてるし、さすがに夜の山間部は怖すぎて走れない。

      こうして、道の駅夕張メロードで1日目は終わった。

      ここは道の駅とは言いつつもただのスーパーという方が正しいくらいで、トイレもわりと離れていて駅前のトイレを使いに行ってる感じ。
      僕はその近くで、スーパーで買ったパスタを茹でるだけの自炊を始める。

      自炊するためにDCCの装備を持ってきていて良かった。今後もとても助けられることになる。

      道の駅に戻ると、へかにゆよとへかにゆよが途中一緒に走っていたチャリダーの方が合流していた。

      僕としても本来はここで終わるはずではなかったし、まさかへかにゆよと同じ日に同じ場所で被ると思っていなかったから驚いた。

      へかにゆよからは北の方(稚内方面)は寒さのレベルが違うということを念入りに演説してもらいました。

      Twitter見てただけで行きたくなくなってたのに追い打ちかけないでほしい。
      チャリダーの方はとても親切で、唐揚げを分けていただいたり、北は寒いからというので実際に寒さ凌ぎに使っていたゴム手袋をいただいたりしてしまった。少しの間だったけどとても良い方でした。

       

      ちなみにゴム手袋は北海道では天候に恵まれて使う機会がなかったものの今の季節は重宝してます。

      サヨナラランで大活躍でした。ありがたい…。

      (1日目) 71.6km 獲得標高363m


      8月15日(2日目)
      近くのセイコマで朝食をとったあと、札幌方面へと向かうへかにゆよとチャリダーの方とはお別れ

      チャリダーの方には北海道を走るうえでの情報もたくさんいただいて、とてもありがたかったです。ありがとうございました。
      へかにゆよは企画してる夏合宿がんばれよ、とだけ。

      そして走り出して即登り。心折れる。


      登ってる途中には

      ひっそりと現れるダム。こういうのいいですね。

      この日のコースは100km超え&今回のコースで唯一の獲得標高1000m超えのコンボ。

      これまでに経験してきた数々の行事からしたら特別きついこともないが、何しろ就◯とかあって今年はまともに山を登坂する機会などなかった身である。そして初の長期個ツアを意識した軽量化など頭にない荷物が登りで負荷をかける。

      登り始めて20分くらいしたら早く終われよとか愚痴言いながら登ってましたね。

      幸い、たまに車が通るくらいだった。


      石勝樹海ロード

      本当に樹海しかなくて苦しめられた。

      登り終わるとトンネルというのが2回くらいあって、そのトンネルが狭い、暗い、大型車通るという悪条件を満たしてて怖かった。

      1人だからいけたけど複数人では絶対通りたくないレベル。

      今日はわざわざ日高まで行く必要ないのでショートカットで占冠へ。昼くらいから曇ってきて寒かった。

      赤岩青巌峡

      赤い。 横でクライミングしてる人もいました。

       

      鵡川沿いを走って占冠の道の駅で休憩と軽く補給。
      そしてあと少しだろうと思ったここからが地味につらい。
      登りも一回越えれば下り基調のはずが、下り基調でペースが上がらない。

      まだ登りを含めた100kmを走れるコンディションに至ってなかった。

      登り道の様子

      例のごとく何もない。

      そして結局少しナイトランに突入したところで富良野に到着。


      昨夜のチャリダーの方が、富良野ではオムカレーが有名と言っていたので行ってみました。



      店の外観からめちゃくちゃおしゃれ。
      さすが富良野。

      そして、そのあとは近くの公園で寝ました。

      (2日目)105km 獲得標高1412m


      8月16日(3日目)
      登りが足へ与えたダメージは大きかった。

      新入生のときのキャンピングの3日目の朝あたりに感じたような足の重さである。

      しかし、今日は観光日。
      80km以上あるので中日とは言わないでおく。北海道で80kmは中日でいいのかもしれないけど。


      快晴。景色も良好。さすが富良野。

       

      今日はインスタ映えを意識した1日。
      まずは車通りの大してなかった国道237を走って、有名なファーム富田へ。





      どの写真にするか悩ましい。
      というかiPhoneのカメラ程度では伝えきれないもどかしさもある。

      こんな綺麗な景色が無料で見れるんですよ。そりゃあ当然人多いわ。
      500円くらい入園料とってたとしても入るのに。
      外国人の観光客も多かった。


      ラベンダーソフト。
      ツーリング中に食べたご当地ソフトでもトップクラスに美味しかった。

      再び走り始めて、上富良野を過ぎたあたりで県道353に入り、山へ。
      序盤は超緩やかな坂で案外楽勝なんじゃないかと思っていたが、案の定後半から一気に斜度にブーストかかってくる。

      そういうのやめてほしい。
      結局インナーで回しながらもフラフラと車通りの少ない道を蛇行して、汗ダラダラになって登り切る。

      奥に道が消えているのでわかるように、そんな感じの登りが手前にも続いていた。
      ともあれ、ようやく美瑛だ。

      一気に下って県道966に合流。
      しかしまたここから登らないといけないと悟り、絶望。

      そして

      青池はインスタ映えの代表格。
      というかこのあたりはなだれこみ北海道班の逆走(実際には僕がパクったようなもの)と言っていいくらいやってることが同じだ。

      この青池に至るまでの県道は登りも下りもそれほどの車通りはなかったが、時折バイクのツーリスト集団が横切っていく。
      その度にピースサインや親指を立ててグッドラックってしてくれたり、手を振ってくれたりしてそれにこちらからも返す。
      さらには並走してハイタッチまでしてくれたりと二輪乗り同士の良い旅を祈るみたいなことがあった。
      これは北海道を走っていると至る所であったが、やはりこの美瑛が一番印象に残っている。
      もちろんこれ以外のところも含めて、こういう文化はとても良いと思うし、好きだ。

      悪く言うつもりではないが、京都の山を走っていてもそうそう起こらない。
      北海道みたいに広大な大地を走っているとそれに比例して心も広くなるのかなあ。

      下って、美瑛の町中で昼食。
      再び富良野国道に戻ってきて、旭川を目指す。

      と途中にまたもや「ぜるぶの丘」という花畑が道沿いに現れたので休憩がてらに見て回る。


      その後は特に何もなく、旭川市街へ。
      翌日に朝から走るためにはこの日中に旭山動物園まで行きたかったのだが、旭川市街から思ったよりはるかに距離があり、入園時間に間に合わないと判断して断念した。

      そして夕方から暇になってしまったので、ご飯食べて、マックで充電しながら一服して、洗濯して、ネカフェで休む。
      典型的な中日みたい。中日、大事。

      なお、この先10日以上ネカフェを使える機会はなかったのだった…。

      (3日目)87.6km 獲得標高424m


      8月17日(4日目)
      朝から旭山動物園へ。

      市街地からだと地味に遠い。

      夏休みだし人多かった。その中で、本日の走行日程も消化しないといけないというのもあり、迅速に園内を回る。
      そのせいで観光してるのか曖昧にも感じたけど仕方ない。一応全部見て回った。

      動物園とか普段行かないからよくわからないけど、小学生時の遠足の拙い記憶と比較すれば動物との距離感の近い見せ方は感じました。僕には旭山動物園の良さをコメントで伝えるのはできません。申し訳ございませんでした。

      以下、写真でお楽しみください。







      ベストアクトはレッサーパンダでした。
      めっちゃかわいいぞ。(って僕が書くとどう思われるんだろ)


      市街に戻ると早くも昼なので、旭川ラーメンでも食べようと思いました。

      ラードたっぷり熱々って感じ。


      そしてようやく走り始めるかというときに札幌を出てから初めての雨。

      通り雨だったものの近くのドンキで雨宿りしてる間にやる気が下がる。

      あ、その前に旭川スタルヒン球場通ったな。

      高校野球と稀に日本ハムが試合やってるイメージしかないけど。


      雨が止むのを待ってまた走り始める。
      とわりとすぐに何もなくなりましたね。
      旭川ですらこうなのが北海道ですよ。
      比布あたりまで行くと緑ばかりになる。そして道沿いに野菜の直売所が増えてくる。

      さらに進むとこの日のメインディッシュ塩狩峠。
      この時点で16時台と行程が不安視される中、地味な登りが地味に苦しめる。


      でもこの峠は最高地点の標高ですら267mしかないんだよなあ…。おかしい。ひどく衰えを感じてしまう。

      けど天気は回復して青空も広がってましたね。
      あと写真の上を通ってる道にかかってる幕に書いてあった和寒の玉入れ選手権が有名みたいで、このあたりでは至る所で宣伝されてましたね。

      その後はひたすらJR宗谷本線沿いの国道40を北進。よく覚えてないけど士別で真っ暗だったような。
      目的地は道の駅もち米の里なよろで、名寄市街まで行って戻るには遠いし士別で夕食の材料を買っていく。

      そこからは夜道で後ろからものすごいスピードで車が通っていって怖かったものの何とか道の駅に到着。

      この日は自炊。とは言っても札幌で買ってからずっと持ってたインスタントラーメンのつけ麺。

      これだけでは物足りないと思い、士別で50円くらいで買った味付け豚肉1切れをわざわざ焼いて…



      こんな感じにしたらちょっと自炊っぽくない?

      鍋洗うの面倒だったけどね。
      味はインスタントだからパスタ並みに後半飽きたけど仕方ないね。


      (4日目)86.4km 獲得標高252m


      やっぱり個ツアだとルートも写真も全部自分でやるから1日の密度が濃くなりますね。
      このままいくとあと3回くらい分けることに…。
      卒業までには頑張ります。


      なだれこみ東北班8日目 仙台〜山形

      0

        あけましておめでとうございます、へかにゆよです。

        忘れた頃にやってくる東北班ブログです☆

        12月に更新して以来すっかり音沙汰なしになってしまいましたが、もうテストも終わったので

        これからペース上げて更新していきます!

        (1月中に終わらせる発言はなんだったのか)

         

        8月18日(木)

        仙台のネカフェを5時頃に立ち去り、出発。

        なんでこんなに早いのかというと、今日は

        ‖王を登る

        △任れば蔵王の御釜も観光したい

        B王温泉に入りたい

        というハードスケジュールな為であった…‼

         

        まずは五橋のコンビニで朝飯。

        ガードレール脇を駐輪場化する反社会集団DCC

         

        ここからは宮沢橋で国道4号に別れを告げ、国道286号線沿いに川崎町まで

        1回休憩を挟みつつ走っていると・・・

        はい、久しぶりの峠の予感ですね!すずらん峠という名前で、

        これを抜けると間もなく蔵王の麓にたどり着きます。

        そこまで大した峠じゃなさそうなので、蔵王を前にして謎のフリーランを決行。

        各々スタートし、自分もスマホゲーにキリをつけたところで出発。

        久々に全力で漕ぎましたが、思ったよりもあっけなく比較的すぐにテッペンまで到達。

        横にゴルフ場があって雰囲気が去年のキャンピング1日目の峠みたいでした(笑)

         

        峠を降りて、5kmほど漕ぐと蔵王登頂前最後のコンビニに到着し、ちょっと早めのお昼ご飯(10時)&休憩。

        一部の人達が地元のおじいちゃんに長話をされているのを横目に自分はアイスコーヒーを飲んでいました(クソ上回)

         

        さて、ここからいよいよ蔵王エコーラインに入り、標高約1600m付近までひたすら登ります!

        乗鞍と違ってほぼ標高がない地点から登るので地味にしんどいです。

        最初はこんな感じで緑に覆われています。

         

        中盤辺りになるとちょっと霧が出てきました。

        流れ変わったな…

         

        午後3時頃に無事にエコーライン頂上の刈田駐車場に到達。

        ここからリフトに乗ると御釜に行けるということでリフト乗り場に行くが…

        丁度リフトの営業が終了してしまった‼(はやい)

        とりあえずリフト乗り場内で玉こんにゃくを食べたり蔵王Tシャツ

        買って休憩していると受付の人が徒歩でも登れるコースがあると教えて下さり、

        徒歩で登ることを決意。大体30分くらいかかるそうだが・・・

         

        全然整備されてなかった・・・(でもMTBで下れば楽しそう)

        御釜が見たい一心で早歩きすること15分で御釜に到着。

        中央の湖が御釜ですね!

        ※トリミング以外一切画像加工はしていません!

        自転車で登ってくると達成感と謎の感動が味わえるのでおススメです。

         

        各々写真を撮ったり寝て蔵王を満喫しています(?)

         

        記念の集合写真。みんな疲れていますが思い出に残る一日になったはず…!

         

        個人的には乗鞍より蔵王のほうが景色が綺麗で好きですねゆう★

         

        さてさて、御釜を観光した後は駐車場まで下山し、今度は蔵王温泉に向かいます!

        もうこれだけ登ったし後は下りだけやろ!って思う人も多かったと思いますが、

        実は温泉までに600UPの登り返しがあったんだよなぁ・・・

         

        5時過ぎに駐車場を出て、7時半頃に蔵王温泉街に到着。この辺りからは山形県に入ってます。

        一昨年なだれこみで東北に行ったスケルトンから、蔵王温泉はとても良いと聞いていたので

        一同期待を膨らませてこの時間にも日帰り入浴をしていたホテル松金屋アネックスの温泉に入浴。

        雰囲気はURL先の感じの通り、温泉の色がエメラルドグリーンでとっても綺麗でかつ体が温まり

        もう最高に幸せでした!!!(もう一回入りたいくらい)

        酸性が強すぎる為、時計や金属類は外して入る旨の張り紙があったなか、うっかり時計をしたまま

        入ってしまいましたが、ギリギリセーフでした。Gショックつよい。

         

        DCCではお馴染みの入浴後のたそがれる光景

         

        ロビーには蔵王の名水が飲めるようになっており、みんなおかわりして飲みまくってました(やめーや)

        この時点でだいたい9時あたりだったのですが、流石に晩飯を食べていないので腹が空いてきたので、

        そろそろ山形市方面に下ります。(まだ標高1200m)

         

        せっかく風呂で温まったのに夜風を存分に浴びて湯冷めした感が若干否定できないですが、

        山形市に入ったものの周りに田んぼが広がっていてなかなか飲食店が見つからない中、

        ひときわライトアップされているとんかつ屋が。。。

         

        空腹の限界からもう吸い込まれるように入店し、とんかつ定食を注文。

        見て下さい、この笑顔。

        や○い軒のように、ここもご飯のおかわりが無料!

        空腹は最高のスパイスと言われるように、もう今まで食べたとんかつ定食の中で一番美味しく感じましたね…

        (千円弱したのでそれなりに良い豚を使っていたということもありますが)

         

        一回生のときは空腹のあまり店員にお茶碗を下げられた後に4杯目を頼む行為をしたへかにゆよですが、

        今回は二回生ということで自粛しました(笑)

         

        ご飯を食べた後は山形市内のネカフェに直行しみんな爆睡して八日目を終わりました。

         

        (実は本当はこの日は蔵王の山形側の麓にある山形市が管理するキャンプ場で泊まる予約をしていたのですが、

        バンガローが熊によって破壊された使用中止になった旨の郵便が七月末に届いたためネカフェに変更しました。

        自分たちは幸いなだれこみ中に熊に遭遇することはありませんでしたがこの年は東北で熊が他にも色々猛威を振るってたみたいです・・)

         

        次回、北東北編最終回・米沢編。

         


        新春 暗峠ラン 2017

        0


          あけましておめでとうございます!(というには遅すぎますね…)

          昨春になだれこみ記事を上げきって以来のM田です。
          みなさん新年いかがお過ごしでしょうか?
          とは言っても、もう1月も終わりが近いですが…。
          ここ最近は1月にブログ更新があまりされないので、今年は意識高く1月投稿!(もう試験期間だけどね)

          2017年1月1日午前6時
          まだ新年の真っ暗ななか新石切駅周辺に集まる自転車……

          これから何が始まるのか?
          そう、もはやDCCの(一部にとっては)新年恒例行事、「暗峠ランである!

          説明しよう!
          「暗峠ラン」とは、元日の早朝に大阪や奈良などが実家のDCC部員が集まって、生駒山地にかかる国道(酷道)308号、暗峠を大阪側から登り、初日の出を見ることを目指す行事である。今年で6回目ということで、非公式行事といっても差し支えないでしょう。

          メンバー紹介
          ・OB(5回生の1つ上)
           ナルナルさん
           TKDさん
           はっせさん
          ・5回生
           Uさん
           すっちーさん
          ・3回生
           M田

          そして今年はさらにWCCのOBであるK地さんも参加されました!

          ちょうど参加されているDCCのOBの方々と同期ですね。
          今回のメンバーは僕が1回生のときにお世話になった人ばかりだった…。

           

          今回、一番の若手が3回生で前日をもって自分たちの代が終わっている僕で、もちろん現役は他にいないという老害メンツという形に……。暗峠ランはもう若返りは無理なんだなとOBの方々も呟かれておりました。

          6時をだいぶ過ぎてようやく出発。
          程なくして暗峠の登り口に到着。

          ここで電車で来られたはっせさんと合流しました。

          このときすでに6時半前となっていて、これから登る時間を考えると日の出まであまり時間がない。


          いつも通りの登りの始まり。

          ちょっと見ればわかるんですが、過去の暗峠ランの記事の写真と比べてこの時点ですでに結構明るいんですよね…。

          ということで、早速スタート!
          …したものの老害となった僕には体力的につらく、住宅地を抜けたか怪しい程度のところで即座に断念。新入生の頃はキャンピングでサイドバッグまでつけて、足がついても再び登ろうとしていたのにそんなものはもはや昔の話…。

          初の暗峠で斜度が予想を上回ってしまったK地さんと一緒に押しながら登っていました。

          暗峠のことや今のDCCについて、または昨年の早同のことなどお話ししているとあっという間に明るくなっていく。

           

          押して斜度のつらい区間は越え、頂上まであと少しの斜度が緩くなるところから再び自転車に乗って、頂上を目指す。

           

          ようやく頂上に着いて、信貴生駒スカイラインに入ると先頭で走っていたTKDさんと徒歩のはっせさんが先に着いていた。

          TKDさん「自分ら遅すぎるやろ。もう結構前に日昇ったで」

          知ってました…。だって頂上付近まで来ると途中から下って行く人たちと何度かすれ違いましたから…。
          そんな感じで目的の初日の出の瞬間は2人しか見れなかった感じですね。
          グダグダでした。


          とはいってもせっかく来たので恒例の記念撮影を。

          今回はこんな風にすっちーさんがカメラを構えてくれていました。

          すっちーさんにも撮っていただいたのですが、今年はいつもと違う撮り方が流行?しました。
          普通にスマホで撮ると、去年の暗峠ランの記事にあるように、逆光でシルエット写真になってしまいます。
          そこではっせさんが試していたのが…自撮り!


          自撮りでやるとシルエットにならないみたいなので、全員で集まって…

          この人数だと枠内に収めるのが難しそうですね。

          記念撮影も終わり、奈良側へ下るUさんと別れて、6人で来た道(激坂)を下る。
          さすがにドロハン勢には下りは危ない。なので先行してずっと下っていたのはドロハン勢で唯一のすっちーさんと下りが正義のファットバイクのナルナルさんとマウンテンの僕の3人でした。
          昨年は少しナルナルさんのファットバイクを貸していただき、下りの安定感を楽しませてもらいましたが、今年はすっちーさんが少し貸してもらっていたようで、ファットバイクでの下り心地を感じていたようです。

          下りきったあとは昨年同様に東花園駅前のマックで朝食をとりながら1時間ほどお話して解散しました。

          今年は現役が僕以外にいなかったので、もう少し増えてほしいなというのが感想です。

          1回生はOBの方を知らないので来にくいかもしれませんが、初日の出を見に激坂を登るというのも思い出になるので、大阪や奈良などの実家生は是非一回参加してほしいですね。
          TKDさんいわく「僕は当然来年もやるつもりでいるよ」とのことなので、また来年をお楽しみに。もちろんやるからには僕も行きますよ!

          そんなわけで少しグダグダでしたが、2017年暗峠ランでした。
          そして遅くなってしまいましたが、今年一年が良い年でありますように!


          6月ラン 紀伊秘境班

          0

            こんにちは。つい先日夏合宿がなくて物足らず、山陰に個ツアに行っていた二回生スケルトンです。

            なだれこみも終わり、夏休みも残りわずかですね(笑)

            さて、今回は6月ラン最後の砦、紀伊秘境班について書こうと思います。(遅すぎる笑)

            この班は2回生の私スケルトンかいが計画したものですが、その経緯から軽く書きます。

            〈ある日〉

            ス:「6月ランどこ行くー? おれ谷瀬の吊り橋行きたいねんけど。」

            か:「あ、その近くに十津川温泉あるで。おれ車で行ったわ。」

            ス:「ええやん。」

            〈数日後〉

            か:「なー、十津川温泉の先に川を自分たちで掘って作る温泉あるで。」

            ス:「ええやん。それやったら和歌山近いし、那智の滝見て帰ろ。」

            か:「そーしよ。」

            〈そのまた数日後〉

            か:「なー、通り道に玉置神社と熊野本宮大社あるで。すげーパワースポットらしい。」

            ス:「行こ行こ。」

             

            こうして2回生の行きたい所を直線で繋いでできたのが紀伊秘境班のコースである。(笑)

            ゴールは自然と那智の滝に近い紀伊勝浦駅になったので特急くろしおで帰ることになった。

            危険しかしここで問題発生危険

            往復の電車賃だけで8000円を超えるこの班に来る1回生はいるのだろうか。いや、いない。

             

            しかし今年の1回生は優秀である。あのえげつないキャンピングを乗り越えただけはある。

            なんとM尾N原というふたりの勇士が参加してくれることになったのである。

            こうして4人での6月ラン紀伊秘境班が幕を開ける…

             

            6月24日(金)

            この日は普通のトレが行われる金曜日。

            しかし2回生はある企てを画策していた。 ……そう自走である。

            DCC2回生の間では自走がもう合言葉なのである。

            土曜日の朝9時に1回生と奈良県の五条駅集合にしたため、朝5時にかいのホーム大阪府和泉を出発する。

            ということで私スケルトンはトレが終わると速攻でホーム兵庫県西宮市に電車で帰宅し、和泉に向かって自走を始めた。

             

            夜の大阪を疾走する。西成地区、天王寺、新今宮、堺。

            ヤバい地名が次々に目に飛び込んできて、何も巻き込まれませんようにと祈り続けながら爆走する。(ホントに怖かった)

             

            そして11時半ぐらいに和泉市に到着した。

            もちろんかいと待ち合わせをし、公園野宿である。(in 和泉)

            かいは家を出るときに母親に「なんで家のすぐ近くで野宿するの」と聞かれたらしい。(笑)

            こうして和泉で夜が明けていく……

             

            6月25日(土)

            朝3時、豪雨の音で目が覚める。

            といっても虫やらなにやらでふたりともほとんど寝ていない。

            もうどうせ寝れないということで雨が弱くなった4時くらいに出発。

            寝起きのかい(たぶん寝てない)

             

            コンビニで朝メシを済ませ、闇の中に自転車を繰り出す。

            五条駅までは地元で土地勘もあるかいにCLしてもらうことに。(半強制)

             

            和泉から五条までは10km級の峠ひとつ。

            雨もほとんど止み、特に何も起きず、写真もないので飛ばします笑。(ただ筆者のパンクはあった)

             

            そんなこんなで無事9時に五条駅近くのスーパーで集合。

            夜の自炊の材料を購入して、出発します。

            輪行お疲れな1回生

            徹夜自走でボロボロな2回生

             

            1日目はひたすらR168を南下し、谷瀬の吊り橋を観光後、十津川温泉を目指す。

            峠はひとつだけですが、まあまあのキツさ・長さでした笑。

            途中の道の駅で休憩

             

            雨も降ったり止んだり。みんなで励まし合いながら

            谷瀬の吊り橋到着ー!

            日本一長い吊り橋で、下も見え、横にも結構揺れるのでスリル満点でした。

             

            谷瀬の吊り橋を観光した後は十津川温泉を目指します。

            途中で土砂降りの雨に遭うもどんどん進んで行く。

            橋の上で休憩している一行

            そして十津川温泉ゴール!

             

            温泉が無料開放期間でタダで名湯を楽しめました。(私の行いがいいからである。)

            その後、近くの道の駅で恒例の闇鍋をして、すぐ就寝しました。

             

            6月26日(日)

            朝4時半。4人の目覚ましが一斉に鳴り響く。

            なぜこんなに早いのか。それは120kmの2000upというクソコースであるからである。

            しかも17時台の特急に乗り遅れると路頭に迷うことになるのでゆっくりしている暇はない。

             

            朝メシを済ませ、5時過ぎに出発。

            早朝なのですごく寒かった

            そしてわりとすぐ玉置山ののぼり口に到着

             

            ここから頂上にある玉置神社まで10kmの山岳ゾーンです。(笑)

            "峠のエースストライカー" 臨戦態勢OK?

            のぼりと聞いて嬉しそうに上着を脱ぐ1回生

            霧が出てて神秘的。(スタートの橋の上からの1枚)

             

            森の中を走ります。

            ジブリに出てきそー(小並感)

             

            一定のキツさの斜度を保ちながらのぼっていきます。

             

            頂上到着!2回程の休憩込みで2時間弱でした。

            M尾N原もなかなかはやく、一番ヤバそうだったのはかいでした。(笑)

             

            さあ、ここからは観光です。

            玉置神社。かなりのパワースポットだそう。せっかくなのでポーズ決めます。

            すげー杉発見

            おれのことやろ?笑

             

            この後、2時間弱かけてのぼったところを一瞬で下ります。

            そしてひたすら南下。

             

            1時間弱で熊野本宮大社に着きました。

            観光客で賑わってました

            熊野本宮大社もパワースポットだそう。今回はパワースポット巡りですね。

             

            晴れで良かったと感謝しながら走ります。

            しかし、アツい、アツすぎる。そう思ったころに川湯温泉到着。

            川湯温泉は普通の冷たい川底を自分たちで掘って、温泉を掘り当てて作ります。

            がんばれよう。(筆者はCLの職権を乱用し何もしませんでした笑)

            完成ーーーー!

            自分たちで作った温泉は格別ですね。

             

            温泉からあがり、再び走り始めた一行を疲れが襲います。

            そうです。人間は体を水につけるとだるくなります。(筆者の理論)

            吉野川沿いにずっと進み、ようやく新宮に到着。

            市内の王将で昼メシです。

            M尾も顔が死んでます。(なぜなら4時起き)

             

            昼メシを済ませた後、最後の観光スポット、那智の滝を目指します。

            道中の太平洋を臨むところで休憩

            滝直前のラストアップやぁー

            じゃーん。那智の滝着きましたー。

            迫力もスゴかったし、マイナスイオンが体で染み渡っていくようでした。

             

            これで予定していた全てのスポット制覇!

             

            滝を後にしたのが電車が発車する1時間前ぐらいだったのでギリギリでしたがなんとかゴール!

            みんな疲れ切ってました。(笑)

            この後、特急で輪行し、帰りました。

             

            紀伊秘境班は6月ランとは思えない距離、獲得標高、破格の電車賃でした。

            最初1回生誰も来ない説がありましたが、ふたりが来てくれて良かったですお辞儀(おつかれー)

            1回生のふたりはこのコースを走り切ったぞという自信になったのではないでしょうか。

            観光も多く、峠もヤバく、大満足の6月ランでした。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            6月ラン 三方五湖班(注:ダート)

            0

              こんにちは。テストが終わり、学校への定期券も切れるので先日必要な装備をすべて回収したのに、レポートの提出が事務室であることを思い出してまた学校に行かなければならないへかにゆよです。もう8月、、、なだれこみ夏合宿の季節ですね。

              ↑と書いてからはや1ヶ月… 時間の流れは早いですね。(すいません)

              さて、ようやくゆっくり時間を取ることができるようになったので6月の第三週の週末に行われた6月ラン三方五湖班の報告をします。

              二回生が各々自由気ままにコースをつくる中、「ゆるぽた」と謳い「6月ラン最後の良心」と言われていたがその実態は…!?

               

              6月18日(土)AM

              いつものように朝9時にBOXに集合し、三方五湖班のメンバーが集まります。今回は人数が多すぎるので名前だけで。

              メンバー

              5回生(1日目のみ) MNMさん すっちーさん

              3回生 M田さん M島さん

              2回生 へかにゆよ スケルトン

              1回生 HRI MKN Mまな YSKW TNK TMKW NKY  

              MKNとMまなにとっては初の自転車のお披露目でしたき

               

              この日は国道367号線で朽木経由で小浜を目指します。

              まずは八瀬のコンビニで休憩。。

              いい天気に恵まれました。

               

              今日の峠は途中越と花折峠の2つ!

              途中越が終わったらすぐに花折峠が待ち構えているので、そこが少しキツいかも。

              花折峠手前にて

               

              花折峠を下ると、川沿いの緩やかな下りの道が続いていて、まるでキャンピングのようでした。

              この日は気温もやや高かったので、川からの涼しい風が最高に気持ちよかったです。

              そんなこんなしているうちに、道の駅くつき新本陣に到着

              ここで1時間昼休憩を取り、僕は道を挟んだところにあるそば屋に行きました。

              10割そばもあったのですが、値段の関係から3割そばを選択。

              おいしかった(小並感)

              さて、そばを食ったら再び小浜方面を目指します。

              道の駅若狭熊川宿にて。

              ここで阪大サイクリング部の方々と出会いました。

               

              小浜駅までのT字路でMNMさん、すっちーさんと別れ、かれこれ40kmほどで小浜港に到着です。

              この日の目玉はなんといっても小浜港の目の前にある温泉!

              疲れた体を癒しながら露天風呂で日本海をずっと眺めていました。

              風呂上がりの一杯。

               

              風呂から上がるといい感じに日が暮れかけていたので、

              せっかくなので小浜港で記念撮影を撮ることに。

              お決まりのポーズ

               

              集合写真その1 なんか左のほうに変な2人組がいますね…

               

              集合写真その2 真面目に撮ってみた

               

              さあ、写真を撮っていたら日が暮れたので、近くのスーパーで食材を買い、

              道の駅若狭おばまに向かいます。スーパーと道の駅がとても近かったので助かりました。

              メニューは・・・

              鍋ヤサイマシマシ!(知ってた)

              今回は人数が多いので鍋を2つ使って調理しました。

              腹を満たしたらいざ就寝。

              寝る直前に気づいたのですが、隣が交番でした。

               

               

              6月19日(日)

              朝6時に起床し、行事特有の寝ぼけながらみんな無言で朝飯を食い始める。

              今日は小浜から若狭幹線林道を通って、三方五湖・敦賀に行きます。

              林道の入り口までは10kmくらいでそんなに遠くはないのですが、ここから断続ダートが始まります。

              林道の入り口。雨が降ってきました。

               

              ここからは車もほぼ来ないのでフリーラン自由ランです!

              DART NO HAJIMARI

               

              ダートといっても、砂利道みたいなものでとっても走りやすかったです。

              1回生のなかからダートってこんなものなのか、という声が出始め、

              M田さんからも「このダート最高」という言葉を頂きました。

               

              まずいですよ!

              元気が有り余ってますね!

               

              ダートを漕ぐこと10kmちょい、本日一番の絶景に到着です。

              上半身を開放するスケルトン

              ここで野宿したら気持ちよさそうですね。

               

              さあ、あと10kmほどでダートを抜けて三方五湖です。頑張れ!

              伴走するM島さん

              自ら2Lを重りをのせていくスタイル

               

              ダート楽しいでしょ?

               

              ダートを降りる際に大雨を食らったので、道の駅三方五湖で雨宿りをしつつ、

              昼食にスパゲティを作りました。この時点でお昼の三時くらいで、もう三方五湖に

              行かなくてもいいんじゃないか、との声も出ましたが、一応三方五湖班と名乗っている以上

              行くべきだろうということでサラッとだけ三方五湖脇を走り、敦賀駅に向かいます。

              本当に通るだけでした。(笑)

               

              あとは惰性で30kmほど走り、夕方の5時ごろにゴールの敦賀駅に到着

              新快速で1本で京都まで帰れます!

              さて、三方五湖班はまさかの三方五湖メインではなくかれこれ20kmほどのダートが

              メインの6月ランとなりましたが、今回ダートを走行することで、ダートがどのようなものか

              を知るいい機会となったのではないでしょうか?

              またこの行事の後にはなだれこみ等の長期ツーリングもありますが、また頑張っていきましょう!

              お疲れ様でした!(因みに筆者は疲れてこの日家の玄関で寝ていた)

               

               


              キャンピング2016 5班

              0
                こんにちは、HP局のへかにゆよです。気づけば6月ですね。
                前回、キャンピング1日目について記事を書きましたが、今回は2・3日目の5班編ver.です。
                メンバーは現役がS澤さんと僕、そして新入生がM君、H君、T君の合わせて5人!
                コースは、国道477号線・鈴鹿スカイラインを通って湯の山温泉・片岡温泉、そして四日市に行きます!

                2016年4月30日(土)キャンプ場ー四日市
                一日目のハードコースを乗り越えた我々だったが、生憎この日の朝はとても冷え込み、
                テント内にいても意外と寒かった…(みんなはよく眠れましたか?)
                まあ某2回生2人は好き好んでテントから抜け出して炊事場で寝袋にくるまって寝ていたが・・・

                今朝の献立は、昨日作ったカレーの残りに加えて、フルーツの缶詰とバナナ、牧場の朝(ヨーグルト)をチョイス。
                特にももの缶詰が人気でした!
                またどこかの班ではバナナに関する事件があったようですが、ここではそれについて語るのは控えておきます(笑)

                さて、我々5班は今日はキャンプ場から国道477号線沿いにひたすら進んで、鈴鹿山脈を越えるのですが、前半はひたすら
                田んぼ沿いの長閑な道を進みます。大自然って感じだ。
                途中、日野にあるフレンドマートで昼食を買います。ここから三重県に入るまでは山岳地帯なので、あんまり補給ポイントが
                ないので注意!

                昼食を買い、適度に休憩した後、再び国道477号線沿いに東に進みます。
                ちなみに、ご存知の方も多いとは思うが、この国道477号線はあの花脊峠や百井峠を通っている国道で、
                大阪の池田から三重県の四日市まで結んでいる長距離国道だそうだ。

                日野の市街地を抜けてからは、いよいよ登りが始まる。とはいっても、三重県側は傾斜が急であるが、こちら
                滋賀県側は5%ほどの傾斜が続くような感じなので、サイドバックをつけている身からするとありがたい。
                さて、そんな感じの坂を登っていると、蔵王ダムを抜けたところにある、野洲川ダム手前の河川敷が良さげで、時間も
                お昼時であったのでここで昼食をとることにしますマクドナルド

                お昼休憩を経て、いざ鈴鹿ラインへ!(国道477)

                6%くらいの斜度がずっと続きます。頑張って!

                漕ぐこと一時間余…
                ついに峠に到着。ここからはトンネルを抜けてずっと下りです。

                さて、本日のメインディッシュは峠を下ったところにある
                湯の山温泉で温泉に入浴すること!
                早速近くにある旅館で日帰り入浴ができるということで行ってみることに。
                しかし、いきなり「今日は日帰り入浴はもう終わった」と断られる・・・
                ネットに書いてあった情報と違うじゃんと思いつつ、その後数件をまわるが、
                いずれも終了したとのこと。筆者、この辺りから疑心暗鬼になり、もしかして
                我々の格好を見てお断りしているのでは?と思い始める(実際そうかもしれない・・)
                最後の望みをかけて、峠を下りきったところにある某ホテルに突撃!
                願いがかなったのか、普通にOKとのことで、念願の風呂を堪能することができました( ´∀` )
                やっぱり漕いだ後の風呂っていいね。

                風呂に入った後は、スーパーで飯を買ったのち、夜景で有名と言われている某公園に行きました。
                まだ日が暮れていなかったので、夜景を見る前にひとまず晩飯を食べよう、ということで早速準備に取り掛かります。
                メニューはお馴染みの鍋。もちろん鍋キューブ。

                さて、飯を食べたら夜景を見る為に、公園内をちょっと移動します。
                普通の遊歩道でもアクセスできますが、なんとなくトレイルを選択。
                (自転車には乗っていないよ)

                そして夜景で噂の展望台。
                スマホで撮影したので映りは悪いですが、生で見ると八日市の工場が綺麗ですよ!!

                家族連れやカップルが多かったです。

                2016年5月1日(日)四日市

                キャンピング最終日である三日目は、四日市から一旦湯の山温泉方面に戻り、片岡温泉に行った後、四日市港に
                あるタワーに登ります。

                長閑な道を走っていきます。

                走ること1時間強で、片岡温泉に到着です。
                この片岡温泉、美術館のように洗練されたデザインをしていました!

                画像右にある建物が温泉です。

                お疲れの模様。
                疲れはとれたかな?

                さあ、温泉に入った後は、四日市港にある
                四日市港ポートビルに登ります。
                この日は快晴だったので、見晴らしが良かったです。

                三重県で一番高い建物だそうで。

                亀山方面

                湯の山温泉方面

                桑名方面

                なんやかんやで結構1、2時間ほど滞在していました(笑)
                ふと時計を見ると12時近くに。
                ネットで検索をかけたところ、近くに安くて美味しい
                海鮮丼を食べられる食堂があるそうなので、せっかくなので行ってみることに。

                これで1000円程。
                けっこうボリュームあるでしょう?
                地元の方も多く、大衆食堂という感じでした。

                この日は、京都に夕方には戻るべく、早めに電車に乗らなければならない為、
                この後は近くの富田駅から輪行をして京都まで帰り、これで三日間のキャンピングが終了しました。

                一回生のみなさん、キャンピング三日間はいかがでしたか?
                主に一日目がきつかったと思いますが、そういったことも含め、思い出になってくれたら幸いです!
                みんな三日間お疲れ様でした!(*'▽')


                 

                キャンピング2016 一日目

                0
                  こんにちは、HP局、兼キャンピングサブリーダーのへかにゆよです。
                  先日行われましたキャンピングの報告をします。
                  ちなみにコース作成者は僕です。(突然のネタばらし)

                  1日目 京都〜希望ヶ丘キャンプ場(滋賀県竜王町)

                  朝7時の学生会館の二階。
                  この日からDCC最大の新歓行事、キャンピングが始まります!


                  自転車のキャリアにサイドバックを取り付けていざ出発。
                  今年度のキャンピングのコースは、大学から宇治を通り、長坂峠府道782号線
                  を経由して滋賀県竜王町にある希望ヶ丘文化公園のキャンプ場を目指します。


                  交差点で信号待ちゆう★

                  長坂峠から滋賀県に入るまでは、アップダウンの激しい山岳地帯なので、
                  長坂峠前のスーパーで休憩しつつ昼飯を先に購入しました。




                  いい笑顔です!

                  さあ、ここからが踏ん張りどころ。
                  斜度10%を超える坂が容赦なくみんなに襲い掛かります。

                  ギアが足りない!


                  プロレーサーかな?

                  それでも、新入生みんな必死でペダルを回してくらいついています。
                  昨年、同じような激坂で足を攣った僕からすると今年の新入生は
                  本当にみんなスゴイです。タフやなぁ・・・
                  (実際、僕の見る限り今回のキャンピングで足を攣った人は
                  見受けられませんでしたkyu

                  そして頂上に到着!

                  ここを下って、もう一つ峠を超えたら
                  昼休憩です。頑張って!

                  長坂峠奥にあるもう一つの峠を越え、平坦な長閑な道を進んだところにある
                  アクトパル宇治」にてようやく昼休憩。
                  この先は、再び峠を一つ越えた後、フリーランです。
                  本日の峠も残すこと二つだから頑張って!

                   頂上にて。

                    マ○ロスΔのポーズ

                  さて、この峠を下るとサポートカーの姿が。
                  いよいよフリーランの始まりです。
                  あ、上回生は一回生の40秒後スタートです!(ニッコリ)


                  フリーランでも笑顔は絶やさない。
                  一応補足すると、この坂、実は最高斜度は25%超です…
                  まさしくいけないボーダーラインである。
                  (ちなみに僕はしんどくて終始真顔でしたクッキーモンスター

                   ゴール前の副将

                  ラストアタック!
                  ちなみに上の画像にひっそり移っているピンクの
                  セレッソ大阪のユニフォームを着た彼は
                  11番ということで峠のエース・ストライカーと呼ばれていた。

                  フリーランが終わり、休憩した後、峠を下って本日の峠要素はようやく終了です!
                  この先は、石山から瀬田川沿いに琵琶湖方面に行ったあと、県道18号線、県道2号線を
                  経て守山にある「ほたるの湯」で入浴し、そしてキャンプ場に到着してみんなでカレーを
                  作り、キャンプファイヤーを行いました!

                  1日目お疲れ様です矢印上

                  1日目は峠が前半に固まっていたこともあり、一部の超人たちを除いて
                  しんどかったことかと思います。しかし、みんな本当に1日目よく
                  頑張ってついてきてくれました!
                  2日目からは各班ごとに行き先が分かれますが、峠要素が多かった1日目とは
                  趣向を変えて観光要素も入れたコースが待っています手
                  中にはあのスイーツを食べた班も…!?
                  2日目以降は各班ごとに報告しますので、お楽しみに!!

                   

                  春合宿自走ツーリング(前編)

                  0
                    こんばんは、HP局のへかにゆよです。
                    さて、先日はキャンピングが行われましたが、いかがでしたか?
                    坂がとても急で辛かったこともあるでしょうが、コース作成者の僕としては、
                    2日目以降の各班の観光やツーリングの醍醐味を楽しんでもらえたら幸いです。

                    さて、キャンピングの行事報告は写真を整理してからとして、今日は
                    今年3月に鹿児島で行われた春合宿の一回生(現二回生)による自走ツーリングについて。
                    写真メインでお送りします。

                    1日目 3月4日(金)尾道ー見近島
                    サラリーマンで賑わう朝6時の大阪駅。そこに自転車とサイドバックを持ったへかにゆよかいが集合する。
                    3月中旬から始まる春合宿に先立って、しまなみ海道や阿蘇山などの観光名所を通って自走する個人ツアーの始まりだ。
                    新快速に乗って姫路まで行き、そこからまっ黄色の電車に乗り換えて岡山駅、そこから更に乗り換えて尾道駅まで輪行します。

                    尾道駅に着き、駅に併設している輪行スペースで輪行解除。
                    流石サイクリストの聖地、自転車乗りに優しい…

                    やや小雨が降るものの、気にせず尾道大橋を通ってしまなみ海道一つ目の島、向島へ!
                    国道317号沿いにあるスーパーで昼休憩をした後、展望が良いらしい高見山へ。
                    標高が280m程度で斜度もそれほどきつくはないものの、久しぶりにサイドバックをつけて
                    走るせいか意外としんどかったです。


                    頂上に到達手

                    しまなみの景色をぼーっと眺めるかい

                    曇っているものの、この辺りから天気が良くなっていきました!

                    高見山からの眺めを堪能し、二つ目の島、因島&三つ目の島である生口島へ行きます。

                    道を確認中…

                    「しまなみ海道」という名の通り、離島が立ち並ぶ海沿いを走るときもありますが、
                    島の内陸部は結構アップダウンがあったりします。

                    天気が晴れてきました矢印上
                    (因みに、この上の画像の芝生をはしゃいで走り回ったせいで大三島までに
                    数回パンクする羽目に… 悲しい。)


                    なだれこみが(精鋭揃いの?)信州班で山ばかり行っていたということも
                    あり、港の眺めはキャンピング以来かもしれません(笑)

                    そして、四つ目の島・大三島に到達し、愛媛県に入ります。

                    道の駅「今治市多々羅しまなみ公園」での一枚。

                    この後は五つ目の島・伯方島(塩で有名ですね!)で晩飯の材料を買い、
                    本日の最終目的地である見近島へ。
                    実はこの島、伯方島と大島の間にあるのですが、島全体が無料のキャンプ場となっている
                    無人島で、アクセス方法が徒歩、自転車、バイクだけという面白い島になっています。
                    晩飯は勿論、調理が楽で栄養満点の鍋キューブを使った鍋です!
                    2人ともうっかり箸を忘れるという事態が発生しするも、コッヘルですくうという
                    荒業で困難を乗り越え、美味しく頂くことができましたkyu
                    島に大して明かりがない上、周りが海ということもあって星空がとても綺麗でした。


                     
                    2日目 3月5日(土)見近島ー八幡浜(−別府)
                    まだ夜が明けきっていない朝5時に起床。とても寒く、前日に買っておいたパンをほおばって
                    日の出とともに出発。
                    この日は約140km走らなければならないので、早めに出発します。
                    しまなみ海道最後の島、大島を経て、四国本土に上陸!

                    この日は天気に恵まれました。

                    今治から松山までは海岸沿いの道を走行したのですが、ここにも自転車レーンが
                    あってとても走りやすかったです。

                    かいの鬼引きにより35キロ巡航であっという間に松山に到着。
                    松山といえば道後温泉ということで、早速道後温泉へ。

                    道後温泉の駐輪場へ行くと、我々と同じくサイドバックを積んでいる上、フロントバックまで装備している
                    ランドナーが端っこに止まっている…。
                    あれ、このスタイルどっかで見たことあるよねと話していると、自転車の持ち主らしき人が登場。
                    ん?
                    んん?
                    なんとWCC一年生(現二年生)のS君だった‼┗(^o^)┛ドコドコ┏(^o^)┓ドコドコ
                    S君「えっ…え?どうしてここにいるの?(正論)」
                    へ「いや、温泉入りたいな〜と思って」
                    S君「君らの春合宿確か鹿児島じゃなかったっけ?(´・ω・`)」
                    へ「自走も兼ねてツーリングしてるねん(*'▽')」
                    S君「今から前日集合するんだけど、せっかくだし君らも顔出していきなよ」
                    ということで、春合宿前のWCCの皆さんにお邪魔することに。

                    WCCでは、明日から四国で春合宿を行うそうで、今日はスタート地点である松山で前日集合ということで一旦集合するそうです。
                    世の中こんな偶然もあるもんだね。



                    DCC一回生2人とWCC一年生4人で。

                    私たちの春合宿は3日間ですが、WCCの春合宿は8日間あるそうです。
                    お互いケガや体調に気を付けて、良い春合宿を!
                    WCCの皆さん、お邪魔しましたkyu

                    さて、ツーリング特有の偶然の出会いでテンションが上がった我々一同は、温泉に入った
                    後、温泉街にある定食屋で昼食をとりました。僕はかつ丼をリクエスト。

                    しかしながら、まだお昼のこの時点で60キロしか
                    漕いでいないので、先を急ぎます。
                    自走ツーリングに休みという休みはないぞ!
                    松山から八幡浜までは、夕やけこやけラインという、これまた
                    ひたすら海岸線沿いを行く道を選択。
                    ちょうど夕焼けの頃に走っていました。
                    はしゃいで爆走したせいで後半しんどかったです。

                    コンビニが極端に少ないので注意。

                    なんだかんだで八幡浜に着いたのは夜7時過ぎ。
                    今日はこの八幡浜港から、0時発の別府港行のフェリーで大分まで
                    行く予定ですが、時間があるのでゆっくりくつろげるファミレスに行くことに。
                    かれこれ3時間くらいいた気がする。

                    それからは八幡浜港に行き、ついにフェリーに乗船。
                    電車に自転車を持ち込むことはあっても、船に自転車を持ち込んだ
                    のは今回が初めてなので、かなり新鮮だった。
                    係の人が自転車をロープで固定してくれます。


                    別府までは2,3時間で着くんですが、この便は船内休憩といって
                    別府港に到着しても数時間休憩、即ち寝ることが追加料金なしでできるので
                    我々にとってありがたい。

                    空気を入れるタイプのハンディー枕に空気を入れるかい
                    ちなみにどうでもいいがこの前facebookで彼がプロフィール写真にこの画像を使用していた。

                    さて、寝ようとしてゴロンと横になったときのことだ。
                    何やら右肺のほうに見覚えのある違和感を感じる…
                    そう、実はこのとき人生二度目の肺気胸になっていたのだ!
                    薄々分かっていながらも、眠かったのでとりあえず寝る。

                    3日目 3月6日(日)早朝 別府

                    起きたころにはもう別府港に既に着いており、船内休憩の終わりを告げる
                    アナウンスが流れていた。
                    肺に違和感を覚えつつも、とりあえず船を出て九州上陸!(人生初でした笑)
                    この日は、僕へかにゆよかいに加えて、同じく一回生(現二回生)のたかみんめりっさ
                    たちと別府駅にて落ち合う予定をしていた。

                    別府駅に行き、待つこと10分。
                    変な声をあげながらこちらに向かってくる輩がいた。あの二人である。


                    別府にて全員集合!

                    話によると、前日に18きっぷを使って一日中かけて
                    別府まで向かい、そこから野宿をしていたらしい。
                    春合宿自体は寝袋が要らない関係でそのような類を
                    持っていない2人は雑魚寝していたとか。ようやるわ・・・

                    とりあえず、みんな朝飯がまだだったので早朝にも開いている
                    マクドナルドに行き、朝マックを食べる。


                    このとき、肺への違和感が昨晩よりも若干ひどかったので、
                    僕だけ泣く泣く自走の中断を決意し、とりあえず施設の整った病院
                    で見てもらうべく、博多にいくことになりました。
                    他のみんな頑張れよ〜(煽り)

                    他の一同は、これから阿蘇山を経て熊本まで行くのですが、そのことについては
                    また後編にて。

                    P.S.
                    電車に揺られること3時間、博多に到着した僕は駅前の病院に行き、レントゲンを撮ってもらいました。
                    医者「これは気胸だね〜」 やっぱりか。
                    超軽傷なら博多でのんびりしたのち、鹿児島まで行こうと考えていたのですが、すぐに治るほどの軽傷でも
                    なかったので、急遽京都に帰り、かかりつけの医者に診てもらうことにしました。
                    気胸により帰郷ですね。

                    今ではもうすっかり大丈夫なのですが、春合宿や阿蘇山に行けなかったので、
                    また機会があればそっちも行ってみたいと思います!

                     

                    2016年度の新歓のお知らせ

                    0

                      新入生のみなさん、初めまして‼
                      こんにちは、同志社サイクリングクラブ(DCC)HP局のへかにゆよです。
                      私たちDCCでは、新入生の皆さんにこのクラブの雰囲気を知って頂くべく、
                      様々な新歓活動を行っていきますので、今回はその内容をお知らせします!
                      新入生だけでなく、新2、3回生や他大学の方も大歓迎ですき


                      .咼蘿柯
                      入学式翌日の4月2日(土)〜4月5日(火)までの4日間、新歓行事の日程や
                      詳細について記載したビラを今出川&京田辺校地両方(5日は今出川のみ)で
                      配布します!この黒いジャンパーを着た人が目印です。

                      なお、ビラに記載してあることはこちらのブログやTwitterでもお知らせする
                      のでビラが無くても大丈夫ですよ!

                      ⊃郡織汽ぅリング説明会
                      DCCについての紹介と共に、下にあります「新歓サイクリング」の参加の
                      可否やコースの選択をして頂く
                      ことを目的として設けております。
                      新歓サイクリングは予約必須ですが、説明会は予約不要なのでお気軽に来てくださいね!わーい
                      また、説明会の後には部員たちと一緒にトレも行うので、そちらも良かったら参加して下さい‼
                      何から手をつけていいのか…って方は、まずこちらにお越しください!
                      日程 第一回 4月5日 18:00〜 @今出川BOX(部室)245 
                         第二回 4月8日 18:00〜 @今出川BOX(部室)245&@京田辺BOX(部室)102

                      ※どちらも予約不要です☆

                      集合 

                      今出川の場合 地下鉄烏丸線「今出川」駅 北改札口
                      (ファミマがあるほうです!)に17:45

                      京田辺の場合 京田辺キャンパス内「デイヴィス記念館」前
                      (入学式をやった場所です!)に17:45 です! 


                      新歓サイクリング
                      京都近郊を一日自転車で走りますオレvigo サイクリングと共に、寺院も見て回ることができますよ!
                      嵐山コース東山コース伏見コースの三つのコースの中からお好きなコースに行くことができます。
                      もし体力に自信があるなら、東山コースがおススメ!(自転車、ヘルメットは貸し出し可能です)
                      また、夜には10日は焼肉、16日はお好み焼きの食べ放題をご馳走しますよ‼
                      ※こちらは予約必須となります。予約は説明会の際にして頂くのが原則ですが、説明会に行けない
                      場合はブログのコメントやTwitter等でこちらにご一報下さい!

                      日程 第一回 4月10日(日)
                         第二回 4月16日(土) 各日程京都御所から10:00頃 出発
                      ※集合は新歓サイクリング説明会の際に、又は個別にお知らせします!


                      ぅャンピング
                      DCC最大の新歓行事4月29日(金)〜5月1日(日)の2泊3日で実際にツーリングの旅に出かけよう!
                      今年は3〜4つの班に分かれて滋賀方面に行きます!一日目は各班とも一緒の場所を走りますが、
                      二日目以降は各班ごとに分かれて行動します!どこに行くかは当日のお楽しみということで…
                      kyu
                      勿論自転車、ヘルメット共に貸し出し可能です!
                      ※こちらも予約必須となります。詳細や予約は新歓サイクリング説明会、新歓サイクリングの
                      際に行います!

                      昨年度は舞鶴方面に行きました。
                                     一日目  二日目  三日目




                      DCCはサイクリングをするサークルですが、サイクリングが好きな人は勿論、
                      クリテリウムなどのロードレースに出る人、トレイルやダートが好きな人、
                      登山が好きな人、野球観戦が好きな人、ゲームが好きな人、アニメが好きな人、
                      ラーメンが好きな人など他にも様々な趣味を持った個性豊かなメンバーが
                      在籍していますので、自転車以外にも共通の趣味を持つことも多いですし、
                      色んな楽しみ方ができるのがこのサークルの強みだと自負しています!
                      それでは、四月に皆さんとお会いできることを楽しみにしつつ、
                      これにて新歓のお知らせとさせて頂きます。


                      このブログ以外にも、Twitterでも情報を発信しているので、
                       そちらも併せてご覧下さい! 





                       


                      2015年を振り返って

                      0

                         .

                        どーも、ひらです。

                        これが最後の更新になります。

                        今回は記事を読み返しながら

                        一年間を振り返ります。

                        新しいことは何一つ

                        出てきませんので、

                        つまんねぇな、と

                        思った方は

                        直ちにブラウザの戻るボタンを

                        押してください。

                         

                        ★走り始め★
                        (http://dcc.jugem.jp/?eid=506)

                        寒いこと言ってますが、
                        それより問題なのが
                        週1のペースを
                        守れなかったことです。
                        申し訳ございませんでした。


                        ★走り始め★
                        (http://dcc.jugem.jp/?eid=508)

                        保津峡は私にとって
                        因縁深い場所であります。
                        正確には、嵐山から行く場合に
                        乗り越えなければならない
                        六丁峠が、ですが。

                        初めて登ったのは
                        新歓行事のとき、
                        すなわち入学したての頃ですね。
                        あのときの衝撃は
                        今も忘れられません。

                        今でこそ鼻歌まじりで
                        一息で登ることができますけどね。
                        成長が感じられる瞬間でした。

                        ちなみにタイトルの元ネタは
                        某ライトノベルから。


                        ★春合宿★
                        Day01(http://dcc.jugem.jp/?eid=510)
                        Day02(http://dcc.jugem.jp/?eid=511)
                        Day03(http://dcc.jugem.jp/?eid=512)

                        約5年半ぶりの沖縄でした。
                        中学の修学旅行の時は
                        バスで美ら海水族館へ
                        行きましたが、
                        まさかそこへ自転車を漕いで
                        行くことになろうとは、、、!

                        人生どうなるかわからないものですね。

                        一番美味しかった食べ物は、
                        シークヮサーのドリンクです。
                        全国で販売してほしいなぁ。


                        タイトルの元ネタは
                        アイドルを題材とした
                        とあるアニメから。


                        ★自転車の解説★
                        (http://dcc.jugem.jp/?eid=517)

                        いやー、気持ち悪いですねぇ。
                        なにがって、たかだか1年しか
                        乗っていない人間が
                        偉そうに自転車のことを
                        語っているところが、です。

                        まぁ自虐は
                        ここまでにしておいて。

                        この記事を作るにあたって、
                        幼少期から自転車を
                        乗り回している同級生から
                        助言を賜りました。
                        彼のおかげでこの記事が
                        誕生したと言っても
                        過言ではありません。

                        というか、彼が書いた
                        ことにしてしまいましょう。
                        その方が説得力あるし。


                        ★新歓ラン★
                        (http://dcc.jugem.jp/?eid=520)

                        ヘッチャラなのは新入生です。
                        私は全然ヘッチャラではありません。
                        心労半端なかったです。

                        六丁峠は大丈夫だったんだけどね。

                        タイトルの元ネタは
                        某アニメのOP。
                        影山ヒロノブさんは私にとっての
                        スーパースターであります。


                        ★キャンピング★
                        Day01(http://dcc.jugem.jp/?eid=522)
                        Day02(http://dcc.jugem.jp/?eid=523)
                        Day03(http://dcc.jugem.jp/?eid=524)

                        なんといっても下見が
                        大変でした。
                        起伏のある道を120km、
                        全力で漕がねばなりませんでした。

                        明日は月曜日、
                        授業があるがゆえに
                        野宿はできないのです。

                        それでも下見に行ったのは、
                        京都の山間部を走るのは
                        楽しいということに
                        気づいたからです。

                        ゴールデンウィークの半分の
                        時間を割いて参加してくださった
                        一回生に感謝しております。

                        タイトルの元ネタは
                        ジャンプに掲載されていた
                        某お色気マンガ。
                        移籍前のギリギリを攻めていた
                        あの頃が好きです。


                        ★6月ラン★
                        (http://dcc.jugem.jp/?eid=540)

                        私は土曜日の午前中も
                        授業があります。
                        なので土曜日の朝から
                        日曜日の晩まで
                        自転車を乗り回すことは
                        できませんでした。

                        なので6月ランは不参加


                        、、、ではありません。

                        土曜日の午後スタートの
                        コースを自らデザインしました。

                        姫路からの六甲山。
                        線で結んでみたら、
                        思いのほかいい感じの
                        コースができあがりました。

                        姫路は大学受験で
                        一度訪れたことがあるのですが、
                        その時は工事中で
                        城がシートで覆われていました。

                        それから2年が経ちまして、
                        生まれ変わった姫路城を
                        拝見することができました。

                        個人的な願望を叶えるのに
                        行事を利用するのはゲスいと
                        思われるかもしれませんが、
                        そこは『年功序列』という権利を
                        行使させていただいたということで。

                        ちなみに、他には
                        淡路島を一周したり、
                        奈良の山奥を探検するコースが
                        作られました。

                        タイトルの元ネタは
                        六甲山のふもとと山頂を結ぶ
                        六甲ドライブウェイと
                        天の川を意味する
                        ミルキーウェイをかけたもの。

                        同じものが川に見えたり
                        牛乳に見えたりするのは
                        面白いですね。


                        ★なだれこみ★
                        北陸(http://dcc.jugem.jp/?eid=558)

                        えーっと、まずは
                        執筆してくださったムッチさんに
                        感謝したいと思います。
                        ありがとうございます。

                        なだれこみ北陸班のコースは
                        私がデザインしました。

                        コースをデザインするにあたって、
                        一つ決めていたことがありました。

                        乗鞍高原を走ろう、と。

                        そこから逆算していって
                        コースが完成しました。

                        乗鞍に行くと宣言した刹那、
                        コースかぶるやんけ、と
                        クレームが来ましたが、
                        無視しました。
                        かぶるからなんなんですか?

                        工夫したのは、峠に
                        体を慣らしていくような
                        作りにしたというところ。

                        初日はゆるやかな登り、
                        中盤にはハードな斜面。
                        終盤には峠2つにアタックし、
                        最後の砦に乗鞍高原、、、と

                        日を追うごとに難易度が
                        上がっていく構成にしました。

                        このことを踏まえたうえで、
                        これからツーリングのコースを
                        作成する予定のある方は
                        ルートラボというアプリで

                        DCC ひら

                        とAND検索をかけていただきたい。
                        何かのヒントになればいいなと思い、
                        公開してあります。
                        参考にしていただければと思います。

                        というか、この通りに走っても
                        それなりに楽しめると思いますよ。
                        私一番の自信作です。

                        私の予想に反して、多くの2回生が
                        積極的に記事を書いてくれたので、
                        そちらもあわせて紹介します。

                        東北(http://dcc.jugem.jp/?eid=555)
                        東海(http://dcc.jugem.jp/?eid=562)
                        信州Day01(http://dcc.jugem.jp/?eid=559)
                        信州Day02(http://dcc.jugem.jp/?eid=561)
                        信州Day03(http://dcc.jugem.jp/?eid=567)
                        信州のみWIPです。
                        気長に待ってあげてください。


                        ★耐久ラン★
                        (http://dcc.jugem.jp/?eid=557)

                        物議を醸しそうな記事ですね。
                        私は写真を撮るために
                        地に足をつけたことは
                        一度もありませんからね?
                        休憩のついでにパシャリと
                        撮ってるだけですからね?

                        この記事で伝えたかったのは、
                        DCCは『どこかへ行く』ことよりも
                        『自転車を漕ぐ』ことに
                        かなりのウェイトを置いている、
                        ということです。

                        私はDCCのこのスタンスを
                        否定するつもりはありません。

                        ただDCCの特徴を
                        知ってもらいたくて
                        書いた次第であります。

                        『走る距離はプロ並み』
                        って表現は
                        どう受け止められるのだろうか。

                        タイトルに深い意味は
                        ありません。
                        ノリで決めました。


                        ★サヨナララン★
                        (http://dcc.jugem.jp/?eid=568)

                        4回生を送り出す行事。
                        これは最新の記事だし
                        特に解説はいらないですかね。

                        あえてコメントするなら、
                        タイトルについて。
                        中国語で自転車を意味します。
                        ピンイン表記がないから
                        正確ではないのだけれど。
                        これもノリです。悪ふざけです。



                        はい、ここまで
                        ざっくりと今シーズンを
                        振り返ってみました。
                        ここでは触れませんでしたが、
                        オフの日も一人で
                        いろいろなところへ
                        走りに行きました。

                        体力もついてきて、
                        経験も豊富になってきた
                        こともあり、それなりに
                        楽しめた一年間だった
                        ような気がします。

                        自転車乗りだから
                        アホだと思われたくないし、
                        同志社に通っているから
                        自転車乗りとしては三流だ、
                        とも思われたくもない。

                        二兎を追って、
                        二兎とも逃すんじゃなくて、
                        両方捕まえる。

                        そんな生活ができるように
                        毎日いろいろ頑張っております。


                        私の来年の自転車の目標は、
                        北海道は稚内、宗谷岬まで
                        自転車で漕いでいくこと!

                        お年玉はすべて旅費に捧げる!


                        、、、どーでもいいですね。


                        来年度の広報は、
                        すでに一度ブログを書いて
                        くれている彼です。
                        彼は私よりも優れた
                        自転車乗りです。
                        きっとDCCを
                        盛り上げてくれるでしょう。
                        頑張ってね。

                        では、
                        くれぐれも事故を起こさぬように
                        気をつけて、2016年も素敵な
                        自転車ライフを
                        お過ごしくださいませ。

                        一年間ご精読
                        ありがとうございました!
                        お元気で!


                        2015年度DCC広報担当 ひら
                        .


                        一回生ラン(一回生だけとはいっていない)

                        0
                          はじめまして、今回が初投稿になります一回生のへかにゆよです。
                          8月3日に行われた一回生ランの報告をします。
                          ※【一回生ラン】…僕が勝手に思いついた、なだれこみ前に
                             一回生で日帰りで京都近辺を走る行事のこと。非公式です。

                          こんなビラも作ってみましたき

                          テスト期間中ということもあってか、参加者は僕とたかみんの
                          2人しかいなかったのですが、一回生ランの前日に鴨川で鴨コン的な
                          ものに連れて行ってもらった際になんと主将さんも参加して下さることに!
                          (一回生だけとはいっていないとはこういう意味です)

                          来たる一回生ランに向けて、前日はBOX泊をしました。

                          がっ○うぐらし!みたいですね…

                          そして翌日、予定を一時間早めて朝8時に出発。

                          メンバー1、三回生主将 Hさん

                          メンバー2、一回生 たかみん

                          メンバー3、一回生 へかにゆよ


                          とは言いつつも、朝ご飯をまだ食べていなかったので京大近くのローソンへ。

                          晩御飯も食べていなかったらしいが。。。

                          まずは山中越。登ったと思わせておいてからの平坦→また登りという
                          あんまり嬉しくはないコースですが、無事に超えて滋賀県に入り、
                          浜大津にある大津港にて休憩。


                          この後は近江大橋を通ってピエリ守山を目指します。

                          琵琶湖を眺められる景色のいい道でしたが、午前中にも関わらず
                          すでに暑さに苦しめられることに。

                          なんやかんやでピエリ守山に到着し、水分を蓄えた後、フードコートで
                          昼食。意外と大きくてびっくりしました。


                          12時を過ぎたあたりにピエリを出発し、今度は琵琶湖大橋途中越を通って百井峠に向かいます。


                          途中越
                          ちなみにたかみんがここらへんからバテ始める。
                          本人曰く六月ラン以来まともに乗っていなかったとのこと

                          途中越を超えて少し下ったところの交差点を右折。
                          ここあたりから一気に交通量が激減。


                          流れ変わったな()

                          たかみんの姿が見えなくなる一方、主将さんがペース
                          を乱すことなく峠を登り続ける。さすが主将…‼

                          百井峠って実はもう一つ前ヶ畑峠という峠とセットになっているんですね。
                          前ヶ畑峠を通って…

                          百井の集落を抜け、百井峠に到着。


                          少し休憩した後、百井別れ(花脊TTの途中地点)まで体が冷えないうちに下ります。
                          急傾斜&悪路で油圧ディスクでも恐怖を感じました(笑)

                          百井別れまで下ったところで、主将さんが用事のため先にBOXに帰ることに。
                          暑い中参加して下さってお疲れ様でしたkyu

                          さて、別れた後僕達は花脊峠を登り始めます。春花脊ではあんなにキツイと感じていましたが、今回はそれまでの峠が頭おかしい…、いや鬼畜なコースだったので、あのときよりキツイという感覚はありませんでした。(それでもキツイですが)

                          筋トレかな?

                          本来花脊峠に登った後は、来た道を引き返して鞍馬経由で帰る計画だったのですが、
                          このとき頭がいかれていた我々一同は裏花脊を下ることに。
                          ちなみにこの選択がとんでもない過ちであったことを我々はこのとき知る由もなかった・・・

                          裏花脊を下っているあたりからたかみんの調子が良くなり、田舎道を一番重いギアでブンブン回して高速巡航して
                          僕を引いてくれるようになってくれたんですが、一向に京北に着く気配がないんです。
                          京北まで10キロくらいだと思っていたんですが、グーグルマップで確認するとなんと27.8キロと大誤算に…。
                          向かい風もあり、時々先頭を交代して互いを風よけにしながら、今年のキャンピングの一日目に立ち寄った京北の
                          スーパー「サンダイコー」まで疲れた足でなんとか向かいます。


                          水分のストックが少なくなってきたので、サンダイコーに
                          到着するとすぐにアクエリアスとついでにアイスを購入。

                          30分ほど休憩したのち、京見峠を通って帰ろうという
                          話になり、サンダイコーを出発。
                          しかし、栗尾バイパス(トンネルです)に差し掛かったところで、
                          変なハイテンションでまたもや誤った判断で旧道を行くことに。
                          最初はあんまり登らないでしょと思っていたのですが、これが
                          意外と登ることに…。

                          たかみん「おいむっちゃ登ってるやん(怒)」

                            栗尾峠の展望、との標識が。
                          ちなみにこの旧道はトンネルが開通してからは車が通行止めになり、
                          写真でいう左の幅の広い車線が自転車、右の幅が狭いほうが歩行者の
                          道路となっています。それにしてもこんなところを通る歩行者って
                          いるんですかね…?

                          栗尾峠を下って元の道に合流してからは大人しく裏京見の入り口まで大人しく普通に
                          行きました。そして裏京見の湧き水を頂いた後遠くから雷が鳴っていたので、ちょっと
                          急ぎ目に京見峠を通ってBOXまで向かい、そのあとシャワーの浴びたさと眠さで寄り道せずに地下鉄の駅
                          に行き、各自帰路につきました。

                          さて、本来計画していたコースでは、約84キロの1320mUPだったのですが、あの裏花脊を下ったおかげで
                          約120キロの1742mUPに…/(^o^)\ナンテコッタイ

                          ビフォー

                            アフター   ↓


                          まさか自分で作った比較的オーソドックス(嘘です)コースにこんなに苦しめられるとは…
                          しかしながらそれ以上に楽しかったし、なだれこみや夏合宿へのいいステップアップに
                          なったのではないでしょうか。また、夏に走るとどれだけ水分を必要とするかも分かりました。
                          (今回僕で大体3.5〜4.5Lくらい摂取しました)
                          このような企画を作ってまたみんなで走ってみたいです!
                          (今すぐ走りたいとはいっていない)
                          文章がガバガバでしたが、以上で報告を終了します。

                          今回のコースになります↓

                          <script type="text/javascript" encoding="UTF-8" src="http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/paste?id=a8db3552cd48d662a4f068a03a25d5d7&width=360&height=360&mapstyle=map&graph=true&maponly=false"></script>


                           

                          ハラー・ポッチャリーと秘密の特訓

                          0
                            .

                            どーも、ひらです。
                            今回は個人ツアー、
                            すなわちプライベートな走行の
                            話になります。

                            時期は3月下旬。
                            先輩のお誘いに乗っかって、
                            京都の山々を走りました。

                            目的は2つ。
                            1つはトレーニングのため。
                            もう1つは映像を撮るためです。

                            私、広報担当ということで
                            今年度のDCCのPVを製作しました。
                            今までと違ったことがしたかった私は、

                            目線カメラを導入することで、
                            リアルな映像を視聴者に
                            お伝えすることにしました。

                            そのために、私はカメラを
                            装着し、いろんなところを
                            走りました。

                            もちろん、この日に撮った動画も
                            バッチリPVに使われています。



                            撮影に使った機材がコチラ。
                            ちなみに、私はこのイケメンの
                            兄ちゃんにそっくりなんですよ。

                            アゴから上を隠せば、ね。



                            ・・・・・・本日のコースをご紹介。
                            .

                            .
                            走行距離 71.4km
                            獲得標高 1330m




                            保津峡まで輪行。
                            今出川まで行き、先輩らと合流。

                            ・U先輩
                            ⇒前・部長。
                             奈良と自転車をこよなく愛する男。

                            ・F先輩
                            ⇒広島より舞い降りしスピードスター。




                            ランドナーvs.シクロvs.ロードの

                            バトルロワイヤルのはじまりはじまり。





                            戦いを終えた戦士たちは、
                            出町柳でランチを購入した後、
                            鴨川で羽を休めた。

                            ごちそうさまでした。

                            先輩方は午後からの
                            身体測定を受けるということで、
                            ここでお別れしました。

                            半日間、お世話になりました。


                            うん?バトルロワイアルの結果が
                            知りたいだって?

                            輪行を解いた直後と
                            ランチタイム
                            の間の写真が
                            一切ないことから
                            察してくださいまし。



                            左下に注目。
                            これを笑顔で登るのがF先輩。
                            U先輩にも年季の違いを
                            見せつけられました。



                            地元のサッカー球団、
                            『京都サンガ』のユニフォームを
                            身に包むカーネルおじさん。

                            その後ろにいる、
                            艶っぽいフライドチキンは
                            一体誰が得するのだろうか。


                            京都市から滋賀県入りするルートは
                            いくつか存在するのですが、
                            今回は『山中越え』という
                            峠を選択。
                            昨年度のキャンピングの
                            コースに採用された峠でも
                            あります。

                            私はカメラを装着し、
                            この峠を走破しました。






                            緑陰深けぇなぁー、延暦寺。
                            ※元ネタ=同志社○○歌



                            大津駅に到着。

                            距離こそ短いものの、
                            獲得標高は1000mオーバー。
                            京都という街が
                            自然に囲まれている、
                            自然豊かな場所であることを
                            改めて実感した一日でした。

                            /

                            Cy Cる 【Day3】

                            0
                              .

                              どーも、ひらです。
                              実は私、丸洗いできるんです。



                              今回はキャンピング3日目の模様を
                              お伝えします。

                              2日目で舞鶴にたどり着いた
                              3班は、天橋立を目指しました。

                              ↓3日目のコース

                              距離:27.6km
                              獲得標高:313m

                              夕方までには今出川に
                              帰らねばならなかったので、
                              距離は短め。
                              ただ、交通量の少ない
                              山間部を通ったため、
                              走りごたえは十分。



                              由良川と合流。



                              宮津という街を目指します。



                              峠を登って下ると、、、



                              天橋立に到着!



                              海がとても気持ちよさそうなので、
                              入ってみることに。



                              なんとまぁ透明度の高いこと!
                              岩の藻がハッキリと
                              目視できるくらいに
                              透き通っています。



                              現在は飲むことはできませんが、
                              ここから湧き出る水は
                              名水との呼び声が高いんだそうな。
                              きっと美味かったんだろうなぁ。

                              ところで、この辺りでは
                              美味しいあさりが獲れるんだって。
                              ということで、この日のお昼は
                              近くの食堂であさりをいただきました。



                              おうどん。



                              雑炊。



                              あさり丼。


                              いやぁ、
                              今の私には上品すぎましたね。
                              繊細なダシの中に、
                              あさりの風味が全体にいきわたっていて、
                              至福のひとときを過ごすことができました。

                              と、ここでプチ情報。
                              グーグルなどで、『天橋立』と
                              検索するとヒットする、
                              高みから見下ろすような
                              アングルの天橋立を
                              見るためには、
                              近くの高台へ足を
                              運ばねばなりません。



                              時間の関係上、
                              天橋立を見下ろすことは
                              できなかったけど、
                              その代わりに海で戯れ、
                              美しさに感動しました。
                              それだけで大満足であります!



                              食事を済ませて、
                              キャンピングも最終盤へ。
                              長い長い、そしてめんどうくさい
                              輪行の始まりです。

                              普通列車を3回乗り換え、
                              3時間以上電車に揺られて、
                              JR二条駅へ。
                              そこで自転車を再び組み立てて、、、



                              今出川に帰還しました!

                              そして、最後は、、、



                              宴会⇒〆のいつもの流れですな。

                              ★★★★★★★★★★

                              新入生のみなさん、
                              おつかれさまです。

                              我々は1ヶ月にわたり、
                              様々な新歓行事を
                              企画し、実施しましたが
                              いかがだったでしょうか?

                              新入生を前に
                              ネガティブなことは
                              書かないほうが
                              いいのかもしれないけど、
                              正直に言います。

                              自転車の旅ってのは
                              しんどさを伴うものです。
                              走行距離とか
                              峠の数や峠の斜度とか
                              関係なく、ね。

                              しかし、そのしんどさを
                              みなで乗り越えたときの
                              喜びや感動は、
                              バイクや自動車で
                              同じように旅をする人らが
                              味わうことのできないものが
                              あります。

                              必要なものは、
                              どこかに行きたい、
                              自転車に乗りたい、
                              という好奇心と、根性。

                              我々は競争する団体では
                              ないので、体力を
                              気にする必要はありません。
                              漕げば自然と早く
                              走れるようになります。

                              私、ひらは高校生の頃は
                              音楽祭で合唱のピアノ伴奏を
                              弾いた、帰宅部の肥満体でした。
                              そんな人間でも、
                              その気になれば
                              2000m級の山々を
                              登ることができます。
                              そして体重も減りました。
                              今の私はデブではないです。

                              とにかく前述した
                              二つの必要なもの、
                              それらさえあれば、
                              ウチでの活動は
                              あなたのキャンパスライフに
                              彩りを添える、大変有意義な
                              ものになるでしょう。

                              入部届には、
                              『同志社サイクリングクラブ』と
                              書いていただき、
                              我々の部長に提出していただきたら
                              とっても嬉しゅうございます。

                              それでは、次の行事
                              『春花背タイムトライアル』
                              でお会いしましょう!

                              ★★★★★★★★★★

                              最後になりましたが、
                              3班だったB君、Vさん、
                              おつかれさまです。
                              頼りない先輩でしたね。

                              伴走してくださったN先輩、
                              コースをデザインしてくれた
                              あっきー君、
                              ありがとうございました。
                              夏、また同じ班になったら
                              そのときは仲良くしてください。

                              サポートカーで
                              キャンピングの行事を
                              支援してくださった
                              4回生のみなさん、
                              一日半お世話になりました。
                              今後ともよろしくお願いします。

                              .

                              Cy Cる 【Day2】

                              0

                                自転車と関係ないけれど、
                                なんやねん!と思うこと。

                                JRには、
                                大阪・京都と北陸を結ぶ
                                『サンダーバード』という
                                特急がある。

                                サンダーバード=雷鳥(ライチョウ)
                                という鳥は、富山県の鳥である。
                                (シンボルとして都道府県ごとに
                                花・木・鳥が定められている)

                                しかし、この『サンダーバード』、
                                富山には行かない。
                                すべて金沢止まりである。

                                なんやねん!

                                サンダーバードが富山を
                                走らなくなったのは、
                                今年の3月のダイヤ改正後、
                                つまりわりと最近のことである。

                                改正前は富山行きが
                                何本かあったのは
                                ハッキリと覚えている。
                                なぜなら私は通学するのに
                                JRを利用するからだ。

                                北陸が身近な存在になる!
                                と謳っているが、それはあくまで
                                東京者の話。

                                特急1本で行けたところが、
                                特急⇒新幹線と乗り換えねば
                                ならなくなった関西の人間に
                                とって、北陸は遠く離れた
                                存在になってしまった。

                                少しさみしい話である。

                                ところで、石川県の鳥は、
                                イヌワシ。

                                特急『ドッグイーグル』
                                なんていかがだろうか、、、
                                と言ったはいいが、ダサい。

                                たとえ富山まで行かなくても、
                                サンダーバードのままでいいや。
                                都道府県の鳥を抜きにしても、
                                カッコイイ名前だし。

                                ★★★★★★★★



                                とまぁ長々と話しましたが、
                                我々はサイクリングクラブです。

                                電車が走らないなら、
                                自分で漕げばいいじゃない。

                                どーも、マリー・アントワネットの
                                精神を持つことで有名なひらです。
                                夏は北陸に行こうかなぁ、と
                                考えております。
                                北陸は豪雪地帯であるがゆえ、
                                冬に自転車で走りに行くことは
                                できませんからね。

                                後輩にクソ上回生と罵られ、
                                ギロチンで処刑される
                                ことのないように頑張ります。

                                夏のことはさておき。
                                今回はキャンピング2日目の模様を
                                お伝えします。
                                二日目以降は自由行動、
                                つまり班ごとに行先・コースが
                                異なります。

                                私の属した3班は、
                                天橋立を目指しました。

                                ↓3班の2日目のコース

                                距離 84.3km
                                獲得標高 799m

                                序盤〜中盤にかけては
                                ゆるやかな上りと下りの
                                繰り返し。
                                終盤に大きな峠を越えて、
                                舞鶴市内に入りました。

                                この日のコースは、
                                私と同じ2回で3班の
                                あっきー君が設計したものを
                                私がアレンジしたもの。
                                交通量の多いところを
                                避けに避けた結果、
                                全長84kmという新入生にとって
                                はてしなく長いコースが
                                できあがりました。



                                コチラは由良川(ゆらがわ)。
                                京都北部を流れる川です。

                                同志社生ならば、川と聞いて
                                まっさきに思い浮かべるのは
                                鴨川とか木津川とかだろうけど、
                                この川はそれらと同じ一級河川なのだ。



                                道の駅『和』でちょっと休憩。

                                お昼ご飯は『なごみ定食』。
                                ラーメンに唐揚げのついた、
                                ボリューム満点のランチです。
                                ラーメンは具だくさんで、
                                ラーメンというよりは
                                ちゃんぽんって言ったほうが
                                しっくりくるような感じ。

                                「冷たいもので身体を冷やしたい」
                                とは新入生M君の言葉。
                                ざるそばをオーダーしました。


                                レストランを出ると、
                                売店で『黒豆ソフト』
                                なるものを発見。

                                気になって食べようとしたところ、、、



                                「もうしわけございません、
                                黒豆ソフト、まだ固まってなくて、、、」


                                (;ω ;)  ・・・・・・。

                                バニラ味ならすぐに用意できる
                                とのことなので、
                                バニラ味を注文しました。
                                美味しかったけど、残念、、、。



                                代金を支払って、
                                ベンチでソフトクリームを
                                舐めていると、
                                川で涼んでいるあっきー君を発見。

                                おい、ちょっと待て。
                                手に持ってるそれって、、、。



                                黒豆ソフトやないかい!
                                最後の1個買うたん
                                アンタかーい!

                                彼曰く、『きなこに似た味』だそうな。



                                休憩後は、さらに由良川に沿って
                                走ります。



                                JR山陰線・立木駅で一休み。



                                休んでるところに、
                                電車がやってきた。



                                我々のコースと並走する形で
                                国道が通っていたんだけど、
                                そこを走っていたら、
                                この日のようにまったり
                                走ることは出来なかったかも。
                                車に追い越されるのって
                                リスキーですし。



                                由良川に別れを告げて、
                                本日最後の峠を越えると、、、



                                この日の寝床、
                                道の駅舞鶴とれとれセンターに到着!

                                ここでは舞鶴港に揚がった
                                新鮮な魚介を楽しむことが
                                できる、、、のですが、
                                我々が到着したころには
                                日は沈んでおり、
                                お店は閉まっていました。

                                残念!
                                また夏に美味いもん食べよう!

                                ※上の写真は翌朝撮影したものです



                                とりあえず温泉につかって
                                身体をキレイにしようか!



                                この日お世話になったのは
                                たかお温泉さん。

                                なんで『光の湯』のフォントに
                                世にも奇妙な物語的な、
                                おどろおどろしいものを
                                選んだのか、すっごく気になる。

                                それはさておき。
                                汗を流してサッパリしたところで、
                                晩御飯作るよー!





                                鍋焼きうどんを作りました。
                                切った野菜を鍋に入れ、加熱する。
                                アウトドアなんだから、
                                火の通りにくいものから、、、とか
                                気にしちゃダメ。
                                しっかり加熱するから
                                ノープロブレムだってば。

                                写真ではわからないだろうけど、
                                ホタテも入っています。
                                舞鶴なんで、海産物を
                                楽しんでいただきたく、
                                投入しました。

                                これだけでも贅沢なのに、



                                チーズフォンデュも作っちゃいました!
                                これは私が提案したのではなく、
                                新入生のVさんが持ち込んでくれたもの。
                                スイスのチーズは、濃厚。
                                スーパーで売られている
                                プロセスチーズとは
                                一線を画す味でした。
                                (比較すること自体が失礼ですね)

                                Vさん、Ich danke Ihnen sehr!


                                次回、キャンピング編完結!
                                .

                                 

                                TO-GE HEAD-CHA-LA

                                0

                                  オッス、オラ、ひら。
                                  みんな、最後にして最大の新歓行事
                                  『キャンピング』まで
                                  あと4日
                                  になったぞぉ。

                                  天気予報によると、
                                  キャンピング中の
                                  天気は概ね良好、
                                  さらに気温も絶好の
                                  自転車日和だってな。

                                  オラ、GWワクワクすっぞー!



                                  、、、ところで、大学に入学してから
                                  早いもので一か月が経過。
                                  勉強が難しく、
                                  思うようにいかない、、、と
                                  頭を悩ませている方も
                                  いるでしょう。

                                  しかし!GW中は
                                  遊びまくってください!
                                  そのほうがかえって
                                  勉強がはかどりますよ!


                                  何故かって?
                                  遊んだあと、家に帰ると

                                  「ヤッベェ・・・勉強しなきゃ・・・・・・」

                                  と自然に思えてくるからです。
                                  火事場の馬鹿力、という
                                  言葉がありますが、
                                  追い込まれたときの
                                  集中力はすごいもので、
                                  普段の状態ではとても
                                  出すことのできない
                                  パワーが溢れてくるんです。

                                  キャンピングから帰ってきたら、
                                  休暇はまだ4日もあります。
                                  どうかこの4日間も
                                  ガッツリ遊んでいただきたい

                                  思います。
                                  GW過ぎたら3か月は
                                  長期休暇ないよ!
                                  しかも定期考査が控えているから
                                  肉体的にも精神的にも
                                  辛くなるよ!


                                  さて、まえおきが
                                  ずいぶんと長くなってしまいましたが、
                                  今回は新歓ランのご報告を
                                  させていただきます。

                                  今年は
                                  ・保津峡コース
                                  ・嵐山コース
                                  ・東山コース

                                  の3つのコースをご用意。
                                  新入生にコースを1つ
                                  選んでいただき、
                                  そのコースを実際に
                                  走っていただきました。

                                  私は保津峡コースを担当しました。
                                  引率した新入生は二人。

                                  F君:ボートに青春を捧げた青年
                                  N君:ロードに乗って京都を駆ける青年

                                  二人ともれっきとした
                                  スポーツマンじゃないですか。
                                  さすが、保津峡行きを志願した
                                  ことだけある。

                                  そんな二人を連れて、
                                  保津峡へLet's go!


                                  の前に、金閣に立ち寄りました。



                                  己の権力を誇示するために、
                                  贅の限りをつくした建物を建てる。

                                  財力のある人の考えることって、
                                  今も昔も変わらないんですね。


                                  さぁ、保津峡に行きませうか。
                                  保津峡の美しい風景は
                                  こちら
                                  でも楽しんでいただくことができます。
                                  あわせてご覧くださいませ。





                                  吊り橋で峡谷を眺めていると、、、






                                  トロッコ列車がやってきました!
                                  これは予想外の出来事、
                                  嬉しい誤算とはまさにこのこと。
                                  ただ、驚いたのは
                                  乗客のみなさんも同じようで、
                                  スマフォをこちらに向けて
                                  いらっしゃる方が
                                  多数おられました。

                                  それもそのはず、
                                  保津峡は避暑地として、
                                  夏ににぎわうスポットですからね。
                                  比較的涼しい4月上旬に
                                  訪れる人はほとんどいませんから。

                                  トロッコ列車は
                                  自転車とはまた違う
                                  魅力を持った素敵な
                                  乗り物なので、
                                  興味のある方はぜひ
                                  乗ってみてください。


                                  さて、トロッコ列車を
                                  見送った後は、
                                  JR保津峡駅へ。





                                  新入生同士の会話も
                                  ちらほら見られました。
                                  学部学科外の人脈を築く、
                                  これは新歓行事の持つ
                                  大きな役割の一つです。



                                  マイナスイオンを体に
                                  十二分に取り込んで、
                                  さぁ、帰ろう。
                                  大学から保津峡へ行くには
                                  六丁峠という
                                  距離こそ短いものの
                                  急でしんどい峠を
                                  登らなければいけないのですが、

                                  私の班の二人の新入生は
                                  余裕綽々といった感じ
                                  でしたね。
                                  N君に関しては上回生と
                                  張り合っていました。
                                  F君も地に足をつけることなく
                                  グイグイ登っていました。

                                  かくいう私も六丁峠は
                                  登れますからね。
                                  3人を待たせてしまいましたけど、、、。

                                  その後は峠を下り、
                                  無事新町キャンパスに
                                  帰ってくることができました。




                                  で、宴会の後は
                                  いつもの〆で解散。
                                  おつかれさまでした。


                                  【重要】キャンピングの準備(後)

                                  0
                                    前回に引き続き、今回も
                                    キャンピングおよびDCCで
                                    活動するために必要な道具に
                                    ついて説明する。

                                    これらのアイテムは
                                    DCCが斡旋するので、
                                    購入の連絡をいただければ、
                                    こちらが用意する。
                                    その場合、代金は当日
                                    支払っていただくことになる。



                                    ・寝袋



                                    この4種から選択することができるが、
                                    オススメは一番上。
                                    温度の対応幅が広く(=温かい)、
                                    リーズナブルだからだ。

                                    一番下は上のものに比べて
                                    軽く、コンパクトであるが、
                                    温度の対応幅が狭く、心許ない。

                                    風の強い日や高地では、
                                    気温以上に涼しく感じることがある。
                                    実際、春合宿で行った沖縄は、
                                    風がとても強く、
                                    寝袋を持参しなかった人が
                                    悶絶した日があった。


                                    ・マット、コッヘル





                                    マットは敷布団のようなもの。
                                    ゴツゴツしたコンクリートは寝づらい。
                                    地面からの冷気をシャットアウトし、
                                    温かい寝袋にくるまって、
                                    初めて快適な睡眠が
                                    約束されるのだ。

                                    こちらは寝袋と違い
                                    性能に差異はない。
                                    お好きなものをどうぞ。

                                    コッヘルは、食器のこと。
                                    複数の食器をコンパクトに
                                    まとめることができる。
                                    マトリョーシカとか、
                                    ティファール社のフライパンを
                                    想像してもらえれば、
                                    わかる人にはわかる、、、はず。

                                    食器だけでは食事は摂れない
                                    スプーンやフォークも
                                    持ってくること。
                                    本当になんでもいいので、
                                    DCCではスプーンやフォークは
                                    斡旋しない。
                                    これらは100均やスーパーで
                                    売ってるもので構わないので、
                                    各自で用意すること。



                                    ・サイドバッグ



                                    キャリアのサイドに取り付けるカバン。
                                    だからサイドバッグ。
                                    値段が高いが、それは
                                    完全防水性であることと、
                                    2つついてくることの
                                    代償だと思えばよい。

                                    今回DCCが斡旋するのは、
                                    ORTLIEB社の
                                    ・クラシックQL1 (20,000yen)
                                    ・クラシックQL2.1 (20,000yen)
                                    ・デザイン (21,000yen)

                                    の3種類。
                                    いずれもカラーバリエーションが豊富なので、
                                    面倒だとは思うが、画像検索していただき、
                                    好みのものを一つ選んでほしい。
                                    デザインはオシャレ。
                                    ゆえにちょっぴり高い。


                                    ・輪行袋 (12,000yen)



                                    電車や飛行機etc
                                    公共交通機関での
                                    移動を可能にするもの。
                                    ツーリングでは
                                    マストアイテムである。


                                    これらを用意して、
                                    初めてキャンピングに
                                    参加することができる。

                                    これらを自分で用意することが
                                    できるのであれば、
                                    DCCで購入する必要はない。
                                    が、よほど思い入れのない限りは
                                    うちを利用するほうが、
                                    建設的であると思われる。

                                    注文・配送に時間がかかるので、
                                    注文される方は
                                    4/20までに説明会時に配布した
                                    資料に掲載された連絡先に
                                    連絡すること。

                                    ご協力お願いいたします。


                                     
                                     

                                    【重要】キャンピングの準備(前)

                                    0
                                      最後にして最大の新歓行事
                                      『キャンピング』まであと2週間。

                                      ということで、今回から
                                      2回にわたって、
                                      キャンピングならびに
                                      DCCの活動に参加するために
                                      必要な装備について説明する。

                                      今回は自転車について。
                                      これがなくては何も始まらない。

                                      新歓ラン同様、キャンピングでは
                                      自転車をお貸しするので、
                                      慌てて自転車を購入する必要はない。

                                      しかし自転車屋さんに足を運び、
                                      どれにするか検討することはできる。

                                      いずれ先輩と自転車屋さんを
                                      めぐる時間を設けるが、
                                      時間に余裕があるならば、
                                      以下に記すデータを参考にしつつ、
                                      可能ならば試乗してみて、
                                      お気に入りの一台を探してみてほしい。

                                      DCCの活動で使える自転車は、

                                      ・マウンテンバイク
                                      ・シクロクロス
                                      ・クロスバイク
                                      ・ランドナー  の4種類。

                                      どの車種も長所があれば、短所もある。
                                      が、共通しているのは、
                                      キャリア(荷台)がとりつけられる、
                                      というところ。





                                      ここに必要なものを詰めたカバンを
                                      ひっかけたり、物を上に乗せて走るのだ。

                                      なお、このカバンetcキャンピングに
                                      参加するにあたって、ご購入していただく
                                      アイテムが何点かあるのだが
                                      、詳細は次回にて。


                                      この4つの車種を
                                      扱いやすさ
                                      旅のしやすさ
                                      価格
                                      (★が多い
                                      =購入しやすい
                                      =比較的安価である)


                                      の3つの観点から、
                                      それぞれ5段階で評価してみた。



                                      ウンテンバイク



                                      ★★★★☆
                                      ★★★★☆
                                      ★★★★☆



                                      自転車のカタログには、
                                      MTBと記載されていることが多い。

                                      読んで字のごとく、
                                      山を走るための自転車。
                                      ツーリング以外にも、
                                      シングルトラックと呼ばれる、
                                      山の細道の走行も楽しむことができるのが
                                      最大の強み。

                                      他の3種類では危険すぎて
                                      走ることはできない。
                                      MTBが1台あれば、
                                      峠を走れてシングルトラックもOK。
                                      京都の魅力を十二分に
                                      堪能することができる。

                                      あと見た目がゴツい。
                                      それがいいと言う人もいれば、
                                      ○○的に、、、と言う人もいる。

                                      4年間、じっくり腰を据えて
                                      自転車に向き合いたい人
                                      にオススメの一品。


                                      評価は全項目★x4。
                                      これを基準として、
                                      あとの3つを見てみよう。


                                      クロクロス



                                      ★★★☆☆
                                      ★★★★☆
                                      価★★☆☆☆

                                      シクロクロスという競技に
                                      使われる車種。
                                      シクロクロスとは何か?
                                      未舗装路をいかに速く走るかを
                                      競うレース競技である。

                                      動画配信サイトで検索すれば
                                      競技の様子を見ることができるので、
                                      そちらもあわせてご覧いただきたい。
                                      それにキャリアをつければ、
                                      ツーリング用の自転車の完成だ。

                                      オフロードを高速で走るためのものなので、
                                      荒れた道も快適に走ることができる


                                      問題は、値段。とにかく高い。
                                      また値段の割には耐久性はイマイチで、
                                      そういう意味ではリスクが極めて高い。
                                      旅の道中何がおこるかわからないし。

                                      というわけで、評価は
                                      全体的に低め。

                                      はじめの1台はこれ以外で、
                                      2台以降に買うのがベスト。

                                      自転車のためにバイトを頑張る
                                      ってのも学生らしくてgood。


                                      ロスバイク



                                      扱★★★★★
                                      ★★★☆☆
                                      価★★★★★

                                      ロードバイクとMTBを
                                      足して2で割ったような性能。
                                      太いタイヤが装着できるので
                                      未舗装路も走行でき、
                                      パーツもマウンテンバイクのものを
                                      使用しているので、
                                      急な坂も楽々登ることができる。

                                      価格が比較的安価であることと、
                                      スッキリしたその見た目から、
                                      人気の高い自転車である。
                                      トレンドに敏感な方は彼に乗るべし。

                                      が、ハンドルが直線状で、
                                      腕に疲労がたまりやすい。
                                      またダートは"一応"走ることはできるが、
                                      ハッキリ言って苦手である

                                      ゆえにツーリングでは日を追うごとに
                                      苦しくなってくるかもしれない。


                                      ンドナー



                                      ★★★☆☆
                                      旅★★★★★
                                      ★★★☆☆

                                      非常に頑丈で、
                                      重たい荷物も乗せられる、
                                      旅をするために作られた自転車。


                                      ここで
                                      ハンドルの形に注目していただきたい。
                                      これはドロップハンドルと
                                      呼ばれるもので、
                                      様々な握り方ができる。
                                      握り方が変わると、腕への
                                      力のかかりかたが変わる。
                                      つまり、
                                      腕への負担を分散させることができるのだ。

                                      まさに長期間の旅に特化した
                                      自転車
                                      といえよう。

                                      いいことづくめのように思えるが、
                                      『スピード』を引き換えにしての
                                      『耐久性』であることに留意されたし。

                                      それはつまり、峠を登る際
                                      他の3種よりも多くのエネルギーを
                                      要する
                                      ということを意味する。

                                      我々は競争する集団ではないのだけれど、
                                      峠を一番に登りきらないと気がすまない
                                      という方は、彼に乗ると
                                      それだけで不利になってしまうので、
                                      購入を控えたほうがいい。

                                      他人は他人自分は自分、と
                                      マイペースを貫ける人ならば、
                                      彼ほど頼もしい相棒はいないだろう。





                                      と、ここまで各車種の特徴を
                                      お伝えしたのだが、
                                      この4種のうちのどれかであれば、
                                      なんでもいいってわけではない。
                                      DCCが要求する条件を
                                      満たしているものでなければならない

                                      それがこちら。

                                      MTB
                                      ブレーキはVブレーキ
                                         or ディスクブレーキであること
                                      キャリア取付用のダボ穴があること
                                      フルサスペンションバイクはNG

                                      シクロクロス、ランドナー、クロスバイク
                                      34c(1.3インチ)以上の幅のタイヤが入る
                                      ・キャリア取付用のダボ穴があること

                                      MTBのブレーキに油圧式
                                      というものがあるのだが、
                                      これは故障した際の修理に
                                      相当な困難が伴うので、
                                      DCCでは使用不可

                                      またタイヤは幅と耐久力が比例する。
                                      我々はオフロードを走るので、
                                      タイヤにも一定の耐久性を
                                      要求している。
                                      その基準が34c(1.3インチ)。
                                      キャリアあってのツーリング
                                      なので、ダボ穴がないものは
                                      当然使うことはできない。

                                      これらの条件を満たしていれば、
                                      あとは好みのデザインのものを
                                      購入していただければよい。

                                      わからないことがあれば、
                                      先輩に相談してほしい。


                                      では、これにて前半戦
                                      終了とさせていただきます。
                                      ご精読ありがとうございました。

                                      .
                                       

                                      とある団体の新歓行事(スプリングバケーション)

                                      0
                                        .

                                        ★新歓行事のご案内★

                                        4月12日 新歓ラン
                                        (京都市内を観光します)

                                        4月29日〜5月1日
                                        キャンピング

                                        (野外宿泊行事)

                                        自転車はこちらでお貸ししますので、
                                        持っていなくても参加できます。


                                        毎週火・金曜日
                                        トレーニング

                                        (内容は日によって様々。
                                        基本的には今出川で行いますが、
                                        月に2回京田辺で実施します。
                                        詳細はビラと共に配布した
                                        予定表をごらんください)


                                        ★★★★★★★★★★


                                        4回生のみなさん、
                                        ご卒業おめでとうございます!




                                        ※写真は2回生(新3回生)と
                                        記念撮影しているところです



                                        そして新入生のみなさん、
                                        ご入学おめでとうございます!




                                        @高槻市役所(大阪府)



                                        @学生会館245号室



                                        ポスター、見ていただけました?



                                        ポスターは2パターン用意。
                                        うち一つは私ひらがデザインしました。
                                        モデルは新2回生を起用。
                                        奮発してカラー印刷しました。


                                        今年のPVも私が製作しました。
                                        昨年度とまでは毛色の違う
                                        仕上がりとなっています。



                                        突貫工事で仕上げたため、
                                        納得いかないところが
                                        多々ありますが、
                                        来年リベンジするということで。



                                        ブース設置期間には
                                        たくさんの新入生が
                                        遊びに来てくれました!
                                        ありがとう!



                                        お食事会も大盛り上がりでしたね。


                                        あ、そうそう。
                                        お食事会に参加していなくても、
                                        新歓ランにさんかすることはできますよ!

                                        自転車を持っていなくても
                                        参加できます!

                                        ただし、我々は人数分の自転車を
                                        準備する必要があるので、
                                        参加される方はなるべく早く
                                        連絡をください。

                                        よろしくお願いします。



                                        @某公園in三条

                                        .

                                        六月ラン 三方五湖

                                        0
                                          こんにちは。N島です。
                                          6月ラン三方五湖が行われたのが6月の7・8日。3ヶ月間ネグレクトしてしまったので記憶が曖昧ですが、写真を中心に振り返ってみたいと思います。
                                          <メンバー紹介>

                                          3回生:U田さん 2回生:O野 N島 1回生:G冬 I藤 K泉 O田 Y本

                                          <1日目>
                                          新町BOXから朽木新本陣までの約50km。途中越、花折峠という2つの峠を越えなければなりませんがキャンピングを乗り切った1回生なら大丈夫。
                                          当日は生憎の天気でしたが雨でも走るのがDCC!1回生も分かってくれるでしょう。

                                          1回生との交流を深めるべく主将のくまモンU田さんも参加してくれました。人数が多いと楽しいですね!

                                          準備が整い、少し遅めの15時にBOXを出発。

                                          記事を書くのが億劫になったのでこの日は移動日で見所が少ないので写真を何枚か載せて終わろうと思います。

                                          <2日目>
                                          朽木新本陣から目的地である三方五湖までの約60km。前日の曇天が嘘のような晴天。







                                          滋賀の大きな水たまりとは違い、長閑で景色に変化があるので存分に湖畔のサイクリングを楽しめました。
                                          悪臭もしないしね!

                                          以上で6月ラン三方五湖の報告は終わりです。
                                          内容がかなり薄いですが勘弁して下さい。

                                          ビワイチは気が進まないという方、ミカタゴコイチしてみてはいかがでしょうか。景色は保証しますよ。

                                          週末ラン〜京北〜

                                          0
                                            ど〜も、お馴染みUです。
                                            この前、以前宣言したように週末ランを開催したのでその報告します
                                            今回はもうすぐ花背TTがあるのでトレーニングとして京北へぶらっと行ってきました


                                            <コース紹介>



                                            DCCの日常〜2〜

                                            0
                                               ハイハイ、ど〜も、こんばんわ。
                                              DCCの日常パート2、ということでお送りするのはワタクシUでございます。

                                              いよいよキャンピングが間近に迫ってきましたね。なんでも今年は15人を越える新入生が参加してくれるとのことです。いや〜、ありがたいですね。楽しみです!!

                                              って言っても、いきなりキャンピングに行って予想以上にバテるわけにはいかないので先週末に走ってきた様子でも紹介します


                                              チャリ屋めぐり

                                              0
                                                 2連投のUです

                                                キャンピングの説明会が終わったことですし、今週末は新入生数人を連れてDCCお馴染みのTOM'S CRAFT




                                                DCCの日常

                                                0
                                                  入学式を迎え3週間を過ぎましたが、新入生のみなさんはこのブログをチェックしてくれているのでしょうか?
                                                  ワタクシ、DCCで主将をしていますUといいます。
                                                  他の部員に比べてよくブログを更新していますので以後お見知りおきを!

                                                  さて、DCCでのトレを2週目に、キャンピングの説明会を3週目に行い、新入生のみなさんはDCCの活動をすこ〜し理解し始めている頃だと思います。

                                                  そこで、「DCCの日常」と題しまして、みなさんにもっとDCCのことを知ってもらうべくブログを更新しようと思います。

                                                  キャンピング説明会のお知らせ♪

                                                  0
                                                    皆さんこんばんは!
                                                    H野です。

                                                    新入生の皆さん、大学生活はもう慣れましたか?

                                                    今日は新歓最後の行事キャンピング説明会についてお知らせがあります。
                                                    (告知が遅くなってすみません>_<…)

                                                    明日、4月18日(金)18時半より今出川校地の新入生向けキャンピング説明会を行います。
                                                    キャンピングの内容については説明会当日に上回生の人が詳しく皆さんに教えるので、大丈夫です!
                                                    キャンピングの説明会に参加しようと思っている新入生の皆さんは、18時半までに新町キャンパスにある学生会館2階のサイクリングクラブの部室まで来てください!説明会には筆記用具だけ持ってきて下さい!


                                                    そして…
                                                    「このキャンピング説明会の日にちょうど用事があって説明会に行けないんだけどキャンピングに行きたいな−(^O^)/」、「自分は京田辺校地の人間なのにキャンピングの説明会が今出川でしかしていないからキャンピングのことが全然分からないです。どうすればいいの?」

                                                    そんな方がおられるかと思います…。


                                                    でも、心配いりません!!

                                                    このDCCチャリブログでもキャンピングの説明をしますので、説明会に来れない人はこのブログをご覧ください。



                                                    それでは、キャンピングの説明会当日、皆さんの参加を心よりお待ちしております!

                                                     

                                                    ぶらり嵐山

                                                    0
                                                      もはやお馴染み、Uです。
                                                      本日2月19日、同志社大学の学部個別入試の合否がすべて出揃いましたね。
                                                      少し気が早いですが合格された新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
                                                      本日、1回生のCL講習を兼ねたポタリングが行われたのでその行事報告でーす。

                                                      っとその前に…
                                                      流石に私がちゃりブログを私物化しつつある状況を私が重く見たので←
                                                      以前行われた「一人一記」キャンペーンなるものを復活させました。
                                                      3月31日までに新2,3回生がそれぞれブログを更新する予定ですので、新入生の皆さんは楽しみにしていてください!!

                                                      さてさて、それではポタリングの報告に移りましょうか


                                                      フタワ局からのお知らせ

                                                      0
                                                        JUGEMテーマ:日記・一般
                                                        お知らせ 「フタワ 第50号」について

                                                        6月ラン シーサイド高浜

                                                        0
                                                          6月ランシーサイド高浜が行われたのが6月の8・9日。
                                                          ちょうど5ヶ月経ちました。
                                                          そろそろブログを更新することに致しましょう。
                                                          そんなワタクシは6月ラン琵琶湖リーダーU田であります。
                                                          え、なんでそんなやつがこの記事を更新するのかって?
                                                          それは班員の圧倒的写真不足ッ!

                                                          戦犯:リーダーMinami
                                                          おい、頭のそれはなんのために付けとってん!


                                                          キャンピング 3班 2,3日目

                                                          0
                                                              5月に行われたキャンピングの2,3日目の報告について、3班のくそCLジーザスがお送りさせてもらいます。


                                                             2日目はあいにくの雨で気分もどんよりとした感じになりました。2日目のコースはキャンプ場から舞鶴まで60キロのコースでした。基本的に平坦な道がずっと続いてました。
                                                            舞鶴に着いたのは夕方頃で前日に風呂に入っていなかったので、風呂に入ることにしました。
                                                            下の写真は風呂屋さんの前での1枚。


                                                             風呂に入った後は、夕食の買い物をして、その日に野宿する場所に移動しました。
                                                            下は野宿先です。


                                                             野宿先についてから夕食の準備に取り掛かりました。今年の1回生はよく働いてくれるし、手際が良かったなあ。下の写真は夕食の準備風景。


                                                             3日目のコースは五老スカイタワーに行って、それから赤レンガ倉庫に向かう予定でしたが、あいにくの天候で五老スカイタワーに登るのは少々不安でした。五老スカイタワーまでは
                                                            300メートルアップと聞いていたので、さほど大したことはない思っていましたが、なかなかきつかったです。われながら運動不足を実感しました。下はスカイタワーに到着して喜んでいる植田。


                                                             頂上は風が強く、とても寒かったので、一刻も早くおりたかったです。
                                                            下の写真はスカイタワーにての一枚。


                                                             下の写真は永田さんがいかりを担いでいる写真。絵になります。


                                                             西舞鶴までの帰り道は海岸沿いを走ることにしました。海の真ん前に家があったり、畑があったり不思議な光景でした。海からはさざ波の音がして、また畑や田んぼからカエルの鳴き声がして、とても新鮮でした。下の写真はその帰り道です。


                                                             今回のキャンピングで1回生同士がより仲良くなれたことを祈ります。


                                                             

                                                            キャンピング2013

                                                            0
                                                              K浦です。
                                                              期末試験のシーズンで大変でしょうが頑張っていきましょう。

                                                              遅くなりましたが、5月にありましたキャンピングの報告をさせて頂きます。
                                                              1回生は8名参加してくれました。

                                                              春花背タイムトライアル2013

                                                              0
                                                                 皆さん、こんにちは!
                                                                企画局のおかりんです。

                                                                5月19日に行われた春花背タイムトライアルの結果報告をします!


                                                                スタート時には止んだから良かったものの当日の天気は雨。
                                                                決して最高とは言えないコンディションの中でしたが果たして結果は〜!?

                                                                ジャカジャカジャカ〜ジャン!


                                                                暇人の所業

                                                                0
                                                                   皆さんこんにちは!
                                                                  4回生になりました、エガこと江頭です


                                                                  ついこの前、私の愛するSKEの小木曽汐莉ちゃんが卒業してから、格段に日々がつまらなくなってしまっている今日この頃であります



                                                                  。。。というわけで、日々を楽しく過ごすべく、やまちとフラフラしたので更新しときます!



                                                                  キャンピング説明会のお知らせ

                                                                  0
                                                                    キャンピングの説明会のお知らせです。

                                                                    キャンピングとは・・・
                                                                    自転車を使ってキャンプ場まで走り、キャンプ場で調理やキャンプファイヤーをして、
                                                                    DCCのサイクリングの魅力を体感する3日間の行事です。
                                                                    1日目は京都府の南丹市方面へ向かいます。
                                                                    田園風景展望台からの良い景色が望めます!
                                                                    2日目以降は上回生達が色々なところへ連れて行ってくれます。
                                                                    新歓コンパや新歓ランといった新歓行事を行いましたが、
                                                                    このキャンピングが一番DCCらしさ溢れる行事です。
                                                                    是非いらっしゃってください!
                                                                    自転車本体は貸し出すことができます!持っていない方もどうぞ

                                                                    キャンピングについて少しでも興味のある方は是非説明会に来てください。
                                                                    キャンピングの詳細事項に関してや、必要な装備について説明をさせて頂きます。

                                                                    説明会の日時、集合場所
                                                                    京田辺校地:4月16日(火)18:00 デイビス記念館前集合
                                                                    今出川校地:4月19日(金)18:00 新町ボックス(学生会館245号室)集合

                                                                    気軽にDCCらしさを楽しめる最後の行事です!
                                                                    皆さんお待ちしています。

                                                                    生駒ラン

                                                                    0
                                                                       全国100万人のちゃりぶろぐ読者の皆さん、そしてこのブログにアクセスしてくれた新入生の皆さん・・・大変ながらくお待たせしました。Y川です。

                                                                      DCCの春休みといえば、そう春合宿!!! 

                                                                      今度の合宿は僕の考えた最強コース()で部員からも大絶賛待ったなし! のはずでしたが



                                                                      スタート地点に向かうついでに行ってきた鹿児島県の桜島 絶賛噴火中 反転に特に意味は無い




                                                                      「フタワ 第49号」について

                                                                      0


                                                                        明けましておめでとうございます

                                                                        フタワ局より、大事なお知らせです


                                                                        1/15 一部修正

                                                                        2/26 一部修正





                                                                        今更感たっぷりの信州自走個ツア 2日〜5日目

                                                                        0
                                                                           

                                                                          お久しぶりです。東です。

                                                                          みなさんいかがお過ごしでしょうか。

                                                                          私は、前期末テストが1週間前に迫っているというのに、昔読んでた漫画読み返すわ、ツール見て興奮して近所走り回るわと悪循環に陥ってます。というわけで悪循環ついでに去年の夏に行ってきた信州自走個ツアを補完したいと思います。遅くなってすんまそんです。

                                                                           

                                                                           

                                                                          あらすじは簡単に言うとなだれこみ信州班の集合地である静岡県御殿場市まで自走しようというものです。1日目は今年のキャンピングで通った山中越えを通り、琵琶湖を越え、鈴鹿峠()を越え、三重県の関宿まで走りました。詳しくは1日目の記事をどうぞ〜。

                                                                           http://dcc.jugem.jp/?eid=328


                                                                          6月ラン 神戸ラン(須磨・有馬温泉)

                                                                          0
                                                                             こんにちは庵です。
                                                                            有馬温泉に行ってきたことをそろそろブログに書くことにしました。
                                                                            〈メンバー〉
                                                                            1回生 T村、K谷、U田、H田
                                                                            2回生 KOSHINO、庵

                                                                            6月17日朝9時ボックス集合。
                                                                            写真の中央には今回ゲストのKOSHINO氏です。

                                                                            2012キャンピング二班 -二日目・三日目-

                                                                            0
                                                                               こんにちは!2回生、ソンジョーです。
                                                                              我らがキャンピング二班の2日目以降の動向を報告いたします。

                                                                              二班のメンバーは
                                                                              3回生→N田さん、1noseさん
                                                                              2回生→ソンジョー、ナルナル
                                                                              1回生→中田(仮名)、一休(仮名)

                                                                              それでは暇つぶしにどうぞ!

                                                                              春花脊タイムトライアル 2012

                                                                              0
                                                                                こんばんは、企画局のTKです。 

                                                                                五月下旬に私たちDCCは京都、花脊峠にてTTを行いました。
                                                                                時間がたってしまいましたが、結果のほうを発表させていただきます。


                                                                                出走者38名!の中で今春の栄冠は誰の手に輝いたのでしょうか!?




                                                                                このたびはWCCから4名も参加してくださりありがとうございました。
                                                                                これからもよろしくお願いします。

                                                                                キャンピング2012

                                                                                0
                                                                                   どうもFuGです
                                                                                  一班の一日目を中心にキャンピングの報告を始めます

                                                                                  とりあえずいろいろとすっ飛ばして
                                                                                  一班行きまーす!


                                                                                  なだれ込み 北海道班 その1

                                                                                  0

                                                                                    はじめまして。Yです。あっ Yから始まる人たくさんいますね。なだれ込み沖縄のある同回生がYと名乗っているのでかぶってかぶって仕方ないんですよね。
                                                                                    Y村である僕に喧嘩を売ってきた彼はまだ僕の存在を認識できないらしく名前も覚えてくれません。一回の時のキャンピング、春合宿、二回のキャンピング、6月ラン白川郷、夏合宿…
                                                                                    何度同じ班になっても名前を覚えてくれないのは僕が悪いのでしょうか…

                                                                                    ということで2011 なだれ込み 北海道班の行事報告いってみましょう!

                                                                                    メンバー2回生 僕…超絶どこにでもいる普通の大学生
                                                                                               ラムキ…テライケメン
                                                                                    1回生      ふG …無口だけどすごい技もってそうな雰囲気
                                                                                            あんかけ…別名Tはし、不幸を招き寄せる道を極めたプロ
                                                                                               村K …ちょい悪風イケメン
                                                                                    それはそれはなんとも愉快な物語のはじまりじゃった

                                                                                    1日目


                                                                                    集合場所は釧路ということでとりあえず大きな鶴見橋に集まりました。基本おとなしい1回生3人が集まったのでささやかに盛り上がる感じでした。↓愉快な仲間たち

                                                                                    さてさて目指すは摩周湖!ってことで軽く昼を食べたあとCL僕で走って行きます。
                                                                                    ↓途中見えた屈斜路湖 見事に統一感のある息のあったピース

                                                                                    しかし走りやすい。気づいたら30曾个靴討襦この調子でどんどん行こう!
                                                                                    と調子に乗ったのもつかの間、走っても走っても長い直線。曲っても直線。地味な上りに失速する僕。やっとの思いで到着した道の駅摩周温泉で寝ることにします。
                                                                                    温泉に入ったあとキムチ鍋を作りました。

                                                                                    キムチ鍋を食べているときやたらあんかけが昆布だしについて語っていたのを思い出します。

                                                                                    2日目

                                                                                    朝は鍋の残りにうどんを入れて食べました。CLラムキで天気もいいし道は直線だし側道は広いし北海道って感じ!
                                                                                    しかしだんだん木に囲まれてくるとだんだん増えるアブ
                                                                                    なんか一人につき10匹くらいがブンブンまとわりついてくる
                                                                                    噛まれるとチクっとして痛い。耐え切れなくなった僕達は一旦止まって虫よけを大量に自分とちゃりにかけまくる。
                                                                                    斜度もあって苦しい中やっと到着した摩周湖
                                                                                    本当に綺麗で澄み渡っていました。

                                                                                    腹が減った僕達は売店で各々買って食す。摩周湖限定の品がたくさんあるなと思っていたらなんとT橋がビンの牛乳3つ全部違う味を購入。おいおいと思っていたら結局さらに別の種類の牛乳2本くらい買って合計5本飲んだっぽい。限定品には目がないそうだがやはり腹を壊したらしいwww m9(^Д^)プギャー
                                                                                    あんかけがついに本性を発揮してきたかと思った。というのも京都で出発前BOXをでようとしたらやたらあんかけの荷物が多い。なんだか鍋の上にもう一つ荷物の塊があり寝袋がその中に混じっている。不審な気配を感じた僕はT橋に荷物を見せるように言うと 割り箸100本、アーレンキー 3つ、体につけるスプレー系の何か6本くらい、パンク修理キット2セット、救急セット、トイレットペーパーetc…
                                                                                    彼は山の中遭難しながら突き進む過酷な環境を想定していたらしい。何と戦っているんだ。事業仕分けをしたあと随分身軽になったものである。まだまだあんかけの伝説はつづくであろう…

                                                                                    ということで摩周湖を出発した一行は自由ランで屈斜路湖を見下ろしながら北見市へと向かった。あんかけとむらKがやたらはやいのであせるあせる。その日は北見市の銭湯入って就寝

                                                                                    3日目

                                                                                    この日は次の日の石北峠に備えて中日にしました。ただし5,60キロ先の道の駅おんねゆ温泉を次の日の集合地にしました。僕はラムキとゆったりしすぎて結局夜二人で雨の中暗い直線をナイトランしてものすごく最悪だった…。

                                                                                    4日目

                                                                                    おんねゆ温泉を出た一行は自由ランで石北峠に向かいました。

                                                                                    ホントは三国峠行きたかったなーなんて…。てっぺんでは小さなお店があったのでラーメンを食べました。と、突然の雨。降ったりふらなかったりする中一行は下りました。かなり暗くなってしまったが無事道の駅とうまに到着。缶詰やカレールーを飯盒であたためて食べました。みんな疲れて就寝。

                                                                                    5日目

                                                                                    朝めざめると道の駅は開店準備。なんとそこの店長らしき人が焼きとうもろこしをくれました。とても優しい。下の写真はそこで買って食べたでんすけスイカソフトクリーム

                                                                                    どっちも美味しかった!!そしてこの日も中日ということに。とはいっても集合地は40キロくらい先の道の駅びえい。夜は土砂降りでみんなびえいの駅で集まりました。

                                                                                    以上なだれ込み5日目まででした!続きはラムキおねがいしまつ!


                                                                                    一人一記キャンペーン〜信州自走個ツア〜

                                                                                    0
                                                                                      新年をむかえまして、みなさんいかがお過ごしでしょうか
                                                                                       
                                                                                      らんらんランキングでおっさんっぽいなどと書かれ傷心気味のDCC1回生のY川です。
                                                                                      なんでや、ワイまだピッチピッチやろ

                                                                                      今回一人一記キャンペーンということで、一回生の3人で京都から5日間かけて、なだれこみ信州班 の集合地である静岡県の御殿場に向けて個ツアをしたことを
                                                                                      1日目 Y川 2日目、3日目 K中 4日目、5日目 I東 というようにリレー形式で書き手を交代しながら紹介していきたいと思います。

                                                                                      なお、この5日間の旅は圧倒的写真不足っ・・・+記憶の風化 のためお粗末な報告になることをご了承ください
                                                                                      ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



                                                                                         
                                                                                      <登場人物>

                                                                                      左)K中 休憩中によくいなくなる。ほんとになにしてるんでしょうねぇ

                                                                                      中)Y川 筆者。テスト期間で太った分を今回の旅で減量することをもくろむ

                                                                                      右)I東 今回の旅でドラキュラ化。闇属性。夜になると手がつけられない


                                                                                      コースは
                                                                                         http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/list?kw=author%3A%E7%9E%AC%E9%96%93%E6%B9%AF%E6%B2%B8%E3%81%8B%E3%81%97%E5%99%A8
                                                                                      参照。
                                                                                      ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
                                                                                      出発写真を撮った後、とりあえず琵琶湖を目指して山中越することに。
                                                                                       山中越なんぞ軽々突破のはずが・・・開始早々あまりの暑さに3人ともへばってしまい、事前の調べ
                                                                                      でわかっていた、この日の後半でやってくる鈴鹿峠を本当に超えれるのかどうか不安になった筆者は、やたらと「この分だと鈴鹿峠はヤバいな」等と連呼し、ひたすら危機感を煽っていた。
                                                                                       
                                                                                      そして苦しみながらも琵琶湖に到着。

                                                                                       
                                                                                      この圧倒的スケール。
                                                                                       
                                                                                      とりあえずダブルピースをするという風潮に乗せられ、せっかくの風景を台無しにする筆者。面白いポーズが思いつかなかった模様。

                                                                                       
                                                                                      釣り人に撮ってもらった記念写真。今回の旅ではI東しかカメラを持っていなかったのでI東はレアキャラ化している。残りの二人はI東の無茶な要求に対して必死に体を張るおもちゃにすぎないのだ・・・

                                                                                      琵琶湖をたっぷり堪能した後、近江大橋を渡り数十キロ進むとマップル上で鈴鹿峠の表記が近くなっ
                                                                                      てきた。

                                                                                      鈴鹿峠
                                                                                       〜“現在でも箱根峠に次ぐ「国道1号有数の難所」と言われるほど、険しい区間が多

                                                                                      い。”〜 (by Wikipedia )


                                                                                      暑さで疲弊した状態で激坂が続く峠に差し掛かることに絶望する3人。
                                                                                      もはやヤケクソで峠の序盤と思われる緩やかな坂を上っていく。しかしその緩やかな坂でさえノロノロ進行。このままでは激坂でへばってナイトラン突入か・・・ と思われた


                                                                                      が、次の瞬間
                                                                                       

                                                                                      なんと我々を出迎えたのは激坂どころか延々と下り坂ばかりではないか
                                                                                      しかも下っている途中になんと1日目の目的地 関宿(道の駅)に到着してしまった。
                                                                                      これにはさすがの筆者も苦笑い(世界まる見え風)
                                                                                       
                                                                                      そういえば下り坂ではあまりの嬉しさのせいで発狂したのかK中がめずらしくスピード狂になってI東と筆者を完全に置いてきぼりにしてたような


                                                                                      まぁそんなこんなで 「鈴鹿峠とはなんだったのか・・・」 「鈴鹿峠(笑)」 とネタにしながら野宿して1日目無事終了。



                                                                                      これは後日わかったことなんですが、鈴鹿峠の急峻は三重側から滋賀側に行く場合に限ってのこと
                                                                                      であって、実はWikipedia先生も“滋賀県側は比較的なだらかである一方、三重県側は高低差
                                                                                      が急激であり
                                                                                      ” ときちんと書いてありました。

                                                                                      このことを見落としていた筆者は故意で はなかったものの、4月のキャンピングにてCLとして筆者に嘘という嘘をつきまくったエガ先輩の嘘吐きCL術を脈々と受け継いでいるのだなと思いました。 オチなし。


                                                                                      //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

                                                                                      このへんで二日目、三日目担当のK中へバトンタッチします。

                                                                                      あとはよろしく!

                                                                                      <<新入生のみなさんへ>>

                                                                                      今回の報告はざっくりなものなってしまいましたが仲間と一緒に旅をすればここには書ききれないほどの 笑い話 やらかし話 などなどたくさんの思い出が作れます。実際この報告も書いてあることはほんの一部です。少しでも興味がわいたらぜひ新歓行事に参加してください。
                                                                                      DCCはどんな変態でもウェルカムです。

                                                                                      <私信>
                                                                                      折り畳み機能の使い方に気づくのが遅れ、修正するのがめんどくさいので折りたたみません
                                                                                      すいません。 あとブラウザがchromeだと色々不具合がおこるようなのでブログを書くときはIEを使ったほうがいいっぽいです。

                                                                                      フタワの割り当て(完全版)

                                                                                      0
                                                                                        明けましておめでとうございます

                                                                                        フタワ局です
                                                                                        割当ての完全版をのせますので書いたら私のアクティブまで送ってください
                                                                                        書式、期限は後期総会のときに発表したもののでお願いします
                                                                                        件名に名前お願いします
                                                                                        春合宿 小野さん 小林 、 オリテ 木村高瀬 、 新歓コンパ 市之瀬 吉川
                                                                                        新歓ラン 吉村 中村、岡、 キャンピング 香川さん山内高田、 春花脊 伊東遠藤
                                                                                        墓参 川中 角口さん 、 天橋立 木村高橋、吉野 吉村法橋藤井
                                                                                        白川郷 遠藤中村村上、白浜 野田長谷川、沖縄 山内岡 、信州 小林川中
                                                                                        中越 野田永田、北海道 木村藤井 、 夏合宿 中島さん丸岡さん高橋
                                                                                        女子夏合宿 関さん法橋 、秋花脊 高瀬山本さん伊藤、
                                                                                        耐久 小野さん越野高田 、OBラン 角口さん村上 、同早 山本さん香川さん永田
                                                                                        Eve祭 市之瀬 越野、サヨナラ 吉川中島さん

                                                                                        主将の言葉 小野さん   個人ツアー 山本さん小野さん遠藤伊東 局反省 各局長

                                                                                        他己紹介 書く人ーかかれる人
                                                                                        藤原さんー鞠山さん、鞠山さんー鳥越さん、鳥越さんー山口さん、山口さんー藤原さん
                                                                                        小野さんー中島さん、香川さんー角口さん、角口さんー関さん、関さんー山本さん、山本さんー香川さん
                                                                                        中島さんー丸岡さん、丸岡さんー小野さん

                                                                                        市之瀬ー高瀬、高瀬ー木村、木村ー野田、野田ー中村、中村ー小林、小林ー遠藤、山内ー吉村、遠藤ー法橋、吉村ー市之瀬、法橋ー山内

                                                                                        吉川ー長谷川、長谷川ー高田、高田ー藤井、藤井ー伊藤、伊藤ー伊東、伊東ー永田、永田ー川中、川中ー村上、村上ー越野、越野ー高橋、高橋ー岡、岡ー吉川

                                                                                        以上です
                                                                                        間違えもしくは不都合な事がもしもあったときは連絡下さい

                                                                                        孤ツア 京都〜新潟 2011夏

                                                                                        0

                                                                                           どうも、帰ってきてから太る一方のNだです
                                                                                          個人ツアー京都〜新潟をアップする前に1告白をしなければなりません。それはおそらくこれを見ているであろう私のに対してです。実はこの個ツアは私一人で行われたものです。一人と知られると心配して行かしてもらえないかもと思い、ウソをついて出発しました。じゃあばれないようにブログにアップしなきゃいいじゃん、とみなさん思うでしょうが、どうしても書きたかったのです手のケガも大したことなかったので、暇を持て余しているのです(←バイト探せよっ!



                                                                                          8
                                                                                          7
                                                                                           今日は待ちに待った個ツア出発の日。この日のために4000字レポートを2日間で無理矢理終わらせたりもした。自転車が家にあり、荷物もたくさんあったので丸ごと父の車で京都まで送ってもらった。そして父と別れた後しばらくして気付いた。…スリックタイヤのままだ…orz 誤算だった。あらゆる荷物を点検していたつもりだったが、まさかブロックタイヤが無いとは。私にできることは.好螢奪タイヤでなだれこみ&夏合宿京都でブロックタイヤを買う2箸房茲蠅傍△襪裡海弔世辰拭7覿疋椒奪スでだらだらしてしまい、この日の出発は見送ることにし、無難にを選んだ。帰った時の父の落胆した顔を私は忘れはしないだろう。再び家族に別れを告げ、ボックスへ。次の日の朝早くに出発する作戦だ。1日出遅れてしまうが、これも何かの運命かと受け入れることにした。そう、すべては運命石の扉の選択のままに。                              
                                                                                           
                                                                                           エル・プサイ・コングルゥ


                                                                                          8
                                                                                          8
                                                                                           はい、やっと個ツアスタートです
                                                                                          草木も眠る丑三つ時…に出発しようと思ってたけど、真っ暗な山中越は想像しただけでガクブルだったので、おとなしく6時ごろに出発。難ありく山中越を果たし、頂上付近から琵琶湖の方を眺めて優雅に朝食。

                                                                                          一緒に朝食をとりました

                                                                                          琵琶湖を東にしてどんどん北上。途中はじめてリトリートセンターなる所を発見。ちょうど同早とかぶって、ここで哲学科のお泊りがあるそうです。どちらを選ぶかは…運命石の扉のs(ry さらに北上していくとF笑さんたちがブログに書いていて、私も一度行ってみたかった白鬚神社



                                                                                          琵琶湖は北上すればするほど水がきれいになっていくようで、とっても澄んだ水でした交通安全の神様を祀っているそうで、この個ツア含めた夏合宿までの無事を祈っていきましたそこから少し寄り道して、道の駅「しんあさひ風車村」へ。てっきりとある的な、学園都市的なあの風車がたくさん並んでいるものと思っていたのに、普通なオランダ風な風車でちょっとがっかりまぁ、一般的にはこれが風車なんでしょうね。



                                                                                          ういえば去年のキャンピングでここに来た班もあったんだったかな。そのころ私たちは海上自衛隊のあたご的なものを見てました。…なんか負けた気がしますねそれからやっと琵琶湖ともおさらばし、福井県は敦賀へ。みんなフェリーに乗るためにこんな遠い所まで来ているのかと感心しつつ、まだ時間が早いので福井市まで行っちゃうことに。国道8号線を進んでいくと「登り・大型車多し・断崖絶壁・暑い」という「N・O・D・A」な状況に(←うまくないですか!?)。何度も死を覚悟しつつ、なんとか道の駅「河野」へ。






                                                                                          G
                                                                                          O
                                                                                          O
                                                                                          D
                                                                                          !



                                                                                          そこからは陸の方の道だけど山道に。バテバテになりながらもなんとか福井へ。暗い中見つけた温泉に入ると1200もボられました。色々と施設がついていたので1200円分以上にゆっくりしてやりました。福井って温泉が珍しいのかな晩御飯は福井で有名?なソースかつ丼をいただき、なかなか美味でありました寝カフェでゆっくり休んでこの日は終了。


                                                                                          89
                                                                                           
                                                                                          朝ネカフェから出ると、鍋やサイドバッグを積んだ同志のチャリがいくつかあり、私のチャリのパッキンに紙がはさんでありました。お前ならできる!! ルイガノより」何かあたたかいものを感じて、私もその裏に蛍光ペンで「お互い頑張りましょう! 真ルイガノより」と書いて、とめてあったルイガノの自転車に置いてきました。やっぱチャリはルイガノだよね この日も8号線をずっとたどっていきます。特に面白いこともなく、そういや東尋坊行きたかったなぁとか思いながら、なんかIC(インターチェンジ)とかあって高速道路っぽいけど自転車通っていいんかなぁとか考えつつ、いつの間にやら石川県へ。途中こっちらへんでは有名らしい8番らーめん本店を見ました。なんでも8号線沿いにあるから8番なんだとか。8番目においしいとかそういうわけじゃないです。しばらく行って農協っぽい所で休憩。そこらではトマトが有名らしく、トマト嫌いな私もトマトゼリーなるものを買ってみました



                                                                                          めちゃ美味しいではないかっ
                                                                                          そして金沢に到着。ほんのちょっとだけ観光して先へ。金沢からはなだれこみのルートと重複しているので下見がてらに走ります。



                                                                                          ←途中見つけたファミマ

                                                                                          最近のコンビニはガソリンも売ってるようです

                                                                                          富山県に入ってすぐの所に道の駅「メルヘンおや」があるんですが、私マップル見ててずっと「メルヘンおや」と思い込んでいて色々と想像を膨らませていたのですが、普通の道の駅でしょんぼりちなみに夕方に大阪難波駅から南海難波駅へと歩いていると高確率でメルヘンおやじに会います。あれはいったい何なんだろうか。富山県は高岡市に入り、I藤くんオススメの十段ソフトを食べようと思っていたのに、時間が既に遅かったのであきらめることに。う〜ん、残念無事に富山市に入って、寝カフェでお休み。


                                                                                          810
                                                                                           
                                                                                          さすがに2日で約300kmは体に負担かなと不安になってきて、今日は富山で休憩して電車で新潟の方まで行くことに。富山城があることに驚いたり、延命地蔵の水なるものを飲んだり、また〜り温泉に入ったり、県庁の展望台に上がったりと色々と楽しめました。この日ちょうど甲子園で富山の高校が出ていて、温泉ではみんなテレビにくびったけでした。



                                                                                          富山を十分に満喫した後、輪行で新潟県の長岡という所まで。実はもうほぼ新潟駅近くまで来てしまいました。ちょっとサボりすぎたかなその日はネカフェでやっとネカフェらしいことを満喫できました。そこで『チーズスイートホーム』って漫画を見たんですが、もうめっちゃほのぼのネコ漫画でおススメです個人的にはコッチがかわいすギルぜー。ヘタリアでいうならロマーノ的なツンデレキュンキャラですね。またネコを飼いたくなります。…ってなんかちゃりブログからだいぶそれてきたんでここらへんでこの日は終了


                                                                                          811
                                                                                           
                                                                                          今日で個ツアも終わりかぁなんて考えながら新潟駅に向けて北上していきます。途中燕三条とかいうカッコイイ地名の所で、かなり有名らしいカレーラーメンをいただきました。



                                                                                          店内に写真がいくつか貼ってあり、見てみると枝野官房長官も来ていたみたい。あっ!もうそろそろ元官房長官かな…なんてブラックジョークはさておき、美味しかったでありまするそこから信濃川沿いに新潟の中心の方へ。さすが信濃川、なげぇーとか感じているとようやく到着!!短いようで長いような道のりでした。コインランドリーやら温泉へ行ったりして時間をつぶし、夜にはハカセと合流2人でネカフェに行くことになり、そこで偶然ナルナルとTKDとも合流。何か運命を感じますねいよいよ次の日からはなだれこみです

                                                                                           


                                                                                          6月ラン 白浜

                                                                                          0
                                                                                             どうも、N田です
                                                                                            6月ランの報告が続々と出てきたので白浜もアップします
                                                                                            写真はまだまだあるんですが、そのうちアップしますね


                                                                                            <登場人物> (←昔の書き方を真似てみました)
                                                                                            N田:一応リーダー、頼りなかったですorz
                                                                                            ほーきょー:優柔不断なリーダーより頼れるサブリー ハワイアンですw
                                                                                            H川くん:同じ大阪人であり、ルイガノ仲間 良い子です
                                                                                            T中くん:ハーレムサークルにも属している哲学っ子 うらやましいです(笑)


                                                                                            <一日目>
                                                                                              京都:雨のちくもり  和歌山:微雨
                                                                                            本来ならば参加してくれる予定だったT田くんが、財布を無くしてしまったらしく、残念ながら不参加の連絡がちなみにすぐ後で、警察に行ったら届いていたそうですホント見つかって良かったね

                                                                                            結局キャンピングメンバーwithout3回生&K中くんというおなじみの顔に

                                                                                            なんやかんやで少し遅れは出たけど、何事もなく紀伊田辺駅というところまで行けました必然的に起こるというディスクブレーキの片ぎきを無理やり直して、いざ食購へ道を尋ねたりしてなんとかオークワについたものの、閉店間際でほとんど何も売ってませんでした

                                                                                            用事でたまたまBOXにいらしていたS水さんにお聞きしたように、海岸の方へ行くと寝れそうな屋根のある所がありました(ありがとうございました)ご飯だけ飯ごうで炊いて、レトルトのカレーなどを食べて一日目はおしまい


                                                                                            <二日目>  
                                                                                            和歌山:小雨  京都:くもり

                                                                                            雨の音がうるさかったり、DQNが爆竹合戦をしたり、蚊が半端なくいたりで、みんなあまり眠れなかったみたいです顔やら腕が蚊にかまれてでこぼこしてましたコンビニで朝ごはんを軽くすませて、いざ白浜へ向かいます

                                                                                            海岸線は思っていたよりもアップダウンがありましたが、海を眺めながら走るのは気持ちのいいものでしたまずはじめに行ったのはとれとれ市場ちなみに舞鶴のとれとれセンターではないですよマグロの解体ショーをやっていたり、たくさんのお土産屋さんが入っていたりととても賑わっていました 写真:新鮮な海鮮丼を食べました

                                                                                            次に向かったのは
                                                                                            円月島時期と時間がよければ、真ん中の穴に夕日がある光景を見れるんですが、この日は太陽すら出ていませんでした       ↑ぜひこれを見たかったんだけどなぁ


                                                                                            そして私がなんとしても行きたかった白良浜観光本に「裸足になりたくなる!」って書いてあった通り、とってもきれいな白砂のビーチでした5月3日に海開きされているものの、水温はまだ少し冷たかったです雨がかなり弱まってきていたので、ビーチバレーをしたりしてしばらく遊んでました

                                                                                                               
                                                                                            今年も行事報告を書いてみました♪
                                                                                            白砂で見にくい


                                                                                            そして大自然の名勝地である
                                                                                            千畳敷・三段壁波の浸食作用によってこんなものができるんですね~断崖絶壁で高さもあって大迫力でした三段壁の方には、自殺防止のためなのか「いのちの電話」の看板がたくさんあってぞっとしました

                                                                                            せっかくなので海の見える温泉に入りたかったのですが、そういうのは大体露天風呂ということで、雨のために断念しました海から離れた陸地の方の温泉へ結構有名な温泉だったらしいですすぐそばにあった和歌山ラーメンのお店でお昼にしますどこらへんが和歌山なのか全然わかりませんでしたけど、おいしかったよ  写真:たっぷりと疲れを癒しました

                                                                                            白浜駅から帰ることを考えていたのですが、なんと白浜駅って普通電車がほっとんど来ないのですまんまとJRの罠にかかってしまったのですみんなの同意を得て、特急くろしおで帰ることに
                                                                                            このとき、偶然にもほーきょーさんが観光で来ていたお母様と会ったそうです駅員さんがみんなアロハシャツというラフな格好で、とても親切でした

                                                                                            あとは京都まで帰って打ち上げですなんとここでスペシャルゲストが…偶然京都駅にいらしたS村さんに打ち上げに参加していただくことになったのですかなりごちそうになってしまいました
                                                                                            ありがとうございました


                                                                                            結局二日とも天気はあまり良いとは言えず、6月ランってこんなもんでよかったのかな?と不安の残るものとなってしまいましたでも一回生もそれなりに楽しんでくれていてみたいだし、私が行きたかった所は全部まわれたのでまぁなんとか及第点かな最後に参加してくれた一回生たちありがとうお世話になったほーきょーさん、OBさん方も本当にありがとうございました

                                                                                            Es ist gut




                                                                                            6月ラン 天橋立

                                                                                            0

                                                                                               どうも、今日は七夕ですね。彦星です。

                                                                                              先日織姫からメールが来まして、

                                                                                              七夕の日に、天橋立くらい長い6月ランの記事を書かないと会ってあげないんだからねっ

                                                                                              と書かれていました。

                                                                                              なので、慌てて書きました。つたなくだらだらと長い文章、誤字脱字、絵文字・色文字不使用の件(修正!)はご容赦ください。ではどぞ!(しばらく茶番にもおつきあいください。)

                                                                                              ↓↓↓



                                                                                              今年最初の6月ランは64,5日に天橋立に行ってきました。

                                                                                              参加者は二回生3名と一回生3名。

                                                                                              忙しい中来てくれた一回生サンクス!

                                                                                               

                                                                                              一日目

                                                                                               

                                                                                              参加した一回生全員がこの日に新しい自転車を手にし、しゅっぱーつ!

                                                                                              集合時間を早めにしていたがなんやらかんやらあり、出るのは夕方遅くに。

                                                                                              集合写真

                                                                                              R木は任務のため京都駅で落ち合うことに。

                                                                                               

                                                                                              おっと忘れるとこだった。今回が初!ツアー参加のT橋。

                                                                                              やってくれました。

                                                                                              彼はリュックから荷物を取り出すことなく、サイドバッグに

                                                                                              いきなりドーーーーーーーーン


                                                                                              何という男らしさ。

                                                                                              はきちがえてやがる。

                                                                                               

                                                                                              たまげた。何のためのサイドバッグやねん(笑)

                                                                                              笑顔を絶やさずリュックから荷物を取り出し、詰めなおす様はYモツ様が一回生のときやらかされた伝説と完全に一致していたようです。(主将のことば)


                                                                                               18時頃 京都駅に到着。ここでR木と合流し、天橋立班が全員そろった。私の「新町BOXもう出る出る詐欺」で一時間待ってもらった。すまんかった。

                                                                                              ぱぱっと輪行を済ませ電車に飛び乗る。

                                                                                              輪行準備中、不敵に笑うエガ



                                                                                              西舞鶴駅に21時頃到着。早速輪行解除。ここで全員が一回生のNEW自転車についたディスクブレーキの片効き調整に苦闘する。一度二度触ったくらいじゃちっとも直ってくれまん。いったん一回生にまるなげし、晩の鍋のおかずを閉店ぎりぎりのスーパーからゲット。

                                                                                              駅に戻りその後も調整をするがうまくいかない。少しゆるゆるで妥協してもらい、今晩泊まる道の駅まで走ることに。

                                                                                              平坦な道を走ること約10分。距離3km.。ついに到着。一日目の総走行距離を3kmで終える。


                                                                                               

                                                                                              早速自炊の準備をする。

                                                                                              一回生に米を洗ってもらい、二回生はその間に野菜を切る、切る、切る!

                                                                                              その間私は写真を撮る、撮る、撮る。べべ、別に野菜を洗ったり切ったりするのがめんど(ry

                                                                                              調理中


                                                                                              0時頃いただきます。この頃まだユニに火をつけられなかったので、ひたすらにやにやしながら他の人が火をつけてくれるのを見ていた私とは対照的に、一回生の火起こしとお米は!!エガとR木のキムチ鍋も最高。あまりのおいしさに思わず猫もよってくる始末。

                                                                                              あまりにおいしすぎてブレました。

                                                                                                

                                                                                              ぬこ


                                                                                              ゲラゲラ話をしながらその日は3時に就寝する。次こそは花火しよねー。

                                                                                               

                                                                                              二日目

                                                                                               

                                                                                              きっしょおおおおおお!!!したのは午前6時半。道の駅の方からモーニングコールを頂き、早起きする。眠すぎたので、コンビニで朝飯を購入。ぼーっとしていて何の話をしていたか忘れる。

                                                                                              そうそう、早めに出発して長時間観光しようということになり、740分頃出発。

                                                                                               

                                                                                              20kmほど走っていく。途中だらだらと長く緩い上り坂。運動不足でゼーゼー言いながら後ろを見ると元気そうな一回生。特にOかとK中はキャンピングを経験しているので慣れてきたのか、ニコニコしている。


                                                                                              道中での会話 

                                                                                              Oか「しんどいですよ()」シャカシャカシャカシャカ

                                                                                              K中「しんどいです()」シャカシャカシャカシャカ

                                                                                              彦星「...」



                                                                                              うそこけぇーーーー

                                                                                              二回生はそろってうーうー言うてた気がする。

                                                                                               

                                                                                              9時頃には天橋立に到着。

                                                                                               

                                                                                              いろいろ観光して周ることに。

                                                                                              まず最初に知恵の餅。なんと食べると賢くなるそうな。

                                                                                              これで期末試験も無問題



                                                                                              すっかり賢くなったら智恩寺をお参りする。また賢くなる。

                                                                                               

                                                                                              そいでからリフトに乗って天橋立ビューランドへ!

                                                                                              展望台からの景色は最高。曇っていたけど気にならないほどの絶景。

                                                                                              ホント来たかいがあった。

                                                                                              これはヤバイですねー

                                                                                              みんなで股のぞき

                                                                                              集合写真その2

                                                                                              そのあとDCCなら乗らざるを得ないサイクルカーに乗り、天橋立を堪能

                                                                                              一通り楽しんだ後、再びリフトで下っていきます。

                                                                                              二回生ゾンビ状態の巻

                                                                                              R木さん、なんか脇腹から生えてまっせぇー。

                                                                                               

                                                                                              そののち昼食をとったあと、しばし自由時間。

                                                                                              お土産を購入し、やや急ぎ足で天橋立から輪行。

                                                                                              京都へ。 

                                                                                              いやあ、なかなか思うようにはいかなかったし、天橋立全部は周れなかったけど、こんなクソリーについてきてくれたR木、エガ、ありがてふ。

                                                                                              そして一回生のOか、K中、T橋に楽しかったと言ってもらえて、本当にうれしかった。

                                                                                              今思うと全然走ってなかったけど、それはこれからのなだれこみ、夏合宿で挽回するとしましょう!

                                                                                              さぁ、いよいよ夏ですぜ、みなさん。走るっきゃないんじゃないかっ!?




                                                                                              6月ラン 吉野

                                                                                              0
                                                                                                6月ラン吉野 早速行事報告しちゃいますoli 参加者は中間試験を終えた1回生8人!(お疲れ様手)と 2回生4名でいってきましたー\(^o^)/♡
                                                                                                 
                                                                                                京都灼熱

                                                                                                 いちのせくん何回もトムスいってくれてありがとうkyu 1回生キャンピング以来の輪行 fight!! 
                                                                                                りんこう解除のち9時ごろ出発しました 
                                                                                                わたしたちが降り立った吉野駅は山でいきなりまっくら! 
                                                                                                とりあえず駅員さんに聞いた道をすすみます 
                                                                                                暗すぎてみんなテンション高い 

                                                                                                暗闇からガサガサ野生動物の動く音が非常に不気味でした
                                                                                                星が超みえました  蛍もめっちゃいました
                                                                                                この後、鬼コースアウト 

                                                                                                6月ラン吉野ビバーク決意しかけましたDocomo103 文句も言わずついてきてくれた班員のみなさん、ほんと反省してます


                                                                                                 暗闇でぼーぜんとする1回生 
                                                                                                次の日をトンネルで迎え、駅で親切にわたしたちにパンをくれたおばさんのおかげで助かりましたゆう★ 


                                                                                                道の駅で

                                                                                                 

                                                                                                「僕は蚊とか虫とかが大っ嫌いなんだ」という1回生吉○くん  

                                                                                                 2日目は1日目と大違いで早起きして予定どうり順調にすすみました 

                                                                                                 川にもはいりました  みんなどんどん飛びこんでました 
                                                                                                水きりに興じる者

                                                                                                 

                                                                                                自由ランポイントから見れた景色電球やばきれいー 

                                                                                                特別ゲストの伊東くんを迎え洞川温泉へ 
                                                                                                この後 予想外アップもありましたが1回生の成長をしみじみ感じさせられ、 下りも非常にスリリングでおもしろかったです 

                                                                                                 メインイベントつり橋 ドーーーン 
                                                                                                 参加してくれた1回生 
                                                                                                人数多すぎてサポートきてくれた2回生 ほんとありがとう\(^o^)/ 
                                                                                                 吉野はいいとこです

                                                                                                GWは男子夏合宿下見

                                                                                                0
                                                                                                  110504_0744~02.jpg
                                                                                                  キャンピングお疲れさまでした。なかしまです。

                                                                                                  昨日から明後日にかけて、男子夏合宿の下見。

                                                                                                  山本と徳島に来ています。

                                                                                                  人生二度目の四国、何があるのか楽しみです!

                                                                                                  写真は438号線の旧道、座り込む山本の図です。

                                                                                                  キャンピング2010 前日〜一日目(一班)

                                                                                                  0
                                                                                                     早いものでもう半月たってしまいましたが、キャンピングの報告をリーダー小野がお送りしたいと思います!!
                                                                                                    主に一班の報告となりますので、他班の二回生もしっかり報告お願いします!
                                                                                                    【〇日目】 出発前夜

                                                                                                    なんともまあ、一回生が来るわ来るわ… 
                                                                                                    そうです、今年はあろうことか現役上回生12人に対して新入生が13人!!
                                                                                                    スペシャルサポートとして出走していただいた杉本さんを含めると総勢26人という
                                                                                                    狂乱盛況ぶり!!

                                                                                                    それも新入生のほぼ全員が前日からキャリア取り付けのためにボックス泊という気合の入りよう…
                                                                                                    熱心にキャリアの取り付けに挑む新星達の真剣な眼差しに軽く恐怖感すら覚えたのは何も僕に限ったことではありますまい。

                                                                                                    ぴかぴかのサイドバッグが眩しい!! でも半年後には・・・笑



                                                                                                    【一日目】

                                                                                                     午前七時、集合!!
                                                                                                    期待や不安の入り混じった面持ちの新入生から余裕の貫禄を見せつける上回生まで、揃いも揃ったり25人!! さて、続いて班を発py…

                                                                                                        ん?    ニ ジュ ウ ゴ ニ ン ?    

                                                                                                    ・・・(=_=)

                                                                                                    常盤ぁぁァァ!!!Σ(゚Д゚|||)

                                                                                                    ・・・と、いつも通りの賑やかな出発となりましたが何とか予定通り九時には一班が御所を出ることができました。

                                                                                                    一班のメンバーは
                                                                                                    二回生 山本 中島 小野
                                                                                                    一回生 木村 遠藤
                                                                                                     

                                                                                                    今回皆が目指すのは美山町自然文化村。京北をさらに北上した、日本海へ流れ込む由良川沿いのキャンプ場です。

                                                                                                    御所を出発した一向に最初に襲い来るのはもはやおなじみの「京見峠」
                                                                                                    伴走という言葉に甘えながら、「がんばれよ〜」などと言ってみる二回生ですが、一回生の予想以上の走りっぷりに呼吸の乱れを隠すので精いっぱいだったなんて口が裂けても言えません。



                                                                                                    峠を登った後とは思えないクールさ・・・ 


                                                                                                    その後は周山街道へくだり、笠トンネルを抜け細野の交差点を西へちょこっと遠回りしてこの日二つ目の峠へアタック!!
                                                                                                    空腹で疲れが見え始めていましたが、店長山本バイト列伝などをくっちゃべりながら京北の町へと越えて行きました。

                                                                                                    昼食は京北のサンダイコー
                                                                                                    ここまでかなり早いペースで走り後続班と大きく差が開いていたため、ゆっくり昼食を楽しむことができました。



                                                                                                    昼食を終えて次に向かったのが今回のフリーランポイント「井戸峠」


                                                                                                    スタート地点にて

                                                                                                    初めての競争ということもあって遠藤と木村も少々緊張気味でしたが、一方の上回生も「負けたらどうしよう…」とガチでビビっていたため"ハンデたったの1分だけ"というチキン安全策で乗り切りました。
                                                                                                    途中、遠藤のチェーンが切れるというアクシデントがありましたが、そこは中島がほんの数分で修理し上回生としての腕を見せてくれました。


                                                                                                    木村ガンバレ!!               中島舌出てるぞ!!!


                                                                                                     山本へそでてるぞ!!


                                                                                                    そこからはひたすら北上し美山町に入り、六時ごろには各班次々にキャンプ場へ到着。
                                                                                                    明るいうちにテントを立ててから晩飯のカレーの準備にかかります。

                                                                                                    ・・・と、炊事場に目をやるとなんとカラスが肉にたかっとる!!
                                                                                                    急いで追い払うも、半パック程は食い荒らされてしまいました

                                                                                                    一班では中島が抜け目なく昼のサンダイコーでチャツネを買っていたためそれを投入。
                                                                                                    ちょっと濃い目の美味しいカレーができました。

                                                                                                    その後は恒例のキャンプファイヤーをして就寝。

                                                                                                    僕は足立、遠藤、木村と同じテントに入りましたが、何を喋る間もなく眠りに落ちました。

                                                                                                                                  一班二日目へ続く…





                                                                                                    恒例のカーアート さすがです・・・

                                                                                                    最後になりましたが、サポートで参加してくださった鈴木さん下西さん中村さん、そして出走していただいた杉本さん、お忙しい中本当にありがとうございました!!

                                                                                                    春合宿3日目

                                                                                                    0
                                                                                                       昨日はキャンピングお疲れ様でした。参加してくれた新入生、サポートして下さった先輩方、本当にありがとうございました!

                                                                                                      さてさて、ようやく春合宿報告も3日目、最終日へ。本番編が終わったら下見編作ります(笑)

                                                                                                      【3月13日 3日目】
                                                                                                      子供ちゃん達に元気一杯に見送られて出発。この日は最終日ということだが、今日は残波岬や嘉手納基地の近くを走る。
                                                                                                      まずは残波岬付近の砂浜へ。せっかく沖縄に来たのだから、海を眺めねば始まるまいという考えだ。
                                                                                                      岬へはなかなか斜度のある坂を登っていく。下見の時はすさまじい向かい風で相当辛かったが、この日は穏やかであった。

                                                                                                      岬の近く、残波ビーチへたどり着くや否や、突如として海にダイブする輩が大量に出現。もはや何も驚くまい。
                                                                                                      沖縄のビーチでスイムをエンジョイした後は、那覇市内へと戻るべく再びラン。

                                                                                                      道の両側に広がる広大な米軍基地(嘉手納)に駐機する爆撃機を横目に、夕方にはさっさと那覇市内へと帰還。う〜ん。時間余りすぎ…。ということもあり、せっかくなので首里城へと向う。
                                                                                                      首里城は改築工事中であった!ちょっと残念だが、主将個人は既に5回目の首里城なので別に良い。
                                                                                                      そして夜はお待ちかね、新宴会部長の発表やら何やらで楽しみ、1日目集合地の公園で締めをして春合宿終了!…と、思った瞬間、謎の「それいけっ!!」という掛け声と共に、多数の大人にイノコをされる。怖かった。予想してないイノコはあんなに怖いのか…。犯されるかと思った主将だった。

                                                                                                      (主将その後)
                                                                                                      朝早めから用事のため沖縄を発った主将。輪行の際にスレて痛いので長ズボンを履きたいのに、そのズボンがない。ビールにまみれているのだ。悩みに悩んだ末、那覇空港内でいそいそと着用…。
                                                                                                      搭乗手続きでANAグランドスタッフのおねいさんに「まぁ、朝っぱらから飲んで!学生は気楽でいいわね!!」という顔をされながら、沖縄を出発したのでした……。

                                                                                                      次回は下見編を書いてみます。「イナガワジュンジ風、春合宿の回想」というネタも副将の命令なので仕上げときます。


                                                                                                      2日目に宿泊した南恩名パラダイスの前で。2班の方々


                                                                                                      副将がパンク修理をしていた間に撮影。イメージは「耳をすませば」
                                                                                                      意外とY本が台詞を覚えていて驚いた(笑)


                                                                                                      トロピカルですね〜


                                                                                                      トロピカルなんですね〜


                                                                                                      残波ビーチまでの道。静かでエエ所でした


                                                                                                      首里城までの道。ここのキャッスルアップはマジでエグイ!!


                                                                                                      守礼門前で記念撮影


                                                                                                      首里城。若干工事中。しかし、ようこのジャージで入ったな(自分含め)

                                                                                                      (まとめ)
                                                                                                      楽すぎた。しかも交通量多かった。初めてのことをするのはこんなに大変なのねと実感。
                                                                                                      旅館の予約からコース設定、一人での下見など、本番の2ヶ月前ぐらいからずっと合宿に悩む毎日でした。
                                                                                                      しかし、DCCのメンバーで沖縄を走る!という長年の夢を達成できた事はとても嬉しかったです。文句言いながらも許してくれた同回、黙ってついて来てくれた後輩、西田さん、本当にありがとうございました。

                                                                                                      メカ局からのお知らせ

                                                                                                      0
                                                                                                         今回、キャンピングを控えて自転車の貸し出し申請書を作成しました。
                                                                                                        基本的にはキャンピングから実際に使用を始めてみようと思っています。

                                                                                                        田辺ボックス・新町ボックスそれぞれに数枚の申請書と記入方法など詳しい内容を記した紙を貼っておきます。

                                                                                                        キャンピングに限らず、一定の台数を貸し出す際には提出してもらおうと思っているので、全員必ず一度は読んでおいて下さい。

                                                                                                        今年から貸し出し方法がぐんと厳しくなりますが、ちゃんと公用車と大切な先輩方の自転車を管理していくためには必要だと思いますので、よろしくお願いします。

                                                                                                        写真

                                                                                                        0
                                                                                                           今年お疲れ様でした
                                                                                                          あとちょっとで2010年ですね

                                                                                                          まだうちのなだれこみの報告がされていないのですがされるんかな?

                                                                                                          今回写真の提出ができていなかったので

                                                                                                          PICASAにあげておきました
                                                                                                          サヨナラとなだれ込みの四国,秋花脊についてです


                                                                                                          もしUPしてほしい写真があったら連絡ください
                                                                                                          撮るだけとって提出してない写真がおおいものなので

                                                                                                          キャンピングとかだしたかな・・・・・?






                                                                                                          オーストラリアサイクリング その2

                                                                                                          0
                                                                                                             

                                                                                                            9/2

                                                                                                             

                                                                                                            9時ごろに起床。チェックアウトの時間がわからなかったので相部屋の人にきいたが、結局分からなかった。まあ、どうせ今日もここにいるし、と朝からすでに守りの姿勢を徹底勘で10時前にチェックアウト。後で知ったがこの時間が標準タイムらしい。

                                                                                                            とりあえず自転車で探検。リゾート地だから当然だけど、本当に街がきれい。そして物価が高い。




                                                                                                             海に繰り出してみる。はだしになって歩いてみる。海に手だけ触れてみる。




                                                                                                             それだけ。

                                                                                                             仲間がいれば

                                                                                                             




                                                                                                             

                                                                                                             (以上08キャンピングより)

                                                                                                             

                                                                                                            みたいな事をしていたのかもしれないが(さすがに空気を読むか?)、一人じゃできない。

                                                                                                             

                                                                                                            オーストラリアでは有名チェーン店のハンバーガー屋に入ってみる。でかいやつを頼んだ。味ってこんなもんなのか。



                                                                                                             

                                                                                                            日本の旅行会社があって、あまり海外に来た感じがしない。






                                                                                                             

                                                                                                            自転車屋を発見。これで万一のときに少し安心。



                                                                                                             

                                                                                                            公園に行ってみる。相変わらずきれいだ。そして野鳥がいっぱいいる。

                                                                                                            昨日襲ってくれたのはお前か!

                                                                                                             

                                                                                                            それともお前か?

                                                                                                             

                                                                                                            お前か…


                                                                                                            って何でこんなんが放し飼いにされてんの?

                                                                                                            一応言っておくと全部自分で撮った写真で、どこかから拾ってきた画像ではないです。

                                                                                                             

                                                                                                            またサーファーズパラダイスの別の宿にチェックイン。やっぱり某歩行方の教科書に載っているやつ。自転車を中に入れさせてくれた。


                                                                                                             相部屋の人にをもらって飲んだ。

                                                                                                             よって夕食は歩いていくことに。
                                                                                                            歩くのめんどくせー。自転車マジで便利。海外旅行にいくならぜひ持っていったほうがいい必須アイテムだろ。

                                                                                                            近くの日本料理屋に行った。やっぱり歩行方に従う別に早くも日本が恋しくなったわけじゃなくて、海外で出されている日本料理がどんなものか興味があった。

                                                                                                            鰻玉丼を頼んでみた。日本でも珍しい料理だと思うが、珍しい食べ物は大好きなのです。おいしかった。


                                                                                                             

                                                                                                             

                                                                                                            9/3

                                                                                                             

                                                                                                            この日は洗濯してからさすがに南下する。


                                                                                                             降り立ったゴールドコースト空港(この情報、本来最初に書くべきでした。すみません)を少し過ぎたところで…



                                                                                                             

                                                                                                            よし、今日はこのくらいで勘弁してやろう。

                                                                                                             

                                                                                                            近くの観光案内所でバックパッカーズ(相部屋の安宿)を教えてもらった。おばさんがすごく親切でした。


                                                                                                             

                                                                                                            チェックイン。ロッカーに自分で持ってきた鍵をかけるのは変わらないが、ロッカーの中にコンセントの差込口があって、安心してみんなが充電できる。すばらしい。そしてすばらしくどうでもいいことばかり書いている。全日程で比較的走った日なのに…



                                                                                                             

                                                                                                            夕飯はミートパイでした。運動してないな。海岸沿いにサイクリングロードがあって走りやすかったです。






                                                                                                            どうでもいいかもしれませんが、ポストはどこかパールイズミのマークと似ていると思いました。

                                                                                                            勘違いもいいところですね。
                                                                                                             

                                                                                                            続きます


                                                                                                            キャンピング報告〜2班〜 <2,3日目>

                                                                                                            0
                                                                                                               <2日目>
                                                                                                              鞠にぃあざーす!2日目は藤井が報告させて頂きます。

                                                                                                               他の班が果敢にも六甲山をアタックするという中で、2班はまったりと行かせて頂きました。
                                                                                                              昨夜、食欲が供給量を超越したため、今朝は班員の持つ限りのお菓子を出し合っておかパしました。お菓子トークに花を咲かせつつ、ほぼ完食し終えて出発です。



                                                                                                               一同は丹波の小京都、篠山を目指します。しかーし、篠山へ行くには昨日通ったはらがたわ峠を越えなければいけません。「昨日のとこ戻るで」と言ったら、女の子2人は他の班が下って行くのを羨ましがってました。でも、旧道の方は交通量少なかったので、ゆっくりしゃべりながら登っていきました。


                                                                                                              はらがたわ峠を越えて

                                                                                                               はらがたわ峠を越えるとひたすら下り&平地で、お昼頃には篠山へ到着。
                                                                                                              まず温泉に入りましたが、男性陣が30分程で上がったのに対し、女性陣は60分程まったりしてたようです。
                                                                                                              「スキンケアが欠かせないんですよ〜」とお二人。女性のたしなみについて限りなく無頓着だったと改めて実感した男性陣でした。

                                                                                                               その後、篠山名物しし丼が食べれるという定食屋へ。コリコリした食感が特徴。(鞠山が食べてるのがしし丼)



                                                                                                              昼食後、「大正ロマン館」なる施設へ。


                                                                                                              大正時代には杉本さんの声を聞き取れる人がいたのでしょうか


                                                                                                              黒豆ソフトクリーム

                                                                                                               その後、篠山市街から小一時間程で目的地である川代公園キャンプ場へ。
                                                                                                              吊り橋woo! 人いねぇwoo! 無料woo!

                                                                                                               さて、夜の焚き火に向けて薪割りに挑戦です。女性陣も果敢にナタをふりおろしていました。
                                                                                                              女性陣のみならず男性陣も楽しんでくれてよかったっすm(__)m





                                                                                                              すんません、ウチもキムチ鍋です。。少しアレンジして後で雑炊しました。

                                                                                                              中村さん、あきませんよ。


                                                                                                              楽しげです。女の子達も積極的に薪をくべてくれました。


                                                                                                              <3日目>
                                                                                                               藤井、お疲れさん。3日目担当は再び帰ってまいりました、鞠山です。
                                                                                                              朝もまたまたプチキャンプファイヤーです。

                                                                                                              キャンプ場はこんな感じでした。鞠山眠そうですね。

                                                                                                              朝ごはんはホットドックです。上回生のは暗黒物質と化しましたが…(笑)

                                                                                                              杉本さん、常にカメラ目線ですね。

                                                                                                              デザートに焼きマシュマロも。チョコフォンデュみたいにして食いました。

                                                                                                              杉本さん、上の写真と表情一緒ですね。

                                                                                                              この写真で見てもらうと分かるように、大鍋にホットドックでは処理しきれなかったキャベツが大量に余っています。マシュマロが無くなったので、中村さんがキャベツをフォンデュし始めました…。一同驚愕の中、中村さんは「おいしいで。」とおっしゃります。それを受けて、1回生がチャレンジ…。2人も「おいしいです。」とのリアクション。周りに流され、鞠山も一口…。意外にイケました。ここに新ツアー食、「チョコキャベ」が誕生したのです。空前のチョコキャベブームが到来しましたが、それでも、イカツイ量のキャベツは処理しきれず、結局昨日の残りのキムチ鍋の素や、ホットドックで使用したケチャップなどを利用してもう何品か作ろうかということになりました。そこで杉本さんが、非常食で持ってきたサッポロ一番に入れる?とおっしゃったので、ありがたく使わさせて頂きました。「サッポロ一番ということはやっぱりみそ味ですね?」という問いに対して杉本さんは「そやよ。」とおっしゃり、サイドバックから堂々としお味を持ってくるという事件もありましたが、無事キャベツは処理できました。

                                                                                                              こうして、いよいよ出発です!

                                                                                                              出発写真

                                                                                                              キャンプ場にあるつり橋

                                                                                                              この日は近くの下滝駅から輪行で京都へ行くのみです。


                                                                                                              1回生にとって初めての輪行。自転車の重さに苦しんでました。

                                                                                                              車内では再びおかしパーティをして、昼ご飯を食べて、昼寝をしてました。

                                                                                                              上回生が爆睡する中、1回生は楽しそうに談笑していました。若いっていいですね…(苦笑)


                                                                                                              角口さんが昼ご飯にりんごを丸かじりしていたのは、今となっては有名な話ですね。

                                                                                                              こうして、京都駅まで輪行して、京都御所まで走りました。

                                                                                                              3日間通して、1回生の意外な一面が見れてすごく楽しいキャンピングでした。
                                                                                                              角口さん、関さん、参加してくれてありがとうございました。
                                                                                                              そして、中村さん、杉本さん、2回生のプランに着いて来て下さり、サポートして頂き、ありがとうございました。

                                                                                                              キャンピング報告〜2班〜 <1日目>

                                                                                                              0

                                                                                                                 遅くなりましたが、キャンピング2班の報告です。

                                                                                                                <1日目>
                                                                                                                 御所での班発表で2班は以下のメンバーとなりました。
                                                                                                                1回生にとって、泊まる行事は初めて。少々緊張気味の中、いよいよ出発です。
                                                                                                                 
                                                                                                                 出発写真

                                                                                                                 まずは京都市内をどんどん西へ突き進みます。順調に進んでいるように思われたのですが、1班の報告にもあったように、桂川付近でメカトラが…。黄ビゴのフロントディレーラーの様子がおかしいそうです。どうやらインナーからセンターに上がらないようで…。サポートカーに連絡を入れ銀のGIANTを持って来てもらうことに。後続の3班と合流し、下西さんになんとか走れるようにしてもらい(さすがメカ局長)再出発しました。少々上りが続く中、1つ目の休憩ポイント、コンビニ激戦区に到着。次に待つ老ノ坂に向けて少し充電です。

                                                                                                                 
                                                                                                                 まだまだ余裕の1回生

                                                                                                                 意外にあっさりと老ノ坂を攻略し、徐々に交通量も減ってきて、ペースも上がります。
                                                                                                                食購ポイントにて黄ビゴと銀のGIANTを交換して(4回生の方々、ありがとうございました)昼食ポイントへ向けて出発です。ここで藤井は何やら裏装備を購入していました…。

                                                                                                                 運動公園にて昼食タイムです。メカトラもあって少々遅めの昼食となりましたが、噂のるり渓に向けて、エネルギーチャージです。この時杉本さんは出発時間ギリギリになっても昼寝を満喫されていました。結構疲れました?

                                                                                                                 車が皆無の田舎道を軽快に飛ばし、るり渓へと向かいます。るり渓へのアプローチは結構きついので、自由ランにしました。鞠山は中村さんと角口さんと一緒に走っていたのですが、角口さんは、見えなくなったなと油断してると、すぐに真後ろについてくる、かなりガッツのある女の子でした。

                                                                                                                 るり渓のふもとで全員が合流し、いざフリーランと思っていたのですが、1班の岡本から連絡があり、頂上で待っているとのこと。追いつけるようなら追いついてということで、自由ランにして、藤井と鞠山はお先に頂上へ。藤井の爆発的なスピードに鞠山はヒィヒィ言いながらついていきました。鞠山が1回生みたいになってましたね。

                                                                                                                 頂上へ着くと、1班はすでに出発済み。がんばって上っている1回生のためにお菓子を用意して待ちます。頂上で少し休憩して、あとはキャンプ場へ向かうだけ。

                                                                                                                 
                                                                                                                 
                                                                                                                 1回生、お疲れ様〜。

                                                                                                                 キャンプ場に着くと1班がカレーの準備をしてくれていました。
                                                                                                                テントを立てて、米を炊きはじめ、カレー作りです。
                                                                                                                2班は女子が2人いるということで、カレーに関しては他の班を圧倒していたと思います。
                                                                                                                あのカレー大好き杉本さんが「今までこんなにうまいカレーは食った事がない」と言うぐらいでした。

                                                                                                                このあとはキャンプファイヤーを経て、1日目は終了ですね。
                                                                                                                藤井と鞠山ちょっとしたナイトランを敢行しましたがその件は伏せておきます(笑)


                                                                                                                キャンピングサポート報告

                                                                                                                0
                                                                                                                   どうも、亀Gです。

                                                                                                                  キャンピングの報告お疲れ様です。

                                                                                                                  私たち4回生も、サポートカーに乗った目線から報告・・・というよりも写真があったのでアップしようと思います。


                                                                                                                  出発直後。意気揚々とする松沢氏。
                                                                                                                  この直前まで、トランクで亀Gがメカ修理してました。



                                                                                                                  3班発見!CLは立花。ちゃんとできてるか〜?


                                                                                                                  女子部員の参戦!キツいかもしれんけどガンバレ!


                                                                                                                  「もうギブアップっす。」という声が聞こえてきそう・・・。


                                                                                                                  瑠璃渓の頂上に到着!!よくやった!


                                                                                                                  4回生そろい踏み。気持ち悪!!




                                                                                                                  今回のサポートカー。同早モードで世相を反映してます。
                                                                                                                  昼食の時の悪ふざけ(悪)


                                                                                                                  キャンプ場についたらお楽しみのカレー作り。
                                                                                                                  上回生に米の炊き方を教えてもらおう!
                                                                                                                  うまく米を炊けないヤツは死刑(笑)






                                                                                                                  飯作り時の楽しいひと時。
                                                                                                                  1回生も、だいぶなじんできたね。

                                                                                                                  1回生を捕食する元主将(笑)
                                                                                                                  食べられている当事者は平気な顔。

                                                                                                                  ↑食べられていた人(笑)
                                                                                                                  1回生なのにこの余裕感・・・負けました。


                                                                                                                  わざわざ、サポートに来てくださったOBの方々。
                                                                                                                  ありがとうございます!
                                                                                                                  オープンカーでのサポートは衝撃的でしたね(笑)


                                                                                                                  翌朝、サポーター全員で記念写真。
                                                                                                                  レンタカーにやりたい放題ですな・・・(笑)


                                                                                                                  今回、新4回生は初のサポートでしたが、結構楽しかったです。
                                                                                                                  自転車で走れないのは寂しいですが、やっぱり楽ですね、車は(笑)
                                                                                                                  特に免許持ってない3人は・・・。
                                                                                                                  スミマセン・・・(笑)

                                                                                                                  まだまだなじめていない1回生もいるかもしれませんが、今後の花脊TTや6月ランを通して「DCCの一員」となっていってくださいね。

                                                                                                                  それでは。

                                                                                                                  夏合宿下見 on GW

                                                                                                                  0
                                                                                                                     どうも、母の日ですね!鈴木です!

                                                                                                                     周知のことかもしれませんが、我々3S(鈴木、下西、杉本)は、GW中に山梨県のとある場所で合宿の下見をしてきました。


                                                                                                                     
                                                                                                                     とある駅にての出発写真 まだこの頃は元気だなぁー杉ちゃんも元気やし

                                                                                                                     ということで、出発してみると、とりあえず、上り…テンションダウン…

                                                                                                                     杉本、下西も文句言い始める始末…ホントに下見できんのかー
                                                                                                                     

                                                                                                                     休憩中の二人。ミセス&ミス.スミスをイメージしたそうな


                                                                                                                     ダート後の二人。 また、お決まりのボケ。首脳会談風

                                                                                                                    こんな感じでフラットなダートだったので、とりあえず安心。 そして、疲れたので、近くのキャンプ場でお休み


                                                                                                                     次の日・・・は散々だった

                                                                                                                     まず、下見予定のコースは、通行止め…しゃーないので、せっかく稼いだ上りを一気に下り、また上るコースになった。

                                                                                                                     
                                                                                                                     坂を下りると、金桜神社という神社が。この時期でも桜が… ちなみに彼はイナバウアーしてます


                                                                                                                     んで、クリスタルラインなるものを上る。景色はとてもキレイだが、キャンピングの疲労が3人を襲う!!
                                                                                                                     特に杉ちゃんは、結構ちぎれてました(笑) 

                                                                                                                     杉ちゃん 疲れてもカメラ目線は欠かさない!!さすがッス!!笑

                                                                                                                    軽くへばりながら、上ると、僕等が目指した頂上が!!そこは、GWとは思えないくらい人がいなかったが、とりあえず、着いた。

                                                                                                                     しかし、時はすでに11時ほど、ハンガーノックになるのを恐れ、頂上を後にした3人は、温泉旅館っぽいトコで飯を食った。そこで、朝5時起きで眠かった2人(杉&下)は寝ていたが、杉ちゃんは、思っきし頭を机にぶつけ「ドン」と音を立てて、起床した。
                                                                                                                     …やはり彼はいつでもおいしいトコを持っていくなぁー


                                                                                                                     旅館なるものの前にて。俺の靴と見立ててらしい…貴様、何が言いたい!!

                                                                                                                    …ということで、昼飯くって、やけに元気になった3人は次なる、峠を目指す。標高は○○○m。
                                                                                                                     結構しんどそうだ…だが、上る。上る、上る…って、雪!?


                                                                                                                     雪1


                                                                                                                     雪2  って、これ走れないやん

                                                                                                                     ということで、予定の下見はこれでおしまい…あかんやん…
                                                                                                                     精神的にやられた僕等は、一旦引き返すことに…あぁーぁー

                                                                                                                     と、思ってたら、色々事件くさいことがあるっぽいだのって話になるし、色々大変でした。
                                                                                                                     ただ、後は、ひたすら下りに下って、道の駅に着き、鍋を囲って、飲んだ。
                                                                                                                     ほんで、二人に片付けを押し付け、勝手に寝た

                                                                                                                     ただ、一つ弁明しておくが、日間、料理はほぼ僕が作った!ので、五分五分です。

                                                                                                                     ほんで、3日目、予定を変更し、別ルートで下見続行!! 「また峠か」と、ごねる二人を無視し、上る。杉本がさすがにしんどそうなので、会話しながら、上ったら、結構元気に上っていた。彼はトーク好きなようである

                                                                                                                     
                                                                                                                     峠付近。囚人か!と突っ込みを入れたい。ってか、下西にバッチリ突っ込まれてた

                                                                                                                     
                                                                                                                     脱走犯らとダートへ向かう。ダートは当初、上りで、元気な下西とは裏腹に、杉ちゃんは例のごとく、しんどそうだったが、下りに入った途端、輝きを取り戻した。まるで、水を得た魚のように!!
                                                                                                                    一方、下西は一気にSPEEDが半減していた。挙句に、パンクしていた。
                                                                                                                     しかし、あのクレイジーな走りの杉ちゃんがパンクしないのは何故ゆえ!?

                                                                                                                     ほんで、ダートを抜け、平地&下りの道をひたすらに走り、山から都会へ
                                                                                                                     しかし、結構距離があり、二人には迷惑をかけちゃったなぁー
                                                                                                                     
                                                                                                                     最終日、疲れのため、二人とも起きず。1時間遅れで起床。それでも、6時前には起床してくれてたけど

                                                                                                                     ということで、雨の予報もあり、最終日は少なめで、下見開始。2時間ほど走れば、予定のダートが。しかし、ダートまでのガチな上り…もうここは止めとくか、と悪魔の囁きすら聞こえた
                                                                                                                     でも、最初だけで、あとは案外いけた

                                                                                                                     
                                                                                                                     途中のダム キレイ。 ただ、下西はダムが嫌いだそうで

                                                                                                                    ダートに行こうとしたが、雨が降りそうだったので、結局、途中で諦めて、駅へ

                                                                                                                     あとはお風呂でザブンとして、さっぱりキレイに新幹線で帰ってきました
                                                                                                                    ただ、東京出るまでは、電車が分からず、1〜2回電車をミスって、下ちゃんに怒られました。

                                                                                                                     とりあえず、こんな感じで下見してきました〜
                                                                                                                     杉&下、お付き合いありがとうございました〜またよろぴく!!

                                                                                                                    キャンピング報告

                                                                                                                    0
                                                                                                                       ども、こんにちわ。最近近所の猫にモテまくりのえふ原です。キャンピングの行事報告のため参上しました。

                                                                                                                      とは言え、3班に分かれて走っていたので、全体の報告はし辛い…ということで、1班視点の報告にしたいと思います。

                                                                                                                      それでは、駆け足で1班の3日間をどうぞ!DCCの諸君、行くぞーーッ!!

                                                                                                                      【1日目】
                                                                                                                      出発前、様々なゴタゴタが発生し、少々時間を遅れながらもまぁ何とかなるやろうという時間帯に出発した我が1班。さぁ、出発だー!って思った矢先、メカトラでストップ!!御所を出た直後です。

                                                                                                                      おいおい…と思いつつ(香川よ…不運やったな…恨むならキャリアを恨んでくれ)、気を取り直して出発。メカトラで2班に抜かれてたけど、桂川で抜き返します(どうやら大変なことが起こってた様で…。2班の報告で明らかになるのか…?)。かくして、予定通り1つ目の休憩所に到着。

                                                                                                                      休憩後はすぐに1つ目の本格的アップ、老ノ坂!…ですが、ヒィヒィ言うはずの1回生が余裕たっぷりの走りで「あれ?」って感じであっけなく終了。コース設定ミスったか?

                                                                                                                      食購ポイントでトリ氏から連絡。「今1つ目の休憩所ー」嫌な予感…。
                                                                                                                      昼食は楽しく過ごせました。気付けば、うちの班は全員下宿だったんですよね。下宿同士、分かり合える物があると思っていたら、自分はバッシングを受けました(理由は忘れた)。どうやら自分は下宿の仕方を間違っているみたいです。

                                                                                                                      昼食後は一路るり渓へ。のどかな田んぼの中を…あれ?オープンカーにメット被って乗ってる人達が…わ!何かめっちゃ水鉄砲撃ってくる!!
                                                                                                                      …全然のどかじゃありませんでした。

                                                                                                                      るり渓に到着。フリーランとなるのですが…1回生の脚が限界を迎え、2回生の中でちょこちょこ競っただけに終わりました。無念…。

                                                                                                                      キャンプ場に着くと、いつも通りカレーの用意を整え、到着した2班と共にテントを建てて準備完了。それからはカレーを作るのですが、正直、うちの班のカレーが1番うまかったんじゃなかろうか?料理長、鈴木さんの力が大きいです。


                                                                                                                      フリーランポイントにて。鈴木さんのハジけかた、好きです


                                                                                                                      香川お疲れーってあれ!?亀谷さん!!?


                                                                                                                      キャンプ場のすぐ手前。あとちょっとや!

                                                                                                                      【2日目】
                                                                                                                      朝食はカレーの残り。朝からご飯を炊きました。他の班はおかずがなかったので(すいません)炊かなかったようですが、本当は朝は炊きます。

                                                                                                                      この日は10時半に出発。国道を避けて有馬を目指します。
                                                                                                                      当初は楽に行けるであろうと思っていたのですが、甘かった…。坂につぐ坂。1回生よ。すまん。

                                                                                                                      昼はジャスコで食購し、先のダートの入り口的な坂の途中で食べました。あれ、これって何かキャンピングじゃなくね?

                                                                                                                      夕方に有馬に到着。予想外の坂のきつさにみんなヘトヘト。まずは目標の『金の湯』に行き、ひと風呂浴びます。気持ちよかった〜。やっぱり走った後の風呂は格別。

                                                                                                                      風呂でさっぱりした後は、泊まるところを目指して市内を出ます。新興住宅感がしまくる神戸電鉄三田線岡場駅近くのダイエーで食購し、その近くの公園で寝ます。
                                                                                                                      因みに夕食はキムチ鍋。あぁ・・・やっぱりおなじみのものになってしまった…。


                                                                                                                      出発写真。鬼超こえー


                                                                                                                      細かすぎて伝わらないモノマネ。藤井の寝方


                                                                                                                      1番きつい坂が終了!有馬は目前!!…香川…死んどるがな

                                                                                                                      【3日目】
                                                                                                                      鬼班長、鈴木さんに朝5時集合を命じられた1班は(仕方なかったんだけど)、その朝から士気が恐ろしく低かったです。この朝の雰囲気…キャンピングじゃなくて、なだれこみっぽくね…?

                                                                                                                      すぐにパッキンして出発。岡場駅近くのコンビニで朝食を済ませ、有馬市内にいったん戻り、六甲山を目指します!

                                                                                                                      正直、1回生の様子を見るに六甲山はやめようかと思っていたのですが、六甲山を制覇する達成感は疲労感に勝るはず!と勝手に判断し、決行させてもらいました。1回生。マジでごめん。

                                                                                                                      出だしから激アップで度肝を抜かれますが、進むに従ってマシになり、普通な感じに。しかし、途中めちゃくちゃ下ったのにはビビリました。どんな凄い坂が待ってるねん!と。

                                                                                                                      辛そうな1回生を騙し騙し進むと、意外とあっけなく頂上が登場!一軒茶屋で休憩し、昼ごはんを食べます。帰りは全部下りかと思いきや、なかなか下らず…。「あとは全部下りやから」と言ってたのに。1回生の視線が痛い…。
                                                                                                                      表六甲を下りましたが、凄い坂でした!これは本物の坂!1回生も、あの下りを走れば、どれだけ自分達が登ってきたか実感できたのではないでしょうか?

                                                                                                                      帰りはJR住吉駅から輪行。電車の中で見た中島のホッとした顔が忘れられません。そんなにきつかったか…ごめん、1回生(土下座)
                                                                                                                      しかし、電車に間に合わず、何と集合時間に遅刻!その結果焦りすぎてリクイガス同ジャー脱ぐの忘れてました。ビールかけられるの知ってたのにぃ。

                                                                                                                      …かくしてキャンピングは終わりました。最後に、きつかったろうに頑張って付いて来てくれた1回生、ホンマにありがとう。確実に強くなったと思う(キャンピングの主旨と違うけど)あと、六甲山はキレるのもありやったと思うで(笑)


                                                                                                                      起床直後。おかもとさ〜ん起きてまっか〜?


                                                                                                                      隊列を組んで六甲山を目指す


                                                                                                                      きついコースを文句言わず走ってくれた1回生に感謝!

                                                                                                                      (連絡)
                                                                                                                      写真が少ないので、追加していただきたい!
                                                                                                                      キャンピング全体での行事報告は後日したいです。他の班の様子も知ったうえでトリ氏と書きたいので、他の班も報告してくれるとうれしいです。

                                                                                                                      新歓コンパ

                                                                                                                      0


                                                                                                                         2009年度オリエンテーションリーダー&サブリーのエリマリコンビです。

                                                                                                                         4月4日に新歓コンパが開催されました!!
                                                                                                                         オリテ期間が始まるまではどのくらいの一回生が参加してくれるのかな…?とかなり不安ではあったのですが、雨にもかかわらず12人もの新入生が参加してくれて嬉しかったです。男性率が高い中、女の子が2人も参加してくれてとても華やかなコンパになったと思います(≧▽≦)!!
                                                                                                                         
                                                                                                                         初めての飲み会で緊張している子が多かったですが、中には一発芸を披露してくれた子もいてかなり盛り上がったと思います。(負けるな新宴会部長)
                                                                                                                         2次会にも多くの子が参加してくれて、本当に楽しかったです。

                                                                                                                          

                                                                                                                         新歓ランも終わり、トレも始まり、1回生のキャラが徐々に分かってきましたが、今年もナイスなキャラがちらほら現れています。これからが楽しみですね! 初めての新歓行事がコンパということでびっくりどっきりした新入生も多かったかもしれませんが、これからのトレやGWに控えているキャンピングでDCCの雰囲気や魅力を味わって(?)いってくださいね☆

                                                                                                                         最後になりましたが、参加してくれた1回生の皆さん、本当にありがとう!新4回生の方々も多数のご参加ありがとうございました!そして、新入生勧誘に尽力して下さった現役生の皆さん、お疲れ様でした。ありがとうございました。


                                                                                                                        第1回夏合宿下見

                                                                                                                        0
                                                                                                                          どうも、昨日の花背で一時的に有頂天だった亀Gです(笑)

                                                                                                                          ちょっと前の話になりますが、キャンピングが終わったGWの後半、皆さんは何をして過ごしていましたか?

                                                                                                                          1回生のみで個人ツアーをし、舞鶴まで行ったつわものもいたようですが、
                                                                                                                          3回生は「夏合宿」の下見に行っていました。今回はその報告をしようかと思います。
                                                                                                                          手元にマップルが無いので、細かいところは省きますが。

                                                                                                                          0日目

                                                                                                                          キャンピングの疲れはまだ残ってはいたが、合宿局長・Y田の指令により、3回生のT宮、M沢、亀Gはしぶしぶ、合宿集合予定地・金沢へ向かうことに。
                                                                                                                          笑顔はあるが、何処か皆、から元気である。

                                                                                                                          京都駅から輪行。あの「特急サンダーバード」に乗り込み、一路金沢へ向かう。

                                                                                                                          サンダーバード内はGWということもあり、異常なまでに混んでいた。「狭いのに自転車なんか乗せんなよ」的な視線を存分に浴びながらも、3時間ほど揺られて金沢に到着。


                                                                                                                          この間、T宮は同じく輪行していた「きれいなお姉さん」とずっと隣だったのに、
                                                                                                                          チャンスを逃したらしい(笑)
                                                                                                                          DCCの得点力不足を感じる・・・

                                                                                                                          当初、吉田によると金沢に到着した後は初日のキャンプ場まで向かい、そこで泊まるつもりだったらしい。しかし、金沢駅周辺には「健康ランド」が点在しているという事実を知り、全員がその誘惑に負けた(笑)
                                                                                                                          そのため、金沢ではちょっと有名(らしい)な「サンパリオ」という健康ランドに泊まることになった。


                                                                                                                          なんというか、ここがむちゃくちゃ快適(すぎ)だった。設備のいい銭湯は当然のこと、静かな寝室、うまい飯、
                                                                                                                          そしてなんといっても「賭博黙示録カイジ」全巻完備(笑)いつも、早くに寝てしまうM沢氏以外は・・・

                                                                                                                          みんなカイジを読み続け、夜は更けていった・・・。







                                                                                                                          キャンピング行事報告

                                                                                                                          0
                                                                                                                            どうも、テケラッチ漫談でおなじみの下西です。

                                                                                                                            では遅ればせながらキャンピングの行事報告に参りたいと思います。


                                                                                                                            4/29、青空のもと御所に集まるDCCクラブ員たち。前夜祭でハッスルした人もいたようですが・・・。



                                                                                                                            そして、御所出発!まずは食購ポイントを目指して京都市内を爆走!この日はゴールデンウィーク中にも関わらず車どおりが少なく、予想以上に早く着くことができました。



                                                                                                                            食購を終えると最初の峠である長坂峠へ!



                                                                                                                            1班はフリーラン!田宮主将!伴走は?!



                                                                                                                            疲労困ぱいな人々。まだ峠は二つ残ってるぞ!頑張れ!

                                                                                                                            そして、もうひとつの峠をなんとか登り切り、そこを一気に下ると昼食ポイント!



                                                                                                                            木陰でほてった体を癒す。それにしても本番当日はホントに暑かった!
                                                                                                                            藤野はこのときもフランスパンを持ってました(笑)

                                                                                                                            1班が昼食を終え、出発しようとすると、後方から変質者出現!!



                                                                                                                            と思ったらロリループくんでした(笑)

                                                                                                                            そして話はとびましてーーーー(笑)

                                                                                                                            一行は最後にして最大の峠、「こんぜの里りっとう」へ!!

                                                                                                                            ここでは自由ランにしましたが、一回生も普通に遅れることなくついてきて、難なく頂上へ(゜o゜)

                                                                                                                            そんでもってまた話とびましてーーー。。

                                                                                                                            キャンプ場に全班ついたのは19時。予定より大幅に遅れていたのでチャチャっと晩飯の準備にとりかかります!



                                                                                                                            今年も晩飯は恒例のカレーライス!!一日中走った後に食うカレーは最高だったはずです!

                                                                                                                            晩飯の後はこれまた恒例のキャンプファイヤー!!一回生のフレッシュさが光る中!

                                                                                                                            <ここに、下記のような体を張った写真が、掲載されていましたが、政治的に死ぬので撤去させていただきました。あらかじめご了承ください by 亀G>

                                                                                                                            こんな人もいました・・・。やっぱり体をはるということは大事ですよね(笑)



                                                                                                                            そんなこんなでキャンピング1日目の夜は更けていきました。

                                                                                                                            今回、一日がかりのコースを初めて作らせてもらいましたが、なかなかうまくいかないこともありましたが、同回の協力もあり、本当にいいものがつくれたと思っています。

                                                                                                                            そしてなによりいい経験させてもらいました!ありがとうございました!!


                                                                                                                            最後に、一緒に走ってくださった志水さん、サポートできてくださった内藤さん、阪本さん、三井さん、井下さん、伊崎さん。バイクで応援に駆けつけてくださった中倉さん、本当にありがとうございましたm(__)m

                                                                                                                            1回生日帰り個人ツアー〜舞鶴編〜

                                                                                                                            0
                                                                                                                              どうも、法学部1回生藤井と文学部1回生藤原です。今日は先日キャンピング後に行ってきた舞鶴までの個人ツアー報告をさせていただきます。まいどー
                                                                                                                              当日は朝4時久世橋に集合。しかし、家が近所の藤原はまだしも、藤井は既にこの時点でバテ気味。早くも10分の休憩を取ってから、いよいよ出発です!
                                                                                                                              極度に方向音痴である藤原(後帰ってくる際にだいぶ長い間家の近所で迷ってました)がCLを務めるのは当然不可能ということで、国道9号にのるまでは藤井がCLを務めます。9号沿いに行くと、まずは1つ目の峠、老ノ坂!!最初の難関の到来です!
                                                                                                                              道路が暗く、トラックが多かったのでなかなか上るのは大変でした。藤井は大阪からの自走がたたってか、結構参ってました。
                                                                                                                              そのまま亀岡まで突っ走り、途中のコンビニで朝食を購入、そして食う。ここら辺でちょうど夜明け。
                                                                                                                              亀岡からさらに走り園部へと向かいますが、結構向かい風がすごい!しかも吹きさらしの道なので、もろに風を受けます。CLを交代し合いながら園部に到着。再びコンビニで休憩。この休憩は2つめの峠に向けての休憩でもありました。
                                                                                                                              峠に登るのが嫌で、なんとなくテンションダウンしつつも出発。今回の峠は初めから自由ランとしました。しかし、ダラダラした上りが結構長い!こうして徐々に体力を奪われつつ、峠を越えて一気に道の駅丹波マーケスへ。そこで休憩。子ども会か何かわからない大量の子供&保護者の方々を横目に、再び出発。
                                                                                                                              27号に乗り換え、少しの間は快適に走っていたのですが、綾部を越えるあたりから結構つらいものとなりました。車は多いわ道は狭いしガタガタやわ、クオリティ低過ぎます。ついに舞鶴市の看板が見えてきたとき、同時に「また綾部にお越しください」という看板も目に入ったのですが、だれがこんな所にもう1回来るかと思いました。
                                                                                                                              西舞鶴に着いてから、休むことなく目的地の東舞鶴に向かって方向転換。クソ暑い中、ダラダラと坂を上っていきます。何の予備知識もなく来ていた藤原がしきりに道が正しいのか心配する場面もありましたが、要らぬ心配もいいところです。って言うか、地図ぐらい事前に少し読んどけ!
                                                                                                                              お国の財産であるイージス艦を横目に、ついに目的地、赤レンガ倉庫群に到着!。…あれ、何かしょぼいな…。まあええか。
                                                                                                                              目的地到着を喜ぶ2人だったのですが、何となく様子が変な藤原。何か荷物を引っかきまわす…。「あら、携帯落としちゃったみたい…」(!?)
                                                                                                                              は?って感じですが、ほっとけないので一応藤井も一緒に探します。が、やっぱり見つからず。2人テンション急落。藤原は近くの東舞鶴警察署に直行。落し物届けを出す際に受付の婦警さんに「こんなところまで自転車で来んなや!」って目で見られます。
                                                                                                                              とりあえず、あとは京都府警の実力に任せて我々は空腹を満たすべく市街地へ。舞鶴と言えば、まぁ海鮮丼あたりやろうか?と思いますが、実は肉じゃがの日本初上陸がこの街だったとか。ともあれ観光課のある東舞鶴駅へ駆け込む。そこで紹介された店のメニュー表、4桁の数字しか並んでません。学生の経済力考えて紹介して頂きたいものであるなぁ。結局、一番安価な定食をオーダー。味はよかったしまぁいいか。
                                                                                                                              食後は店の前の海岸で一休み。目の前を遊覧船が通り行く…。一気に疲労感が込み上げてきました。そもそもなぜ舞鶴なんてとこに来たのか?そう問うてみると、2人の頭の中にあの男の顔が思い浮かびました。そう、金Dであります。「来もしないのに舞鶴舞鶴言いやがって…」という少し理不尽な怒りが芽生えます。
                                                                                                                              その後アイスを食べつつ、藤井は昼寝をしつつ(あいつがおかしいぐらいに日焼けしているんは炎天下、道端で寝てたからです)、思い思いの時間を過ごし2時半、金Dをさんざん罵倒しながら東舞鶴を後に。さらば軍港と肉じゃがの街…。
                                                                                                                              帰りは趣を変えて府道51号線を進みます。っていきなりものスゴイ坂!地図を見ていなかった藤原(再び)は前半調子よく登るも、後半は当然死亡。ちょっと下ってまたすぐ上るというフェイントはうざすぎます。
                                                                                                                              その後は下り三昧!一気に1号線に合流!下りが恐ろしくノロい藤原はここでも死亡。
                                                                                                                              携帯を落とした可能性のある27号線をひた走りますが、結局やはり見つからず。明らかに落ち込む藤原。夕食は、藤井に縁の深いすき家 で。そこでも一眠りする藤井。どんだけ寝るねん!!
                                                                                                                              その後亀岡で別れ、藤井は府道6号(寂しげな道)+170号(外環)で、藤原は9号線を走る行きと同じコース+京都市内に入ってからのまさかのコースアウト30分程度で無事家に帰りつきました。帰宅時間はおよそ11時…
                                                                                                                              今後も暇さえあればどこかへ個人ツアー行くつもりなので、その際はまた報告させていただきます。それでは!


                                                                                                                              装備局よりお知らせ

                                                                                                                              0
                                                                                                                                どうも、最近変なバッグを買って、みんなから痛い子扱いされている装備局長の亀谷です(笑)

                                                                                                                                2回生のみなさん、新歓三役お疲れ様でした。
                                                                                                                                皆さんのおかげで、とても多くの1回生が入部してくれそうでうれしい限りです。
                                                                                                                                ※キャンピングの行事報告も期待していますよ。

                                                                                                                                次は君たちの味が出せる「6月ラン」ですな。
                                                                                                                                是非、1回生の思い出に残る6月ランを作ってください。

                                                                                                                                さて、話は変わりますが、またまた装備に関してのお話です。

                                                                                                                                1回生の皆さんのおかげで、個人装備の代金の回収がほぼ終わりました。
                                                                                                                                ご協力ありがとうございます。今度の月曜日に振込みに行く予定です。

                                                                                                                                しかし、
                                                                                                                                1回生の中で、キャンピングに行かなかった人や、まだ追加で個人装備を買う予定の人は遠慮せず、装備局(亀谷、杉本)のほうに随時連絡をください。
                                                                                                                                特にシュラフを購入する場合は、他の店で買うと結構高くつきます。
                                                                                                                                毎年お世話になっている、ヨシミスポーツさんなら安くしてもらえますので、迷っている方は是非連絡をください。


                                                                                                                                それではまた。





                                                                                                                                自転車見学

                                                                                                                                0
                                                                                                                                   どうも、鈴木です。
                                                                                                                                   土曜に、1回生5人と、上回生5人で自転車屋さんに自転車を見に行ってきました。

                                                                                                                                   トムズ、村松商店(ちょっと名前が怪しいです…)、サイクルベースあさひ、アイバをまわってきました。
                                                                                                                                   みんなで楽しみながら行ってきたんですが、自分が欲しかった自転車を買えた子、気に入ったチャリが見つかった子などもいて誘ってみて良かったと思ってます。
                                                                                                                                    
                                                                                                                                   ただ、去年僕が、というか、多分2回生のほとんどがチャリを見に行ったのはキャンピング後なので、今回来てない子も全然焦らないで大丈夫です。上回生に頼めば、連れていってくれると思うので、気が向いたら、バンバン頼んでみて下さい。

                                                                                                                                   最後に、チャリ屋に行くのに付き合ってくれた下西、北川、中村、手伝って下さった志水さん、ありがとうございました。


                                                                                                                                  新歓ラン

                                                                                                                                  0
                                                                                                                                     新歓ランお疲れ様でした。サブリーのK川です。リーダーに仕事をほとんどやってもらったのでほんとうに感謝感謝です。N村ありがとね。

                                                                                                                                     新歓ランについて・・・・自分の班は初日は保津峡に行きました。本当に一回生が速くて六丁峠においてまさかの負けるという事態におちいりました。M沢さん花脊ではがんばりましょう。そんなこともありましたが、保津峡での料理はおいしく楽しかったです
                                                                                                                                     二日目は嵐山に行きました。まあ観光シーズンということで・・・人・人・人・で走りにくかったです。まあ寺に行って桜みたり、ボート乗ったりで面白かったです。
                                                                                                                                    あとここで謝らなくてはいけないのは、主将、一回生ボートでビチョビチョにしてしまってすいません。・・・・わざとじゃないんですよ。

                                                                                                                                     まあこんなわけで新歓ランは終わりました。ケガとかもありましたがひどくなかったのでよかったです。
                                                                                                                                     新歓行事としてはあとはキャンピングのみとなりました。がんばりましょう。
                                                                                                                                                一回生もぜひ参加してくださいね。

                                                                                                                                     

                                                                                                                                    装備局より

                                                                                                                                    0
                                                                                                                                      どうも、装備局長の亀谷です。

                                                                                                                                      装備局とは、DCCのツアーにおけるツアー用品(自転車パーツ以外のもの)を管理する部局です。自転車パーツは、メカ局(局長は吉田)の担当です。

                                                                                                                                      ツアー用品には、団体装備(通称「団装」)と個人装備(通称「個装」)の2種類があります。
                                                                                                                                      団装は、テントや、ガスコンロ、食器洗剤などDCCの全体で使う装備のことを言います。
                                                                                                                                      一方、
                                                                                                                                      個人装備は、シュラフ(寝袋)、コッヘル(食器)、ロールマット
                                                                                                                                      の3点になります。

                                                                                                                                      これは、DCCとして貸し出すことが困難なので、個人ごとに買ってもらいます。

                                                                                                                                      昨日の自転車講習会でも話しましたが、
                                                                                                                                      GWの「キャンピング」への参加を考えている1回生には、
                                                                                                                                      必ず個装を買ってもらうことになります。

                                                                                                                                      参加するつもりの人は、昨日渡した、僕のメールアドレスに、「個装購入希望」のメールを送るようにしてください。

                                                                                                                                      締め切りは4月20日(日)です。

                                                                                                                                      支払いに関しては、購入店のヨシミスポーツさんに1ヶ月程度待っていただけるそうです。
                                                                                                                                      また、昨日の自転車講習会に参加しなかった1回生の皆さんの中で、キャンピングへの参加を考えている人は、新歓担当者の2回生を通じて僕に連絡を取るようにしてください。

                                                                                                                                      締め切り等、厳守でお願いします。










                                                                                                                                      新歓コンパ

                                                                                                                                      0
                                                                                                                                         
                                                                                                                                         どうもS木です。
                                                                                                                                         4月5日には、新歓コンパが開催されました!!今年は、例年に比べ、かなりの数の新入生が参加してくれ、女の子も参加してくれて、すごく盛り上がりました!前に出ておのおのが自己紹介した時には、熱いエピソードや言葉が聞けたし、なかなかいいキャラの子が多くて圧倒されました(笑)



                                                                                                                                         ちょっと飲み会の雰囲気にびっくりしたかもしれないけど…いや結構楽しんでくれていた子が多かったかな?
                                                                                                                                         2次会もかなりの子が参加してくれて、本当に良かったです。
                                                                                                                                        これからトレも始まるし、新歓ラン、キャンピングと行事もあるんで、さらにDCCを知りつつ、楽しんでいってもらえたらと思います。
                                                                                                                                         こんなコメントだと、宴会局長に「ベタすぎる」って振られそうな気もしないでもないですが、投稿しちゃいます。
                                                                                                                                         最後に、参加してくれた新入生の皆さん、ありがとうございました、楽しかったです!また、参加して下さった新4回生の方々、ありがとうございました。

                                                                                                                                                                  

                                                                                                                                        富山から自転車で広島まで行ってこようと思うまとめ

                                                                                                                                        0
                                                                                                                                           松沢です。2007年夏に富山県の実家からなだれ込み集合地の広島県尾道駅まで全自走した旅のまとめです。

                                                                                                                                           出発前にはじめてチェーンを変えたら変速できなくなった。というか手動で変速してもだめで、ある組み合わせでしかまともに走れない。しかものぼりではこいでもチェーンが落ちてこげない。当然しんどい、というかのぼりイコール押し
                                                                                                                                           それでも石川県を一日で横断し、無事に寝床(福井県の道の駅)に着いた、と思ったら、よく私が武勇伝として自慢ている例の仲間割れリンチにあったばかりの不良に話しかけられる。見て分かる怪我をしており、財布とか靴とかベルトを取られて動けないようでした。どこから来たの?とか聞いてくるので、まだ私のことをかつあげではなく興味の対象としか見ていないと判断し、ほかに寝床の当てもないので、同情したように見せかけてジュースをおごって手なづけることにした。すると彼も心を開いてくれたのか、自転車の盗み方とかいろんなことを話してくれた。不良の世界にもいろいろあるんだと思った。万引きしてきたおにぎりを一口食べてまずいといって投げ捨てるのをみて震え上がりましたが、根は結構いい子でした。最後には私が買った一本の缶ジュースを交互に飲みながら語り合う中になっていた。
                                                                                                                                           翌日荷物の貴重品が無事だったことを確認して出発。今年は猛暑だった。去年は北のほうを走っていたので、これは地方によるんだと思って、四国になだれ込みを設定したことを後悔しながら走り、押した。長いのぼりを押して、道の駅に入った。まだ昼前なので、少し休んだら出発するつもりだった。しかし、あまりのクーラーの涼しさに負け、なかなか動けなかった。それでも重い腰を上げて自転車のほうに向かった。ふとサドルに触った。ごめん無理。ということで半日まるまる引きこもり。こういうときに備えてもってきました国語辞典(電子ではない。こいつを夏合宿まで運んだ俺っていったい…。
                                                                                                                                          次の朝、くるった予定を調整するため爆走。おなじみ京都府京都市新町ボックス泊。亀谷たちがいてびっくりしたなー。吉田は九速になっていたし。
                                                                                                                                          ボックスには三泊四日の日程で引きこもり、自転車を直し、ブロック仕様に。OBの方がいらっしゃって軍資金を頂きました。本当にありがとうございました。そして出発の朝。後ろブレーキが壊れていることが発覚!というか部品をなくしてしまった模様。(日程的に)もうこれ以上引きこもれない!途中で購入するまで後ろの荷物の重さに賭けよう。去年の西田も大丈夫だったし。
                                                                                                                                           それでもちゃんと次の道の駅に着いた。室内で寝られるなんて今年キャンピングで私たち一斑が泊まった道の駅に似ているなあと思った。設計者同じじゃね?翌朝走り出すと、なんかキャンピングで見たことのある風景だった。あれ、ひょっとして同じ道の駅?やっと気づきました。キャンピングのときは風邪で瀕死だったので覚えてなかった。
                                                                                                                                          翌日は自動車専用道路に迷い込んでナイトランという事態にマジ泣き寸前でしたが(今思えば景色はよかったがようなきもするが)、親切なおじさんに道を教えてもらい脱出。自分が異常な量の汗をかいていることに気づいた。すると別のおじさんが風呂に入れてあげるといってきた。ふと舞鶴のO野さんが頭をよぎったが、風呂に入りたかったのでついていった。結果、とてもいい人でした。たまに自転車乗りが迷い込んでくるらしく、風呂に入れたのは三人目らしい。感謝です。
                                                                                                                                          二日後(飛びすぎ)、何とかなだれ込みまでにブレーキを直し、集合日前日に集合地まで到着。でもどこで寝ようかな、と思っていると自転車で移動しながら環境保護を訴えている団体の人たちに出会った。ここら辺には野犬が出るらしいとか言うので、彼らが泊まる協力者の家に泊めてもらった。泊めてくれた人も大学生で下宿生だった。十数人が寝るのでぎりぎりがったが野犬と一緒に寝たくなかったので、お願いした。ほかにも代表の方が尾道ラーメンをおごってくださり本当にお世話になりました。感謝しています。あと彼らと話しているとき、鈴木と中村も合流したが、定員オーバーで彼らは泊めてもらえなかった。駅で志水さんと田宮と寝たようです。ごめんなさい。裏切ってクーラーのきいた部屋の中で寝ていました。しかしなぜかその日一回生と別れるときに変な飲み物をもらった。そういう団体じゃないから!でも一応ありがとう。そして泊めてもらった人と別れるとき、お菓子とかいろいろもらった。何で自転車に乗っているとここまで支援してくれるんだろう。本当にありがとう。
                                                                                                                                          そして、なだれ込みへ…

                                                                                                                                          夏合宿お疲れさまでした! 装備局から連絡です!!

                                                                                                                                          0
                                                                                                                                            夏合宿お疲れさまでした!

                                                                                                                                            まだ文明社会に適応できていない方も、エアコン等のテクノロジーに頼り切っている人も、本当にお疲れさまでした!


                                                                                                                                            さて、夏期申請された分の、装備返却についてお知らせします!!

                                                                                                                                            スペード期限:9月23日(日)秋花背集合前までに、装備倉庫に返却する事。
                                                                                                                                            クローバー注意:テントは必ず日干しする事。
                                                                                                                                                     来年のキャンピングでスメるテントを使いたくなければ・・・。
                                                                                                                                            スペード破損・紛失について:破損・紛失については、日時・状況・原因考察・名前
                                                                                                                                            を記載し、以下のメールアドレスに送信する事。

                                                                                                                                            bpf0271@gmail.com
                                                                                                                                            (半角になおして下さいね♪)


                                                                                                                                            以上です。。。

                                                                                                                                            春花背T.T

                                                                                                                                            0
                                                                                                                                              遅くなりましたが、春花背の結果です。

                                                                                                                                              快晴のクソ暑いよいお天気の中、特にトラブルもなく全員完走しました。

                                                                                                                                              サポートしてくださった4回生の方々、参加してくださった長谷川さんありがとうございます!


                                                                                                                                              六月ラン小豆島報告

                                                                                                                                              0
                                                                                                                                                文責 松沢
                                                                                                                                                参加者 リーダー松沢、サブリー西田、一回生下西、玉田

                                                                                                                                                キャンピング1班 全日程

                                                                                                                                                0
                                                                                                                                                  だけで編成された残念な素晴らしい班の活動報告です。


                                                                                                                                                  キャンピング2日目&3日目

                                                                                                                                                  0
                                                                                                                                                    どうも僕です。

                                                                                                                                                    下村です。

                                                                                                                                                    今回は4班のキャンピング二日目以降の報告です。



                                                                                                                                                    キャンピング

                                                                                                                                                    0
                                                                                                                                                      4月29日から5月1日までキャンピングがありました。参加してくれた1回生、作った2回生、班長を務めた3回生お疲れ様でした。そしてきていただいたOB,OGの方々ありがとうございました。


                                                                                                                                                      福岡帰りの志水です☆

                                                                                                                                                      0
                                                                                                                                                        総滞在時間27時間!

                                                                                                                                                        こんにちは。いそがしく飛び回ってる志水です☆
                                                                                                                                                        田宮のミラーはイケてる感じです!
                                                                                                                                                        高校の同窓会関西支部のお仕事で、昨日福岡に帰ったわけですが、
                                                                                                                                                        なにかといそがしく、今日はもう京都に帰ってきました。。。

                                                                                                                                                        BOXに行くと、亀Gくんと3浦サンがいました。
                                                                                                                                                        三浦サンは下宿を引き払って、BOXに住まわれていました(笑)。

                                                                                                                                                        某県警についていろいろ話した後、なか卯に行きました。
                                                                                                                                                        亀谷は明日、キャンピングの下見にひとりでいくみたいです。
                                                                                                                                                        寂しそうでしたよ〜

                                                                                                                                                        こんにちは。 田宮です。

                                                                                                                                                        0
                                                                                                                                                            
                                                                                                                                                            一昨日まっつんとキャンピングの下見に行ってきました。 
                                                                                                                                                            マップルでは舗装路とされていた道が登山道になってました。 
                                                                                                                                                            登ること小一時間・・・ 何とかシングルトラックを抜け出すことができました。
                                                                                                                                                            まっつん、ヨッシー、カメお疲れっす。

                                                                                                                                                            追伸 MYチャリにミラーをセッティングしました。 DCC初ですか?

                                                                                                                                                            

                                                                                                                                                            


                                                                                                                                                          categories

                                                                                                                                                                  

                                                                                                                                                          recent comment

                                                                                                                                                                   

                                                                                                                                                          calendar

                                                                                                                                                          S M T W T F S
                                                                                                                                                          1234567
                                                                                                                                                          891011121314
                                                                                                                                                          15161718192021
                                                                                                                                                          22232425262728
                                                                                                                                                          293031    
                                                                                                                                                          << July 2018 >>

                                                                                                                                                          selected entries

                                                                                                                                                          archives

                                                                                                                                                                  

                                                                                                                                                          PR

                                                                                                                                                          recent trackback

                                                                                                                                                          links

                                                                                                                                                          profile

                                                                                                                                                          search this site.

                                                                                                                                                          others

                                                                                                                                                          mobile

                                                                                                                                                          qrcode

                                                                                                                                                          powered

                                                                                                                                                          無料ブログ作成サービス JUGEM